スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
初日からハプニング!
これは前からですが、
勤務時間中は、携帯は電源切っているか
マナーモードにしてカバンにしまってあるので
電話が来ても気付かないわけですが
昨日も勤務時間が終わり、
またもや「お迎えがあるんで・・」と言いながら
「さっさと」職場を出て
車に乗って携帯を見ると、
ばあちゃんからの着信履歴。2度も。
イヤな予感・・・

電話を入れてみると、
「アイちゃんはもう帰ってきているから、
 迎えに行かなくていいよ。」とのこと。
「えっ、迎えに行ってくれたんですか?」
と聞くと、
「あのね、いろいろあったんだけど、
 児童館の先生が家に来てくれてね・・
 あー、あとは家に帰ってから話すわ。」
ということで、
帰りの道中、いったい何があったんだろうと
気になって気になって仕方ありません。

昨日の朝は、私は7時半出勤で
児童館への送りは兄ガメに頼みました。
「え~」と渋い返事ながら、
とにかくやってもらうしかないので
初日だから着替えの袋や上靴など
荷物も持って行ってくれるよう頼んで
とりあえず、アイを着替えだけさせ
朝食は出しておいて、半分ぐらい食べたところで
後ろ髪ひかれつつ、家を出ました。

出る時に、おばあちゃんには
「今日は児童館で、朝は兄ガメが連れて行きます。
 帰りは私が迎えに行くつもりですけど
 もし間に合わない時には、お願いするかもしれません。
 その時は電話します。」
とあわただしく言って出たのでした。

午前中は特に会議などなかったので
職場から、9時半頃家に電話を入れたら
「送っていったよ。」との返事。
とりあえずひと安心。
ばあちゃんの話では、遊びに来た友達数人と一緒に
児童館に向かったそうです。

午後は会議が続いて、すっかり忘れていましたが
全部会議が終わると、もう5時過ぎ。

というわけで、期になりつつ家に帰りました。

おばあちゃんの話では、
昨日の児童デイサービスが3時までで
3時半ころ帰ってくると言ったのと
混同したらしく
昨日も3時半過ぎても帰ってこないから
迎えに行った方がいいのかなと思って
私の携帯に電話したそう。
でも、出ないので、迎えに行くことにしたのはいいけど
おじいちゃんが行くと言って出たというのです。

確かに、3月のうんと心配な頃から見ると
ずいぶん体調も良くなり、それに伴って
認知症的な部分もあまり見えなくなって
日常生活はまあまあ何とかやれるぐらいには戻ったのですが
まだ外を歩くのには足元もあやしいし
え~、大丈夫かなと、アイよりも心配なくらいなのに。

で、案の定、じいちゃんが靴をはくのに
どこに置いたかわからなくなり
さがして、もたもたしている間に
アイはさっさと自分で靴を履き、
学校を出て行ってしまったとのこと。

学校から家までは、距離的には近いのですが、
一つバス通りを渡らなければならず
そこが危なくて、一人では心配だから
送り迎えの手配をいろいろしてきたというのに
アイはさっさと一人で家に帰ってしまったのでした。

あっという間に家に着いて、
児童館から電話が入った時には、もう家にいて
児童館の先生もひと安心されたのですが
じいちゃんと一緒に館長先生も家に来てくださって
アイの顔見て
「よく一人で帰れたね。すごいね。
 でも、まだ今は一人で行っちゃダメだよ。
 危ないところがあるからね。」と
話してくださったそうです。

その話を聞いて、まだ6時前で
ギリギリ児童館が開いている時間だったので
急いでとんでいって、お詫びに行きました。
「初日からご迷惑をおかけしてすみません!!」って。

児童館の先生方は、「そんな謝らないでください。
私たちもこれから気をつけますから。」と
暖かく迎えてくださって、アイの一日の様子なども
お話してくれて、保育所の時のお友達と
楽しく遊んだ様子がわかって、良かったです。
じいちゃんのことも気にかけてくれて
「おじいちゃんにとっても、アイちゃんのためにと
 そうやって動くことは、いい刺激・リハビリになるので
 あまりおじいちゃんはダメと言わずに
 私も話し相手になりますし、時々はおじいちゃんにも
 来てもらってください。」と言ってくれました。
児童館の館長さんは、たいてい小学校の校長を退職した方が多く
そんな言葉もありがたいと思いました。
確かに、何をするにもおっくうになっていたじいちゃんが
アイのためにと、こうして動いてくれたことは
驚きだったし、その気持ちはほんとありがたいですしね。

私の反省点としては、これから日によって
アイの予定が違って複雑になるので
口頭だけでは、
おばあちゃんも頭に入りきらないから
これからきちんと紙に予定を書いて
わかりやすく伝えていかなくてはと思いました。

いや~、それにしても初日から参りました。
これから、学校生活、児童クラブ、どんな
ハプニングが続くのでしょうか・・・
スポンサーサイト
[2010/04/03 07:18 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(2) | トラックバック(0)
<<怒濤の一週間 | ホーム | 新年度始まりました!>>
コメント
うわぁ~。

いろいろ思うこといっぱいで、聞いただけで(文章を読んだだけで)すっごく大変だったって分かって・・・涙出てきました。

でもみんなが一丸になってるし、みんながおんなじ方向に良い方に向かってるってヒシヒシと感じます。

昨夜読んだ日記のあとにこっちを今読んでしまいましたので、コメントが・・・順番もちゃんとしないけど、ホント、すっごく頑張ってるね。
私ももちょっと引き締めないとと反省しました。
カメちゃん、ありがとう。

頑張ってるのに、頑張れ~って言うのはいけないの分かるんだけど、でもずっと応援してます。やっぱり頑張れ~って言いたくなります。
頑張れ~、カメちゃん、アイちゃん、お兄ちゃん、パパさん、おじいさん、おばあさん~
[2010/04/24 00:07]| URL | ファンタジア #RVcFyNpA [ 編集 ]
ファンタジアちゃんへ
こっちにもコメントありがとね~。

まあ確かに大変は大変で、おばあちゃんも頑張りすぎて、先週末はちょっとダウンして寝てしまったくらいですが、でも、前みたいに長引かずに、月曜には、またしゃきっと起きて、一週間頑張ってくれました。そんなこんなで、我が家は綱渡り状態ではあるのだけれど、その代わり、おばあちゃんたちとのコミュニケーションも増えたし、今まで子育てにほとんど参加しなかった父親の方が学校の様子やお友達のこと詳しくなってるし、私一人で動いていた時より、家族の協力やつながりは育っているのかな、という気もしています。

まあ、ちょっとみんなが無理しているところがあって、ほんと、少し誰かがどこかで崩れると一気に生活が成り立たなくなるという、ギリギリの線でやっているのがあぶなかっしいのですけれど。ま、また何かトラブルがあればあったで、その時に考えることにして、今はまず1日1日を何とか無事に過ごすことだけ考えています。

応援ありがとう~!私もファンタジアちゃん一家を応援してますよ~!!
[2010/04/24 06:52]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。