スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ぐだぐだ日記・・音楽
たまにしか書けないので
書き始めると、ついついあれもこれも書いて、
前からダラダラ長文気味だったのに、
さらに長くなってしまったので、
音楽療法の話は、別記事にわけることにしました。
前に、ボツにした記事で書きかけた、
今年度に入ってから、ずっと行けなかった
音楽療法の件ですが、
先生のご配慮により
先週の土曜日、ようやく2ヶ月ぶりで
セッションに行くことができました。

4月は、アイの予想以上の疲れのためにキャンセルし、
5月こそは行こうと思ったのに、天気が悪かったり
お掃除が遅くなってバスに間に合わなかったりと
さっぱり予定通りに進まず
昨年末に、私の仕事が決まってから、
一番気になっていたのが、この音楽療法に通うことで、
そのために、2月から区役所に行ってヘルパーを申請し
3月に事業所をあたって、いくつか断られて
やっと今の事業所をみつけ、登録して、
4月の日曜日に、ヘルパーさんとバスで行く練習をして、
ずっと準備を重ねてきたのに、
どうも間が悪くて、一度もうまくいかず、
かなり落ち込んでいました。

アイの音楽療法をやってくださっている先生は、
空きを待っている人も多い、仙台では有名な先生なので
これ以上キャンセルが続くようでは、
他の人に機会を譲り、
アイは待機組にならなくていけないだろうと思うと
焦ってしまうし、
一方で、おばあちゃんは、アイにこれ以上
あれこれやらせるのはかわいそうと、
それこそ、雨が降ったからやめた方がいいとか
あまりバスで通わせることに積極的でない上、
お掃除を少し早めに終わらせてもらわないと
1時間に1本しかないバスに間に合わないこともわかり
通常学級に入れたのに、
療育のためにお掃除を免除してもらうなんて、
それは勝手な都合のいい要求だよなーと思うと
そこまでして通わせるのもどうかと思ったり、
しばらく悶々とする日々でした。

先生のお宅の近くの道路を車で通るたび、
車で来たら、こんなにすぐなのに
なんと遠い道のりだろうと、ため息が出ました。
アイの好きな音楽もやらせてあげられないで
私が仕事を続ける意味があるのかとまで思いました。

そんなこんなで毎週グダグダと
「今度こそ行かせます。」
「やはり無理みたいです。キャンセルします。」
なんて連絡を繰り返しているので、
先生も気にかけてくださって、
今みたいに曜日と時間を決めず、
不定期に、お互いに都合の合う時を選んで
月に1・2回だけでも入れるというふうにしてはどうかと
提案してくださって、
それなら私が車で連れて行けるし、
土曜日なら、私が都合悪くて、ヘルパーさんとバスでも、
ゆっくり時間に余裕を持って行けるし
本当にありがたく、願ってもない話なので、
それでお願いすることにして、
やっと気持ちが落ち着きました。

アイのために、できるだけのことをしてあげたい、
自分が好きになれるもの
頑張れるものをみつけてほしいから
できるだけ多くの機会を与えていきたいと思っているのに
私が仕事をフルにしたために、それもあきらめねばならないのでは
意味がないなと思っていたので。

本当は運動系もやらせたい、
さっき書いたように、くもんもやらせたい、と
いろいろやらせてみたいことはいっぱいあるのですが
今の状況ではとうてい無理で、
せめて、ずっと続けてきた音楽だけは・・と思っていたので、
細々とでも、何とか続けられそうで、ほっとしました。

おまけに、アイに、心のこもったカードをつけた
入学のお祝いまでいただいて、
先生のお気持ちが本当にありがたく、
これからもずっと長く見守って育てていただきたいと
改めて思いました。


話があっちこっち飛びますが、
仕事のせいで、もう一つあきらめたものが
今年一つあります。
それは、仙台名物になりつつある「とっておきの音楽祭」。
今年は10周年になるそうですが、
今日がその日でした。
毎年そうだけど、雨が心配される中、
なぜか音楽祭の日は雨が上がるんですよね。
今日も、昨日の雨がウソのように、爽やかないいお天気で
お友達や知り合いの方々、皆楽しめたことと思います。

ここ3年、毎年出ていたのに、
今年は出演はおろか、
とうとう見に行くこともできませんでした。
残念!!
それどころか、今週来週と週末仕事が続いて
体力が持つかどうか・・・
ほんと、今年度は日々生活をこなすだけで手一杯です。

来年はぜひまた「とっておき」に復活できるように
何とかしたいものです。
やはり何事も、見ているだけより、踊らにゃソンソン♪ですからね。


これは来年ということでなく、いつか、という、
ほんとに、妄想に近い夢の話ですけど
アイと親子の連弾で出演できないかと
母も密かにピアノの練習中です・・・
(と言っても、2週間に1度ぐらいしか弾けないので
 さっぱり上達しません。
 果たして人前で弾けるようになる日は、来るんでしょうか!?・・)


写真部作品
(写真部の副顧問もしていて・・・あ、3つの部の
 副顧問をかけもちしています・・・、
 先日一緒に撮影にした一枚ですが、
 生徒の方が断然センスが良くて、なかなか
 いいものは撮れないものですね~。。。)
スポンサーサイト
[2010/06/07 06:05 ] | アイ小学校 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<誕生日と命日 | ホーム | ぐだぐだ日記・・宿題>>
コメント
うわあーー(^○^)
カメちゃん、凄いなあ!!フルタイムワークに担任持って、3つの部活副顧問~小学校では本部役員で…。音楽療法に宿題みて…、倒れないか心配ですよ

そういう私は、情けないほど疲れやすく日々のホンのちょっとの活動(普通にお母さんとしての)だけでハァハァ、フーフー言ってヘロヘロしていてカメちゃんのバイタリティーある活躍ぶりには羨望の目でみてしまいます。
頼みの大きい姉ちゃん達もそれぞれの自分の事で目一杯になり、近くに身寄りがおらないので最近つくづく私の老後、りこたんとの将来の事を…あぁどうしようって考え込んでしまってます。
あ、私の愚痴は今ここで言うべきではありませんでしたすみません

アイちゃんの出来ること、出来たことを見つけて、成長を喜びながら、習い事も時間やお金に合わせてやっていくのでも、ここずっとアイちゃんの成長を見守らせて頂いている『のろまなカメの…』愛読者、カメちゃんファン、アイちゃんファンの私には回りのどのダウン症の子(同世代)の中でも一番、なんでもやれるようになったりしていて十分小さな私たちダウン症児の親たちにはステキな見本でありお手本でありそして憧れです。

2年、後を行く私たち親子にしてみれば先が長いので、身体だけは無理しないで末永く、母としてのカメちゃんとそしてカメ家主役のアイちゃんの活躍を見せてって欲しいなと思ってます。

前回、運動会の時コメントを書かせて頂いた時、実はアイちゃんの叔母さん(ご主人の妹さん)の事が私には一番心打たれました事を書きたかったの、他の事を書いて送信してしまい、忘れてしまったことをずっと後悔してましたので少し付け加えさせて下さい。<(_ _)>

アンパンマンのメダルやお稲荷さんを作って駆け付けさせるほど、アイちゃんは家族・親族の中でも大切な存在になっていたんですね。私もダウン症の子を授かった時は、しょうがい児の親になったと言うよりは『家族の心をひとつにするために生まれてきてくれた』と言う思いが強くて、折に触れ場面場面で子供の存在に感謝していました。
親の都合で、我が家は片親の親族のみとの交流となり、しょうがい児に慣れてない我が家の実家の母や妹達は『大変だろうけど頑張れ。陰ながら見守る』とばかりで未だにお祝い事は何一つしてくれてません いつか、りこたんの成長をうちのおばちゃん達も喜んでくれるようになって欲しいものです。その為には、やはり今の私には甘えが多すぎだと深く反省してます。
カメちゃんの何分の1かでも、頑張れるよう近づきたいです。
私も今年もとっておきの音楽祭を観に行けませんでした。
いつかきっと、アイちゃんが演奏なりなんなりを披露出来るようになったら、是非ブーケでも持って駆け付けられるようになりたいと思ってます。

携帯からのコメントですので、書いてるうちまとまらずただ長くなっちゃいましたが気持ちは受け止めて下さるカメちゃんだと思って書き込みました

お互いに無理しないで頑張ろうね
[2010/06/07 17:26]| URL | ファンタジア #RVcFyNpA [ 編集 ]
ファンタジアちゃんへ
まあ、携帯からこんなに長くコメントをありがとう。

私は仕事は忙しくなったけれど、その分、家事育児は手抜きになっているので、結局同じですよ。みんなそれぞれの忙しさ、大変さの中で、やりくりしながら、頑張っているんだと思います。(あ、それと、クラス担任はしていませんので、その点は気がラクです。高校だと教員の半数ぐらいは副担任なんですよね。その分他の分掌はありますけど、やはり担任は気持ちの上での負担は大きいですから、大変だと思います。もちろんその分、楽しみ・やりがいもありますけどね・・今はちょっと担任までする気持ちの余裕はありません。)
どんな仕事でも、お金をもらわない役員などのお仕事も、そして専業主婦の頃だって、なんだかんだ予定がいっぱいで「忙しく」してた私ですから、これは性分なんだと思います。半分はそれを楽しんでいるんだよね~。家に3日もこもっていたら、たぶん耐えられないでしょう。人と接しているのが好きなんだと思います。でも、家のことはいつも手抜きで、子育ても、専業主婦の頃でさえ、きちんと向き合い、遊びに付き合ってあげるということは少なかったような・・その点、ファンタジアちゃんは、りこたんを今までいろんな体験させてあげていて、ほんと感心しましたよ。これからは、親子別々の時間ができて、ちょっとさびしい気がすることもあるかもだけど、ファンタジアちゃんもまた、そのパワーをいろんなところで発揮できたらいいなと思います。

そうそう、主人の妹は、とてもありがたい存在で、夫の両親のことでも、いろいろ動いてくれて心強かったし、私としては将来一緒に住むことも視野に入れた「家族」の一員と思っています。自分が独身で子どもがいない分、うちの子たちのことを何かにつけかわいがってくれて、うちの子たちもこの「おねえちゃん」が大好きです。最初は、親戚にも「ダウン症なんて言わないで」と言っていた義母も、まわりの優しさのおかげで、一緒にアイを見守ってもらうことが自然になってきました。アイ本人を見れば、みんなショウガイ名よりも、その子自身を見てくれるようになるんだけど、遠く離れていると、うちの両親だって、つい、「ダウン症の孫」という目で見ているところがあり、どうしても仕方ないよね。やはり実際に会って、一緒に過ごす時間を持つことが、一番の理解を得る道かなと思います。それは親族に限らないけど。
お互い故郷が遠いと、なかなか行き来できないのがつらいところだよね。(お金もかかるし!うちは、今年から、倍ぐらい交通費かかるようになるので、ほんとどうしたものかと思っています。。。)
[2010/06/09 05:56]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。