スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
学校訪問
後日詳しく書くと言いながら
アイを連れて学校訪問した日から
もう一週間がたってしまいました。
今日は保育所の夏祭りがあるし
早く書いておかないと、
どんどん次のことが出てきてしまうので
ちゃちゃっと、簡単にご報告したいと思います。
まず、その日は雨で、アイは長靴にレインコート
自分で傘をさして歩きたがります。
大人の足なら、歩いて3分ぐらいで着いてしまう距離ですが、
傘さしながら雨を楽しみながら歩くアイなので
だんだん時間がギリギリになってきてしまい、
時間にうるさい父ガメは、ちょっとイライラモード。
最初から遅れては大変と、抱っこしようとしたけど
アイが嫌がって暴れたので、それはあきらめ、
何とかおだてて、「よーいどん!」などしながら
とりあえず座り込みや寄り道はなしで、
約束の時間までには、学校に無事到着。

アイと行動する時は、
十分時間の余裕を持ってスタートしないと、
「遅れちゃう」とイライラしてしまうし、
アイのペースや気持ちを無視して急かすことになって、
アイの機嫌も損ねて、ますます悪循環になりがちなので
これは、今後気をつけようと思ったことの一つでした。
(ふだんの朝もそうなんですけどね。
 最近は、ずいぶんアイもさっと行動してくれるようになったので
 つい油断しちゃいました)



職員室に行くと、校長先生、教頭先生が
ニコニコ出迎えてくれました。
「おはようございます」のあいさつはできましたが
「お名前は?」と聞かれて
「アイちゃんです。」と答えていたので
そろそろ大人っぽく(?)「○○アイです。」と
答える練習をしておかねば、と思いました。

とりあえず、まずは見学を、ということで
教頭先生の案内で、特別支援学級へ。

まだ朝の活動時間で、合同でやっていました。
朝の会が終わると、「知的」と
「情緒(今は別の言い方をするんですよね。忘れました・・)」の
クラスに分かれて、時間割に沿って授業をします。
黒板に貼ってある時間割と部屋の指示を見ると
一人ずつ時間割も普通学級への交流の入り方も違うようです。

その教室に入ると、保育所で去年まで一緒だった
Mくん、Tくんがいて、アイを見たら寄ってきて
「いっしょにあそぼ」とおもちゃをいっぱい出してくれました。
邪魔をして悪いなと思いましたが、
二人とも「情緒」の方で、まだ一年生ということもあるのか
先生もニコニコそれを見ていて、対応してくれたので
教頭先生の説明を聞きながら、
遊ばせてもらいました。

「知的」の3人は、高学年ということもあり
ちゃんと席に座って、それぞれに書き物をしていました。
見せてもらうと、それぞれに合わせて
前の日の記録だったり、給食のメニューだったり
記入する用紙も別々だし
漢字も入れて複雑な内容を書いている子もいるし、
ひらがなばかりで単純な単語を書いている子もいます。
一人一人に合わせて、学習なども進めてくれるんだろうな
ということが伺われました。

教頭先生は、主に父ガメに対して話をしていて
私はアイを見ながら、脇でところどころ聴いている感じでしたが、
やはり「自立」が大切ということを強調しておられました。
この支援学級ではどういうことを学ぶのか
何を大事にしているか、ということを
熱心に話してくださっており、
父ガメには、教頭先生のことを、
詳しくは話していなかったのですが
(こんなブログには書いているくせに、
 そういえば、父ガメにはあまりちゃんと話してませんでした。
 やはり夫婦のコミュニケーションが足りません・・・)
特別支援教育に詳しく、頼りになる先生だと
帰ってから言ってました。

私自身、同じ学校にありながら、実際に
特別支援学級の様子を見たのは初めてで
知っているようで、知らなかったことがたくさんあり
やはり自分の目で見ることは大事だと思いました。
毎年宿泊学習に行ってるというのも
行事予定を見ているようで、やはり
我が子に関係ないと思うことは、見逃しているのか
それとも学校全体の予定表には書いてないのか
いつ行っていたのか(今年はいつ行くのか)知らないでいました。
他の学校でやっているという話は、
先輩ママから聞いて知っていたけれど、
自分の学校のことはよく知らなかったのです。
1年生から、そうやって自立に向けての
生活訓練があるというのは、いいなと思いました。

この日は支援学級の見学だけだろうと思っていましたが、
前に教頭先生に、普通学級を希望している話もしていたおかげか
「では、1年生のクラスも見ますか?」と言われて
1年生の2クラスの授業風景も参観させてもらいました。
ところが、こちらにも、
保育所で一昨年一緒だった子たちが、たくさんいて
教室に入るなり、子どもたちが振り返って
「あ、アイちゃんだ!」
「アイちゃん!」「アイちゃん!」と
大騒ぎになり、カンペキに授業の邪魔をしてしまって
先生には非常に申し訳なかったです。
でも、教頭先生には「たくさん知り合いがいるんですね」と驚かれ、
それもまた、いいアピールになったかもしれません(?)。
実際、アイが普通クラスに入れるとなったら
今の保育所のお友達が、このように、
どちらのクラスにも数人ずついるんだなと想像すると、
心強くもなります。
(クラスの規模としては、20人ちょっとという
 ギリギリ2クラスの理想的な人数らしいですし)

普通学級の方は、子どもたちが、
どうしてもアイの方をチラチラ見るので
あまり長居はせず、すぐに出てきましたが
国語をやっている教室では、
黒板に大きくひらがなで書かれた文字を
アイも声を出して読んでいました。
ただ、読むのはできるけど、
ちょっと深いこと(いや一年生なら普通のことですが)を聞く
先生の質問の意味はわからないだろうなと
思いながら見ていました。
やはり一年生は立派です。ピシッと座っています。
こんなふうに45分じっと座って取り組めるかな?

見学後は、校長室で、校長先生・教頭先生とお話しました。
最初に、父ガメが、今後の流れや予定について質問して
既にわかっていることもあるのに
(このブログの就学の記事の1回目で書いたように)
またもや夫婦間のコミュニケーションのなさがバレバレで
あわてて私が補足説明したりして、焦りました。
またもや、私一人でわかっていて、
父ガメには詳しく話していなかったと、猛反省です。
家に帰ってから、前に就学説明会でもらった資料など見せて
(順番が逆ですよね。学校訪問の前によく話しておくべきでしたが)
今さらながら、今後の流れを説明しました。

今思うと、保育所の入所までは、結局私一人で動いて
私一人で決めたようなものですが、
今回は、父ガメも巻き込まねば、と思いつつ
最低限のこと(学校訪問には一緒に行ってね、ということ)しか
言ってなかったのに気付き、これではいかんと反省しました。
これを機に、もっと夫婦間でよく話し合いたいと思います。

それから、私の方から、普通学級を希望する理由など
お話しましたが、特にまだそれに結論を出すわけではなく
その時はほとんど教頭先生は話されず
前に書いたように、校長先生が、
「支援学級のありかたも固定的ではないので
 その子に合ったスタイルを考えていきましょう。」と
言ってくださったのですが、まあ
とりあえず、こちらの意向を聞いておきます、という感じかな。
でも、まずこちらの意思を伝えられただけでも
何も動いてなかった一ヶ月前からは、
一歩は進んだと言えるでしょう。

でも、その日に限って、アイがじっとしていなくて
大人の話に飽きてしまったこともあるのですが
校長室のソファで、足を上げてみたり
ぐだぐだと私のひざに寝ころんだり、
すごくお行儀が悪くて
第一印象悪いぞと焦りました。

こんなんで、ちゃんと授業中じっと座っていられるのかと
思われそうで、
「ぜひ普通学級に」とは言えず、トーンダウンして
「まあ、こんなんで、ちゃんとやっていけるか
 不安もあるんですけど・・・」みたいな言い方に
なってしまいました。
お絵かきの道具など持ってきていれば良かったのですが
そこまで頭が回らず、だいぶ経ってから思いつき、
私の手帳とペンを与えたら、
やっと静かに座って何か書き始めました。
早くに書くもの与えれば良かった、大失敗!!

校長先生には、
「これからも何度も学校に来て、見て行ってください。
 お母さんも、おおいに悩んでください。」と
言われました。たぶん、まだかなり迷っていると
思われたんだと思いますし
アイの様子を見ていて、どうかなと思われたのでしょう。

午後からの兄ガメの授業参観の時も、
前に書いたように、
アイが廊下を走り回ったりお友達と騒いでいるところに
巡回していらした校長先生に再びお会いし
ますます、印象は悪かったかも・・・

でも、実際、場をわきまえて行動できなかったアイに
少々ガッカリもしたし、自信もなくなりました。
家では、最近あまり「困ったちゃん」にならないし
保育所でも意欲的なところばかり報告されるので
言うことをきかないという場面を見ることが
少なくなっていただけに
先週の土日は、
こちらの言うことを聞かず勝手に行動したり
お友達に反発して座り込んだり、乱暴になったり
そういう「きかない」面を
たくさん見て、まだまだ前途多難、
課題は多いと感じました。。。

校長先生のおっしゃる通り、
あまり親の思い込みだけで決めつけず、
まだまだおおいに悩みながら
進路を決めていかなくては、かもしれません。


スポンサーサイト
[2009/07/11 05:56 ] | アイ就学関係 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<保育所夏祭り09 | ホーム | 盛り沢山の週末>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。