スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
授業参観・懇談会
もう月が替わってしまいましたが、
一応、一年のしめくくりの授業参観とその後の懇談会のことを
ご報告したいと思います。

一年生最後の授業参観は
「この一年でできるようになったこと」の発表でした。
それぞれの得意なことを、項目ごとにグループになって
順番に発表していきます。

なわとび、楽器、計算、漢字、本の紹介、等々。
アイは「音読」のグループでした。

たぶん、みんな事前に何度か練習したのでしょう。
発表する前に、一人ずつ
「ぼくは、前は~だったけれど、今は○○できるようになりました。」
みたいなことを一言言ってから始めるのです。

アイも言葉は誰かのまねをしたのでしょうが、
「わたしは恥ずかしがりやだったけど
 今は日直とスピーチが得意になりました。」と
ちゃんと言えました。
音読はやっぱり少し発音不明瞭ではありましたが
それでもスラスラ読めましたし、
「耳がピンと立っていて」という文のところでは
「ピーン」と声を高くして読んだのがおかしくて
まわりの子どもたちも思わず笑って
「ピーン」「ピーン」と小さい声でまねしてましたが
それがバカにしてという感じではなく
ほんとに親の私も思わず笑ってしまうような
かわいい言い方だったので、
お友達もそんな感じで笑っているようでした。

音読もただ読むのではなく
「気持ちを込めて」ということを意識して指導されているようで
他の音読のお友達も、とても気持ちのこもった抑揚のある読み方で
これで一年生かと感心するくらいでしたが、
それに比べれば、アイはなかなかそこまではうまく表現できない分、
「ピーン」というところに気持ちをこめたんだと思いますし、
それをまわりもわかってくれている感じでした。

他のお友達の発表を聞く間
アイはどうしても姿勢が崩れて
お尻を浮かしたり、足があっちこっち行ったりして
やはり落着きはなかったですが
まあ、時々先生や隣のお友達にそっと指摘されて
その都度ハッとして直していたのでよしとしましょう。
どうもやはり姿勢は長時間ぴしっとしていられないようで
すぐにふにゃふにゃしてしまいます。
(そういう点からも、これからもっと筋力をつけねば!!)

この発表を見ていると
アイだけでなく、他の子の成長ぶりにも
感心させられました。

保育所時代に暴れん坊だった男の子が
立派に司会を務めていたり、
泣き虫だった子が堂々と本を読んでいたり
すぐに投げ出すタイプだった子が
失敗しても何度も二十跳びに挑戦していたり
入学前はアイとたいして変わりないくらいにしか
文字もあまり書けなかった子が
長い作文で自分の気持ちを書くようになっていたり・・
その成長ぶりは、アイとは比べものにならないくらい
大きく急激なもので、
こんなにも一年て大きいんだなと改めて感じさせられて、
それでも、アイとの差が大きくなったとため息が出るよりも
アイもうんと頑張ったけれど、
みんなもよく頑張ったんだねと
他の子どもたちもいじらしく、また頼もしく感じました。

その後の懇談会では、
子どもたちのさまざまな活動の様子を
動画や写真で見せてもらい、
今はほんと便利な時代になったと思いました。
兄ガメの頃も、修学旅行や野外活動の後は
よくビデオ上映などしていましたけれど、
こんなふうに手軽に、ふだんの授業の様子とか
休み時間の姿なども見られるのはいいものです。

特にアイたちの学年は、今は18人ずつの2学級という
最高に恵まれた少人数の環境ですが、
来年度は転出予定の子がいて、1学級で決定です。
先生たちも子どもたちも、
急に人数が倍近く増えることで戸惑わないように、
今から時々2学級合同の授業をして
練習しているそうで、
合同の授業の様子も見せてもらいましたが、
兄ガメの時も20人ちょっとの少ない人数だったので
教室いっぱいに机が並んだ様子は
まあ普通の学校といえば普通の風景なんですが
これまでに見慣れない、ぎっしりつまった感じで
ああ、こういうおおぜいの中でやっていくのかと
来年度の様子が、少しイメージできました。
これからが、ほんとに「普通学級でやっていくこと」に挑戦、
ということになるのかもしれません。

さて、そういう動画やスライドを見ながら
先生のお話を聞いた後は、
保護者も一人一人一年を振り返って一言ずつ話します。
私も特に何も考えていませんでしたが
自然に、みんなの中で温かく見守り助けてもらって
ここまで頑張れて嬉しいということを話しました。
もちろん、調子に乗りすぎて、ひどい言葉をお友達に言ったり
いろいろ乱暴もしたりしたことも謝りました。


順番に話す中で、
「実は・・・」と話してくれたお母さんは
入学前にはそんなこと一言も言ってなかったけれど
保育所の先生には「Hくんは協調性がないので
学校に入ってからちょっと心配。」と
言われていたそうで、親としてもかなり心配していたのだけど、
でも学校では お友達もいっぱいできて、毎日楽しく遊んでいるし
いろんなことを自分から一生懸命がんばるようになって、
クラスの雰囲気の良さと
先生に温かく励ましてもらったおかげだと思う、
と話してくれて、
みんなそれぞれ何かしらかかえているもんだと思いました。

しっかり者のM美ちゃんは、
アイの一番の仲良しのお友達が引っ越した後に
何かとアイに声をかけてお世話をしてくれる子で
その子は、体も1年生で一番大きくて
まわりの子たちに「おかあさん」を呼ばれることを
「どうしてかなあ?」とちょっと気にしているそうで、
そんな話をM美ちゃんのお母さんがしていましたが、
M美ちゃんのお兄ちゃんは自閉症で、
普通学級にいるけど、個別支援も補助的に受けているそうで
そんな話もさらっとみんなの前でしてくれて
「だからアイちゃんのお母さんの気持ちもよくわかるけど
 M美を見ていると、周りの子も、こうしたらアイちゃんが
 うまくやれるとかわかると嬉しいみたいで、それで
 また成長している面もあるから、
 そんなに申し訳ない気持ちばかり持たなくていいんだと
 逆にアイちゃんのおかげで、私も思えるようになりました。」
と言ってくれました。

そして懇談会が終わった後、
そのM美ちゃんのママと私がおしゃべりしているところに
保育所で一緒だった一人の子のお母さんが近付いてきて
「あのー、ちょっと聞きたいんですけど、
 実はうちの下の子がアーチル(仙台市発達支援センター:だいたい
 仙台市で何かショウガイがあったり疑わしいとどこかで言われた子は
 ここに通うことになっています)に通っていて、
 就学のこととかどうしたらいいかなと思って・・」
と相談してくれたので、
私たちの知っている範囲のことをお話しました。
なんかその若いママも少し安心したみたいで良かったです。

そんなふうに、みんなが気兼ねなく、困っていること
悩んでいることを話しやすい雰囲気になったとすれば
アイがこのクラスにいることも、
やはりプラスの面もあったのかなと思えました。

でも、懇談会に残っているようなおうちは
だいたいお互いに理解しあえるような雰囲気なんですが
そもそも懇談会に一度も参加していないお宅もあり
兄ガメの学年よりも参加率が低いことが
少々気になりました。
ましてや来年度は、初めての人もたくさんになります。
子どもたちの中でもそうですけど、
アイをどう受け止めてくれるか、また半分はドッキドキです。
ま、今から心配しても仕方ないことは心配せず
今やれることを一つずつやっていくだけです。

やるべきことといえば、移動支援とか、
来年度の申請をするのを忘れていた。
いろいろ3月中にまた動いておかねば。。。











スポンサーサイト
[2011/03/06 16:06 ] | アイ小学校 | コメント(7) | トラックバック(0)
<<ご心配をおかけしました | ホーム | 来年度に向けて>>
コメント
学校っていうところは 本当に不思議な力を持ってる所ですね!
それまでの通園や保育所、幼稚園と 明らかに成長具合が変わるもんね。
それにしても アイちゃんの学校は幸せな学校って気がします。
地域性や規模の影響もあると思いますが、それぞれが
いい感じを知ってるっていうか 大事な事に気が付いているっていうか。。。
どこもこんな風だったら いいよねぇ。

これから大人数のクラスになるようですが、きっとその中で
また違った成長を それぞれが見せていくんでしょうね。
きっとアイちゃんも!

「ぴーん」と感情を込めた音読、聞きたかったなぁ。
きっと心も育っているんでしょうね。

あまり気負いなく アイちゃんも そしてカメちゃんも
この学校の生活を満喫して欲しいです。
がんばれ!
[2011/03/07 11:43]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
mayちゃんへ
ありがとう!
ほんと学校というところの教育力というか
先生の指導力、というだけの意味じゃなくて
学校という場の、子どもたちへの影響力って大きいなと
改めて思いますね。

そしてアイの学校もほんと今はとてもいい雰囲気で
本当に恵まれた環境だなあと思います。
でももしかしたら来年度は校長先生がかわるかもだし
また人が替わるといろいろ雰囲気なども変わりますから
これからのことはわかりませんが
人のもっているやさしさが引き出しあえたらいいなと
思います。
mayちゃんたちみたいに、自然にまわりにやさしさと
明るい気持ちをふりまく親子になっていきたいものです。
[2011/03/08 05:54]| URL | のろガメ #- [ 編集 ]
参観日
参観日、アイちゃんがんばりましたね!
「わたしは恥ずかしがりやだったけど今は日直とスピーチが得意になりました。」
素晴らしいスピーチじゃないですか!
確かに発音は不明瞭な時期かもしれませんね。うちの姪も最近カルタをやるんですが、読む役をやります。(多分取るのは苦手なので)。それで、読んでくれるんですが、ろれつが回っていないというか、結構聞きづらかったんですが、何回もやってたら上手になってきましたよ!
ひらがなが読めるなら、カルタはおすすめです。
その後の「ピーン」もいいじゃないですか。
みんな笑って幸せ運ぶエンジェルという感じですね。
本当にすべての人を笑わせる天才ですよね。本人も喜ぶ。
これからの学校生活も楽しく過ごせるよう祈念しております。
[2011/03/08 12:21]| URL | Angel RISA #JalddpaA [ 編集 ]
旧ブログの方には何度かお邪魔させていただきましたが、アイちゃん入学後初めてのぞかせてもらいました。

アイちゃん、御家族様の頑張り、学校の姿勢‥素晴らしいなぁとただただ感激してしまいました。
新聞の連載も読ませてもらいましたが、本当によかったです。もっとたくさんの人に読んでほしいって思いました。

娘もアイちゃんと同じ、今度2年生になります。課題は山積みですが、笑顔で通ってほしいと思っています。

娘は漢字は興味があって頑張っていますが、算数が苦手意識が強すぎて‥なかなか計算のレベルまでいきません。
なにかいいきっかけがあったりしたら教えてください。
またお邪魔させてください。
よろしければリンクもお願いします。
[2011/03/08 15:59]| URL | しず #- [ 編集 ]
心配してます
初めまして。
いつもアイちゃんの姿をうちの次女に重ねながら、楽しみにプログを読ませてもらってます。
アイちゃんの新聞の記事も読ませてもらいました。
それで、アイちゃんの小学校が避難場所になっているところと知りました。

みなさんの安否が気になります。
どうかどうか、ご無事でありますように。
[2011/03/15 21:58]| URL | ゆいゆい #- [ 編集 ]
カメちゃんのブログですが、カメちゃん一家の安否をここでも 
ゆいゆいさんのように ご心配していらっしゃる方たくさんいるはずだと思い、
書き込ませていただきます。

このブログ開設時からの友人の ほっとあっぷるてぃのmayと申します。
私もあの地震の瞬間から 本当に心配していましたが

昨日、ご本人から無事の連絡をいただきました。

ご家族全員無事とのことでした。お家の方も無事とのことです。

今 どこでどんな生活を送っているのかまでは分かりませんが
今日は電気が復旧したとのことです。

ここに書き込めるようになるまで生活が落ち着いてくれるのを
私も待ちたいと思っています。

[2011/03/15 22:16]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
安心しました
mayさん、ありがとうございました。

ご家族みなさん、ご無事とのこと。
本当に良かった!

お体を、ご家族を、大事になさってください。

mayさん、本当にありがとうございました。

[2011/03/16 12:46]| URL | ゆいゆい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。