スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
野菜嫌い
今日は別の記事を書く予定でしたが、
mayちゃんのブログで、「あなたの今日の小さな幸せは?」
という問いの答を考えていて、思い出しました。
私には、すっごく嬉しいことがあったのを。

それは、離乳食を卒業して以来、野菜嫌いだったアイが、
野菜を食べるようになったことです!
アイは、離乳食の頃は食べていた野菜も、普通食になって、
野菜はだんだん食べなくなりました。(兄ガメも同じ)
もっと小さい頃は、煮た野菜ならまだ食べていたのに、
大きくなるにつれ、一切の野菜を食べなくなりました。
それだけでなく、去年は喜んで食べていた、
イチゴやスイカ、みかんなどの果物も、
今年に入って、全然食べなくなりました。
仕方なく、野菜はすべて細かく刻んで
納豆ご飯に混ぜたり、卵焼きの中に入れたりしていました。


通園にはお弁当を持参するのですが、
お弁当の彩りといえば、野菜や果物なのに
入れても全然食べないので、正直悩みの種。

別にお弁当を先生にチェックされるわけではないけど、
やはり食べ方とかそういうのも療育の一貫なので、
できるだけ子どもが残さないで食べられる工夫を、
なんて言われると、ついつい、いつも
アイの好きな魚とあとは肉ダンゴとかシュウマイとか
同じようなおかずばかりになり、色がキタナイ・・

今年度は特に、同じグループの子たちが
割と野菜好きの子が多いので、
(お料理上手のお母さんたちが多いのと関係あるかな?
 それもまたプレッシャーの一つですが・・・)
よけいにプレッシャーがかかる。
あ、それはアイじゃなく、私の問題ですが。

でも、前に「問題行動・解決編」の資料に、偏食は気にしないでいい、
とあったのをたよりにして、
野菜嫌いのこと自体は、
あまり気にしないようにしていました。

それでも、食べられるものが増えるというのは、
やっぱり嬉しいもの。
この夏、アイスクリームを食べられて、
そんなでも嬉しかったくらいだから。
野菜や果物を食べられるようになってほしいなあ、
とは思っていました。

ことの発端は、先日の、我が家でのお花の後のランチタイム。
この日はお花の先生のpirorinが栗ご飯を炊いて持ってきてくれ、
私はそれに合わせて、豚汁を作り、
通園施設で同じグループのオーチ(ここでは初登場)が、
白和えを作ってきてくれたのです。
(オーチは栄養士さんです)

みんなでご飯を食べている時、何気なく、アイに
白和えのニンジンをあげたら、
いつもなら、顔をそむけるのに、
この日は珍しくパクンと食べたのでした。

その時は、「あら~、母以外の人の料理なら食べるのね~。」
なんて言って、
でも、白和えなら食べやすいのかなと思い、
手間がかかるけど、今度作ってみようかな、
と思っただけでした。

でも、今度は翌日、大量に作った豚汁が残っていたので、
またもや夕食時に出して、いつもなら
ニンジンなど野菜を細かくして納豆ご飯に混ぜるのに、
その日は、何となく、「ニンジン、食べてみる?」と言って
差し出したら、パクン、と食べたのでした。
たぶん拒否すると思っていたので、
思わぬ出来事に、「すっご~い!!アイちゃん。えらーい!おりこー!!」
と抱きしめてほめまくったので、
気を良くしたのか、次は大根もたべました。
それからサトイモも、白菜も、次々に。
一口食べるたびに、ほめまくりました。

そして昨日、通園では母子分離で、私たち母親は
市内の全通園施設合同の勉強会に参加し
(実はその講演のことを記事にするつもりでした)、
子ども達は、先生がついて自分でお弁当を食べる日でした。
今年度は、母子分離でお弁当を食べるのは初めてで、
ドキドキでしたが、
前日の野菜克服がホンモノかどうか、試したい気持ちもあり、
思い切って、お弁当にニンジン・大根・サトイモ・カボチャを
入れてみました。(どれも少量ですけどね)

通園から帰って、ドキドキしながらお弁当のフタを開けると、
なんと、完食!!
(いつもは、やっぱり見栄で、彩りの野菜を少しは入れていたから、
 完食はこれまで一度もなかったのです・・・)

いや~、嬉しかったです。
いよいよ野菜を食べられるのも、ホンモノになってきたようです。
野菜料理の腕を磨かねば!

きっかけをくれたオーチ(って、面と向かって呼んだことは
まだなかったね。通園では○○ちゃんママだもんね。)、
どうもありがとう!
あの白和えがなかったら、アイは野菜苦手と決めつけて、
ずっと進歩しなかったかもしれない。
これからもよろしくです。


ちなみに、兄ガメは今でも野菜嫌い。
ただし、外ヅラがいいので、保育所時代から、
給食とお弁当は残したことありません。
でも、家では、好きな物しか食べないという、わがままなヤツです。
それでも、何とか野菜を食べさせるべく、最近は、
春巻きとか、酢豚とか、野菜をおいしく食べられるメニューを
できるだけ作るように心がけています。
ブログなどで見かけた、おいしそうなお料理も、
時々取り入れておりますが、
皆様のお得意料理で、野菜たっぷり食べられるものありましたら、
ぜひ教えてくださいませ・・・
(できれば、手間がかからず、簡単レシピ!なんてのがいいです~)
スポンサーサイト
[2006/10/14 04:10 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(12) | トラックバック(0)
<<午後の散歩 | ホーム | 夕焼け>>
コメント
よかったね。アイちゃん野菜食べられるようになって^^
タイミングもあるみたいだし、丁度白和えがその時だったんでしょうね。
これからカメさんもお料理の幅が広がって、ますます腕に磨きがかかりますね。
うちでは、子供たちの方が私より好き嫌いがないのでいつもうらやましく思っています。
お兄ちゃんも給食を残したことないなら何でも食べられるんですよね。
そしたら大丈夫ですよ。
アイちゃん食べてたらきっと食べてくれますよ^^
[2006/10/14 07:42]| URL | チイちゃんママ #- [ 編集 ]
 お母さんの喜びがジンジンと伝わってきます。大好きなお母さんの嬉しさに敏感に反応してくれたアイちゃんの行動、そしてそれを見たお母さんが涙が出るほど喜ぶ、そんな光景が目に浮かびます。よいことは大いに褒めましょう。褒め言葉はひとを育てます。
[2006/10/14 08:25]| URL | 大介パパ #- [ 編集 ]
ご無沙汰です。
ウチも野菜は食べません!!果物もまったくダメです。
保育園に入って、白ご飯が食べられなかったんです。(私がふりかけばっかりかけてたからv-12

でもね、最近、「今日は○○を食べました。」と連絡帳に書かれてきます。家では絶対食べないものも、園では食べてくるんですね。。。
カレーのじゃがいもは食べるけれど、ポテトサラダは食べてくれない、ピザの溶けたチーズはよくても そのままのチーズは嫌い な 変なおぼっちゃまです┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
[2006/10/15 00:07]| URL | まつ #- [ 編集 ]
おひさしぶりです。野菜ってハードル高いですよね・・。うちも外では食べるのに家では全然ですよ・・・一時奇跡のように食べ始めたのが、褒め忘れが多かったのか・・・また元に・・。。。料理も上手じゃないので、あ~ぁ・・また・・という感じです。野菜好きのお子さんってとってもうらやましですね
[2006/10/15 08:31]| URL | huwa #LkZag.iM [ 編集 ]
アイちゃんも成長してるんだよね!
親は 出来ないって決め付けたくないのに 決め付けちゃってたりする事もあって 試す事すら諦めちゃうときもあるよね。
でも こうして ちょっとした事がキッカケで アイちゃんの中の成長が表に出てくる事があるよね!(RYOの冷たい物もそうです!)
『何がキッカケになるか分からない』ってのは 大人でも子供でも どんな事にも言えるよね。

カメちゃんが 母子分離の後のお弁当箱を開けた時の嬉しさが 伝わって来るようです。良かったねv-308
保育園も大丈夫だね!

ちいママのブログに おいしそうなサツマイモのケーキが載ってたよ~。
[2006/10/15 23:28]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
v-22チイちゃんママさま
そうですね。こういうのって、タイミングってあるんでしょうね。いくらこちらが頑張っても、ダメな時はダメだし、そんな時は待ってみるのも大事なのかな、って思いました。チイままさんのおいしそうなお弁当も参考にさせていただきます。
兄の方は・・・そういえば、アイをやたらほめていたら、ここ2・3日、いつもはあまり食べないのに、野菜を残さず食べていたっけ。しまった、兄の方もほめてやれば良かった・・・次回こそ!
[2006/10/16 05:36]| URL | カメ #- [ 編集 ]
v-22大介パパさま
ダメな時期が長いほど、喜びも大きいのかもしれませんね。そういう点では、この子たちは、何事につけても、喜びを大きくしてくれて、ありがたいのかもしれません・・・ほめて育てたいと思いつつ、アイには自然にできても、上の子にはなかなかできずに、口ゲンカばかりで困っております。
[2006/10/16 05:40]| URL | カメ #- [ 編集 ]
v-22まつさま
こちらこそ、ご無沙汰しておりました。いろいろ経て、今はお元気そうで何よりです。出産までどうぞお大事にね。
家ではダメでも、園でみんなと一緒だと食べられる、というのも、成長のしるしですよね。ちゃんとまわりの環境状況をわかっているということだもんね。そうやって、はやとくんも日々成長しているのが嬉しいですね。
うちも気まぐれで、昨日は食べたニンジン、今日別の料理で出したら、食べなかった・・・子どもってそういうものなんですかね。まだまだタタカイは続きそうです・・・
[2006/10/16 05:46]| URL | カメ #- [ 編集 ]
v-22huwaさま
ドキッ。うちもやっぱり、一時「奇跡的」に食べただけかも、という気がしてきました。なんか、昨日あたり、既にややそのきざしが・・・なんとか、自分も最初の感激を忘れず、毎回ほめまくりながら、継続させたいと思いますが・・・たぶん、私の方が続かないな・・・
ま、いずれにしても、食事は楽しく、を基本に、気長にいきましょ。
[2006/10/16 05:50]| URL | カメ #- [ 編集 ]
v-22mayさま
いや~、mayちゃんの記事のおかげで、その時の感激だけで過ぎてしまいそうだったことを、しっかり自分の中で、これまでの経過とともに思い返して、しみじみと、改めて喜びを味わうことができました。ありがとう!そういえば、毎日、よかったことだけ書く日記、というのもあるそうで、そうやって、いいことをみつける、感じることが上手になっていくと、日々を幸せに生きられるって・・・それって、もしかしてmayちゃんのブログそのものじゃない?って思います。
子どもの能力とか好き嫌いとか、ほんと一番可能性を信じているつもりでも、やっぱり時々決めつけているところありますよね。これから、もっと自分がまず柔軟にならなくては。
ちいママさんところ、見てみまーす。ありがとう!
(ちいママさんはお裁縫も料理も器用だよね。)
[2006/10/16 05:57]| URL | カメ #- [ 編集 ]
元気よく食べてくれる人がいたら、絶対に喜んでご飯作るだろうな!

ただ何となく食べる人だと少し悲しいけどね!

でも私は相当、元気良く食べるようで私と一緒に行動すると殆どの方がつられて食事をしてしまい?太ってしまうみたいです。

お嬢様方は痩せたい方が殆どだから…やはり問題かも?

野菜!新鮮な採りたての物の美味しさは野菜嫌いも無くす位です!特に昔の物は!

こんな事を言っている様ではやはり古いおじいさんになってしまいますかね?
[2006/10/17 01:56]| URL | 桜狸 #- [ 編集 ]
v-22桜狸さま
私も、出されたものは、何でもおいしくいただく方で、よそんちに滞在すると、必ず太ってしまいます・・・
今は自分が作る方になってみると、やっぱり、おいしそうにパクパク食べてくれると嬉しいですよね。きっと桜狸さんみたいな人にはいっぱい作ってあげたくなっちゃうでしょうね。ちなみにうちのダンナは結婚してから20キロ近く太りました・・・

なるほど! 取り立て新鮮野菜、ですね。確かに野菜そのものの美味しさを味わえる食材選びも、大事なポイントかもしれませんね。できるだけそういう野菜を手に入れるべく、努力してみます。
[2006/10/17 05:53]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。