スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
父が
亡くなりました。

半年前に、突然病に倒れ、
ガンとわかってからも、
父はきっとガンに負けず、
回復してくれると
どこかで思っていました。

主治医にあと半年と言われても
末期と言われながら何年も元気に生きた人もいる、と
そういう例ばかりに目が行って
きっと父もそうなるという気がして
どうしても医者の言葉を受け入れられなかったのですね。

いろんなガンに関する本も読みました。
抗がん剤治療に疑問を待って、
他の方法はないのか、
随分調べもしました。

でも、11月後半になって、
あまりに体調悪く、
抗がん剤治療もできないと言われて、
初めて症状の深刻さを感じました。

そして、12月に入り、ほとんど何も食べられなくなって、
自宅療養の限界を感じた母は、
医者に頼んで再入院させてもらうことにして、
その再入院の予定の前日、
容態が急変し、
救急車で運ばれてすぐ
息を引き取ったそうです。

離れている私や弟はもちろん、
近くに住む、アイのいとこたちも
間に合わなかったくらい、
急でした。

亡くなる前日まで、
老人会の新聞の記事編集をしていて
やっと印刷屋さんにまわしたところだったそうです。
父らしいなと思いました。

まだ半分信じられない気持ちですが、
これからは、一人になる母のことも
きょうだいで支えていかなくては。

このところ、芸能界でも
大物が相次いで他界し、
なんか人ごとと思えずに
つい、自分の親と重ね合わせて
見てしまったりしていましたが、
まさかこんなに早いとは…。

世間的には、亡くなっても不思議はない年齢ですが、
やはり自分の親を亡くすと言うのは
喪失感が大きいものですね。

1月に義父を見送り、
12月には実家の父をと、
なんともつらい一年でした。
来年はいい年になりますように…
スポンサーサイト
[2012/12/12 15:26 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<寒中お見舞い申し上げます | ホーム | 来年度の就学相談>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/12/12 20:35]| | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/12/15 00:06]| | # [ 編集 ]
大介パパさんへ
お悔やみの言葉をありがとうございます。
今後またよろしくお願いします。
[2012/12/26 07:48]| URL | カメ #- [ 編集 ]
pirorinさんへ
どうもありがとう。
お互いに一年一年家族の状況は変わっていきますね。
何でもない毎日を大事にしなくてはと改めて思います。
来年もよろしくです。
[2012/12/26 07:50]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。