スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
1学期終了。
仙台市の公立小中学校は二期制で、
この連休に2日ほどプラス休みにして「秋休み」と称し、
その休みを境に、1学期と2学期に分けられています。
兄ガメの頃からずっとそうなのに、
いまだに慣れない私。
やっぱり小学生は、長期休暇ごとに1学期2学期3学期の方がいいよね。
(と、毎年言っている気がしますが)

というわけで、子どもたちは1学期の通信票をもらってきました。
兄ガメは、これで高校入試の「内申点」が決まる大事な成績だったのですが
もう、テスト結果の段階で悪いことはわかっていたし、
たぶん提出物も出していないから、
(最近自分の部屋にこもっているので
 私もいちいちプリント等確認もしてやらなくなりました。
 案の定、ほぼ全教科のコメントに提出物が悪いと書かれていました
覚悟はしていました。。。
がっ、これほど悪いとは。
持ち点少ない状態で入試に臨まねばならず、
かなり厳しい状況に追い込まれました。
あと3ヶ月ほどで何とかなるのか・・・

まあ、受験生というのに、
ギター弾いてたりPCに向かっていたりの時間の方が長いのですから
当然と言えば当然ですね。
でも、本人がやる気にならなければどうしようもないので
もう最近は口うるさくも言わなくなりました。

別にどこの高校でもいいんだけど
できれば、勉強の楽しさというか、
学校のテストはともかく、
知的関心が刺激される環境に行ってほしいなと
親としては願うわけなんです。
一時的な逃げの遊びでは、本当の楽しさや達成感は得られないから。
偏差値の良い学校に行けば良い友達が得られるというわけではありませんが、
狭い世界で物事を判断してしまうことのないようにしていってほしいと
思っています。

兄ガメはさておき(いや、おいてはおけないんだけど)、
アイさんは、1学期よく頑張りました。
なんと、今学期は欠席ゼロです。
風邪だか何だか半分ズル休み(?)した兄ガメよりよほど立派です。

そして通信票の中味も、
「もう少し」は
算数の「筋道を立てて考える」と
理科の「関連づけて考える」というところだけで
「よくできました」もいくつかありました。
(「興味関心を持ち、進んで学習に取り組む」とかね)

コメント欄には
「算数の『円と球』ではコンパスで模様を工夫して描き、その描き方を
 みんなにわかりやすく説明することができました。
 国語の『すいせんのラッパ』では情景をしっかり読み取り、工夫して
 音読することができました。
 理科の調べ学習でグループ活動した際には、自分のやりたいことだけでなく
 周囲のアドバイスを生かしながら友達と協力して発表を成功させることが
 できました。」
と、いいことばかり書いてもらいました。

本当は、日々いろいろ先生やお友達には迷惑かけているんですが。
先生ありがとうございます。

まあ、でも親から見ても、よく頑張っていたと思います。
いっぱい怒られたり、友達とトラブったりしても、
学校に行くのをイヤだと言ったことはなく
特に何かイベントがある日は大はりきりで、
学校生活を楽しめたことが何よりでした。

いつもは朝なかなか起きられないのですが、
日直の日だとガバッと起きて
起きるなり「今日は日直だ!」と叫んで
パッパと着替えもします。

この頃は、断片的なアイの説明でも、学校であったことが
おぼろげながらわかるようになりました。
こちらの質問に対しうなずくか首を振るかしかしない兄ガメよりは
(「お前は口がきけんのか〜っ!」と言いたくなります)
よほど学校での様子がわかります。

1学期が終わる前に、お友達の頑張ったところを
カードに書くという宿題があったのですが、
通信票と一緒に、お互いに何人かずつに書いてもらった
「がんばりカード」ももらってきました。

moblog_a7cc9089.jpg


↑ これは表紙。遠足の時の写真が貼ってあります。
 小さい写真であまり見えませんが、右端で一人足を広げているのがアイです。

↓ その中味です。

moblog_376064ee.jpg

これも小さいので、みんなからの言葉を書くと、

先生からのは
「いつもぜっこうちょうのあいさんになってきたね。
 算数も音楽もみんなのお手本になったね。
 力を合わせて学芸会がんばろう」

お友達からは
 Hくん「算数をばりばりやっていました。」
 Yくん「字がうまくなったね。」
 Sちゃん「勉強がんばりましたね。」
 Cちゃん「ピアノがすきなあいちゃん。これからもけんばんとかでやってね。」
 Mちゃん「じゅぎょうでたくさん手を上げているし、ノートもちゃんと
      書いているね。ぜっこうちょう!!二学きもがんばれ!!」

最後の文は、いつもお姉さんのように細々と気を遣ってくれるMちゃん。
ちゃんとやっていない時は注意もしてくれます。
そういうお友達がいて、ありがたいです。

実は、3年になってしばらくは
ストレスが大きくなってきたのか
前から気になっていたツメかみが激しくなり
ツメが割れるほどになったり、
さらに手足をなめたり、いろんな物をなめるという
ヘンなクセが出て
まわりの友達にもよく注意されたり
先生も気にしたりしてくれていました。

宿題も量が増えたし、
みんなについていけなくて
精神的にきつくなってきたサインかなと、
そろそろ普通学級も限界かなと思い始めていました。

でも、夏休み以降、
児童館の有料化に伴い、時間延長ができるようになり、
帰りが遅くなっても、
私か父ガメが迎えに行くようにしてからは
少し気持ちが落ち着いたようです。
いつか言われた
「どうせ帰っても誰もいないんだ」という言葉。
よく言葉に表せたと思いますが、
だから生協の人にお迎えに来てもらっても
なかなか帰らなかったんだと
今はわかります。

児童館の先生には、
「お母さんがお迎えだと全然違うねえ。
お母さんが大好きなんだね。」と言われ
こんなに怒ってばかりなのに、
それでも大好きでいてくれて
申し訳なさ半分の、いとおしい気持ちになります。
本当は、今後のことを思えば、お母さんだけでなく、
いろんな人を大好きになってほしいとも思いますが、
今までずっとさびしい思いをしてきて
それをうまく言葉で表せなかくて、
いろんな「問題行動」に出ていたのだと思うと
もうしばらくは、できるだけ甘えさせてやりたいと思います。

短い時間しか一緒にいられないけれど
車に乗ると必ずする(場所で思い出すみたい)しりとりや
お風呂で必ずするごっこ遊び、
(たいていは「アイちゃんがお母さんで、お母さんがアイちゃんね」
 という設定で、アイなりに私のまねをするのですが、
 たいていバタバタと走って「忙しい忙しい」と言ったり
 「あ、忘れ物した」と言ったりで、よく見てるなーと
 恥ずかしくなります)
こちらはいいかげん飽きて、適当に相手することも多いのですが、
そういうものにも、根気よく付き合っていこうと思います。






スポンサーサイト
[2012/10/06 23:55 ] | アイ小学校 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<10月あれこれ | ホーム | ぼちぼち・・・>>
コメント
頑張ったね☆アイちゃん
児童館、延長ができるようになって良かったですね。
がんばりガードとは、素敵なアイディアですね。お友達からの言葉、励みになりますね。

勉強嫌いの姪(教室を始めて、他の子と比べると、学力不足も明確なのですが)が、いつも、なんで勉強なんかしないかんの?めんどくさいなあ!と怒りだすので、嫌なことでも、頑張ること、努力することが、これからの人生に大切だからと答えています。
勉強することの楽しさ、喜びもあるはずなのに、姪にとっては、修行の場になっています。

兄ガメくんも、修行中かな?

立派な塾のビルが乱立してるのを見ても、激化しているような気がします。そして塾代が月々数万円かかるというから驚き(*_*)です。そんな塾へ、ほとんどの子供が通っているそうです。そういう環境におかれた子供たちにとっては、勉強は息苦しいものでしかないのかもしれませんね。
そのおかげで、零細な私の教室は、チラシをまいても(強制的にまかされます、しかも自腹で。)誰一人、問合せなしです。大企業に搾取される町工場のようで、赤字経営で、何してるのか、わからない状況です。大手の塾のチラシも山のように入ってきます。
でも、姪と友達二人に教えてますが、
それが生き甲斐になっているのも確かです。
[2012/10/07 09:26]| URL | まこ #3rp9YX9M [ 編集 ]
まこさんへ
どうもありがとう。

がんばりカードは、アイがお友達の文を書くのが
ちゃんと書けるか心配でした。
私もお友達が何を頑張っているかまでは知らないので
手伝うこともできず、「例えば、○○係のお仕事頑張っていたとか
算数頑張ってたとか体育で活躍してたとか・・・」と
いろいろ例をあげるぐらいしかできませんでしたから
その子に合ったカードが書けたのかどうか・・・

兄ガメの塾、ほんとお金がかかります。
9月からは普通の授業料の他に、「実戦ゼミ」とか言って
さらに追加になり、何かいくつもテキスト買わせて
こなし切れないのに、効果があるのか疑問に思いつつ
一度入ると親子でこの体制に組み込まれていってます。
オソロシイ・・・
でも、親としては、個別対応してくれるような塾の方が
本当はありがたいんですけど、なかなかわからないと
不安で大きいところに行かせているだけで安心、みたいな
ことになるんでしょうね。
うちは子どもが友達の関係で選んできたので
親としてはあまり良いとは思わなかったところでも
やはり少しでも勉強するならと許しちゃいました。

まこのように親身になって教えてくれる先生に
習える子はうらやましい!!
お近くだったら、ぜひアイも通わせたいです〜。
きっと1人2人からでも、口コミでじわじわ
今後広がっていくのではと思いますよ。

[2012/10/08 07:16]| URL | カメ #- [ 編集 ]
アイちゃんの成長ぶりや、日頃の何気ない様子に
この頃涙もろい私はうるうるしながら読ませてもらいました。
親戚のおばちゃんみたいな気持ちです。
日直の日は張り切ったりするのなんか、うちと同じです^^

兄ガメ君もね~~~わかるよぉ~
男子パワーでここから伸びる子もたくさんいるから
まだまだ頑張れると思うけど
親の希望がどうであれ、本人が納得できる進路に進んで欲しいですよね。
うちは本人の希望通りなったものの、ホッとしちゃったのか
暢気というか欲がないというか諦めてるというか・・・・
今やぜんぜんダメ人間になっちゃって。。。
[2012/10/13 19:09]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
tiisai-ningyoさんへ
いやいや、こじかくんは、立派ですよ。
中総体では県大会まで行って結果を出し
一生懸命やることやって、そして
ちゃんと希望の高校へ入っていったんですもの。
兄ガメは、すぐにラクな方に逃げてしまって
苦しいところを踏ん張れないので
たぶん高校入試でも肝心なところでコケるのではないかと
心配しています。
まあ、それもまた人生勉強かもしれませんが。。。

アイはね〜、それに比べると、
もう、自分の能力以上に頑張っていると思うんだけど
何しろ気が強すぎて、
ちょっと周りの気持ち&空気が読めないので
もう少し、人の気持ちを感じ取れる、
優しい心を育てることが課題です。

すてぃっちちゃんもこじかくんも優しいのは
パパとママが優しいからでしょうね。
そう思うと、親のあり方も反省です。


[2012/10/15 22:47]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。