スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
誕生日に・・
この週末は、土曜日は、父ガメと兄ガメ、
私とアイ、という組み合わせで別行動、
日曜は、逆に私と兄ガメは野球、
アイは前半父ガメ後半ばあちゃんとお留守番。

こちらの心づもりとちぐはぐになって、
多少イライラしたり、ガッカリしたりもありつつ、
でも、それらを帳消しにするくらい、
素敵な誕生日プレゼントをもらった。

そう、14日は私の○○回目の誕生日でした。(ああ、オソロシイ)
そして、もちろん(!?)父ガメ&兄ガメから
あとでクレジットカードの請求がこわいプレゼントも
もらいました。
(藤井フミヤのコンサートチケットと
 コムサのスプリングコート)
一応兄ガメの手紙つき、ですが、まあ、これは
父ガメに言われて書いたのでしょう。
他の家族の誕生日の時も、つい私が、書いてね、って
便箋から何からお膳立てしてしまうので、なんとなく、
義務でやっているところもあって、ありがたみはもう一つかな。
自分から、人を喜ばせよう、お祝いしよう、
という気になるのは、いつのことやら・・・

ま、これはこれで嬉しいけれど、
今はお金の方が気になる我が家だと、
正直、プレゼントの方は、嬉しさ半減。
ま、今年は、「高級ブティック(ウソです!)」の服でなく、
コムサ、というあたりが、まだホッとしますけど。
でも、赤字主婦としては、「お金をかけないでくれ~」
というのが本音。
私なんて、ブランドも興味ないし、1980円とかの服で
十分満足なのでね。
まあ、父ガメがくれない限り、何年もボロを着続けるのも
事実なので、ありがたいことはありがたけれど。

さて、でも、残念ながら、今年最高の誕生日プレゼントは、
父ガメ兄ガメからのものではありません。
(もちろん、まだアイもね。ケーキでお祝いした時には
 「たんじょーび、おめれとー」というセリフは言ってくれたけど、
 これは「ハッピバースデー」の歌とセットなので・・・・)
いや、父ガメのプレゼントも嬉しかったのですけどね。

では、誰からかというと、同居している義母からです。

義母は、いつも「ブラウスでも買って」と
誕生日にお金をくれるのですが、今年は、その封筒の中に、
短い手紙が入っていました。
そこには
「朝、アイちゃんが、お母さんに手をひかれて
 歩いて行く姿を見ると、涙が出ます。
 よくここまで育ててくれた・・・
 これからもまだまだ大変だろうけれど。
 ○○ちゃん(私のこと)、体を大切にしてね。」
という言葉がありました。(これは手紙の一部ですけど)
この手紙を読んで、私も涙が出ました。

前にもチラッと書いたけれど、昨年は半年ほど、
義母も体調を崩して、精神的にも弱っていたせいか、
アイを短い時間も「預かる自信がない」と言われ
ずっと預けることもなくなっていたし、
いろんな折に、出る言葉にも、
こちらが、ふうっとため息をつきたくなるようなことが
度々あった。
子どもが風邪で寝ている時、
「どう?大丈夫?」と心配するのでなく、
「下に出入りしないでね。」と言われたり、
掃除機などかけていると、
「下にまでウイルスが飛ぶから、やめて」と言われたり・・・
いつか、いやなことがあって、家を飛び出し
みのじさんちに突然お邪魔したという記事も、
そんな時だった。

それでも、お義母さんが、体が大変なのに、
私が気が利かないで、自分と子どものことばかりで
出かけ歩いているからいけないのかと、
料理なども下に持って行ったりしてみたけど、
私が頑張れば頑張るほど、義母は卑屈になって、
「どうせ、私は料理が下手だから。」と言って
いつもは一緒に祝うクリスマスなども、
「下のことはほっといて。」と言われてしまった。
そして、翌朝、サンタさんからのプレゼントに、
子ども達もいつもより早起きして、ドタバタしていたら、
「上の音がうるさくて、眠れず、頭が痛い・・」

こういうのがいつまで続くのだろう、
これからもっとひどくなるのかなと
さすがに、ちょっと気が重くなっていた。

でも、冬休み、実家に帰って少し冷静に考えてみて、
そうだよな、私があまり出しゃばりすぎると、
義母にしたら、自分の存在が、役立たずのような気持ちに
なってしまうのかもしれないと、反省もした。

まあ、そんなこんなで過ごすうち、
これも前に書いたけど、
3月に入って、暖かくなりはじめるのと一緒に、
たぶん体調も良くなったからか、義母の表情が元に戻ってきた。
アイのことも、私が出かけようとすると、
「置いていけば」なんて声をかけてくれるようになり、
ひな祭りの時には、一緒に買い物にも行ったり、
アイの入園の準備でも、お布団を買ってくれたり
出不精だった義母が、自分から、
「○×行きたいんだけど・・」なんて、言うようになった。

つらい時期もあった後だけに、
ここ1ヶ月は、すごくいいムードになってて、
それだけで、すごく嬉しいことだったのだけど、
今回、こうして手紙という形で、義母からねぎらいの言葉を
もらったことは、何より、嬉しい誕生日プレゼントだった。

誕生日当日も、お腹がすいていた父ガメと兄ガメは
あっというまに義母の買ってくれたお寿司を食べ終わってしまい、
片付けをするでもなく(いや、別にそんなの期待はしてなかったけど)
私がまだ食べているのに、「リンゴ食べたい」などと言うし、
まだお祝いのケーキも下に置いたままで、
いつもみたいにロウソクさしてみんなでお祝いするというのも
兄ガメも父ガメも自分から動く気配もなく、
さすがに私も(もう、いったい誰の誕生日なのよ!
少しは手伝おうとか、お祝いしようとかいう気はないのか!)と
思って、内心ちょっと(いや、かなり)ムッとしていたのだけど、
そこに義母がケーキを持って上がって来て、
散らかったリビングの机の上を少し片付けて、
「ほら、お母さんのお祝いしよ。」と声をかけてくれて
ようやく、兄ガメ父ガメも動いたのだった。
やっと、ロウソクさして、「ハッピバースデー♪」の歌を
みんなでうたって、アイと兄ガメがロウソク吹き消したりして、
誕生日らしくなった。
あやうく、自分の誕生日にキレそうになったけど、
丸くおさまったのは、義母のおかげです・・・

同居してから6年半、やはり、自分の親とは違う
気持ちのすれ違いや、考え方の違いもあって、
どんないい人であっても、同じ屋根の下で暮らすことには、
多少の摩擦やストレスがありました。
たぶん向こうも同じでしょう。
遠慮したり、あきれていても言葉を飲み込んでガマンしたり・・
それでも、まあまあうまくやってきた方だと思うけれど、
それが、昨年になって、ほんとに、
このままやっていく自信が、ちょっとなくなりかけた。
そんな危機も乗り越えた今は、
やっと、ほんとの家族に近くなったかなと思います。
これからも、考え方の違いやトラブルは、
時々出てくると思うけど、
ほんとの家族同様、腹を立てたりすれ違いしながらも、
基本的な部分で信頼しあって、頑張っていけそうな気がしています。






















スポンサーサイト
[2007/04/16 12:04 ] | 家族・子育て | コメント(16) | トラックバック(0)
<<花冷え | ホーム | 保育所その後>>
コメント
おめでとう♪
カメちゃんv-10素敵なお誕生日でしたねe-266
コンサートe-292にスプリングコート?う・う・羨ましいぃ~!
それに何より、お義母様からの贈り物e-398
心のこもったお手紙…私も涙うるうるしちゃいました。
保育所へと歩くアイちゃんとカメちゃんの後姿を見てらっしゃたのですね。

私は同居をしたことが全くないので偉そうなこと言えませんが。
家族がいっぱいだと煩わしいことも多いでしょうが
嬉しい・楽しい時は、何倍にも何倍にもなりそうですね。

カメちゃんが、お義母様に仲良く&優しく接する姿を見ながら育つ
兄ガメ君&アイちゃんは心優しい人になるでしょう!
[2007/04/16 16:34]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
ホント素敵なお誕生日になって良かったね!
やっぱり何よりも お義母さんの手紙は この先もきっと忘れる事がありませんね。

お義母さんも自分の体が思うようにならなくて
カメちゃんに当たっていたのかも知れないね。
それって 甘えてくれているのかもね。
でも その時は言われる方は やっぱり悲しいだろうし
頭にも来るだろうし 辛かったね。

でも こういう事があって だんだん家族になって行くのかなって読んでいて思ったよ。
これからもきっと 色んな事があるだろうけど
お義母さんの気持ちが少し見えた事で 今までとは少し違う気持ちで受け止められるだろうね。

それにしても 『よくここまで育ててくれた・・・ 』
アイちゃんとカメちゃんの後姿を見ながら こういう事を感じてくれるお義母さん、なかなかいませんよ!
ウソじゃ書けない事だよね。本当にそう感じてくれたんだろうね。
ホント 光景を想像して私までウルウルしちゃった。
カメちゃん、良かったね!

[2007/04/16 18:02]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
カメちゃんへ♪
お誕生日でしたね!
気が付くのが遅くなってしまいました。
おめでとうございますi-73i-214i-185

お義母様からのお手紙、よかったですね。頑張った成果ですよ。(^^)
私はお義母さん亡くなってるので・・・会いたくて仕方ないです。お義父さんのワガママ頑張って聞くのが今の私の使命・・・みたいな。パパとお義父さんは結局はそっくり。二人ともりこたんよりも『お子ちゃま』ですi-237
そういえば、3日違いだった、我家のだんな様のお誕生日、とりあえず(^^; の乾杯をしました。お祝いはサラリと夜にします。

りこたんはいい子で久しぶりの病院での夜を過ごしてるでしょうか?
ではではi-188
[2007/04/17 00:41]| URL | ファンタジア #RVcFyNpA [ 編集 ]
おめでとう♪
カメさん、お誕生日、おめでとうv-315人との関わりはいつもいつでもいい時ばかりじゃなくて、お互いの感情も浮いたり沈んだりすることで大変なこともあるけど、カメさんの、お義母さんを気遣う心は実はちゃんと届いていたからこそ 温かい言葉もいただけたのだろうな~と思いました。
そんなこと言われたら、最高だね。
ダウン症児を持つ私の知人は
「この子を産んで育ててくれてありがとう」がお義母さんの最後の言葉で その言葉がうれしかったって言ってたな。
そういえば最近お義母に何もしてあげてない・・・と自らを反省してます。
[2007/04/17 10:22]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
同じ日!
おめでとうございました。それは、嬉しい誕生日でしたね。
嬉しいのは物だけじゃないということを伝えて頂けただけでも、ここに集う私どもの励みになります。

私にとっての嬉しいことがもうひとつ、同じ日が誕生日なんですね。
[2007/04/17 12:22]| URL | 大介パパ #RXjsLQls [ 編集 ]
カメちゃん、おめでとうv-274
やっぱり ありましたね(^о-)/
プレゼントv-219
でも 今年は 最高のプレゼントになったみたいですねv-237
同居して、自分も義父母 いろんな すれ違いに悩まされながらも 生活していますよね・・・。
そんな中での 感謝の手紙って 涙なくては語れないんですよね。
また いつもの日常に戻ることでしょうが、時々の こういう 気持ちが
すごく大切なんだと思います。
祝ってくれた お義母さんに感謝ですねv-237
家族って いいですね(*^^*)
素敵な年になりますように・・・。
[2007/04/17 20:26]| URL | pirorin #- [ 編集 ]
ウッキィ~母さまへ
結構、この週末は、父ガメと兄ガメにちょっと余計な
期待をしてしまったので
(兄ガメのユニフォーム洗いと、父ガメのアイとの一日お留守番)
それが半分ぐらいしか達成されず、ちょっとガッカリ
していたのですが、考えてみたら、日頃から考えると、
半分でも、ふだんしないことをしたので、エライっと
ほめるべきでした・・・
プレゼントももっとありがたがらないと、来年から
ないかもですね・・・

二世帯住宅だから、完全同居よりは、接点が少ないのですが、
それでも、おじいちゃんおばあちゃんが身近にいるのは
子ども達にとっていいことかなあと思っています。
良くも悪くも、私の態度や言動を見て育つんですよね・・・
心しなければ。
[2007/04/18 13:25]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
mayさまへ
ほんと、この手紙は、一生の宝物になると思います。
これから、また義母と摩擦やすれ違いがあったとしても、
この手紙の言葉を思い出せば、何とかやっていける
気がします。
実は、年賀状に、私からも「いつも出かけてばかりで、家も汚くしたままで、さっぱり気が利かなくて、本当に申し訳なく思っています。」なんて言うようなことを書いたんですよね。もしかしたら、その言葉を受け止めてくれたのかな~、なんて思ったりもしています。
やはり、たまには、きちんと言葉で伝えることも
大事かもしれませんね。
でも、出かけてばかりもヒンシュクですが、家にいる時間が
あまり長くなると、またこれも摩擦が大きくなる気も
するので、これからも、バンバン出かけようっと・・・v-8
[2007/04/18 13:33]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ファンタジアさまへ
そうそう、ファンタジアちゃんのパパさんと(そして
お二人の結婚記念日と!)誕生日が近いんですよね。
なんか3~6月は、知り合いに誕生日の人が多いような・・・
一緒にお祝いしましょ。
りこたんの卒カテ入院が無事終わったら、もう一度、
改めて退院祝いと一緒にやるのも手ですね。

男の人って、いくつになっても、「お子ちゃま」なんですね。
それをいちいち腹立てたりしないで、やさしく
受け止めてあげればいいのでしょうが、
どうもそれができない私は、せめて、サラリと
「お子ちゃまね~」と流せるようになりたいわ。
息子はそういうお子ちゃま男にしたくないと思うのだけど、
もう既に小さいオヤジ化しています・・・ハア。
ほんと、アイの方がお皿片付けたり、ずっとおりこうさんです。
[2007/04/18 13:38]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
tiisai-ningyoさまへ
ありがとう。
姑の方からすれば、ほんと、私など、主婦として失格、
というぐらいの、とんでもない嫁なのですけど、
それでも、こうしてやさしくしてもらえることを、
もっと感謝しなければいけませんね。
ついつい日頃は、恩の方は忘れて、カチンと来ることだけが
頭に残ってしまうので・・・
これを機に、少しは、しおらしい嫁になりたいものです。
離れていると、なかなかね。私の場合は、自分の親には
最近電話もめったにせず、すっかりご無沙汰になっています・・・
[2007/04/18 13:46]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
大介パパさまへ
おお~、大介パパさん、同じ誕生日ですか~。
嬉しいです~。誕生日が同じって、何か性格とか
運勢とか共通する気がして、ますます身近に感じます。
(別に星占いとかを信じる方ではありませんが・・)
来年はぜひご一緒にお祝いしましょう!

ほんと、私はモノにはさっぱり執着がないので、
「モノより思い出」じゃないけど
絶対に「モノ」より「想い」の方が嬉しいですね。
でも、なかなか子どもにそういう気持ちが育たないのは、
私が他の家族に、あるいは「モノ」を用意することで
いっぱいいっぱいになっているからかもしれないなと
ちょっと反省もしました。
子は親を見て育つ!ですもんね・・・
[2007/04/18 13:52]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
pirorinさまへ
その節は、いろいろと聞いてくれて、ありがとう!
今やっとこうして、「過去」の話にできるようになりました。
考えてみたら、私もほんといろいろまずかったところが
あるのだけど、でも、あの時期には、pirorinに話を
聞いてもらうことで、すごくラクになったし、そして
また義母に冷静に向かえるようにもなったと想います。
ありがとうね!また、たまったら、よろしくお願いしま~す。
って、別に愚痴じゃなくても、いつでもお話はしたいわ。
またぜひ、美味しいものと一緒におしゃべりしましょ!
[2007/04/18 13:56]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
私事ですが…
私には、お義母さんはいなのです。
結婚してすぐ亡くなったので、Mayuの誕生も知りません。
お義母さんの妹さん(叔母さん)が、Mayuのことを心配して下さってて
時々会いに来てくれます。

先日、Mayuの入所式の写真ハガキを送ったら…
「元気な様子を拝見して本当に涙がこぼれました。
 ここまで頑張りましたね。
 両親の深い愛情がこもっています。」
と書いて下さった葉書が届きました。
とっても嬉しくってね、ついカメちゃんブログに書いちゃいました。
Mayuを育て始めて2年。まだまだ序の口。
これからが大変!頑張らなければ!ですが…。
[2007/04/19 16:47]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
遅くなりました~
遅ればせながら、おめでとうございます。
昨年のお誕生日の時よりも、ほんわかと温かみのある記事のような気がしました。
何よりも、お義母さまからの手紙はうれしかったでしょうね。その場面がありありと浮かんで来ました。
私達の子供達は、人の心の優しい気持ちを芽吹かせてくれると以前から思っていますが、お義母さまも、可愛いアイちゃんの手を引いているカメさんの後姿を見ながら、改めてカメさんの優しい気持を再確認したのでしょうね。よかったですね。
やっぱり、またまたアイちゃん効果だと、勝手に想う、さっちゃんパパでした。
それにしても、遅くなって本当にごめんなさい。
[2007/04/19 18:56]| URL | さっちゃんパパ #q9wwattU [ 編集 ]
ウッキィ~母さまへ
お義母さんはなくても、そうやって、遠くから
Mayuちゃんのことを心配し、見守ってくれる人が
いるというのは、嬉しいことですよね。
そして、その葉書。本当に実の祖母のように、
Mayuちゃんのことを想っていてくれるということですよね。
私も読んだらじーんときちゃいました。
ほんと嬉しいね。
ウッキィ~ちゃんも、さっちゃんパパさんがおっしゃる
「Mayuちゃん効果」で、これまで以上に深い
人のつながりを得ているようですね。
[2007/04/20 04:59]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
さっちゃんパパさまへ
いえいえ、誕生日など、忘れていてもらった方が
いい年なんですが、でも、祝ってもらえるのは、
やっぱり嬉しいものですね。遅れても何でも大歓迎です!
去年の誕生日の記事まで覚えていてくださるとは、
お恥ずかしい・・・
「モノより思い出」「モノより想い」と言ってるのに、
なかなか夫には浸透していなくて・・
さっちゃんパパさんママさんのお話を伺っていると、
本当に、さりげなく、でも、深いところでつながり
信頼し合っているのが、よくわかって、うらやましいです。
でも、私も夫を嘆いてばかりいないで、携帯で写真付き
メールを送るような、優しい心遣いを、自分も
心がけたいと思います。(前から書いているのに、
いまだに実行してなかったんです・・)
アイ効果を期待して・・・なーんて。
でも、ほんとにこの子たちのおかげで、みんなが
やさしい気持ちになれるのかもしれませんね。
[2007/04/20 05:09]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。