スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
キャンプ09
野球のキャンプの翌日から帰省、
帰省から戻ってきて翌日は野球の当番、
そして月・火は試合の引率と
なんだか息つく暇なく動いていて
今日やっと10?日ぶり(!)の掃除をして、
少し落ち着いたところです。

もうすっかり日にちも経ってしまいましたが
一応今月のできごとを、順に綴りたいと思います。
まずはキャンプから。
キャンプは一応兄ガメの行事ですが
アイも連れて行ったので、カテゴリーは「家族」にしました。
(父ガメだけ、一人お留守番やすれ違いで出張が入ったりして、
 夏はますます「家族」から陰が薄くなってますが・・)
今年は2回目で、同じサイトのキャンプ場ということで
去年より不安もなく、気楽に参加できました。

キャンプ場に入る前に、途中の湖畔公園で遊び
日が差して暑くなったので
みんなでかき氷を食べました。
アイもほしがったので、買ってあげて、
最初はスプーンストローで吸おうとして
吸えなくて怒ってたけど、そのうち
みんなの食べる様子を見て、すくって少し食べられました。
(残りはもちろん母で~す)

アイは、これまで白いアイスクリームだけは
食べられましたが、氷やシャーベット類は拒否していたのに
みんなが食べているので、勢いで食べて
「初かき氷」体験ができて良かったです。
やっぱり何でも食べられる物が増えるって
嬉しいことですね。

キャンプかき氷

(でも、まだアイスの方は、白以外は
 少しでも何か混じったのはダメです・・)

キャンプ場に到着してからのメインイベントは、
やはり全員での夕食作りでしょうか。
キャンプと言えば、飯ごう炊さん!?
でも、うちのキャンプでは、大きなお釜でご飯を炊きます。

キャンプご飯たき

火おこしは、野活経験済みの6年生担当です。
アウトドア好きのお父さんも大活躍。
その間に、5年生以下とお母さんたちで
野菜切りをします。
アイもアイ用の包丁(百均の)を持って
玉ねぎやにんじん切りに参加。(母が手を添えて、ですが)
家でも皮むきはしますが、切るのは
まだまだ危なっかしくて一人ではさせられません。

エプロン姿ではりきるアイ↓
キャンプアイエプロン

夜は、これまた定番のキャンプファイヤー。
夕食後の片付けが終わり、休憩の間、
兄ガメたち6年生「「火の子」が持つ
トーチ作りを、監督の指導でやっていました。
(暗くてよくわからない映像ですみません)

キャンプトーチ作り

暗くなって、いよいよキャンプファイヤー。
兄ガメたち6年が点火の儀式を行います。

キャンプファイヤー火の子

キャンプファイヤー点火

昔と変わらない「遠き山に日は落ちて」や
「燃えろよ燃えろ」を唄って
その後は、6年生によるスタンツ。
いつもの調子でお笑いを何発かやってくれました。
運動神経の良い子たちは、側転・バック転なども披露。
兄ガメはもちろんお笑い組です。

そして花火になって、アイは去年以上に
「こわい~」と嫌がったので
少し遠くで座って見ている間にウトウト。
雨も降り始めたので、そのままシャワーも浴びず
アイともう一人保育所で同じくらすの男の子Kくんは
テントに寝かせることにしました。

テントに行ったら、すっかり目が覚めて
二人で寝袋を広げたところで手遊びなどしています。

キャンプテントあい

テントと言っても、床はしっかりと板張りで
地面から少し高くなっており、雨に濡れる心配はなく、
上だけテント張りで、7~8人入れる大きなものです。
去年寝袋だけでは固くて寒かったので
今年はみんな下に敷く厚いシートや毛布など持参し
かなり快適に眠れました。

おチビたちが寝たあと、こっそり母達も抜け出し
親たちの飲み会で盛り上がりますが、
小学生たちは、興奮して、なかなか寝ないで
テントを出てウロウロしていて、
大人たちの集まっているところに来て、
おつまみをもらっていったりしてました。
(結局兄ガメたちは、親より遅く3時まで起きていたとのこと。
 翌朝も早かったし、ほとんど寝てなかったようです。)

それでも翌朝は6時起きでラジオ体操。
仙台あたりは、夏休みでもラジオ体操は毎日やらず、
4日か5日やるだけなので、
子どもたち、昔ほど、ラジオ体操を正確に覚えてないんですよね。
父母たちはさすが、子どもの頃体にしみついているので
みんなはりきって体操してました。

朝には雨も上がり
予定通り、沢登りに行きます。
今年は6年生の母ということで、
残って昼食の準備組ではなく
沢登りの方について行きました。
と言っても、アイもいたので、一緒に登るのではなく
車で一番上まで行き、待っているというラクな役。
一緒に登るのはお父さんたちに任せて
吊り橋の上で、兄ガメたちが登ってくるのを待ちました。

キャンプ吊り橋

河原に降りて少し遊んだりしながら待ち
1時間ほどすると、子どもたちが現れました。

キャンプ沢登り

後で沢登りの写真を見せてもらうと、
途中、結構急な斜面のところもあり
なかなかハードそうでした。

全員が登り終わると、次はイワナ捕り。
去年まではニジマスだったのですが、
今年は手配できず、動きの速いイワナになって、
その名の通り、岩陰にすぐ隠れてしまうので
子どもたち、放流した全部のイワナを獲るのに
かなり苦戦してました。
というか、一人一匹は捕るように言われて
捕った者から抜けていったら、最後の二人に
6年生の兄ガメともう一人が残って
みんなが見守る中
なかなかつかまえることができずにいました。。。

キャンプイワナ捕り

つかまえたイワナはキャンプサイトに持ち帰り
さばいて内蔵を取り出し
(この作業を去年初めてやって
 「そんなんじゃ3枚おろしになるよ!」と
 いわれた私です・・・だって、魚は
 切り身しか料理したことなくて・・・
 でも今年は「合格!」の言葉をもらいました!)、
串に刺して、塩焼きにします。
焼きたてのイワナ、身が締まっておいしかった!
魚好きのアイは、喜んで食べてました。
(食べるのに夢中で写真忘れ)

お昼のハイライトは「流しそうめん」!

キャンプ流しそうめん

これもお父さんたち手作りの流しそうめんの台です。
キャンプはほんと、お父さんたちよく働いて感心します。
インドア派の父ガメでは考えられないわ~。

流れてくるそうめんをキャッチするのは
ちょっとアイには難しいだろうと思いましたが
コツを教えたら、結構あとは一人ですくって食べてました。
機械でながれる流しそうめん屋さんには行ったことがありますが
この手作り流しそうめん台は、かなり傾斜が急で
ハイスピードでめんが流れて行くので、
みんなゲーム感覚で楽しく食べていました。

キャンプ流しそうめんアイ

このほかにも、定番の、目隠しスイカ割りのスイカや
朝の残りご飯で作った焼きオニギリ(味噌付き)や
カレーの材料の残りのふかしジャガイモや
お腹いっぱいになりました。

昼食後片付けて、掃除をして、出発です。

こういうアウトドアの楽しみは、我が家では
全く与えてやれないものなので、
野球の仲間で、こういうことを経験できるのは
とてもありがたいです。
手間がかかっても、子どもたちを楽しませるために
いろいろ親たちが協力して企画し準備するというのも
いいことだなと思います。
アイにとっても、いや、私にとっても、いい経験になりました。
今年で終わりと思うと、ちょっとさびしいです。

大変大変と重荷に思っていた野球のおかげで
ずいぶん、いろんな体験させてもらってきたなと
最近は感謝することの方が多いです。
これって、ショウガイの受容にも似てる!?
なんて言い方は不謹慎かもしれませんが、
何でも大変と思えば大変になるけど
楽しもうという気持ちで臨むと、
得られるものがたくさんあり、
人とのつながりも深まるような気がします。

この月・火も野球の試合で
読売杯という新聞社主催の小さな大会でしたけど
(雨でしたが、こんな屋根付きのドームでやりました。↓
 と言っても、野球スタジアムでなく、万能グランドで
 下が土ではないので、野球はやりづらそうでしたが)
読売杯09シェルコム

平日で、付き添いの親が少なく、
朝早くからアイを連れて、これも大変と言えば大変でしたが、
なんと、兄ガメたち、準優勝ということで
もう応援も熱が盛り上がり、
決勝戦では、電光掲示板に選手名のアナウンス入りで
なんか嬉しくなったし、
閉会式で、一人一人メダルをかけてもらったりして
それもまたいい思い出になりました。
(前にも書いたように、兄ガメたちの学年、けして強くはないのに
 なぜか、うまい選手がそろっていた学年よりも
 上位のタイトルを取れて、不思議です。
 でも、春以降、不調だった兄ガメたちも、
 夏休み毎日朝練した成果が出てきたのかも。)

応援の合間、連戦で昼食をゆっくり取る暇がなく
選手達に配られたバナナをアイもわけてもらい、
兄たちのまねして、バッターのつもりのアイ↓
読売杯09バナナバット

そのうち、ふざけて歌ったり踊ったり。この辺、兄と似てる・・・
読売杯09バナナマイク

このバナナも、少し前までは食べられなかったのに
(年長になって、給食で3年ぶりにバナナを食べられるようになり
 それでも家では相変わらず食べなかったのに)
この日はまるまる1本食べました!これも嬉しかったことです。



アイもよく頑張ってくれました。
4月から全く熱を出すこともなく
(なんてブログに書いたとたん風邪ひく、
 というのが今までのパタンだったので、
 この後ちょっと心配ですが・・・)
ほんとに元気で、かなりキツイ日程でも
寝不足でも、頑張っちゃうので、
心配になるほどです。
昨日も、夜、祝勝会があり、
朝早くからお昼寝なしで一日過ごした後で
もう眠くて目が真っ赤で涙も出ているのに
抱っこを拒否し、
とうとう最後までお付き合いしたアイです。

いろんなお母さんお父さん、野球の子どもたちに
かわいがってもらい、
きょうだいの小さいお友達といっぱい遊び、
アイも一緒に野球の行事を楽しんできています。
アイの同級生つながりだけでなく、
いろんな世代の子どもや親に、アイを知ってもらうという点でも
良かったなと思います。
キャンプでも、新しく入った子のお母さんと、
すっかり仲良くなってました。

野球もあと半年と、先が見えてきましたが、
(中学に入ってからのことはわかりません・・)
残りの野球生活も、できるだけアイも一緒に楽しみたいと思います。









スポンサーサイト
[2009/08/12 15:06 ] | 家族・子育て | コメント(0) | トラックバック(0)
<<間違えてupしちゃいました | ホーム | 一足早い帰省です>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。