スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
猫の家出
もらってきてから2年近くなるネコ。

昨年後半ぐらいから、少し外に出るようになり
「お散歩」を覚えて、「お友達」もできて
この頃ではすぐに外に出たがります。
昼間はどうしても家にお留守番、というか
閉じ込めておくので、
かわいそうだからと、朝と夜は少し出してやります。
それがだんだん長い時間出歩くようになり
すっかり不良娘になってしまいました。

夜寝る前には呼び入れるのですが、
この頃はその時間に近くにいないことも。
呼んでも来ないので、結局入れないまま寝てしまって、
夜中に目が覚めて、ドアの外にいるのに気づき
入れてやったことも、時々ありました。

ところが、ある日、とうとう朝になっても
帰ってきませんでした。
そんなことは初めてで、どこかに行ってしまったのか
車にひかれたのではないかとかなり心配になりました。
他の大きな心配ごとが起きた翌日だったので
(それについてはまた後日書くつもりですが)
ネコまでが私たちのもとを去ってしまったのかと
かなりショックでした。

丸3日たっても戻ってこなくて、
これはもう戻ってこないんだと半ばあきらめかけていたけれど
父ガメが、友人に1週間たって戻ってきたことがあると聞いたというので
もう少し望みが出てきて、そんな話をしていたら、
「ニャー」という声。

我が家の不良娘ハコちゃんが3日ぶりに帰ってきたのでした。

家族で大喜びしたのは言うまでもありません。



私はどちらかというと、猫派ではなく犬派。
しかも、飼うとなれば、
結局私の世話することが増えるだけだから
子どもたちのために何か小動物を飼うのもいいなとは思いつつ、
日々ギリギリの生活をしていて、
当分は動物を飼う余裕などないと思っていたのに、
父ガメが突然猫を連れてきた時には
ほんと「とんでもない!」と思ったものです。

で、飼い始めてみれば、やっぱり
エサの容れ物を洗ってやるのも、
ネコ砂など糞尿の始末をするのも私の仕事。
父ガメは、自分の気の向いたときだけ
ネコの好きなおやつを与え放題なので
ほんと子どもに対するのと同じで
甘やかすだけ甘やかして
さっぱり面倒な世話をすることはありません。
子どもたちもかわいがるものの、
糞尿の始末はやはり私に任せっきりです。

でも、毎日エサ入れのお皿を洗って
朝晩きちんとしたエサ(おやつじゃなく)をあげて
毛が抜けるので毛すき用ブラシを毎日かけて・・と
ネコの世話も日々のルーティンができていて
ネコも、この動作の次はこれ、とわかっているようで
朝は私が起きた時からいつも私のそばについてきます。
私はたいてい朝洗濯をして干すので
洗濯干しをしている間はそのそばで、
台所仕事をしている時は台所で
いつも朝早く私一人が起きて仕事している時間は
このネコがそばにいるのです。

ネコもやはり、一時的な気分でかわいがる他の家族よりも
一番自分をわかって世話してくれる私になついているようで
寒い時期には私の布団に入ってきて、
私の横で寝るのです。
私も家族の中で一番ネコの好きなこと気持ちいいことを
わかっているつもりで
たぶん一番ネコのじゃれ遊びにもつき合ってあげていたと思います。
ネコを飼うのには、一番乗り気でなかった私が
いつのまにか、一番ネコに近くなっていたと思います。

ネコがいなくなってしまうことを
本気で考えると泣きそうになるので
まだわからない、帰ってくるかもしれない、と思いながら、
逆にあまり期待しちゃ行けないって、言い聞かせたりもしてました。

そんなことは意識しなかったけれど
いなくなってみて初めて、
何をしていても、あーいつもなら、ここにハコちゃんいるのに、
という思いがわいて
常にあった存在がいなくなることのさびしさを
たった3日でも、日々の生活の中で感じさせられました。

それは亡くなった義父にしても
今入院中の義母についても同じで、
(ネコと同じにするのは失礼かもしれませんが)
日々の生活の中で、これは義父がよくやっていたこと、
これは義母が毎日やっていたこと、
というのを、何かにつけ感じさせられて
一緒に暮らしていた人の存在が、今はない、ということを
いやでも思い出さざるを得ない日々です。

それでも、「いない」ことに、
少しずつは慣れていくのですが、
この一年あまり、急激な変化だったので
なんだか心がついていってない感じです。

そして、さらにもう一つ大きな衝撃が・・・
それについては、まだ受け止めきれていないので、
また改めて書くつもりです。



スポンサーサイト
[2012/06/24 07:49 ] | 家族・子育て | コメント(2) | トラックバック(0)
<<今度は実家 | ホーム | 運動会(3年生)!>>
コメント
ハコちゃん、良かった~!!!
いなくなると、ホント心配だし、
「あのとき家に入れていれば・・・」と後悔もしますよね。

なんだかんだ、都合のいいときだけ遊んでくれる人より
やっぱり「お母さん」が一番なんですね!
[2012/06/28 00:54]| URL | ゆかち #- [ 編集 ]
ゆかちさんへ
ほんと、一時はもう帰ってこないとあきらめて
その時はうんと喪失感を味わいましたが
一度、長く出ていてもまた帰ってくると知ったら
その後はあまり心配もしなくなり
ハコさんはますます夜遊びがひどくなって
すっかり不良娘になってしまいました。
よそのうちに迷惑かけていないといいのですが・・・

起きている時は、「お母さん」である私のそばに
いることが多いのですが、
(あと寒い冬は私の布団に入ってきますが)
なぜか最近寝る時は、たいてい兄ガメの足元に寝ています。
(私のスリッパも好きなので、もしかしたら
くさい足のニオイが好きなのかも!?)
[2012/07/02 23:06]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。