スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ドッヂボール
というわけで、昨日の午後は、兄ガメの学校の
PTA学年行事、ドッヂボール大会に参加してきました。
○十年ぶりの、ドッヂボール・・・
最初は、子ども達も親も2チームに分かれて
(兄ガメの学年は少なくて、2クラスで45人しかいないのです)
子どもどうし、親どうし対戦。

最初、子どもチームの対戦を観戦。
うーん、結構強い球投げるな~。おっかなーい。
これは逃げるしかなさそう・・
紅組には、運動得意そうな子が多く、
兄ガメたち白組の負け。

次はいよいよ親チームの対戦。
ほんとに、小学校の時以来のドッヂボールということで、
ドキドキでした。
私は、子どもの時から運動が苦手で、
ドッヂボールは逃げる専門でしたが、
やはりこの日も・・・

でも、一つ発見したのは、ドッヂボールって、
運動の得意な子は、真ん中で球を受けたり、
人に当てようと投げたりして力を発揮できるし、
苦手な子も、コートじゅうを逃げ回って、
それなりに運動量があり、みんなが
それぞれのやり方で楽しめるスポーツなんだなって。

去年、PTAのバレーに出た時は、
ほんと球技の苦手な私は、あまり動けず、まわりの
スポーツ得意なお母さんにカバーしてもらったのですが、
やはりサーブとかは順番が来るとやんなきゃいけないし、
ポジションもローテーションするので、前に行くと
うまくできなくて、申し訳ないような気持ちだったのですが、
ドッヂボールは、下手は下手なりに、ひたすら逃げる専門に
徹していてかまわなくて、気楽で、みんなが楽しめる、
いいスポーツだなあと、改めて思いました。

ま、とにかく、15分間、よく動きましたが、
結果は母ガメも負けチーム。

次は勝ち組どうし、負け組どうしの、親子対決。
不思議なことに、なのか、やっぱりなのか、
勝ちチーム子の親はやはり勝ちチームにいることが多く、
(つまりその逆も然りで)
親子で対決となったところも多かったようです。

うちも、やっぱり負け組どうしの親子対決。
子どもは本気だから結構こわいと思っていたけど、
そこは育児で鍛えた母たち。正面から受ければ、
小学3年生の球など、受けられるのです。
やっているうちに、親たちも「手加減」を忘れ、
結構本気でやってしまい、
(私など、つい、兄ガメに当てて落として
 自分が中に入ったりしてしまいました・・・)
親たちの方が勝ってしまいました。
大人気ない・・・

勝ち組はさらに激しく、親子対決を
あからさまにやっていて、「○○、行くよ~!」と
叫びながら、強烈な球を投げたお母さんも・・・
やっぱり、母達の勝利でした。

先生たち、あきれていたかもしれません。

というわけで、久しぶりのドッヂボールを
童心に帰って、たっぷり楽しんだ母たちでした。
子どもたちは、ちょっぴり悔しげな顔・・

きっと、あと1・2年したら、もう母たちは
勝てなくなるでしょう。
こんな悔しさもいい思い出になってくれれば・・・

考えてみたら、子どもがするのを見ることはあっても、
子どもとドッヂボールの対戦をするなんて機会は
そうないことで、そう思うと、貴重な機会だったなと思います。

去年は、お話ワールドという、全く違ったタイプの行事を
しましたが、今年は、私の苦手なスポーツ系の行事で、
ほんとは参加する前は、あまり気が進まないなーと思っていたのですが、
やってみたら、とっても楽しく、こういうのも
いい企画だったなあと思いました。

働いているお母さんも多いけれど、みんななんとか
やりくりして、かなり多数の参加でした。
いいことだなあと思います。
子どもたちも嬉しかったでしょう。

私も、もし来年仕事をしていたとしても、年に何回もない、
そういう親子行事には、なんとかしてやりくりして
参加したいなと、思います。
(だけど、来年働くかどうか、ちょっとあやしくなってきました・・
 だってアイが保育所に慣れるまで大変なのに、私まで
 まったく新しい職場で仕事を始めて、生活がすっかり変わったら、
 それはちょっとキツイなあ、と思い始めたので。
 さらに先延ばしにしそうな予感・・・)
スポンサーサイト
[2006/09/14 08:40 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<経過良好! | ホーム | 新しい出会い>>
コメント
球技は 「mayは触るな~ しゃがめ~ 逃げろ~」の 全く苦手なわたしです^_^;
かえるの子はかえる? やっぱ血を引くのかねぇ。。。

学校ってなかなか用事がないと行かない所だよね。
でも こうして 同じ日に保護者が集まって参観だけじゃなくて 一緒に活動するっていいよね。
その親子関係も ちょっと垣間見れたりしてね。
子ども達も 普段見ないお母さん達の様子を見て 嬉しいんじゃないかな?

お仕事再開しても こういう日の為に 病欠は少なくして 行けるとイイね~。
って カメちゃん もうお仕事始めちゃうの~?
忙しくなる前に 仙台に行かねば!!

[2006/09/14 18:01]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
お久しぶり♪
カメさん、来年からお仕事ですか?
やっぱり教職ですか?いいですねえ。

不安はあると思いますが、案外なんとかなると思いますよ。
我が家は、共稼ぎでしたから早いうちから佐智子を保育園に入れました。ダウンちゃんと言っても、小さいうちは乳飲み子と変わりませんし、私達よりも先生の方が、この子達の扱いに慣れてましたから安心できました。

子供にとっても、親から離れる事で成長できる事が随分ありますからね。
最終的には、ご自分で決断されるのでしょうが、アイちゃんの育つ力だけは、信じてあげていいと思いますよ。
[2006/09/14 18:12]| URL | さっちゃんパパ #q9wwattU [ 編集 ]
v-22mayさま
そうそう、昨日は子どもたちの間で、ドッヂボールで大活躍した
Rくんママが、大人気になっていました。
「Rのかあちゃん、すげぇ!」って。子どもたちも、ふだん、母たちが
そんな遊びをする姿など見たことないから、よけい新鮮だったんでしょうね。

仕事は・・・う~ん、できればこのままの生活がいいのですが、
我が家の経済状況から、そろそろ貯金をくいつぶしそうなので、
遅かれ早かれ、再開せねばならないようです。
でも、前のような仕事優先の生活に戻る気はなく、あくまで
家庭(?子どもだけ?)優先で、パートでってことで・・・
[2006/09/15 05:59]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
v-22さっちゃんパパさま
さっちゃんママさんも、ずーっと働きながら4人のお子さんを
育ててこられたかと思うと、心強いです。
心配なのは、仕事を始めると、とてもブログなんか書いてる
余裕がなくなるんじゃないかということですが、
さっちゃんパパさんのように、お仕事が忙しい方でも、
こうやって続けておられるので、それも励みになります。

保育所に預けること自体は、上の子の時、
親ばかりでなくいろんな人に子育てに関わってもらって
良かったと思ったので、それほど不安ではないのですが、
やはり慣れるまでが、結構大変かなと思うので、
(うちの子たち、新しい環境に慣れるのに時間かかるのです)
スタートの時期だけ、ちょっと悩んでおります・・・
[2006/09/15 06:05]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。