スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ご報告
4月から気がかりだった、3泊4日の出張が、
無事(?)終了しました。

私自身は、こんなにいい思いをしてバチが当たるのでは?
と思うくらい、ふだんできない貴重な体験をたくさんして、
(まあ、熱の出た子を救急病院に連れて行ったり
 日によっては、強行軍のスケジュールで睡眠不足だったり
 夜は何やかや指導があるので、ゆっくりできなかったり
 ということもあったにしろ・・ま、それが仕事ですから)
一度は、何とかこの出張はずしてもらおうかとも考えたこともありますが、
やはり行って良かった、私自身にはとても大きな心の財産になった旅でした。

さて、それだけいい思いをしたので、
(食事も作らなくていい、家事から一切解き放たれた4日間というだけでも)
帰ってから多少の「嵐」は覚悟しておりましたが、
まあまあ、何とか残された家族たちも頑張ってくれたようで、
(事後の「嵐」もなく、ま、「にわか雨」程度の波風はありましたが)
こうしていい体験をさせてもらえたこと
家族にも心から感謝です。

自分が不在中の一番の心配は、洗濯。

何しろ、普通の洗濯だけなら、洗濯機がやってくれるからいいのですが、
我が家の場合は「下洗い」が必要なものがいっぱい。
特に兄ガメ関連のものが・・・。

毎日の部活で使うユニフォームや靴下は泥で真っ黒。
とてもそのまま洗濯機には入れられません。
泥汚れ専用の洗剤で、たたき洗いをしてから
ようやく洗濯機に入れるので、かなりの手間です。

それから、公のところに書くのはどうかとも思いますが
未だに兄ガメの持病(前から読んでくださる方はわかりますね)が治らず
前みたいに毎日ではないものの、
やはりかなりの頻度でシーツやタオルケットなど大物洗いが入ってきます。
これも、そのまま洗濯機にいれるわけにはいかず
やはり下洗いしてからとなります。
この洗濯があると、1日に何度も洗濯機を回すことになり、大変です。

これらを普段あまりやったことのない父ガメがこなせるか
そこが一番の不安でしたが、
乾燥機もフルに活用して、相当洗濯は頑張ってくれたようです。

それから、次の心配は、兄ガメの校外学習があり
お弁当を作ってあげられないので、
前日に調理パンなど買って持って行くように言っておいたのですが
部活で帰りが遅いと、パンを買いに行くのも大変かなあと
いくつか日持ちのする菓子パンだけは買って置いていったんです。

で、その朝、父ガメから写メール届きました。

moblog_6627f931.jpg

なんと、父ガメがお弁当作ってくれたのでした。
これには、ビックリ。
もちろん、ご飯の方は買ってきたのをそのまま詰めただけですが、
一応、兄ガメの(自分の?)好きそうなおかずも入れて
菓子パンなどよりは、ずっといいに違いありません。
とにかく中味よりも、父ガメが作ってくれたことに感激しました。

というわけで、大きな心配事は、無事クリアしてくれて
本当に父ガメには感謝なんですが、
細かい点では、まあ、多々もれもありましたけどね。
アイの毎日やる本読みと計算カードとかがやってなかったり。
これは、父ガメも実は忙しい時期に当たり
ドイツからのお客様を迎えて毎日接待で帰りも遅くて
夕食は全面的におばあちゃんに依存となったから
仕方ないですね。

そうそう、なんだかんだ言って、おばあちゃんに負担が行くのは
わかっていたので、おばあちゃんの体調も心配の一つでしたが
毎日電話を入れると、「大丈夫だよ。」と元気な声が返ってきて
なんとか、おばあちゃんにとっては、かなりのこの「長丁場」も
(前は一日アイを預けただけで、翌日寝込んだりしてましたから)
乗り切ってくれました。

ふだんから、私が遅いので、子どもたちになんだかんだと
おにぎりやら軽食を作ってくれているので
今回はその延長という感じで、そこまで負担に感じなかったのかもしれません。
以前のおばあちゃんだったら、4日も!とすごく負担に感じて
精神的にもう参っていたと思うんですけれど、
私が帰った後、寝込まれても仕方ないと覚悟してましたけど
前ほど、「もう疲れてダメ」などという言葉も出ず
「頼もしい」おばあちゃんになってくれました。

兄ガメは、食べ物さえあれば別に私がいなくても
うるさいのがいなくて丁度いいぐらいに思っていただろうし
アイも、4日ぶりに会っても、全然飛びついてくるなんてこともなく
淡々と宿題プリントなどやっていたりして、
あら、全然さみしくもなかったのかしらん、と
ちょっとこっちがさびしくなるくらい、平気でした。

猫もとりあえず生き延びていましたし。

そんな感じで、この半年間ずっと心配してた母不在も
「案ずるより産むが易し」で、
家族の協力のもと、なんとか無事過ぎて、ほっとしています。


ところで私の出張先は関西。
十何年かぶりに訪れた関西で、改めて日本の歴史と美を
心に刻むことができて、今まで訪れた中で、一番しっかり
その価値というか、歴史あるものの神秘の力を感じられました。
年齢を重ねたからこそなのかなあと思います。
今まで何度か訪れた場所もあるけれど、
「そうだったんだー」と改めて知ったり、新たな美を発見したり、
そして、初めてのところも結構あって、
京都はまだまだ奥が深いなあと思います。
またぜひ訪れたい街です。


それから、ちょっとこれはナイショ(?)ですけど、
大阪のウッキィ~ちゃんが、わざわざ私の宿まで足を運んでくれて
嬉しい再会と楽しい珍道中(?)、
そしてウッキィ~ちゃんを介しての素敵な出会いもありました。
ウッキィ~ちゃん、どうもありがとう!


いろいろひっくるめて、こういう機会を得たこと
とてもありがたいと思います。
神様仏様にも(一緒くたで失礼ですが)、家族にも感謝です。






スポンサーサイト
[2010/11/02 05:39 ] | 家族・子育て | コメント(9) | トラックバック(0)
<<兄ガメの作文 | ホーム | 出張・・・>>
コメント
家族が成長の出来た出張となりましたね!
父ガメさんのお弁当もすごいし(愛だわ~)、おばあちゃんの協力も素晴らしい!

きっと アイちゃんも以前より落ち着いて来て
おばあちゃんも楽になったのではないかしら?
なんか この頃 カメ家がどんどん良くなってる気がする~v-25
どんどん円熟家族になってくださいませ~。

そして 関西と言えば ウッキィ~ちゃんだね!!
相変わらず アクティブに動いてくれるウッキィ~ちゃん健在だったんだぁ。
素敵な出会いのお話も聞きたいわ~。
私もまた行っちゃおうかな。
秋の京都 いいでしょうねv-34

近かったら 泥んこのお洗濯なんて お手のもので手伝ったのにね~残念。

出張 お疲れ様でした!

[2010/11/02 23:46]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
お疲れ様でした(^o^)/
先日は、お宿まで押しかけっちゃってm(__)mゴメンね!
でも短い時間だったけど、お会いできて嬉しかったです。
(カメラ持ってったのに…撮りそびれました。残念!)


お宿から歩いて行った「建仁寺さん」
地図だと一直線で近そうだったのに、遠回りしちゃって…
それも楽しい思い出になりました。

昨秋は、金澤翔子さんの書「風神雷神」が公開されていた「建仁寺さん」
カメちゃんと一緒に行けたのも何かのご縁かも知れません。
どうも ありがとう!

大阪に住んでても初めて「建仁寺さん」初めて訪れました。
まだまだ奥が深い京都を探索しておきますので
また是非お越しくださいね。

mayちゃんも、また待ってま~す♪
(ただし、私は方向オンチです。)


ところで
建仁寺さん をはじめ 八坂さん 天神さん
私は、神社やお寺を呼ぶときに「さん付け」します。
これって全国的なことなのでしょうか?
それとも関西だけですか?

飴のことも「飴ちゃん」と言います。
(もちろん大阪のオバチャンも「飴ちゃん」です)


留守中も、カメ家の皆様(猫ちゃんも)がお元気で良かったです。
父ガメさんのお弁当…素晴らしいですね。
[2010/11/07 00:17]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
良かったね!
たまにしか来られない狸です。
関西への出張も父カメさんをはじめカメさん一家の”協力”も良かったですね!

今回のコメントを読んでホカホカしました。

お母様も素晴らしいフォローで!!

それからウッキィ~母さんとも会えてよかったですね!

さいたまにいる私ですからウッキィ~母さんにはお会いしたことはありませんが、

ここやmayさんのぶろgでのコメントをたまに拝見していたので、なんとなく素敵な方だと思っているからですv-392

ちなみにウッキィ~母さんからの質問ですが、少なくとも関東では

神社やお寺を呼ぶときに「さん付け」は基本的にしません(あまり寺社仏閣を身近に感じていない訳では無いのだろうけど…)。

関西の方は”さん”よく使っていますね!

飴のことも「飴ちゃん」とは言わず、
せいぜい”飴玉”くらいかな?

(もちろん大阪のオバチャンも「飴ちゃん」です⇒そうそうこれも飴玉に限定していないし…また年代にもよりますが、袋にお菓子を用意しているお母さん、多分少ないです。

ボランティア活動などをされているお母さんには比較的多く見受けられますが…。

と母カメさんに対する質問。

答えてしまいましたが…

良かったのかな?

ごめんなさい。v-421

ウッキィ~母さん、母カメさんv-436
[2010/11/08 03:55]| URL | 桜狸 #- [ 編集 ]
mayちゃんへ
家庭崩壊寸前の、あれ違った、熟年離婚寸前の(笑)カメ夫婦
だったことを思えば、ほんと最近はかなり歩み寄りが見られ
このブログ書き始めた頃よりは、相当進歩しましたかねえ。
結婚歴はmayちゃんたちご夫婦より長いくせに、
家族としての歩みを重ねてこないで、絶対的なコミュニケーション
不足でしたからね。それは、アイのおかげというところも
大きいですね。話し合いをせざるを得ないことが多いですからね。

それと、今回のような出張も、子どもがいない時は、
感謝も何もなく当然のように出かけていたわけで、
いろいろ制約や負荷があるからこそ、ありがたみも感じるし
より与えられた機会を大事に楽しめるのかもしれません。

ウッキィ~ちゃんにも本当に感謝です。
mayちゃんも、ぜひまた「そうだ、京都に行こう!」(古い?)
と、訪れてみてください。ウッキィ~ちゃんが、
素敵なマスターのいる紅茶専門店に連れて行ってくれますよ。
普通の観光では行けない、「地元」ならではのつながりで
嬉しかったです。
私もまた行きたいので、いつか3人で・・なんてのもいいですね♪

[2010/11/08 05:48]| URL | カメ #- [ 編集 ]
ウッキィ~ちゃんへ
京都では、本当にどうもお世話になりました!
ウッキィ~ちゃんのおかげで、いろいろ楽しい思い出が
増えました。全部歩いたおかげで、宿周辺の道に詳しくなって
あの後、救急病院に行く際も、ああここ歩いたわ、なんて
思ってました。(思っただけでなく口にもしたので、
「ここずっと歩いたの?」とタクシーの運転手さんに
驚かれました。)

「建仁寺さん」も良かったですね~。
ウッキィ~ちゃんに勧められなければ、行こうとも
思いつかなかったところでしたが、金澤翔子さんとも
ゆかりのあるお寺だったのですね。
天上の竜の絵も素晴らしかったです。
(あれ以来、他のお寺でも竜の爪の数を数えて納得してました)

そうそう、ウッキィ~ちゃんが、道を聞いている時
実は私「へえ」と思って、後で言おうかなと思っていたんです。
自然に「建仁寺さんは・・」と聞いて、答える方も
「建仁寺さんなら・・」と答えていて、生活の中に
言葉の中に、そういう寺社仏閣を敬う気持ちと親しみが
感じられて、すごくいいなあと思いました。
これも標準語のアクセントで言っちゃうと、ただ名前に
「さん」をつけたみたいで変ですけど、あのはんなりした
関西のアクセントで呼ぶから、いいのでしょうね。

「飴ちゃん」は初めて聞きました。子どもに向けて言う時
だけでなく、普通に使うんですか?かわいい♪

私は元々岐阜の言葉なので、語尾などは関西系なんですが
アクセントはそうでもないので、
ウッキィ~ちゃんと話していると、だんだん岐阜なまりが
出そうになりつつ、大阪弁とも違うし、思い切って出せず
ちょっとモゾモゾした感じで話してます(?)。

またお会いできるのを楽しみにしています。
mayちゃんと3人一緒に会えるといいですね~。






[2010/11/08 06:05]| URL | カメ #- [ 編集 ]
桜狸さんへ
私の記事自体が「たまに」しか更新できないので

他の皆さんも、自動的にコメントは「たまに」になっちゃうんですが、

やっぱり「たまに」でもコメントいただけると嬉しいです。

お返事も遅くなっちゃいますけど・・・。すみません。


さて、お返事遅い私の代わりに、ウッキィ~ちゃんの質問への

お返事、どうもありがとうございます。

やはり関東でも、寺社に「さん」はつけませんよね。

でも、私の故郷の岐阜では、そういえば、「おちょぼ稲荷」

(へんな名前ですが、たしか「千代穂」とか漢字があるはずです)

という神社なんかは、みんな「おちょぼさん」とか言ってましたね。

やはり言葉も納豆などの食文化も、岐阜あたりが境目なのかも

しれません。ちょっとした言葉遣いにも、東西の文化の違いを

感じて面白かったです。

またよろしくお願いします。
[2010/11/09 00:12]| URL | カメ #- [ 編集 ]
そうだ、稲荷神社には…
お稲荷さんとか
言うけど、なんでかな?

それからASAKUSAというところも
お寺はセンソウジだから読みが違うけど…

それからお地蔵様は?

お地蔵さん?

本当に面白いですね!
[2010/11/09 02:59]| URL | 桜狸 #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/11/09 20:13]| | # [ 編集 ]
桜狸さんへ
確かに、「おいなりさん」とか「お地蔵さん(さま)」って言いますね。

関西以外でも、身近なものは「さん」づけが残っているのかも!?

仙台あたりは、やはり関西と比べて、全然寺社仏閣の数が違いますし

そんなに生活の中に宗教が関わっていない気がします。

実家の岐阜あたりは、もっとお寺と檀家が関わるので

そういえば「お西さん」(西本願寺)とか、そういう呼び方も

聞いたことある気がします。

ほんと、こういうこと一つ取っても東西の違いが見えて

面白いですね!
[2010/11/12 05:02]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。