スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
みやぎダンス
時系列的にはさかのぼるのですが、
ウッキィ~ちゃん一家が来てくれた土曜日の午後は
実は、「みやぎダンス」の公演があり、
(日曜日もあったのですが、私が一日仕事でダメで)
アイを連れて観に行ってきました。

これまでは、託児をしてもらって
私一人で観ていたのですが、
最近、だいぶ音恐怖症、舞台恐怖症が薄らいできたので
大丈夫かもしれないと思い、
いや、半分は、
始まってすぐ出てくることになるかもしれないと覚悟しながらも、
一つのチャレンジと思って
一緒に観ることにしました。
会場は小さめながら、しっかり舞台と観客席のある
立派なホール。
前だったら、その雰囲気を見ただけで、
もう尻込みして入らなかったところですが
とりあえず、中には入りました。
知り合いの人が見つけて声をかけてくれて、
一緒に一番前の席に座りました。

ステージが始まる前、
まだ会場が明るい時に
「携帯電話の電源はお切りください」とかの
諸注意がマイクで入ったとたん
やはり耳をふさぎましたが、
なんと、そのアナウンスをしていたのが
あの、みのじさんで、
年末にお正月花の教室でお宅にお邪魔して
絵本などいっぱい読んでもらったばかりだったので
「ほら、みのじさんだよ。」と言って
アナウンスしている人の顔を見させたら
少し安心したようで、
アナウンスの後、みのじさんも
私たちの席のところにお話しに来てくれたので
それで、アナウンスのマイクはOKになり、ラッキー♪

でも第一部が始まったとたん
暗い照明のステージで、黒い衣装の
大人っぽい即興のダンスだった上
アイの苦手な太鼓の音が響き
やっぱり耳をふさいで、
時には迫力のある動きの場面では
「ちょっとこわい・・」と言って
寄ってきたので、
その時は抱っこしてあげました。
それでも、前みたいにパニックになって
泣きわめいたり、「出る~」と騒いだりすることもなく
時々はステージを見て、慣れてくると
耳をふさいだ手をはなしていたりして
そのうち、ダンサーの人の真似をして
手をのばして動いたりするようにもなって
第一部の最後までいられました。

第二部は劇仕立ての構成で、
ステージも明るかったので
今度はほとんど耳をふさぐこともなく
普通に座って見られました。
おかしな動作ややりとりのところでは、アイも笑ったりして
それなりに楽しんでいたと思います。

しかも、この第二部には、アイのお友達も
たくさん出演していました!
「とっておきの音楽祭」に一緒に出た
「童夢」というグループの仲間です。

「あ、○○くんだよ!」とか
みつけては、喜んでいました。
「とっておきの音楽祭」でいつもやる
ミッキーマウスマーチが流れて
おなじみの踊りが始まった時には
アイも座席で一緒に踊っていました。
私もウルウルしちゃいました。
アイも出られると良かったのでしょうが
公演の日に私の仕事が入っていたり
練習にも出られそうになかったので、
参加は断念しましたけど
「観る」ことも、アイにとっては
とても大きなステップだったので、
今回は、そちらで頑張りました。

一昨年の人形劇でパニックを起こして以来
約一年間、音恐怖症、マイク恐怖症、ステージ恐怖症、笑い声恐怖症で
一時期は、好きだったお笑い番組や、「にほんごであそぼ」などの
大好きなNHKの子ども番組ですら、
コワイと言って見られなくなっていたのが
小学校入学が近づくにつれ、
少しずつ「がんばって」、見てみたら面白かった、
という体験を積み重ね、一つずつ克服してきてはいましたが
やはりステージものには、まだかなり警戒心が強かったので
この日もどうなるか、半信半疑で行ってみたのですが
そろそろ大丈夫かな、という自信を持てたのは
私にも、そしてアイ自身にとっても、大きな収穫でした。

ほんと一年前と比べて、
体はたいして大きくなっていないけど
内面は、いろんな面でずいぶん成長したなと思います。


ところで、公演の内容は、毎年全く違った趣向で
行ってみるまで、ほんと、どんなものが
飛び出てくるかわからず、とてもエキサイティングです。

今回は特に、磨き上げた体の人たちの見応えあるダンスもあり、
ショウガイのある人だけのダンス、両方一緒のダンスと
バラエティ豊かに、それぞれを楽しむことができ、
一方で、第二部では、ショウガイのある人もない人も関係なく、
それぞれが「個性」だということが自然に感じられるものだったし、
全く飽きることなく、たっぷり楽しめました。
去年も、今までより良かったな~と思いましたが
毎年進化し続けてますね~。
常に変わり続けるところが、みやぎダンスの魅力でもあります。

皆様も機会があれば、一度ご覧になってください。
スポンサーサイト
[2010/02/23 06:21 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(2) | トラックバック(0)
<<一歩一歩 | ホーム | ウッキィ~ちゃん、来仙!>>
コメント
アイちゃん、驚きました!
観て来て頂きまして、ありがとうございました。
久しぶりに会ったアイちゃんですが、ものすごく社会性が出てきてますね。
驚きました。
お母さんの陰に隠れるような感じだったのが、他人にもニコニコして接していました。

私が時にビックリしたのは、公演が終わり出口に出てきた時、私がしゃがんでアイちゃんとハイタッチをしようとすると、ニコニコと笑って思いっきり私の手を叩いてくれました。全くものおじしませんでした。
思わず、私のこと覚えてくれていたのか思うほどでした。
確かに、まわりはよく知っているネズミちゃんたち(公演に出た童夢の子)がいっぱいいたからかもしれませんが。

アイちゃんの成長がよく見て取れました。
[2010/02/23 12:23]| URL | 大介パパ #RXjsLQls [ 編集 ]
大介パパさんへ
いつも「みやぎダンス」のご案内などお送りいただき
どうもありがとうございます。その都度お礼も申し上げず
ずっと失礼しておりましたので、この場を借りて
お礼を言わせていただきます。

そして、ファンタジアちゃんのブログの方にも
アイのことでコメントを書いてくださって、
どうもありがとうございました。
それに対してコメントしようかと思ったんですが、
私と違って、ファンタジアちゃんは、毎日更新するので
ぼやぼやしている間に、機を逃してしまい、
やはり自分で記事にすることにしました。
(と言っても、アイのこと中心で、あまり
 ダンスのことは詳しく書かなくてすみません)

アイの成長を大介パパさんも感じ取ってくださったこと
とても嬉しいです。
ほんとに3年前は、人や場に慣れるのが大変で
同じダウン症の集まりに行っても、すみっこで
一人かたまっていた子が、ウソのように
人なつこくなってきました。
子どもは日々変化するので、面白いですね。

大介さん、みんなを明るくする「オレンジ君」の役
ピッタリでしたね!あの笑顔最高でした。

[2010/02/24 06:04]| URL | のろガメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。