スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
園外保育
先週は、おかず入りお弁当持ちで、
親の付き添いなしの遠足のような、園外保育がありました。

毎年、3歳以上児が、近くの山のふもとの
「自然観察センター」まで歩いて行くのですが
年長さんだけは、さらに、そこから山に登ります。
と言っても、午前中の時間の中でやるので
もちろん頂上までではなく、途中の「みはらしの丘」
というところまでなんですが、
45分ぐらい歩かねばなりません。

1週間ぐらい前から、担当の先生が、
「アイちゃん、ずいぶん丈夫にはなったけど、山は登れるかなあ・・
山の中で途中で座り込まれても困るし、どうしようかしら。」と
何度か言ってて、
親としては、みんなと一緒に山登りも経験させてあげたいけど、
体力的には年少以下だから、ちょっと無理かなと思うと
先生たちに迷惑かけてもいけないし、
担当の先生がしきりに心配しているので、やはり遠慮して
「年中さんと一緒に下で遊んでいてもいいです。」なんて
言ってしまいました。
でも、前日になって、所長先生が
「アイちゃんも年長なんだから、ぜひ山に連れて行きたい!」
と言ってくれて、その代わり、センターまでの往復は
足をケガした子と一緒に、所長先生の車に乗せてもらうことになりました。

そのあたりの様子を、連絡帳から・・・
<連絡帳より>

1週間前
「今日は△△公園に散歩に行きました。片道15分ほど歩きました。
 一度『つかれた~』と座り込む姿はあったものの、○○くんに
 手をつないでもらい、がんばって全部歩きました。・・・中略・・
 『今度は、お山に登るお散歩に行くんだけど、
  アイちゃん、歩ける?』と聞くと、『アイちゃん、一年生だから
  がんばる』とはりきっていましたよ。」
 (最近、「もうすぐ一年生」というのが口ぐせになってます
  まだ半年あるんだけどね・・・)

前日
「明日の園外保育の山のぼりの話をして、『いつものお散歩より
 いっぱい歩いて大変だけど、どうする?』と聞いたら
 『うーん、アイちゃんがんばろうかな・・』と考えながら
 言っていたアイちゃんでした。・・・中略・・
 私たちも迷っていたのですが、所長先生が、センターまで
 車に乗せて行ってくれることになり、その話をしたら
 すっかりその気で『しょちょせんせのくるま~!』と嬉しそうでした。
 『その代わり、お山は頑張ってのぼるんだよ』と言うと
 『うん、がんばる』と言ってました。」

当日
「おみごと!アイちゃん45分の山登り、頑張って歩きましたよ。
 センターまでの行き帰りは車に乗りましたが、山登りは
 途中、少し弱音を吐きながらも、まわりのお友達に励まされ
 歩くアイちゃん。山の上で、おやつを食べ、下におりてから
 お弁当を完食し、達成感に満ちあふれていたアイちゃんでした。」

この日は、仕事をしていても、
どうなったか、一日気になっていましたが
保育所に迎えに行ったら、いろんな先生から
「アイちゃん、頑張りましたよー」と言ってもらえて
本当に、嬉しかったです。

だって、一年目は、まずセンターまでの往復が
歩けるか心配ということで、
担当の先生が、どこからかベビーカーを調達してくれて
半分それに乗りながら、行ったんですから。
そして、去年は、なんとか全部歩いて往復したけれど
みんなからは大幅に遅れて、先生と二人で
ずっと後から歩いて行ったということでした。
(帰り少しおんぶしてもらったりもして)
それから考えると、ずいぶん体力もついたと思います。

今年は、その往復を車でちょっとズルしちゃったのは
残念でしたが、メインの山登りを体験させてもらって
本当に、先生方の配慮がありがたいと身にしみました。

ただ、同級生たちは、みんな山登りのほかに
そこまでの往復も歩いたわけで、
ほんと子どもたちえらいなー、体力あるなーと感心し、
小学校に入ると、たくさん校外学習あるけど
どうなるかなー・・、まだまだ体力つけなくっちゃと
いうことも思った母でした。

主担任の先生には、「アイちゃん、帰りはまだ
余裕あって、もう少し歩けそうだなと思ったんですけど
もうすっかり『所長先生の車に乗る♪』と
味をしめてルンルンしちゃってたんで~」と言われました。
アイったら~。ズルも覚えたなー。
ちゃっかりものでもあるようです。。。



 
スポンサーサイト
[2009/10/19 05:55 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(4) | トラックバック(0)
<<電話 | ホーム | 秋休み>>
コメント
アイちゃん楽しかったネ(*^^*)
45分の山登りですか…スゴイ!
アイちゃん よく頑張りました。

1年目、2年目と成長してきて
そして、3年目 年長さんで随分体力もついて成長しましたね。

みんなと一緒に山登りしたことは、大きな自信になるでしょうね。

カメちゃんが仕事中に気がかりだった気持ち
よ~っく分かります。
お仕事前のお弁当作りも お疲れ様でした。


運動会も同じ日でしたよね~。
偶然にも、Mayuの所外保育も先週ありました。
JR~地下鉄に乗って、大きな公園へ遊びに行きました。

どんぐり拾って、みんなでお弁当食べたのが楽しかったようで
まだまだ明瞭じゃないけれど色々お話してくれました。

行事があると、親の私も緊張してしまいますが…
何か少しずつ成長してくれてるので嬉しいです。
[2009/10/21 17:30]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
ウッキィ~ちゃんへ
保育所の行事って、だいたい同じ時期に
似たようなものがあるんでしょうね。
(ところで、うちも「保育所」なので、
 正確には「所」外保育だろうに
 なぜか「園」外保育と呼んでいるのが、おかしいです。
 卒園式も、卒所式とは言わないけど、そちらはどうかしら?)

真由子ちゃんも、3歳以上児さんになって
やはり活動の内容がぐっと広がりましたね。
そういう変化や成長ぶりを味わえるのも
小さい時から保育所に行っている良さですね。
でも、さすがに都会の所外保育では
電車に乗ったりするのね~。それもいい体験ですね!
(って、そのあたりの人は、ふだんでもよく乗るから、
 電車は特別な体験とは言えないかな・・)

そうそう。親がつかない遠足でのお弁当は
できるだけ食べやすく、ちょうど食べられる量、
というので、かえって一緒の時より、
どんなお弁当がいいか悩みますよね。
(先生が見てくれるということで、見栄えも気になるし)
この日は、ちょっと多めかなと思ったのですが
完食してくれて嬉しかったです。(お野菜も!)

[2009/10/23 05:25]| URL | カメ #- [ 編集 ]
こんばんは
私的メールのように使ってm(__)m

卒園式は「修了式」です。
入園式は「入所式」でした。
なんとなく、入園式の方がカワイイな~なんて思いながら…
連絡帳に登園ではなく「登所」と書くのに、ようやく慣れた感じです。

保育所だから「所」なんだろうけど…ちょっと堅い感じですよね。
表現が違うだけで、中身は変わらないんですけどね~。


大阪市内の保育所(学校)では、電車を利用する遠足が多いです。
バス代も高いですしね~。
山登りは、親が連れて行かなければ、経験する機会がないので
アイちゃんが頑張った様子を読ませてもらって
意識して、Mayuもハイキングなどに連れて行きたいと思います。
母親が一番にバテちゃうかも?ですが…。

お弁当は、Mayuは相変わらず少食なので今回も残してました。
大好きなウィンナーを入れると、それをパクパク食べて
どうも、ご飯(おにぎり)は1つ残ります。(悲しいぃ~)
来週のバス遠足(みかん狩)には、2番目に好きな物を入れて
完食できるようにご飯も少なくしてみま~す♪
相変わらず「食」の悩みは尽きませ~ん。

[2009/10/25 17:54]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
ウッキィ~ちゃんへ2
いえいえ、私がコメントのお返事なのに
質問などしてしまったので、ごめんなさい。
ありがたいで~すm( _ _ )m

なるほど「修了式」ですか。
もしかしたら、うちの方も正式にはそう呼ぶのかな?
でも、「園庭」は?・・なんて、もう質問はやめますね。
すみません。
言葉はどうでもいいんですけどね。
昔は保育所と保育園の違いもよくわかりませんでした。
上の兄ガメは「園」だったので、問題なかったのですが
どうも「登所」とか「入所式」とか、
園長先生じゃなく所長先生とか、
ほんと用語に違和感ありましね。
私も3年目でようやく慣れてきた感じです。

Mayuちゃんたちは、電車遠足のほかに
バス遠足もあるのですね。
行事がいっぱいでいいなあ~。
でも、アイだったら、みかん狩りに行っても
果物苦手だから、ほとんど食べられないなあ。
やっぱり食の悩みは、ほんと尽きませんね。
[2009/10/28 05:46]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。