スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
そして・・
ご心配おかけしております。すみません。
温かい励ましのコメント、ありがとうございます。

こんな状況で、ふだんよりよほど更新しているのもどうかと思いますが、
ここまで皆さんに愚痴ってしまったので、
その後の経過も一応ご報告を。
我が家のピンチ、まだまだ進行形です。。。



ばあちゃんをケガの翌日近くの外科に連れて行き、
もう一度、ほかに打ちみが見つかったヒザなど
全身をよく診てもらい、
骨に異常はなく、頭の傷も1週間ぐらいで治る浅いもの、
ということでほっとしたのも束の間、
田舎の医者なので、ついでに気管支炎の方も診てもらったら
そちらの方が悪化し、肺炎になっているということで
急きょ、じいちゃんの入院している病院に連絡をしてくれて
そちらに行くことに。
そっちの病院で再度検査して、肺炎が確実となり入院決定。

その日は外科の後、仕事に行く予定でしたが、
結局一日休みを取って、入院の手続きなどして
夕方までばあちゃんといました。
でも、まあ、入院した方が安心と言えば安心かな、
なんて思ったのも一瞬。
家に帰ると、病院から電話で、
点滴勝手に外して、トイレに行こうとして転倒したとのこと。
こんな様子では、やはり付き添いが必要と言われ、ガーン。
ばあちゃんも、相当認知症進んでいたようです。

腰痛の父ガメと、父ガメの妹が交替して付いていますが、
何日も続いたらパンクです。
アイのお迎えという問題もあるし。
(ばあちゃんがいないので、生協のお迎えも頼めなくなり
 児童館閉館ギリギリまで置いてもらって、迎えに行くしかない)

丈夫が取り柄の私も、今回の風邪は治りが悪く、
ひどい声と咳と鼻水で、授業するのも申し訳ないような状態ですが、
でも、もうここは何が何でも倒れてなんぞいられない、
という気合いで乗り切るしかありません。

そもそも風邪に一番最初に(?)かかった張本人の兄ガメだけは
お気楽に、ただ食べるためだけに家にいるかのような。
まったく。どのくらい事態の大変さがわかっているんだか。
あ、そうだ、今回は少しは兄ガメにも働いてもらおう。
あんな図体だけでかくなったのだから、それなりに働いてもらわねば。
明日は試験前で部活ないから、アイの迎えを頼んでみよう・・・

いや、本当は今週の土曜日は、兄ガメの中学校の学年行事で
初めて中学校の親どうしが協力する行事だったので
ぜひ参加したかったのですが、この分じゃそれも無理みたいで
兄ガメにも申し訳ない気持ちもあるんですが、
(というか、せっかく、めったにない、
中学校のお母さんどうしの付き合いに参加するチャンスなのに
逃してしまうのは残念、というか)、仕方ありません。

6月のじいちゃん入院の時もひどかったけれど
(あのときは24時間付き添いで、親戚も総動員でした)
退院後いよいよ介護生活と覚悟していたら
じいちゃんが劇的に体力を回復し
まずまず一人で家の中で歩いたり食べたりは
できるようになってくれて、ちょっと安心してしまっていたけれど
やはり子どもとお年寄りは、ちょっとした菌でも
大きく症状が出て、急変するものだと、思い知りました。
じいちゃんの方もまだ熱が上がったり下がったり不安定です。
前の時より体力なくなっている感じがします。

一日一日また綱渡り的に日を過ごしていくしかありません。
せめて、おいしい物(甘い物?)でも食べて、
体力気力を維持していきたいと思います。
引き続きご心配おかけします。
スポンサーサイト
[2011/11/18 00:18 ] | 家族・子育て | コメント(3) | トラックバック(0)
<<おかげさまで | ホーム | 天罰(本編?)>>
コメント
つらいですね。
次から次へと、たいへんですね。
カメさんが、倒れてしまわれないか、それが、心配です。

うちの両親も、そうですが、老人になると、分かってるようで、分かってないことが多いですね。
熱も、ないと言い張っていて、どうも、変だと体温計ムリヤリ挟むと、40度だったり。

言うこときかないから、大事になって、救急車。ということが、昨年も一昨年もあり、冬ごとにあり、今年も恐怖です。冬は、免疫抵抗力が、落ちるので、
急変しますね。

一度に二人では、とても大変ですね。
おばあさん、倒れられたということですが、単に転んだだけでないことも多いそうです。脳梗塞など、大丈夫ですか?

老人になると、思い込みが、激しいし、
頑固になるし、難しいですね。

お医者さんの前では、大丈夫でないことも、大丈夫だといい顔してみせたり、そこで、変なプライド持って、見栄はってる場合じゃないでしょと突っ込みどころ満載です。

ぎっくり腰も、ストレスから自律神経が、やられてなる場合もあるそうてす。
生真面目な努力家ほど、危ないらしいので、不安感が増したりすると、余計、痛み出すらしいです。痛みの原因は、腰でなくて、ストレスによって、頭から出る物質らしいです。

仕事もあるし、つらいですね。

私は、仕事、今年度で、退職することにしました。歩行困難からストレスで、くる身体的にも、精神的にも限界です。無念ですが、諦めました。

来年からは、学研教室を開く予定です。

なかなか、人生、思うようにいかないけど、ささいな幸せをみつけながら、気持ちを切り替えてます。

ご家族の健康回復を、遠くから祈ってます。お大事に。







[2011/11/21 23:56]| URL | まこ #- [ 編集 ]
本当に、カメ先生自身が倒れてしまわないか心配です><
お兄ちゃんにどんどん手伝ってもらいましょう!!

食べるものはお惣菜やレトルトなど便利な物をどんどん使って、
お米を炊いたり、洗い物したり、洗濯くらいなら中学生できます!
もちろんアイちゃんのお迎えも^^

以前担当していた男の子の生徒が、
お母さんが入院しちゃって、お姉ちゃんと協力して
ご飯を作ったりしているうちに料理に目覚めていました。

私も、料理らしい料理をするようになったのは、
中学生のときに母が長期に渡って寝込んだときでした。

料理じゃなくて、片付けでも洗濯でも、
「自分のことは自分でする」でもいいと思います。
協力し合ってくださいねー。


この場を借りて申し訳ないのですが、
上にコメントされている

>まこさん

私は塾講師で35歳なのですが、
今後の道を模索中で、学研教室にも興味があります。
もし良かったら、少しお話を聞かせていただけないでしょうか。
お時間のあるときに
kim_yukan@yahoo.co.jp
にメールをいただけると嬉しいです。
面識もないのに突然に厚かましいお願いで、申し訳ありません。

カメ先生、この場をお借りしたこと、ありがとうございますm(__)m
[2011/11/22 02:00]| URL | ゆかち #- [ 編集 ]
カメちゃん
大変そうだから黙ってそぉっと見守らせてもらおうかな と
思ったけど

カメちゃん、自分を責めることなく、頑張ってね。
快方に向かうことを祈ってます。
[2011/11/23 09:07]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。