FC2ブログ
ソバ打ち体験
昨日は、仙台市のダウン症の親の会主催で、
エリさんが講師になっての
「ソバ打ち体験会」がありました。
ソバ打ちそのものは、今、団塊の世代のお父さんたちを中心に
結構流行っているので、特別珍しいものではありませんが、
(私は初めてでドキドキでしたが)
行き帰り、久しぶりに地下鉄に乗ったり、
ふだん会ったことのない世代のお母さんたちに会ったり、
会場が、初めて訪れた場所だったりで、
なんだか母もちょっぴりドキドキワクワクして、参加してきました。
まずは、地下鉄。
いつも車で移動するので、仙台に住んでいても、
地下鉄などめったに乗らない。
(路線の近くじゃないということも大きいけど・・)
この日は、駅の近くのショッピングセンターに車を置いて、
切符を買ったり、電車を待つ間に、
反対方向の電車が止まったり出て行くのを見たり、
アイの視線で見ると、一つ一つのことが新鮮で楽しい。
電車に乗っている間、去年乗った時よりも
じっと私のひざに座り、おりこうにしてたアイ。
(帰りは行きよりすいていたからか、慣れてきたからか、
 ひざから降りて動き始めましたが・・・)

そして、会場は、市の「福祉プラザ」というところ。
その建物があるのは知っていたけれど、
入ったのは初めて。
「本日の催し物」の一覧表を見ると、
あるわ、あるわ。
mayちゃんが地域で関わっている
「社会福祉協議会」という名前もみつけたし、
(仙台にもあるのね~・・・当たり前か)
視覚しょうがい者のグループの歌謡サークルや
「手をつなぐ会」の会議、様々なグループの研修会、等々。
毎日ここでいろんな福祉関係の会議や
しょうがいのある人たちの集まりが
催されているんだなと、なんか感慨深く見た。
福祉図書室や、介護用品の展示室なんてのもあったが、
残念ながら、この日は移転のための準備中で、
そこは見学できなかった。
お掃除の人たちをたくさん見かけたが、
中には、おそらくしょうがい者と思われる方も
何人か混じっていて、エレベータに乗り合わせたら、
ニコニコ笑いかけてくれた。

さて、その中の調理室で行われた「ソバ打ち」。
まわりは、大きい子のお母さんたちばかり。
学校がたまたまお休みだったのか、
小学生の男の子が一人いた他は、
小さい子連れは私一人。
邪魔にならないかと心配したが、
部屋のすみで、お絵描きしたり、
周囲を歩き回る程度だったので、まずまず。
他のお母さんたちが目を細めて
「こんな頃がなつかしいねえ。」と
かわいがってくださった。

粉に少しずつ水を足しながら練るところから始まって、
こねたり、麺棒でそれをうすくうすく伸ばしたり、
最後は大きな包丁で切るところまで、
みんな一通りはやらせてもらったものの、
一つ一つの作業が、腰を入れて力がいったり、
すごく繊細な作業だったりで、
なかなかエリさんのようなスムーズな動きはできない。
ご主人の亡くなった後始められ、ソバ打ち歴1年半、
ということだけれど、やっぱり全然違う。 さすが!

そばの仕上げに入った頃、
そのかたわらで、他のお母さんがそば粉入りの
お団子(ぜんざい風)も作ってくださって、
おしんこもつけて、おいしいお昼の完成!

うーん、やはり手打ちのお蕎麦は香りが違う。
ソバをゆでたお湯で、最後おつゆを飲むと、もう最高!
血液サラサラになるらしい、と聞けば尚更・・・

アイも、おソバもお団子も喜んで食べて、良かった~。

親の会の会長さんは、高校生の双子の男の子のお母さんで
(その上にもきょうだいがいらっしゃっるのですが)
とっても凛としてキレイで、やり手という感じで、
今までお顔は知っていても、雲の上のような存在だったけれど、
隣の席でおソバを食べながら、気軽にお話できたし、
ふだんなかなか会うことのないお母さんたちとのお話も新鮮だった。

片付けは、さすがベテラン主婦の集まりだけあって、
あっという間に終わり、ピッカピカ。

解散となり、また地下鉄の駅に向かうが、
行きは気付かずに表の道路から来たけれど、
実はその「福祉プラザ」から駅まで、近道(?)があり、
直接駅のエレベーターのところに出るようになっていた。
そこから駅に入ると、車椅子のリフトがあるのに気付いた。

20070118093109.jpg


200701180931092.jpg


(携帯だし、アイがどんどん先に行ってしまうから
 急いで撮ったので、なんだかよくわからない写真ですが・・・)

前に地下鉄に乗った時、座席の一部がとっぱらって
車イス専用のスペースになっていて、
固定器具まで備え付けてあるのを見て、感激したが、
ちゃんと駅の出入りにも、こういう設備があるのを
初めて知って、なかなか仙台市もやるな、と思った。
もちろん、まだまだのところもたくさんあるけれど、
少しずつでも、新しいところからでも、
こうやって、いろんな立場の人を考慮した
環境整備が進んでいけばいいなと、改めて思った。

というわけで、この日のソバ打ち体験ツアー(?)
もちろん、ソバ打ちそのものと、お蕎麦の味も十分楽しんだけれど、
おソバ以外にも、いろいろと得るものがあり、
楽しい一日(半日?)になった。

エリさん、Yさん、誘っていただき、
どうもありがとうございました!
スポンサーサイト



[2007/01/18 09:11 ] | ダウン症・障がい | コメント(8) | トラックバック(0)
<<保育所決まりました | ホーム | はやくも初恋?>>
コメント
「やるね!仙台!」
駅の近くに こういう会館があるってのも とってもイイね!
久々に カメちゃん親子の電車日記を読んだ気がする!
前に乗った時は 気合が入りすぎて お疲れだったよね~^_^;
アノ頃に比べて アイちゃんもしっかり歩くようになって だいぶ楽になったかな。
蕎麦打ち体験、今日 ちょうど ちちと行ったレストラン街でやってて(もちろんお店の人が)デッカイ鉢の中でこねているのを見てきました。
結構力仕事なんだよね。  アイちゃんもちゃんとお蕎麦を食べて いい子で偉かったね!

『社協』で私を思い出してくれてありがとう!
社会福祉協議会って 地域によって違うかも知れないけど、障がい者だけじゃなくて
高齢者や 小さい子のいる家庭や 母子家庭父子家庭 一般家庭で困っている事など 市や町の制度でカバーできない事を考えてくれる所なんだよ。
“兄弟に病気があって しょっちゅう病院に行くから 兄弟を見てて~”とかね。
だから 制度よりも 一層きめ細かい利用者に寄り添った事を考えていけるんだよね。
きっと その建物の中には ボランティアセンターみたいなのもあるんじゃないかな?
そういう所に、これから先 ボランティアなどのお願いをする日が来るかもね。
ちょっと調べてみたけど すごい建物だね。(ボラセンターもあったあった!)
障がい者休日歯科診療もあったから これはチェックだね!何かの時に役に立つかもしれないよ!

普段あまり行かない所に行って、カメちゃんのような目で外を見ると色んなものが見えて来るね。
お互いを知るって こういう直接的じゃなくても 色んなものが見えて来るって事かも知れないね!

[2007/01/18 23:37]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
福祉プラザはよく行くよ
障がい者が元気ですごすためには、周りの人が特に親が元気でなきゃちゃね。親が元気なくては子も似てきます。親は健常者の親以上に明るく元気に遊ぶべし。鉄則です。これは。
福祉プラザはよくいきます。大介の歯医者はここです。月1くらいに行きます。家内と大介で。
みやぎダンスのジュニアークラスのワークショップは月1~2回ここです。みやぎダンスの事務局会議にもよく使います。障がい者を含む利用者は減免措置があって登録すると利用料が無料です。
昨年暮れには、NHKの「テレまさむね」に5,6分ですが練習風景を中継してもらいました。私ら家族にとってはおなじみのところです。福祉プラザさまさまなんです。福祉関係者以外でもたくさん利用しています。
カメさんが言うように地下鉄からも便利なんです。直行の近道あって。
[2007/01/19 00:41]| URL | 大介パパ #RXjsLQls [ 編集 ]
v-22mayさま
そうそう、でっかい鉢でこねるのよね。
最初パラパラだった粉が、見事にまとまっていくのに
感激しました~。
でも、あれを毎週一人で全行程やっているエリさん、
ますます尊敬しちゃうわ。

mayちゃんが、調べてくれたというコメントを読んで、
私も遅ればせながら、ネットでさがして、リンクを付けてみました。
ありがとう!
同じ記事でも、ちょっとそうやって広げていくといいんだよね。
おかげで、これからいろいろ活用できそうなところだと
改めてわかりました。

それにしても、社会福祉協議会一つとっても、その範疇は、
ものすごく広いんだよね。
今まで全然関係ないように思っていたけれど、
mayちゃんのおかげで、身近に感じて、
こういう時にも、ふっと目に付いたりして、
これからもっともっと活動そのものにも関心を持って
いきたいなと思います。
またいろいろ教えてね。
[2007/01/19 16:34]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
v-22大介パパさま
わー、こんな身近にも、よく利用している人がいたんですね。
みやぎダンスでも使っていたとは、知りませんでした。
せっかくあるこういう施設、もっとよく知って、
活用できるところはしていきたいと思います。
いろいろまた教えてくださいね。

なんか、子どもは名目で、親が楽しんでいることの方が
多いような気がしますが、大介パパさんに、「遊ぶべし」なんて
お墨付きをもらうと、気がラクになります。
これからも、もっともっと楽しんじゃおうっと。
(もう十分だろ、と言われそうですが・・・)
[2007/01/19 16:39]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
行きたかったです~
蕎麦打ち、行きたかったです!
あいにく、月2回の療育日だったので参加出来ずに残念でした。
蕎麦打ちは遠い昔(遠い目になる程昔i-201)に一度だけやったことがありますが、結構大変だったのと、打ちたての蕎麦のおいしかった記憶しかありません。
またこのような企画があるといいですね。
その時こそは!!
[2007/01/22 23:02]| URL | むく #- [ 編集 ]
v-22むくさま
そうそう、この日は重なっていたのよね。でも、エリさんが
講師ですから、きっとまたどこかで、こんな機会が持てるのでは?
行動派のむくさんたち世代で、ぜひ企画してください!
おいしいお蕎麦ができたら、きっとこはるちゃんも
お得意の拍手をパチパチしてくれることでしょう。
1歳を過ぎて、そろそろお蕎麦も食べられるかな~。
[2007/01/23 06:35]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
仙台いいなぁ
いろいろと企画があって、そして参加が出来てうらやましいな(^^)
うちのりこたんはまだ、一匹狼状態です。今年の1月からはじめての教室みたいのがあったのですが、今回もまた風邪で行けませんでした。今回は全くの私の管理ミスです。来月2回あるそうですが、、なんだか不安になってきました。りこたんはすぐ相手の髪の毛を引っ張るし、叩くし。社会性が全くありません。それはお母さんの私がいけないんだと思います。実は上のお姉ちゃんの赤ちゃんの時もとうとう公園デビュー出来ませんでした。誰もいない夕方の公園に行って貸切で遊んだり・・・二番目は生後6ヵ月から保育園に入れたので保育士さんのお陰でいい子に育ったようなものです。
りこたんも昨年お芋堀りに誘われたけど・・・勇気を奮っていこうと思ってたのに結局曜日が土曜日で家族の事をやってて行ける余裕がなくなってしまいました。断ったり風邪引いたりしてるうち、今回もだめだろうと誘われなくなってしまいました。それにそんなに行事も無いんです。

息抜きのブログもなかなかやる暇無いとこんな風に落ち込んでしまって。ため息です。

息抜きに仙台に行きたいくらいです。打ち立てのおそばってどんなにおいしいんだろう。私もりこたんもおそば大好きです。とりあえず早く風邪治します。いつもスミマセン。<(_ _)>
[2007/01/23 09:52]| URL | ファンタジア #RVcFyNpA [ 編集 ]
おいで~!
うんうん、わかるよ~。
ブログが息抜きなのに、そのブログもやる暇ないと、
ほんと、気持ちだけがどんどん自分の中でうずまいていくよね。
私の場合は、仕事とかで忙しいわけじゃなく、
単に、最近、朝、前みたいに早く起きられなくなっただけ
なんだけど、でも、なかなかPCに落ち着いて向かえないと、
記事を書くところまでいかなくて、そのうち、
今さら書くのも・・・となってしまって、書かずじまいで
終わること多くて、いろんな思いでいっぱいの心を
出せずにいると、不完全燃焼になりますね。
実生活の中って、案外、気持ちを出さない会話で
過ぎていくことも多いですからね・・・

りこたんの社会デビューは、まだまだこれからよ。うちなんか、2歳過ぎるまでは、ほとんど友達もいなくて、さびしかったもん。子どもが丈夫になるのと平行して、いろいろ外と接触する機会は増えてくると思います。今は、まだ友達と関わる遊びより、一人遊びを充実する時期だから、おうちで、たっぷり遊んであげるのがいいんじゃないかな。うちもこの頃はもっぱら絵本を読んでましたよ。今じゃ、あまりゆっくり本を読んであげることもなくなちゃって、さみしいくらい。そのときどきにやれるベストなことって、自然に子どもが選んでいるような気がします。お友達と遊びたがる年齢になる頃には、体もまた丈夫になってくるし、そのくらいになると、児童館とかコミュニティセンターなどのお知らせを見てると、いろんな機会が出てくるよ。療育は、地域によっていろいろ内容も形も違うけど、これからいっぱい情報も入ってくるようになると思います。特に埼玉は、前に書いた「りあるタイムス」のリンクでも、いろいろありそうだから、ぜひ調べて見て。
[2007/01/23 14:39]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |