スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
バックパッカー
二日間の「日本ダウン症協会全国大会」と、その後の
Tグループ温泉お泊まり会(遠くに引越していった二人も、
この大会のために仙台に来ていたので、久しぶりにみんなそろって)、
大会の前日の、ダウン症協会理事長であり、山梨大学の
障害児教育の専門家でもある、玉井邦夫先生の講演会・・

等々、あまりに一度にいろんなイベントが続き、
頭と心が飽和状態。
おまけに昨晩は温泉で夜更かしして(飲み過ぎてはいません、
まだまだよ!Tグループの皆さん。)
頭が働かなくて、とても整理がつかないので、
今日は、一時逃避して、昔話でも・・・

夫をおいてのニュージーランド滞在記、その4です。
今回は、「余暇」編です。

私は、海外に行くと、行動派になって、
たいていは仕事で行っていたわけだけど、
休みの日や夜には、観劇や旅行など
趣味的な活動を積極的にやっていた。

ふだん、仙台にいると、まず行かないミュージカルも、
たいてい海外で観て夢中になった。
「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」「キャッツ」etc.
CDまで買い込んで、しばらく余韻ひたっていたほど。

小旅行もたくさんした。
日本にいるときは、一人旅などしたことのない私が、
週末を利用して、1泊2泊の旅行によく出かけた。

そして最後は、帰国前のクリスマスの長期休暇に、
「Kiwi Esperience」という乗り降り自由のバスで、
(ニュージーランド人は自分たちのことを、よく
Kiwi キウィ(=果物でなく、特有の飛べない鳥)と言う)
ニュージーランドじゅうに点在する、
バック・パッカーの宿を回る旅に出た。

「バック・パッカー」という言葉は、だいぶ日本でも
聞くようになったので、ご存知の方も多いと思うが、
まあ、山に登るような大きな背中にしょうリュックが
「バック・パック」で、それを背負って旅する人が
「バック・パッカー」である。
つまり、こぎれいなホテルなどに泊まるのでなく、
ほんとに寝るだけの安宿に泊まる、
「旅行」でなく「旅」をする人のことだ。
そういう人のための宿を定期的に回って、好きなところに
好きなだけ滞在する、バスツアー。
乗り降り自由だから、どんどんメンバーは入れ替わる。
途中で違うルートに行く人もいる。
気に入った所に長く滞在する人もいる。
若者たちが、安く旅をするための手軽な手段になっている。

私の乗ったバスは、陽気でおしゃべり好きな
ドイツなまり(?)の運転手Goeffがいて、
世界中からの若者達が乗っていて、
バスの中はノリノリの楽しい雰囲気。
(多くはたぶん20代で、私が一番年上ぐらいだったと
思うが、その頃は今より10キロ体重が増えていて
パンパンの丸顔のため、童顔に見えたらしく、すっかり
自分も若者のつもりで、一緒に盛り上がっていた)

バスの中で自己紹介したり、自由に書くノートが
旅の途中で回ってきたりするし、
バス以外は個人の自由なのだけど、場所によっては、
その泊まる宿以外食事の場所が無く、
一緒に食事となることも多いので、
自然に少しずつ親しくなる。
入れ替わりはあっても、その運転手が気に入って
その運転手のコースに合わせて移動する人も多かった。
私もかなりの日程を、このバスで移動したが、
最後になって、日程の関係で、別のルートで帰るので、
別のバスに乗り換えたときは、
Goeffや、ずっと最初から一緒だったメンバーとの
別れのさびしさを感じるくらいだった。

バックパッカーの宿もいろいろで、
たいていは、男女部屋を分けられていたが、
たまに、男女関係ないところもあり、
ラブラブのカップルと一緒になった時は、
目のやり場に困った。
(他人の目関係なく抱き合っていたので・・)
宿は、たいてい、一部屋に数人の簡素なベッドと、
共有のシャワーがあるという程度。

近くに食べる店がないところでは、
自炊をして食べたが、
そこでは多国籍の料理が見られて、
ちょっと交換して食べたりしたのも楽しかった。

たぶん、日本にいたら、こんなこぎたない(いや、
こぎれいなところが多かったが、ホテルなどの設備と
比べると、本当に質素な)宿に泊まり、
自分で行き先をその時その時の気分で決める、という
旅など、することはなかっただろう。

旅の最後頃、ちょうど妹とその友人が大学の休みを利用して
私を訪ねてニュージーランドに旅行にやってきた。
私は旅の終盤で、妹の泊まるオークランド(一番大きい街)
まで戻ってきた。
妹の泊まるホテルを訪ねると、それは、ふだん
日本で旅行するとき泊まるようなきれいなホテル。
それこそ、TシャツによれよれのGパンでこぎたない私など
ちょっと入るのがためらわれたし、
実際、妹に会ったとき、私のあまりの変わりように、
ビックリしていたようだった。
そして、その晩は、ちょっと会っただけで、
自分のバックパッカーの宿に戻って行って、
そこまで付いてきた妹が、こんな所に泊まるの?と
絶句していた。

さて、その旅の途中、集中豪雨で橋が決壊し、
足止めをくらったり、ルートを変更せざるを得ない、
というハプニングがあった直後に、
クイーンズタウンという南島の観光地に着いた。
その街もいたるところ、洪水の被害の後が残っていて、
まだ水浸しの道もあった。

本当は、そこに行ったら、ラフティング(渓流下り)
をやりたいと思っていたのだが、
まだ水位が高くて、その日は中止。
他に何かやれるものはないかなーと探したら、
あったのは、「バンジージャンプ」
ショッピングや飲み食いにはあまり興味がなかったので、
とりあえず、せっかく来たので、何かしたいと思い、
あまり考えずに申し込んでしまった。

マイクロバスでバンジージャンプをする場所に行ってから、
むちゃくちゃ後悔した。
こ、こんな高い所から、飛ぶって、ウソでしょ~

まあ、割と高いところは平気な方だけど、
ジェットコースターなんかもOKだけど、
さすがにこの高い橋から、谷川に向かって「飛ぶ」
というより「落ちる」のは、ちょっと待ってよ~、
という感じだった。

でも、知り合いもいなくて、どんどん順番通り進んでいる。
誰もやめる人はいなくて、次々飛んでいく。
あれよあれよという間に、自分の番が来て、
迷う間もなく橋の真ん中に・・・
ロープを付けられ、「ワン、ツー、スリー、Go!」

  * * *


というわけで、最初で、たぶん最後のバンジージャンプを
体験してきました。
その様子は、ビデオに残っています。(それも料金に
含まれていたのでした)
それを見たら、ちょっとジャンプの仕方が格好悪かったので、
もう一度やり直したいな、と、チラッと思った私・・・


他にも、書ききれないくらい、いろいろエピソード満載の、
このバックパックの旅。
もっともっと本格的な、長い、「旅」をしている若者も
たくさんいるだろうけど(そういうのに憧れたけど)、
私にとっては、この程度の、
いわば、バックパッカーの「かじり」だけみたいな旅でも、
一生に一度の貴重な体験となりました。


これから先、「一人旅」することは、あるかなあ。


たぶんないだろうな。
今、一番したいのは、「家族旅行」だから。
でも、人生の中で、こういう経験をしておいたのは、
とても良かったと思います。






スポンサーサイト
[2006/07/24 16:36 ] | まわり道 | コメント(20) | トラックバック(0)
<<全国大会1日目 | ホーム | ぬり絵>>
コメント
なんかー・・・。
温泉で聞きたかった話だよーv-418
今回は、是非カメさんに語ってもらおうと思っていたのに、結局しゃべるのはいつものメンバーになっちゃって、やっぱりカメさんは聞き役が多くなってしまったし・・・。
カメさんの中にある熱いものを、是非直接聞いてみたいなーって思っています。
秋の旅行が実現したら、たっくさん聞かせてねv-352
[2006/07/24 21:17]| URL | あきぷ~ #- [ 編集 ]
v-22あきぷーさま
温泉、どうもお世話様でした。楽しかったよん。ありがとう!
うふふ。温泉ではね~、うーん、私まだまだ飲み足りないかも・・・もうちょい飲まないと・・・あと、時間的に、頭が睡眠状態、ということもあって、やはり無口なカメになっていました。小出しにするので、どんどん突っ込んでください。
[2006/07/25 05:52]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
Tグループの温泉旅行だったのね~!
あきぷ~様、次回はスタートからカメちゃんにガンガン飲ませ 
こんな素敵なお話し イッパイ語らせちゃって下さいね!
もー、カメちゃんたら 旅行の様子が手に取るように分かるわ!
バンジーも “もう一度”と思うところが なんだかカメちゃんらしいわv-415
この旅行もそうだけど 人生やり直しが出来ないよね。
出来るだけ『~だから出来ない』って言わないで 環境が許すなら色んな事をして 歳を重ねたいね。同じ『出来ない』にしても 納得して出来ない状況を楽しんで目線を変えていくのと 不満を溜め込んで行くのじゃ 全く違う事になって行くよね。
カメちゃんには こういう行動的な所を うまく残して 素敵な子育てをして行って欲しいな~。


[2006/07/25 07:14]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
カメさんコメントありがとうございました。喜んで読みましたそして本当にブログできる?って思いました、でもホントアナログなんです一昨日も映画のチケット(ポケモン)は一度劇場に行って買って帰り再びお出かけ(ちなみにこれは旦那に頼んだ一日長時間子守の出来事夫婦共アナログ)、だいたいみんなネットでやってはるのに。
そして今日は全国大会の事、期待してましたら、わ~、大好きな留学日記シリーズでうれしくなりました。これからも、カメさん子育て編、カメさん編の両方を、それで、それで、うんうんうんって楽しみにしています。
[2006/07/25 20:49]| URL | せんまる #- [ 編集 ]
ワイルドでいい!
アメリカでは、
今でもよくバックパッカーを目にします。
ともかく、
素晴らしい経験でしたね。
そうなんですよね、
身に着けているものとか、
ある線を越えると、
さほど気にならなくなりますね。
本当は、その方が着心地も良く、活動しやすいのですが…。
バンジージャンプ、落ちる姿が不満であれば、もう一度、トライすべきなのでは?(笑)。
[2006/07/25 22:42]| URL | 飯村和彦 #3/2tU3w2 [ 編集 ]
バンジーをやったのね・・・・すごくびっくりしました。。ひたすら尊敬します。またカメさんを見る目が変わりましたww
[2006/07/25 23:09]| URL | ふわ #- [ 編集 ]
カメさん・・・。

凄いバンジージャンプ・・・。だけどやったら何か思考回路が変わりそうで・・やってみたい。だけど怖い・・怖いですよー!!

おはなしとっても素敵でした、違った人生の中の違った輝きだったような貴重な瞬間の時代・・・、だからこそ今のカメさんがいるんですもんね・・・、私も今夜寝る場所さえ決まっていない自由な旅、危ない事と気をつけなくてはいけない事さえあったとしても只、行く、そこに行くという行為に意味があった旅、そこには誰がなんと言おうと譲れない情熱があった時期の自分、飛行機で成田が見えた時むなしい気持ちになった時もあったのですが!今ならどうかな?最高だった、だけど今のカメさんと一緒で家族で行きたいと思えるようになった環境、いまはそれを愛せる・・・これも違った人生のルビーのような気がしますね!!カメさんの記事に感謝!!
[2006/07/25 23:39]| URL | aloha_mari #- [ 編集 ]
v-22mayさま
たぶん、mayちゃんが読んだ時には、この記事「一人旅することあるかなあ」までで終わっていたと思います。その後、付け足したんだけど、今はもう、こういう旅に憧れる気持ちはなくしてはいなくても、それ以上にしたいこと、大事にしたいものがあるんですよね。だから、ほんと、mayちゃんが言うように、自分の状況を、したいことが「出来ない」ととらえるか、そうではなくて、今は私の大切なもの、したいことはこれ、って気持ちを切り替えていくか、で、随分日々の過ごし方違ってくるよね。
今は、この夏の家族旅行計画推進中よ!(って、もう夏休み入ってるけど・・・それに今年は実家に行くだけのことなんだけどね・・・)
[2006/07/26 07:59]| URL | カメ #jY36O0cw [ 編集 ]
v-22せんまるさま
いやー、私も相当アナログ人間です。でも、今はパソコンの方が進んでいるので、こちらが何の知識も技術もなくても、クリック一つである程度やれちゃうのよね。ありがたい・・・せんまるさまも、こうやってコメント書き込めれば、十分ですよ。ぜひ、トライしてみてください!どのブログにも、「ブログを始めよう!」というコーナーがついているので、そこをクリックすればすぐですよ~。
しばらくダウン症関係の話が続きそうで申し訳ないけれど、飽きるとフッとこうやって別の話も入れるので、また時々来てくださいね~。
[2006/07/26 08:16]| URL | カメ #jY36O0cw [ 編集 ]
v-22飯村和彦さま
や、やっぱり、そうですか~?もう一回やった方が・・・e-263
ま、機会があれば、チャレンジしてみますわ(笑)
でも、ほんと、いい経験でした。
アメリカの夏も(って、夏しか経験ないのですけど)、明るくって開放的で好きです。こちらもいろいろ思い出あります・・・飯村さんのアメリカでの夏休みのお話、楽しみにしています。
[2006/07/26 08:20]| URL | カメ #jY36O0cw [ 編集 ]
v-22ふわさま
いや~、バンジージャンプなど、別に尊敬するようなことではないかと・・・
ただ、私って、「時々突拍子もないことする(言う)よね。」とは言われます。自分では、平凡な人間のつもりなんですが・・・
[2006/07/26 08:45]| URL | カメ #jY36O0cw [ 編集 ]
v-22aloha_mariさま
mariさんなら、こういう気持ちわかってくれると思っていました。実は、mariさんの名前を見て、この記事書こうって思いついたのですよ。でもmariさんは、私のような生半可な体験とは違い、ほんとに、情熱そのままに、未知の世界へと飛び込んでいって生活していらしたんですものね。強烈な体験ですよね。「体験」なんて言葉で簡単に過去のものにできないくらい。
そんなmariさんだからこそ、今は家族との生活を大事にしながらも、二つの文化を生きていて、キラリと輝くものをお持ちで、素敵だなあといつも思っています。
[2006/07/26 08:54]| URL | カメ #jY36O0cw [ 編集 ]
バンジ~記事!出遅れました。
e-491楽しみにしていたバンジー話…やっぱり凄いv-344
ブログに写真を載せる為に是非もう1度やり直しv-19お願いしま~す。
行動派カメちゃんの「オモシロ旅話」を、直接会って聞かせてもらえる日を楽しみにしてます。

カメちゃんは旅の荷造りが上手なんだろ~ナ。
と週末の海旅行(海外ではない!)の準備をしながら、要領悪い私は思ったのでした。
続きガンバリマスv-407
[2006/07/26 12:06]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
v-22ウッキィ~母さま
待ってたわ、ウッキィ~ちゃん!
リクエストにお答えして、バンジー話書いてみました。でも、肝心のバンジーはあっというまに終わってしまって、(話もだけど、実際にも)期待はずれですみませんv-16

海旅行、お天気いいといいですね。子連れだと、荷物が大変よね~。私も温泉1泊に行くのに、まるで1週間ぐらい遠出をするくらいの荷物で行ってしまったわ。(飲み物をクーラーボックスで堂々と持ち込んでしまったしi-201・・・今はやっぱり、家族一緒が一番ですね。楽しんで来てね!
[2006/07/26 18:14]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
見えます、見えます。
見えます。見えます。
この記事にどんなコメント残そうかと考えていたら、突然見えてまいりました。

「バックパック」を背負ってニコニコ歩いているアイちゃんの後ろには、カメさん、父ガメさん、そして兄ガメ君。おや!よく見ると、兄ガメ君はツガイになっているではありませんか!

皆が歩くその道は、昔カメさんが一人で歩いた懐かしきニュージーランド♪
先頭のアイちゃん、嬉しそうに歌ってました。

いつか、そうなった時、また記事にしてくださいね。
[2006/07/26 21:07]| URL | さっちゃんパパ #q9wwattU [ 編集 ]
私は 帰省も引越しするような荷物になってしまいますv-404
私も見えた! カメ一家の 楽しそうなニュージーランド御一行様!
[2006/07/27 00:46]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
一人旅
カメさん!良いですね!
そう言えば以前は一人旅を意味も無くやっていました。
 まぁ私の場合は国内だけですが…
落ち込んだ時には中島みゆきを聴きながら江ノ島へ、夏休み(社会人になってから)にはYH(ユースホステル)を使って仙台・函館・札幌等に…。でも一番多かったのはふらっと思って。新幹線で熱海・新潟かな!特に日本海に憧れている私は新潟には3~5ヶ月に一度は行っていましたかね!
 でも行って何をする訳でもなく、一目海を見て終わり!
 でも何度目かで入場料おとな¥100の新潟市水族館(現在はチョー豪華な物多分大人¥1200位?になってしまいましたが…)
のおみやげ物屋のおじいさんが好意で入れてくれる手作りコーヒーと話を聴きに行く為に行っていました。
また長くなってしまったのでもう止めますね!
カメさん!有難う!
[2006/07/27 03:01]| URL | 桜狸 #- [ 編集 ]
v-22さっちゃんパパさま
わーい、さっちゃんパパさん、予言者だ~!!ぜひ、そんな光景が実現するといいなあ・・・
でも、できれば兄ガメが、ツガイになる前に、まだ二人とも子どものうちに、お世話になった海外の友人のところを訪ねるのが、夢なんですけど・・・・国内旅行もままならぬ身で、今から家族で海外に行くお金をためるとすれば、やっぱりさっちゃんパパが見てくれたぐらいの年齢になりそう!?
素敵な夢をありがとうございます!
[2006/07/28 05:28]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
v-22mayちゃん
どうせ「引越」するくらいの荷物なら、帰省のついでにうちの方(岐阜)にも足をのばしてくだされ。(しかし隣県といっても山超えせねばならず、近いようで遠いのよね・・・)    うふ、mayちゃんも予言者?・・・占い師にはなれそう!
[2006/07/28 05:31]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
v-22桜狸さま
たくさん一人旅をなさってこられたんですね。素敵!
新潟のおじいさんのように、そういう旅先での出会いは嬉しいですよね。私、本当は、国内で、ぷらりとあてもなく電車に乗って、どこかに旅に出る、っていうのも憧れなんですよね~。ユースホステルとかも国内じゃ利用したことないし。一人じゃないとできない貴重な体験も多々あるかと思います。どうぞ、これからも大いに楽しんで、私達に話を聞かせてくださいね!
[2006/07/28 05:36]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。