スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
子犬のワルツ・・・
ずっと前に私が大ボケをやらかした
兄ガメの発表会の曲。
結局、発表会当日には、とても完成という状態ではなく
結果的には、私のボケのおかげで助かった兄ガメですが、
私としては、どうしても納得が行かず、
先生には、この曲が完成するまでやらせたいと言ったら
発表会後も、引き続きこの曲を指導してくれました。
あれから、2ヶ月近く・・・
先週のレッスンで、ようやく「合格」をもらいました。
もちろん、「合格」と言っても、
兄ガメのことですから、全くミスなく
スラスラと、うっとりするくらい聞き惚れるような
そこまでのできばえ、ということではありません。
まあまあ、一応弾きこなして、暗譜できた、
という程度なので、人様に聞かせるほどのものには
なっていませんけれど、
毎日1回しか弾かないで、まあ、ここまで
できるようになったのは、ある意味たいしたものですが・・

「もっと本気で練習すれば・・」と
よく先生に言われるけれど、
私も何度も書いていますが、
努力するのも能力のうちだから、
やらない人は、できない、それだけのことで
「やればできる」なんて言葉は意味がないと思ってます。

まあ、それでも、自分の意志でなく親にやらされたピアノを
ここまでやめずに、いつのまにか1日1回だけの
「練習」とも言えない「練習」になっていたけれど
とりあえず、毎日ピアノを弾いて
私の大好きなこの曲を、まあまあ聴ける状態まで
仕上げてくれたことは、嬉しく思います。

この2ヶ月ぐらいは、だいぶ曲らしくなってきた
「子犬のワルツ」を聞くのが、楽しみでもありました。
これからは、この曲が聴けないのが、ちょっとさみしい・・
これからも毎日弾いて、忘れないようにしていけばいいんだけど
兄ガメのことだから、合格となったら、
もう見向きもせず、またしばらく経つと、
すっかり忘れて弾けなくなっちゃうんだろうな・・

アイも毎日聞いていたおかげで、
よそでこの曲がかかっても
「あ、子犬のワルツだ!」とすぐ反応するし
自分もまねして、ピアノに向かい
タラタラタラと雰囲気だけは「子犬のワルツ」ぽく
弾いている気分。

まあ、兄ガメは、イヤイヤ弾いているピアノで
ものにはならないだろうけど
(たぶん中学に入ったら速攻でやめるでしょう)
少なくともアイには、いい影響もあったかも。
兄のまねが大好きなアイは、
ピアノも、こんな短い指で、弾こうとしますから。

そうそう、音楽療法では、
これまでは合同のセッションだったのですが
それぞれの個性・得意分野にちょっと力を入れたい
という先生の意向で、
今はまた、個別指導に切り替わりました。
その中で、楽譜のお勉強とピアノも入ってきています。
(夏にも書いた気がしますが)

最初は全部「ド」だけの曲!
それも3種類あって、一つ一つ「でんしゃ」とか
「かわいいあかちゃん」とか、タイトルと歌詞がついてて
「ド」だけで、曲になってる(?)ことに
驚きました(というか笑ってしまいました)。

今は、ドレミと3つの音まで行って
アイも毎日ピアノに向かっています。

音楽療法では、別室で待っているのですが
ある日、先生が「パッヘルベルのカノン」を弾いて、
アイはただ1本指で音を弾いているだけなのですが
まるで、素敵な二重奏のように聞こえて
とても感激しました。
これなら、いつか、私もうんと練習して
先生の部分を弾けるようになったら
アイと二人でピアノの連弾で舞台に立てるかも
なーんて妄想も膨らんだのでした。
私もピアノ頑張ってみようかしらん・・

と言いながら、妄想だけで終わっていて
その後、楽譜をさがすでもなく
兄ガメに「ピアノは?」と毎日うるさく言うくせに
自分は全くピアノに触れないまま
日が過ぎています。。。。
言うは易く、行うは難し、ですね。

でも、きっと、いつかアイと連弾を・・・
スポンサーサイト
[2009/11/21 07:10 ] | 兄ガメ | コメント(4) | トラックバック(0)
<<インフルエンザ!!! | ホーム | 虚言癖?>>
コメント
連弾、いいなぁ~
お兄ちゃん本当にそんなにピアノいやなのかなぁ?年齢的になんかテレがあるだけかもしれないし、、せっかく難しい曲をマスター出来たのだからもっともっと次にも挑戦していければいいのにね。
うちは長女3歳から始めて6歳でやめました。だから何にもなっていません。普通に弾けない子と同じになりました。
次女はピアノに限らず楽器大好きですが習わせてません。母が楽器の音にノイローゼな時期があったので・・・
でも、ギターを買ってあげたら独学でなんかやっています。
あ、我が家はどうでもいいですね(^^;

カメママちゃんとの連弾ももちろんですが、曲の難易度のハードルを下げてあげて、お兄ちゃんとアイちゃんの兄妹連弾が出来たらサイコーですよね。
アイちゃんに「おにいちゃんとれんだにゃりたいな♡」ってお願いさせてみたら?
3人連弾とか・・・いろいろ想像を膨らましたら、それだけで胸がいっぱいになってしまいました。

りこたんもピアノ大好きです。うちにはピアノないので、体験しに行こうかなって思っています。アイちゃんとっても良さそうな音楽療法がやれてていいなぁ~
[2009/11/21 09:43]| URL | ファンタジア #YlRP85j6 [ 編集 ]
きっと 指が短いことなんて 『好き』という気持ちが乗り越えさせちゃいますよ~!
以前 指の少ない方が 素晴らしいピアノを弾いていて
気持ちは条件を克服させちゃうんだなぁと感心しました。

カメちゃんの曲に アイちゃんが合わせる、アイちゃんの音に
カメちゃんが合わせる・・・なんて出来たら
すごい芸術的な音楽が出来そうですねv-356

私も10年ぐらいバイオリンをやっていましたが
決して上手ではありませんでした。
あまり好きでない時期の方が長かったです。
でも 今も それなりに弾けるし、街で知ってる曲を聞くと
指がエアバイオリンのように動きます。

兄ガメくんも きっと それなりに指が覚えていてくれるでしょう。
「大人になってピアノ弾けたらモテるぞ(^_-)-☆」

音楽療法の方法も楽しいですね!
何よりも アイちゃんが音楽を楽しんでいる様子が
とっても嬉しいですv-347

[2009/11/21 22:00]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
ファンタジアちゃんへ
何事も本人がやる気にならないとダメですね。
とはいえ、ピアノは親がやらせたんだから仕方ないとしても
好きで始めたはずの野球だって、素振りだのランニングだの
地道な努力などしていなくて、それでいてプロ野球の選手に
なりたいという、脳天気な夢を語っているのですから
何事につけ、おいしいところだけやりたがって
地道な努力や苦しいところは避ける傾向があるのが
何とも親としては歯がゆいところです。
別に親の思うことでなくていいから、何かに打ち込み
そこまでやらなくてもと親が思うくらい夢中になれるものを
みつけてくれたらいいなと思います。
(今のところ、ゲームやカードでしか、その熱心さは見られません・・)

というわけで、兄との連弾は、夢ですら描けません。
とりあえず、無事思春期を乗り越えたい、それだけです。
高校生とか大人になったら、また少し変わるかもしれませんが・・

アイの方は、その点、ほんと、兄もこのくらい
一生懸命ピアノでもお勉強でもすればいいのにと思うくらい
ピアノや机に向かうのが大好きです。
そういうところを何らかの形で伸ばしてあげられたらいいなと
思いますが・・・これも、何が合っているのか
みつけてあげるのは、難しいですよね。
いろいろな体験する中で、好きなもの、得意なこと
少しでも可能性を広げてあげられたらと思います。

音楽療法は、本当に先生に恵まれて、とても
楽しく通っています。
いつか、大きいお姉さんたちみたいに、アイも
人前で発表できるといいなと楽しみにしています。

りこたんのまわりでも、きっと、いろんなことやっている
と思うので、アンテナ張ってさがしていると、何かしら、
音楽療法的なものみつかると思いますよ。
ただ、うちも、今の先生に出会うまで、別のところも行ってみたし
2・3いろいろ試してみて、ようやくって、感じでしたから、
すぐに出会えなくても求めていれば、きっと出会えると思います。
[2009/11/24 11:24]| URL | カメ #- [ 編集 ]
mayちゃんへ
私もテレビで、指が少ない人が、素晴らしいピアノを
演奏するのを見たことありますし、実際にも
「とっておきの音楽祭」で、やはり片方の手が
指がなくても、素敵な演奏をしていた方を見て
感激したことがあります。でも、今までは、
そういう人は身体のショウガイがあっても、
知的には遅れていないからと思っていましたが、
たまたま昨日届いた日本ダウン症協会の会報に
ダウン症で、しかも、片方の手首から先がないという
男性が、見事に、ショパンとかかなり難しい曲を
弾いて、国際大会(ショウガイ者の)で入賞したという
記事を見て、何でもあきらめちゃダメだと思いました。
その家庭も親は全くピアノには疎いけれど、
本人が好きそうだったので、習いに行かせて
右手だけでいいと思っていたら、
先生が片手をグーにして「猫ふんじゃった」を
両手で弾いて、「やろうと思えばいろいろできますよ。」と
言ってくれて、左手は1音とかに書き換えた楽譜で
両手に挑戦するようになったそうです。
親が無理と決めつけてしまわないってこと
大事ですよね。

まあ、「芸術的」まではいかなくても(私がムリe-330
アイと楽しく弾けるようになったらいいなと思います。

兄ガメも、今は成果が見えなくても、そうやって
いつかこれからの人生で、ピアノをやってたことが
少しでも何か豊かになればいいなと思っています。

音楽療法は、また個別になって、ちょっとさみしいけれど
いつか、一緒に合奏するために、今は、それぞれの
得意分野を頑張っているということなので、
またそのうち合奏できる日も楽しみにしたいと思います。
[2009/11/25 05:31]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。