スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
区切り
仙台市内の多くの小中学校は、昨日が修了式でした。
自分も今のクラスとお別れなので、
いろいろ最後の準備をしていて(撮っていた写真を現像したり)
あまりアイのことを気にかけてもやれずに
バタバタといつもの朝のように送り出しました。

でも、昨日は少し早めに(と言っても定時は過ぎてですが)帰れたので
修了式後はデイサービスだったアイが帰ってくるのを
家で迎えてやることができました。(いつもは兄まかせ)

帰ってきた時デイサービスの職員さんが
「アイちゃん、皆勤だったんですか?すごいですね〜!」
と言ってくれて、ハッと気づきました。
そう、アイはこの一年、一日も学校を休まなかったのです!
(おじいちゃんの忌引はありましたが)

苦しくなるとすぐ体調不良になって、簡単に学校でも塾でも休む兄と違い、
(あー、ここでもつい愚痴が入ります)
アイは本当によく頑張りました。
小学校に「皆勤賞」という賞はないけれど、
私から何よりほめたいことです。一年間の皆勤、おめでとう。

鼻水はよくたらしていたし、
咳が出て何度もヒヤヒヤはしたけど、高い熱を出すこともなく、
(週末にはあったかな。何とか学校行く日には下がって、ラッキーでもありました。)
今年度学校での2度のインフルエンザ流行もかわして、
まあ、よく一年体調を保てたと思います。丈夫になったね。
1日でも病欠されていたら、私の少ない年休はアウトでした。
アイさん、あなたのおかげで、私も無事勤務できました。
ほんとありがとう。
アイを病気から守ってくれた神様たち(なんと不信心な表現)
ありがとう。


というわけで、通信票もいただいてきました。
なんと2学期(二期制なので後期はそう呼ぶんですね)は
「もう少し」が1つもなくて、ちょっとびっくり。
先生ありがとう。アイなりの進歩を見てくれたのですね。

いや、正直、アイの通信票など
「よくできた」が何個とか「もう少し」があるとか
全然気にしたこともなく、
(その点では、やはり兄の時はシビアに見ていたかも・・)
一つでも「よくできた」があれば、
その項目について「がんばったね」なんてほめていたくらいですが、
今回は、お友達がそういうことを話題にしていたのか
通信票を見せながら
「『もう少し』が2つあった・・・」と
なんかがっかりしたような口調で本人が言ってて
親は「もう少し」があっても別に不思議はないと思っていたんですが、
あー、そういうこと気にするようになったんだ、
ということの方に、ちょっとハッととしました。
たまたま、その「もう少し」は1学期のもので
2学期は先ほど書いたように、一つもなかったので
アイにも
「1学期はあまりよくできなかったことが、
 2学期はちゃんとできるようになったんだね、えらいね」と
説明してほめました。

でも、たぶん、これからの学年では
もっと勉強が難しくなり、ついていけなくなるだろうし、
(先生も変われば見方もかわるだろうし)
「もう少し」なんていう評価はついて当然だと思いますが、
それを本人がどう受け止めていくか
通信票に限らず、
少しずつまわりの子と自分との違いに気づく力がついてくると
今度はそれを本人がどう感じどう受け止めるのかということが
問題になってくるのだろうなと思います。
今はKYで、人の目や思いなど全然気にしてなさそうですが、
(気にしなさ過ぎて、いろいろ問題起こしているんですが)
これから心も成長していったら
お友達との関係の中で
そういう新たな問題も出てくるのでしょうね。
まあ、それもまた、心配でもあるけど楽しみでもあります。

お友達と言えば、通信票のほかに
お友達からのメッセージカードももらってきました。
(アイも前日書いていました。)

学年末お手紙2

支援級のTくんから(知的にはショウガイありません)
「いつもありがとう。かるたやトランプにつき合ってくれてかんしゃしています。」


学年末おてがみ1

いつもお世話をしてくれる、しっかり者のMちゃんから
「だんだんいろんな事ができるようになったね!
 つくえ運び、ローマ字、自ぜんかんさつセンター・・・
 この調子で4年生も頑張れ!」

コメントが完全に先生目線になっていますが(笑)、
ほんとにMちゃんは思慮深くて、
アイに対しても、自分の一方的な親切の押し売りじゃなく
どう手助けしたらアイのためになるかを考えてくれる子で、
この一年は、昨年度のように補助の先生も支援員もつきませんでしたが
彼女がいれば、下手な補助教員よりよほど有能な担任の助手だったと思います。
Mちゃんには頭が上がらないので
アイは少々苦手にしているフシもあるようなんですが
母としては、Mちゃんがクラスにいてくれることに心から感謝です。

先生は替わることがあっても、
学年1クラスしかない今のメンバーは来年も一緒です。
アイさんの来年度、どんな展開があるか
ドキドキわくわくです。

ただ、今までは担任だった先生が次々転勤で
年度が替わると学校からいなくなって、
新学期を迎える前は、ずいぶん心細い思いをしましたが
少なくとも今年の担任は
引き続き担任ではなくても、学校には残ってくれるので
それだけでも安心です。
直接でも間接にでも、
強力な応援団になってくれることは間違いない先生ですから。

* * * *

転勤と言えば、人事異動発表の時期でもあります。
いつもは修了式の2・3日後なんですが、
今年は土日をはさんでしまうからか、
修了式当日に内示があり、地方の夕刊にはもう発表されていました。

なんと、自分の今の勤務先の校長が
兄ガメの入る高校の校長先生になることに!
実はその人は父ガメの元同僚でもあり、
両親ともによく知っている人が校長とは
嬉しいような、兄ガメのおバカぶりがバレバレで冷や汗もののような・・・
でも、とても尊敬できる素晴らしい校長先生なので良かったです。
(大きな声では言えませんが、校長といえども
そうそう尊敬できる人ばかりとは限りませんから・・・)

そして自分。
いよいよ今の勤務先を去ることになります。
3年間、時間的には厳しかったけれど
本当に充実した楽しい時を過ごさせてもらいました。
この年になって新しい経験もたくさんさせてもらいました。
書きたいことは山ほどありますが
離任式の後にでも、また改めて書きたいと思います。

ただ、午前中は、まだ生徒達には言えないから
普通にクラスで一年の終わりみたいな挨拶をして
それでも生徒たちはすごくいい子たちで
まるで卒業生のように、
副担の私にまで色紙やプレゼントなどくれて
感激していたのですが、
午後人事の発表がされたとたん、
学校は新体制で動き始め、
次々会議があるのに
それに混ざれないで残った仕事をしながら(昨日〆切の!)
一日の中で、
それまで組織の一員だったのに、
ある一瞬を境に「出て行く人」に変わってしまった寂しさを
味わっていました。

さ、来週は離任式までに机や戸棚の荷物を整理せねば。
私も4月から新たな出発です。





スポンサーサイト
[2013/03/23 06:48 ] | アイ小学校 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<いよいよ新学期。 | ホーム | おかげさまで>>
コメント
アイちゃん、皆勤賞おめでとうヽ(^o^)ノ

私の生徒も、終業式に伴って塾に成績表を持ってきてくれました。
塾なので普通は成績を一番に見るところなのでしょうが、
私はいつも、先生からのコメントや、諸活動のこと、そして、欠席や遅刻をよく見ます。

私の生徒にも皆勤賞がいて、とても立派なことだと、
つい数時間前に褒めたところです^^

私は休みがちだったので、(スミマセン・・・。)
勤めている今でも、年に何回か体調が悪くて休んでしまうことがあるので、
何はさておいても、休まず行くというのは、本当に素晴らしいことです!!

4年生になっても、元気に通ってくれるといいですね^^
[2013/03/29 00:23]| URL | ゆかち #- [ 編集 ]
ゆかちさんへ
ありがとうございます。
私も小学生の時は、毎年1回は高熱を出して休んでいたし
兄ガメにいたっては、中学になって
半分ズル(?)休み的な欠席がかなりありましたから
アイは立派だと思います。
あまりほめると、今度本当に具合悪いときがあっても、
無理して行くと言いそうでこわいですが。
少なくともずいぶん丈夫になってくれたのは事実で、
心臓の手術をした頃のことなど思い出すと
本当に感慨深くありがたいことです。

とりあえず働く母的にはホント助かりましたが、
今年度はもう少しゆったり見守りたいと思います。
[2013/04/03 07:19]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。