スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ダンスに参加?
私がちょっぴり英訳で関わった「みやぎダンス」の
オールメンバーズデイに顔を出して来ました。
みやぎダンスには、いろいろなクラスがあり、
舞台公演を目指して本格的に稽古をしている人たちの
カンパニークラス(全国or海外公演)やステージクラス(仙台公演)、
中学生以上の、誰でも興味のある人が楽しめるオープンクラス、
子どもたちのジュニアクラス、
しょうがいのある子(人)をケアする立場の人のためのケアクラスなど、
様々な年齢、立場、ダンス技術、etc.の人たちが、
半年に一度、全員で集う機会がこのオールメンバーズデイなのです。



少し遅れたかなーと思って、会場に入ってみると、
ちょうどこれから始まるところでした。
みやぎダンスの公演は観たことがあるものの、
メンバーの中に顔を出すのは初めてで、ドキドキでしたが、
この頃すっかりご無沙汰していたみのじさん
みのじさん宅の抱っこの会でお会いしたことのある
Aちゃんとママの顔をみかけて、心強くなりました。

早速音楽に合わせて、体をほぐす体操?踊り?が始まりました。
私は、ただ見学のつもりでいたのですが、
誘われるままみんなの輪の中に入って行きました。

でも、大きな音(声)と、たくさんの人に弱いアイは、
その両方が一度に押し寄せたような場に、
すっかりかたまってしまい、私に抱っこしたまま
まったく離れようともしません。顔すら伏せて
まわりを見ないようにしている感じ。

仕方ないので、ずーっとアイを抱っこしたまま、
母が走り回りました。

その後、音楽に合わせて動いたりストップしたり、
というのをやっていくうちに、
今度は人にくっついて止まる、という指示が出て、
それを繰り返すうち、
最後は全員がつながった時には、ちょっと感激しました。

それから、3~4人ずつ、くっつく、となって、
そのくっついたグループで、
「クリスマス」をテーマに即興で何か形を作ります。
うちは、アイがくっついて離れないので、
私がサンタでアイはおんぶにして、サンタの持つ袋の役!
他の人がトナカイとそりに扮しました。

他のグループもアイディア豊富で楽しい
クリスマスのイメージの踊り?かたち?が出来上がりました。
もちろん、どのグループも半分(以上?)は
しょうがいのある人(子)が含まれています。
でも、やっているうちにそんなこと忘れていました。
どこも、ダンスの得意な人がうまくリードして
素敵なかたちを創っていってました。

その後、隣のグループのかたちへと、
踊りながら変化していくという指示では、
音楽に乗せて、もう立派に一つの「ダンス」になっていて
ほんと感心しました。
(でも、自分は、アイを何とか顔を上げさせようということに
 やっきになっていて、後から思うと、みんなにお尻を向けて
 へんな動きをしていただけで、恥ずかしい・・・)


母は、いい運動になったけど、肩が重い・・
最近、通園でも体操しないくらいだし、
ダメかな、とは思っていたけど、
2歳のAちゃんが、楽しそうにちょこちょこ走り回っているのに・・・
音楽や踊り自体は好きなはずなのに・・・
と、やっぱりちょっとため息。

ところが、休憩になって、ホールの隅に、風船がいっぱい
置いてあるのをみつけたら、
それまでしがみついて離れなかったアイが、
するりと降りて、一人で一目散にその風船プールにめがけて
走り出したのでした。

たくさんの風船のプールに大喜びで、
自分からその中に入っていきました。
(でも、これも、後からたくさん人が来て、
 キャアキャア大騒ぎになったら、少しおびえて
 出てきてしまいましたが)
それをきっかけに、その後のゲームでは、
ちょうど風船を使うゲームだったこともあり、
もう抱っこすることなく、自分から動いて
リラックスした雰囲気に。

最後には、そのたくさんの風船を全部割る、
というゲームになり(風船の中にくじが入っていた)
これはアイなどこわがって泣くのでは、
と心配したけれど、
なんと最初に割れたのが、アイの持っていた風船で、
私がビックリして「わお!」と言ったのが
面白かったらしく、ケタケタ笑って、
私でもビビる風船割りの音にも、なぜか平気でした。

というわけで、もう帰る時間に近づいてから
ようやくその場と人に慣れて、
本来のアイが出てきたのでした。
まったく、もっと早くから楽しめばいいのに。
小さい頃の人見知りと違って、今は、
一対一とか少人数だと、比較的人なつこく
知らない人にも寄っていく方なのですが、
大勢の中に入る、すごく賑やかな中に入る、
というのが苦手のようです。
(もしかして母と同じかも・・・^ ^;)

たった2時間弱でしたが、いっぱい体を動かし、
とても楽しいイベントでした。
ここに参加している、いろんなしょうがいのある人もない人も、
みんな楽しそうにイキイキしているのが、いいですね。
ダンスも、アイの将来の楽しみの選択の一つに
なるかなーなどと考えている母です。

音楽やスポーツや書道や絵画、
いろいろな分野で活躍しているダウンちゃんいますが、
別に有名になどならなくていいから、
本人が楽しめて、自分を表現できる場が
一つでもみつかったらいいなと思っています。

でも、それは、大介パパさんもコメントで書いてくれましたが、
健常の子も同じですね。
そうそう、兄ガメのことでは、少し変化がありました。
そのご報告はまたの機会に・・・

スポンサーサイト
[2006/12/18 09:21 ] | ダウン症・障がい | コメント(6) | トラックバック(0)
<<アイ自慢 | ホーム | クリスマス・カード>>
コメント
わざわざ、お出でいただきましてありがとうございます。ずうっと抱っこしたまま、動いていたので、さぞやお疲れだろう思っていました。それにしても強いお母様と感心してました。
 せっかくご紹介いただいたので、少し説明させて頂きます。
 ジュニアクラス(小学校児童を含めそれ以下対象)は、ダンスというより、体を動かすってどうゆうこと?体を使って遊ぶって楽しいよ、をテーマにしたクラスです。ダンスの基礎のクラスですが、クラシックダンスの基礎のようなものではないのです。
 大げさに言えば、これは障がい児が変わる瞬間です。それまで親子関係だけになって他人とは没交渉になったいた子が、また行きたいというようになることが多いのです。以外に、親の都合で参加できないことがあります、子供は、保育所や学校に行きたくない子も、ダンスには行きたいというの多いのです。参加した親御さんに聞くと子供が変わった、また行きたいと言う、表情が明るくなった、などといっていただくのが多いようです。
 みやぎダンスには、耳の聞こえない子がいます。みやぎダンスにくるまでは、聞えないが故に声も発せず、笑顔も見せず、他人との交渉が殆ど無くなっていた子です。ダンスをするようになって段々表情が明るくなり、親にも、他人にも表情で挨拶するようになりました。今では練習の日には部屋に入ると他人の私とも平手を叩いて挨拶を交わします。そしてステージクラスに入りダンスパフォーマンス公演にも参加しているんです。ロンドン公演にも行きました。
 公演に参加する人は特別でうちの子には無理だという声を良く聞きますが、それは全くの間違いです。それは、表現することにおいて、その子の素質は関係ないということです。表現の仕方が違うだけです。みやぎダンスは、即興をとても大事にします。感性、即興の芸術を目指しています。公演の作品には大きな流れの筋道はありますが、その中で個々人が何を感じ、どう表現するかは、かなりその人の意識に任せます。それが即興性ダンスという所以です。
 みやぎダンスのメインテーマが「生きること おどること そして あなたがあなたのままでいること」です。あなたがあなたのままで生きていいよ、踊っていいよ、ということです。ここには、障がい者とか健常者という区別はなく、みんながそのまま一緒にいることが当たり前だという意味です。
 長すぎて申し訳ありませんでした。
[2006/12/18 19:25]| URL | 大介パパ #RXjsLQls [ 編集 ]
カメさん!すごいですね!

やっぱり母です!アイちゃんを抱きながらのダンスなんて!

格好良いな!

同じ音の反応でも親や大人の反応で子供も変るのですね!

みやぎダンス?ユニバーサルデザインダンスともいえますね!
[2006/12/19 02:13]| URL | 桜狸 #2J9jxRMk [ 編集 ]
v-21大介パパさま
私の説明不足のところを補っていただき、ありがとうございました。本当に、素晴らしい理念をかかげてどんどん進化し続け、それでいてあったかい、みやぎダンスの人たち。素晴らしいですね。子どもたちが、そうやって変わっていく様子、笑顔を取り戻し、輝いていく様子を見るのは、嬉しいものでしょうね。
音楽や踊りって、太鼓の昔から、どんな民俗も持っていたもので、人間の本来持つ要素というか、生きるのに欠かせない何かなのでしょうね。娘のことを抜きにしても、とても魅力を感じますね。またこれからも、たくさん触れることができたらいいなと思います。よろしくお願いします。
[2006/12/19 05:41]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
v-21桜狸さま
私のは、「ダンス」なんてものじゃなく、ただ歩き回って
お尻を振っていただけでございます・・・
でもアイを抱っこしながらの体操や踊りは、
去年一年通園施設で毎回やって鍛えられておりますので、
慣れております。(だけど去年よりはさすがに重いわ・・)
母は強し、ですね。

そうそう、桜狸さんがやっておられるユニバーサルデザイン、
発想は同じことと思います。
誰もが一緒に、気持ちよく暮らしていける世の中めざして、
それぞれの得意分野で、頑張れたらいいですね。
[2006/12/19 05:47]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
お近くにそういったつながりがあることが
とても羨ましく、参加できるのはステキなことだな~と思います。
カメさんが楽しんでらっしゃったらいいのではないかしら。読んでるうちに、アイちゃんは後回しでもいいのかなって気がしました。
アイちゃんをどうとかしよう なんて考えずに
カメさんが自然体でいたら、アイちゃんもリラックスするだろうし。
とにかく素晴らしいですね。
うちのもダンス好きなので何かやらせたいけど
なかなかなくて。
毎晩、DVD見ながらスマップと一緒に踊るのを唯一日課にして満足してるみたいです。
[2006/12/19 11:05]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
v-22tiisai-ningyoさま
そうですね。アイを無理やり動かそうとするよりも、
まず自分が楽しむ、ということでいいんですよね。
(通園での体操もそうかな?)
実際、私自身も体を動かすことが好きなので、
(運動オンチで子どもの頃は体育苦手でしたが)
まずは自分が楽しめばいいんですね。おー、目からウロコ!
近くの市の体育館でも、親子運動みたいなのを
やっているらしいのですが、今はこれ以上いろんなところに
通うのは無理で、断念しています。
そちらの方なら、さがせばいろいろありそうですけどね。
でもスマップのDVDと一緒に踊るのも、
自由に伸び伸びやれていいかもしれませんね。
[2006/12/20 05:18]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。