スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
何語?
予告通り(?)、新年早々ご無沙汰してしまいました。
子どもたちの給食が始まるまではお弁当作りが続いたり
(冬休み中も児童館やら児童デイやら通わせて)
休み明けのテストの採点があったり
入試が始まったり・・・
・・ということもありましたが、
一番の原因は「冬眠」かもしれません。
夜は子どもと一緒に寝てしまうのに、
朝も夏場のように早起きできなくて・・・
(5時起きだと、もうPCに向かう余裕なしです。
 PCやるためには4時起きでないと!)

さて、その間、たいして事件もイベントもなかったので
(なにしろ冬休み前は毎日のように何かしらありましたから・・
 何とか無事1週間過ぎてホッとしているというところです)
アイとの日常のやりとりを少し書いてみます。
突然ですが、アイは英語が好きです。
と言っても、もちろん英語を習っているわけでもないし
日常的に英語に接することはありません。
ただ、保育所時代は、しまじろうの英語が大好きで
よくDVDなど見ていたし、
英単語のゲームも好きでした。
さらに、たまたま保育所に外国のお友達がいて(ガーナですけど)
そのパパママがアイをかわいがってくれて
よく英語で挨拶をしてくれたというのがあって
文としては、ほんとにあいさつだけですけど、
それなりに覚えました。
でも忘れるのも早くって、
小さい頃はこんなのまで覚えてすごいと思っていたのも
(たぶん兄ガメよりも、食べ物と動物の英単語は
 知っているくらいだったと思います。)
やはり使わないでいると、もうすっかり忘れています。
言葉ってやっぱり使ってこそ生きてきますね。

それはともかく、今も、英語の雰囲気だけは好きみたいで
急に「英語でしゃべろう」と言ってくることがあります。
全然英語ではないんだけど、音の雰囲気だけは英語っぽい発音で
「ぺらぺーら、ぺらぺらぺら」という感じで
何を言っているのかわからない会話をしてきます。
私を呼ぶのも、名前で(例えば「ぴかり」なんて名前とすると)
「ハーイ、ぴかーり!」と英語っぽいアクセントで呼ぶのです。
(ちなみに r が日本語の「り」ではなく、しっかり英語の発音になってます
 そうそう、「ぅり」って感じですね。)
それがおかしっくて、私も英語で応答してやります。
最初はアイも知っている会話を2・3して
( How are you? とか What's your name? とか
 この応答だけは覚えているので、毎回必ずそれを繰り返します)
その後は、アイもメチャクチャな雰囲気英語、
私も適当に勝手な英語を並べ、
当然こちらの言っていることもアイは理解できないので、
全く会話にはならないわけですが、
しばらくすると、なぜか「英語で話したね」と満足しています。

そこで終わりではありません。

「じゃ、今度はホウカゴで話そ。」と言ってきます。
そのたびに「『ホウカゴ』って何?」と聞くのだけれど
そうすると今度は口を閉じて、
「フ」というか「ん」というかの声だけにして
「フフフーフ、フフフフ」みたいに言いながら
身振り手振りで伝えるという感じです。
それでこちらも同じように口を閉じて、
ただの音と身振り手振りだけで
「ちょうだい」とか「ダメ」とかやってみせて
普段よりオーバーな表情や動作でやりとりするのが
面白いらしく、「英語」の後は必ずこれをやります。

なぜこれを「ホウカゴ」と言うのかは、わかりません。
学校で聞いた放課後という言葉とどこかでごっちゃになったのでしょうか。
でも、「アイ語」ならぬ「ホウカ語」、
意外と楽しくて、言葉がなくても、相手をしっかり見て
言いたいことを伝える、読み取ろうとする、
そういうコミュニケーションの基本を思い出す気がします。


余談ですが、前にも書いたことあると思いますけど
英語は強弱がはっきりして、ネイティブは表情も豊かなので
ある意味、ダウン症の子などには、日本語より入りやすい、
真似しやすいところがあると思います。
視覚的にもアルファベットの方がひらがなよりも
はっきりした形で入りやすいので
うちは、実は文字を認識したのは、アルファベットの方が先でした。
そういう英語の刺激が、日本語の発達にもいい影響を与えたのでは
と思うところもあります。

私も正直、兄のために買った英語のDVDなど
(結局兄は全然興味を示さず無駄に終わりましたが)
アイが見たがっても、最初は、アイが英語を見ても仕方ないのに・・
なんて思っていたんですけど(まだ日本語もおぼつかない時期でしたがら)、
あまりそちらばかり見たがるので、好きなようにさせていたら
いつのまにか歌とともにABCを覚えたので
それならひらがなも覚えられるかもと、そこで初めて
こちらが気付かされてひらがなの教材もそろえた、
という感じなんです。


それはともかく、知的ショウガイだから英語なんてと
最初から決めつけることなく、
何でも興味を持ったことはどんどんやらせてあげればいいのでは
と思います。
お習字の先生のお子さんが素晴らしい書を書くように
おうちの環境で接する頻度が高いものに
やはり興味を示したりそれに刺激されたりするところはあり
うちはたまたま英語が環境の中に多かったというところはあるので、
これを読んですぐにじゃあうちも英語、というのではなく
英語に限らず、
それぞれのご家庭でお父さんお母さんの得意なこと好きなことで
(たとえばアウトドアが好きで、体を動かすのが得意な子もいますよね)
楽しみながら、何かその子に少しでも
人生の幅を広げる楽しみや力が身に付けばいいかなと思って
何でも無理ときめつけずどんどんやらせてあげてください。

うちは、親が体を動かすのが不得意なので、
もちろん、運動能力は先天的な遺伝もあるけど
運動する機会が少ない環境ということも大きいよなと思います。
冬休みもなわとび練習しなければいけなかったのに
親が寒さに負けて外に出る気合いが足りずに
とうとう練習しないで終わってしまい、反省してます。。。。

といように、ダウン症の子の中でもそれぞれ
得意不得意、好き嫌い、みんな違っているので
皆さんそれぞれの「うちの子の良さ」をいっぱいみつけて
伸ばしてあげてください。
(でも、不得意を克服する努力もせねば!今年は運動頑張ります!)


スポンサーサイト
[2011/01/16 08:01 ] | アイ小学校 | コメント(8) | トラックバック(0)
<<子供会(歓送迎会) | ホーム | 迎春>>
コメント
今年もよろしくお願いします。
(もう19日ですが…)

アイちゃんの「ホウカゴ」可愛いですね。
英会話の勉強後の「放課後」なのか
模倣のホウなのか
他の語、ホカノゴなのか
なんて色々と想像して楽しんでしまいました。

小さいころ、三角のことを「イーマ」とか言ってませんでしたか?
(記憶が曖昧ですみません!)

我が家のMayu、いま意味不明ことばが多くて(汗)
でも、言ってることが判明したときの嬉しいこと!楽しいこと!
パパには不明語も、私にだけ分かるので面白い。プチ優越感!


そして!そして!
我が家のMayuも「はろー」が大好きです。
まだ英語という理解はないのですが、ある教材DVDで、
日本語のものは「せんせい」で
英語のものは「はろー・せんせい」と言って楽しんで見ています。

療育施設などで、図形を見て まる・さんかく は 日本語で答えて
なぜか、四角形だけ「スクエア」と答えています。
これが「フェ」と聞こえるので、私にしか分かりませんが。


それより、カメちゃんは4時起きなのですか~

すごいな~。私は夢の中です。
[2011/01/19 18:07]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
今年もよろしくお願いします。

私が担当しているアスペルガーっぽい高3のAちゃんも日本語より英語ができます。

rやthの発音など、私よりキレイです。

日本語は「右」と「左」、「分母」と「分子」など、紛らわしい語句は今でも分からなくなることがあり、

日本語の文章を読んで理解するのは難しいことが多くあるのですが、

英語は言いたいことを先に言うんで、だから分かりやすいのかなーと思っていました。

でも、カメ先生の、「強弱がはっきりしていて、表情が豊かだから」というのを拝見して、とても繋がった気がします。

いいお話をありがとうございますm(__)m
[2011/01/22 06:56]| URL | ゆかち #xkrNmXd. [ 編集 ]
ウッキィ~ちゃんへ
いやいや、夏場は4時起きしても、冬場はダメなので
PCもさっぱりご無沙汰ということになっちゃうのです。
かなり動物的というか、冬場になるとたくさん寝て、
活動時間が減ってしまいます。。。
でも睡眠だけはしっかり取っているせいか、おかげで元気です。

Mayuちゃんも英語好きですか~?
子どもはみんなそうですよね。なのに、中高生になり
「勉強」になったとたん、英語嫌いが多く発生するのがカナシイ・・
(兄ガメもその一人・・tennis や teacher のつづりも間違えてました!)
それはともかく、何でも楽しくやれることは多い方がいいですよね。
うちは、何か楽しく体を動かすこともやらせてあげたいのですが
なかなか親が不精だとダメですね~。
運動会も音楽の発表もちゃんとこなせるMayuちゃんは、
これからの楽しみが多そうですね!

母にしかわからない不明語って、困りますが嬉しさもありますね。
そうやって、不明瞭なこ言葉でもわかってくれる人が身近にいることが
その子の発語の意欲を伸ばすって、STのお話で聞いたことあります。
そういえば、何とか耳ってこのブログでも話題にしたことありますね。
(書いた本人がその名称を忘れていますが)
Mayuちゃんも今いっぱい言葉があふれ出ようとしている時期なんでしょう。
ぜひ母の良い耳で聞き取って、引き出してあげてくださいね。
うちはだんだん「不明瞭」な言葉は少なくなって、そういうのが判明する喜び
というのも、少なくなってきたのはちょっとさびしいですけど
(そうそう三角とか何か図形でありましたね。ソフトクリームの形で
 「イーム」と言っていたんです。よく覚えてくれてましたね!)
たまにへんな言葉遣いをするので、やっぱりよく笑わされますが
こういうのもメモしてないとどんどん忘れちゃいますね~。
もっとこまめにブログ書かなくては。





[2011/01/23 10:13]| URL | カメ #- [ 編集 ]
ゆかちさんへ
ああ、Aちゃんもそうなのですか。
確かに語順もそうですね。
まず結論というか骨組みを先に行って
飾りは後に後につけていく、という方式ですから
発想の順に近いのかもしれません。
あと、右脳とか左脳とかそういうのにも関係あるかもしれませんね。
英語と日本語では使っている脳の部分も違うと言いますしね。
いずれにしてもいろんな刺激で脳が活発になれば
まあそれでいいかなと。
(英語をマスターするとか点数を上げるとかには
 また別の努力が必要ですけど・・・)

ALTの授業に関しては、別にうちの子だけでなく
中学生のダウン症のお友達の話を聞いても
みんな大好きのようで、やはりALTの先生方は
笑顔もとびっきりいいし、オーバー過ぎるぐらいほめてくれるし
またダウン症の子は真似が得意ということもあって
ほんと楽しく授業を受けているようなんですね。
ALTの先生方は本当に授業でもいろんな工夫をしていて
こちらが感心させられることが多く、
またALTの先生方の母国では、結構ショウガイ児も
普通学校学級に入っていて当然という環境が多く
扱いにも慣れている人が多いこともあるかもしれません。

私もALTに習って、普段教えていない1年生の授業で
日系外国人のふりして、英語で挨拶しオーバーにふりをつけたら
生徒たちもそのように反応してくれたので、
こちらがやはり表情豊かに接することも大事かもと
高校生相手では、ふだんかなり淡々とした授業になりつつあることを
再度反省させられました・・・が、受験英語の解説を
表情豊かにやるのは、かなり苦しい。。。。
[2011/01/23 10:33]| URL | カメ #- [ 編集 ]
カメさんこんにちは。
いつも温かいお返事ありがとうございます。
英語って今幼稚園や保育園でもネイティブの先生を呼んで親しませる取り組みがありますよね。
うちの子も英語なんてよくわかってないけど、知らず知らずにアルファベットを半分くらい覚えました。ウルトラマンが好きなうちの子は、ウルトラマンA(古いっ!)を見て、エースのAとか言ってます。あと体を使ってKやOやRなどを覚えました(体で命って表現するあの感じです)。
先生のあの大袈裟なしぐさや喋り方で子供たちはひき込まれていくんですねえ。
驚いたのは、ローマ字で書かれた自分の名札が解るということ。だから小さい時に遊びででも触れることができる環境はありがたいです。
小学校に上がってからもどこかで英語は続けさせたいです~。
それで身についたら素晴らしいことですね!
英語にかかわらずいろんなことを経験させたいです~。健常とか障害とか関係ないんですよね!
[2011/01/30 10:29]| URL | たかちんママ #4ifQ3KdE [ 編集 ]
たかちんママさんへ
たかちんママさんところのお子さんも英語がお好きというか
自然に楽しみながら身近に接していると言うことを聞いて
嬉しくなりました。ほんとは日本語でもわらべうたとか
いろいろ音を楽しみながら、もっと遊びとして自然に
はいっていくものもたくさんあるんですけど
今はなかなかわらべうたなどに接する機会も少なくて
私も上の子の時はあまり知らないで過ぎてしまいましたから
時代の流れとして英語の方が身近にあるんでしょうね。
まあ、なんにしても、子どもが楽しんで取り組めるものは
幅広い方がいいですからね。ジャンルにとらわれず、
いろいろ体験させてあげたいですよね。
ふだんとは違うお友達や先生と接することもまた
いい刺激になると思いますしね。
子どもにとって、いろんな自分を出せる、
いろんな「場」があることも大事かなと思っています。

とはいえ、うちなんかは、今は生活をこなすのに手一杯で
やらせてみたいことは山ほどあっても
なかなか実現までいかないのが少々もどかしいですが、
その代わり働いているおかげで、放課後の児童館(学童保育)にも
参加でき、親ではできない遊びをいろいろさせてもらっているので
どんな生活でも一長一短と思って、頑張りましょ。
[2011/01/30 14:12]| URL | カメ #- [ 編集 ]
英語!?
すごいですねぇ~!
相当練習したんでしょうね。
本人気付いてないかもしれませんが、小さい頃に接したものには強い作用があると思います。
うちの姪にも英語を教えたいところですが、もう遅いかな?
4月から中1です。
その代わり姪は、トランプが得意です。小さい頃からやっているので、すごいですよ!
スピードなんかやるとほぼ負けます。
小さい時に色んなことを教えるのはあらためて大事だと感じました。

これからももしかしたら大変かもしれないけど(多分同じ英語を何度も言うことになると思うので)頑張ってお付き合いしてあげてくださーい!
[2011/01/31 12:33]| URL | Angel RISA #JalddpaA [ 編集 ]
Angel RISAさんへ
そうなんです~!!
この子たちのオソロシイところは、何回同じことを
繰り返しても全然飽きないということです。
うちじゃあ、もうたぶん何百回も How are you? - I'm fine.
を繰り返しているはずです。
この先いつまでこれが続くんでしょうか・・・。

RISAちゃんはトランプが得意なんですね。
スピードが強いというのはすごいですね!
うちもトランプは好きだけれど、ゆっくりした
神経衰弱や七並べならいいけど、スピードはやはり
全然スピードが遅くて(ルールもイマイチ理解できてなくて)
まともには勝負になりませんから。
やはり何でも繰り返すというのは力になるんですね。
たぶん、この人たちは、小さいときに限らず
一度気に入るとずーっとやると思うので
いろいろなことを体験させて、楽しめるものを
増やしてあげたいですね。
[2011/02/05 07:40]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。