スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ぼちぼち・・・
夏休み明けずっと長く続いていた真夏のような暑さも
お彼岸に入ってやっと秋らしくなってきましたね。

我が家では、諸事情から
義父が亡くなって半年以上も経ってから
ようやく義父の用意していた墓地に
お墓が完成し、
この度無事納骨を済ませました。

入院中の義母も、入院以来初めて外出し
納骨の式に参加することができました。

義父の亡くなった直後はあまりにも精神状態が悪く
葬儀にも出られなかった義母は
この納骨で初めて義父のお骨に対面し
お坊さんがお経を読んでくださる間
いっぱい涙を流し、
ようやく義母の中で
義父とのお別れができたのかなと思います。

遅くはなりましたが、ずっと気にかかっていたことが
一つ終わって、ちょっとホッとしました。




義母の調子は、おかげさまでかなり良くなって
穏やかに会話もできるようになり
昨年の秋に具合が悪くなる前の状態に戻った感じで
退院してもいいのではと思うくらいなのですが、
どうしても、何か気にかかることがあるとダメみたいで
8月は新盆のことを気に病んでまたぶり返し
今月はこの納骨のことでまた眠れないと言って
お医者さんも、まだ波があり過ぎるので心配と言って
なかなか退院というところまではいきません。

それでも今回、また当日になってドタキャンということもなく
(これまで何度も「行く」と言っていて、その日が近くなると
 やっぱりダメ、ということが続いていたので)
ちゃんと着替えて、初めて病院の外に出られたのは
大きな進歩で、家族親戚一同、嬉しく思いました。

ただ、墓地での納骨の儀式の後、
参加してくれた、ごく近しい親戚の人たちと一緒に会食だったのですが
何度誘っても、本人が
「もう疲れた。病院に戻りたい。」と言うので
まあ、今日は納骨に出られただけでも良かったと思って
一度にあれもこれも要求しても無理かもしれないと
義母は病院に送り届けました。

お盆の時も、外出許可をもらって
うちに帰ると言っていたのに
結局当日近くなると、体調がどうこうと言って
「私は行けない。」と首を横に振るばかりだったのです。

今回も、義母にとっては、一番心を許せる
本当に親しい親戚しかいなかったのですが
やっぱり「ダメ」と思ってしまうところが
病気なのでしょうね。
普段私なんかと話している時には、
「早く家に帰りたい」と言っているのに
いざとなると、不安でたまらなくなるようで
「頭がフラフラするから無理」とか言って
病院を出るのを拒否しちゃうんですね。

まあ、この頃は、気長に、義母のペースで
ぼちぼちやっていければいいのかなと。
帰りたい時にいつでも帰れるようにだけはしておいて。
焦らず、今回みたいに、少しずつ
外に出たり、人と接したりすることに
慣れていけばいいかなと思っています。


「ぼちぼち」行こうと思ったのは、アイの方もです。
最近、何が何でも全部宿題をやらせようと思わず
1時間頑張ったら、もうそこまででいいかなと。
アイのできる範囲でいいと割り切るようになりました。
算数のプリントも、半分できたら上等。
そう思ったら、肩の力が抜けてラクになりました。

アイ自身も、前は、私がいくら「もういいよ。」と言っても
(その言い方が怒っていたからかもしれませんが)
「やるもん!」と言って、
全部終わせらないと気が済まなかったのですが、
自分でも、それだけの量をこなせなくなってきたのを
感じているのか、
今は「ここまででいいよ。」と言うと
さっさとやめています。
まあ、人間ラクな方には流れやすいものとはいえ
アイは結構今まで意地が強かったんですけどね。

私がいつも連絡帳で、遅く帰ってきて
アイの宿題をやらせるのが大変みたいなことを書いていたので、
先生も「アイさん専用の宿題を出した方がいいですか?」と
言ってくれたこともあったのですが、
私が「いや、できない時はできるところまでしかやりませんから
同じでいいです。」と言ったのでした。
まあ、先生も、私も、そして本人も、手さぐり状態です。
とにかく、やれることとやれる範囲でがんばろう、
その中で時々ビックリするくらい頑張れる時もあるし
全然ダメな時もあって、それでいいかなと。

そんなアイさんの最近のお気に入りは
夏休みにいとこたちとやった
「タレントなりきり遊び」。
アイは女優や歌手の名前などあまり知らなかったのですが、
いとこたちが、それぞれ
「私は『西野カナ』」「私は『黒木メイサ』」など
自分のお気に入りタレントになったつもりで
アイにも、適当に選んでくれて
「アイちゃんは武井咲(えみ)ちゃんね。」と言われ
それ以来すっかり、自分は『武井咲』になると決めたみたいで
(それまでは、武井咲さんという名前も知らなかったと思いますが)
家に戻ってからは、私とごっこ遊びの続きをしたがります。

「お母さんは誰になる?」と聞かれ
とっさに思いつかず、たまたま「梅ちゃん先生」を見たので
「堀北真希」と答えたら、
それ以来、オモチャの電話を持って
「もしもし、まきちゃん。わたしえみよ。
今日はどこにいるの?」
「ええと、今日は東京で撮影があるの。」
などと、なりきりでの会話をしなくてはいけなくなりました。
堀北真希さん、武井咲さん、ごめんなさい。


早々、昨日は私もアイも、約1年ぶりに、美容院に行きました。
昨年の秋にじいちゃんたちが入院してから
全然行く余裕がなかったので、伸び放題になってました。
アイは思いっきりショートにしたので
「武井咲」というより、「剛力あやめ(字がわからん)」風になりました。
(あら、また図々しいことを・・・すみません)

moblog_05a747cd.jpg




スポンサーサイト
[2012/09/23 07:36 ] | 家族・子育て | コメント(0) | トラックバック(0)
<<1学期終了。 | ホーム | 夏休み終了!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。