スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
野球もそろそろ大詰め
兄ガメたちの野球も、いよいよ公式戦は、
負ければそれで最後、という試合になってきました。
とりあえず、目標にしていた、
市大会進出をかけた、区の大会では、
何とか準優勝ということで、出場権を得られ
ホッとしました。
あんなに気の重かった野球も、これで終わりとなると
やはり、楽天じゃないけど、1試合でも多く
やらせてあげたいと思うのは、不思議なものです。
まず、開会式では、春の大会で奇跡的に優勝した
兄ガメたちのチームが、全チームの先頭に立って
優勝旗をかかげながらの入場行進で、
やっぱり親としては、誇らしい気持ちで見ることができました。

若獅子開会式

ところが、まず1試合目で波乱の幕開け。
兄ガメたち、全く打てず、三者凡退が続き、
向こうの方が、何度も3塁まで出て
押せ押せムードながら、なんとか0ー0に押さえ、
とうとう延長戦に突入。
ここで、少年野球では、時間短縮のため
「宮城方式」と呼ぶ、ノーアウト満塁から始める延長戦。
相手は先攻で、スカーンとナイスバッティングで
いきなり3点先制。
もう、この時点で、「あー、決まった。
上の学年は市大会まで行っているのに、
兄ガメたちは、何と区大会の1試合目で終わりなんて
かわいそう・・・」と、正直誰もが思いました。

でも、そこからが奇跡の逆転劇。
塁に出ればこっちのもんと、バントや盗塁で
少しずつ点を積み重ね、それまで攻め入るすきのなかった
相手ピッチャーが乱れ、自滅していき
最後の逆転勝利のランナーは兄ガメ。

兄ガメ出塁

まあ、ほんとハラハラというより、
かなりあきらめムードから一転、
ラッキーでもらったような1試合目でした。
でも、1試合目で苦しんだ後は、
強豪とよばれるチームにも快勝し
決勝までは、比較的順調に進むことができました。

その間アイたちは、あちこちで遊んで
落ち着いて試合も見られませんでしたが
アイを家に置いてきて見た1試合目は、
胃が痛くなる思いだったので
こうやってアイの遊び相手しながら見るぐらいが
ちょうどいいのかもしれません。

若獅子アイ公園

決勝は、春にも決勝であたったチームで、
その時はこっちが勝ったので
相手は今度こそリベンジと燃えていて
やはりその勢いには勝てませんでした。
決勝に勝ち残った段階で、
上位2チームは市大会に出場が決まったので
そこでホッとして気が抜けてしまったのでしょう。
勝つ意欲が、向こうの方が完全に上でした。

初夏連覇の夢は果たせませんでしたが、
それでも、3年連続市大会出場を果たせて
兄ガメの代としての「義務」みたいなのを
達成できたので、ホッとした、というのが
正直な感想です。
兄ガメたちだけ、ここで終わりだったら
ちょっとかわいそうな終わり方だなーと思っていたので。

その夜、恒例の(?)祝勝会をやったのですが、
お父さんコーチもやはりほっとしたようで
「ノルマは達成したので、これからは楽しんで野球しましょう。」
なんて子どもたちに言ってました。

若獅子準優勝


ただ、兄ガメは、2ヶ月前ぐらいから、
急に打法を変えるように言われて、
(バスター打法だかを、練習試合で試した時に、
 たまたま兄ガメだけがうまく打つことができたので)
それ以来さっぱり打てないので
普通に戻してほしいと、親としては思うけれど
野球に詳しくないので、何も言えません。。。
というわけで、チームは勝ったものの
兄ガメは、さっぱり活躍できず、
出塁はデッドボールかフォアボールで出たぐらい。
まあ、でも、こんなヘボい選手でも
6年生というだけで、出してもらえるだけありがたいです。

さて、野球のまとめは、最後の最後にするとして、
その楽しくも長い一日、
会場が近くだったこともあり、
またもしかしたら最後の公式戦になるかも、
ということもあって、
みんなきょうだい連れで来ていて
保育所の仲間も4人そろい、
それ以外にも、小学生や小さい子など
たくさんきょうだいたちがいて、大にぎわい。
夜の祝勝会にまで、そのきょうだいたちも付き合って
(もちろんアイもね)
ワイワイ楽しく遊んでいました。

が、翌日、とんでもない知らせが・・・
そのきょうだいのうちの一人がインフルエンザ発症!!
うわ~、日曜日まる一日、ご丁寧に夜まで一緒にいたよ~。
これは、誰かはうつっているに違いありません。
まだアイは発熱などの症状は見られませんが、
超警戒態勢です。
次の記事が、インフルエンザの報告にならないことを
祈りつつ・・・
今日一日ヒヤヒヤしながら、
また野球です。(今日は練習ですが、お茶当番です~)

スポンサーサイト
[2009/11/03 06:50 ] | 兄ガメ | コメント(2) | トラックバック(0)
<<髪を切りました | ホーム | 就学児健診!>>
コメント
よくがんばりましたで賞^^
カメさんも、すっかり野球少年母ですね^^
最初、乗り気じゃなかったのに、
いまや、貫禄の選手のお母さん^^
兄ガメ君もよく頑張ったね。
自身もきっと、誇らしく思ってるんじゃないかな~。

お当番、ご苦労さまです。中学生になったら、そういうこともなくなると思うので
親としてはホッとするはず。
(でも先日、中学ではなかった当番が、高校の部活ではあるのよ~・・・と、言った友達がいてギョッとしてしまいました)
[2009/11/08 08:52]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
tiisai-ningyoさんへ
ほんと、最後の最後に、やっと野球少年母になり
昨日も声を張り上げて応援してました。
(おかげさまで、また勝ち残り、来週につながりました)
兄ガメたちのチームは、なかなか「楽勝」することがなく
弱いと言われる相手でも、いつもきわどい試合をしてくれるので、
もう毎回ハラハラドキドキで、感情の起伏が激しくなり
今までにない体験を、母もさせてもらっています。
兄ガメは、ほんと6年生の中では、
一番足を引っ張っているというか
足は遅いし、エラーはするし、なかなか打てないし、なので
母も肩身は狭いのですが、子も親も、周りがあたたかいので
なんとかやっていけている感じです。
兄ガメがたまにいいプレイすると、みんなが喜んでくれるんです。
(他の子だと当たり前のプレイでも)

中学になったら、少し親はラクになるかなーと
期待しているのですが、高校では、またって・・・ゲゲッ。
(確かに、高校生の兄弟がいるお母さん、忙しそう・・)
でも、たぶんそれはうんと強い学校の部活の話だと思うし
まあ、先のことはわからないので、またその時考えまーす。
[2009/11/09 05:30]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。