FC2ブログ
盛り沢山の週末
この土日は、あれやこれやイベントがギッシリ。
一つ一つ別にゆっくり書きたいところですが、
いつになるかわからないので、
とりあえず、まとめてざっとご報告。
まず土曜日の午前中は、
父ガメとアイと3人で、小学校訪問に行きました。
これについては、後ほど、「就学」の項目で
また詳しくご報告したいと思いますが、
特別支援学級と普通学級と両方見せてもらい、
校長先生、教頭先生とお話してきました。
今の校長先生は、ふだんの行事や学校生活を見ていても
素晴らしい方なのですが、
普通学級に入れたいという気持ちを話したら
「そうですね。その子に合った
 一番イキイキと伸びていける環境を、
 学校の方でも、できるだけ一緒に考えていきたいと思います。
 これから何度でもいらしてください。
 今は支援学級も、固定的なものではなく
 いろんなスタイルが可能ですしね。」と
言ってくださって、安心しました。
(まだ何も具体的なところまでいかず、
 とりあえず、こちらの気持ちを伝えただけですが)

そして、いったん家に帰り、昼食を取って
午後は兄ガメの授業参観に、再び小学校へ。
最近は、平日の授業参観だと、アイは保育所の時間帯だし
土曜日の参観の時は、おばあちゃんに預けていくことが
多かったので、アイ連れての参観は久しぶり。
保育所の同じクラスの友達も来ていたこともあり
アイたちは、廊下の金魚や展示品、修学旅行の写真など見て
さっぱり教室の中に入らず、ちょこまか動いてばかりいるので
その後をおっかけていて、兄ガメの様子は
あまりじっくり見られなかったのですが
内容は国語のディベート(討論会)で
テーマについて肯定派と否定派に分かれて
相手を説得するように意見を述べていくというもの。
これが日本人は弱いと言われている分野ですが
今はこうして小学校の国語にも取り入れられているんですね。
こういうのは、兄ガメ得意なようで(父ガメに似たようです)、
チラチラ廊下から見ていても、
積極的に発言し、余裕のある(?)態度でした。
調べたものを地道に紙にまとめる作業となると苦手で
いつも雑で、放課後残されたり、できあがったのを見ても
恥ずかしくなるようなできだったりするんですけどね。
(そういう調べ学習の発表という授業参観の時は
 冷や汗ものです。。。)
口だけ達者のお調子者の兄ガメには、今回のようなのは
お得意の分野だったようです。

授業参観後は、懇談会ですが、
今回は修学旅行のビデオ上映。
野外活動の時もそうでしたが、
親が参加できない行事をこうやって
ビデオで様子を見せてもらえるというのは
どんなことをしたのか、どんな雰囲気だったのか
よくわかって、ありがたいものですね。
事前に先生が「出たがりの人と
恥ずかしがってカメラを向けると逃げていく人がいて
ちょっと映っている回数や時間などが、
人によって違うので、ご了承ください。」と
言われたのですが、
兄ガメ、しっかり「出たがり」の方で
いっぱい映ってました。。。。

修学旅行の写真も展示されていましたが、
(注文を取るために)
みんなとても楽しそうで、いい顔をしていました。

兄ガメと同じ部屋には、ダウン症のTくんもいて
一緒に肩を組んで写真にうつっているのがあり
ちょっとじんと来ました。
こういうビデオ上映の時も
Tくんはどんなふうに行動してるかな
みんなと一緒に楽しくできているかと
我が子のように気になります。
見学などは、支援学級の先生と二人ということが
多かったようですが、
食事や部屋の班は兄ガメと一緒だったので、
隣で映っていることが多くて
どんなふうに過ごしていたのかなと
ますます気になります。
兄ガメに聞いても、「一緒に遊んでたよ。」
ぐらいしか言わないので、よくわからなくて。
Tくんにとっても、楽しい修学旅行になったかな。

さて、ビデオ上映の間は、比較的大人しく
見ていたアイですが、
その後の、教室に戻っての懇談会は
やっぱりちょっとうるさくて
紙を与えてお絵かきなどさせていましたが
30分が限界でした。
だんだんうるさくなってきたのもありますが、
実は、その後の時間が気になったこともあり、
まだ懇談会の途中できたが、
先生のお話がおおかた終わったところで
中座して帰ってきてしまいました。
(あとは保護者が順にお話するのですが)

急いでいたのは、夕方5時半から
浜田省吾のコンサートがあって
今回はファンクラブ限定のコンサートということで
父ガメが、わざわざ私の分も登録して
チケットを取り、とても楽しみにしていたので
お付き合いしないと悪いですからね。
もちろん私自身もハマショーは大好きですけれど。

一方兄ガメは、地域の「ほたるまつり」の
イベントがあり、これも夕方から
お友達と出かけることになっていて
夜遅くなるので、いつもなら迎えに行ったりするのに
今回はほったらかしになってしまうので
気になっていました。
とりあえず、同級生のお母さんが
PTAの巡視で見回るからと言ってくれてるので
お願いすることにして、
アイはおばあちゃんに預けて
もう時間ギリギリだったので
バタバタと出かけました。

ハマショーのコンサートなのに
今回はクラシック風で、正装でおいでください、
という案内で、何を着たらいいのか迷いましたが
着替える暇もなかったので、
朝から、学校に訪問する程度の格好で
そのまま行きました。
でも、まわりも、「正装」している人は
3分の1もいなくて、あとは「そこそこ」普通のお出かけ風と
全く普通のコンサートのように、ハマショーTシャツにジーパン
といういでたちの人も結構いました。

父ガメはアイの学校訪問が終わると、
仕事があったので、職場に行っていて、そこから直行したので
会場で待ち合わせでした。
私が着くと、既にしっかりグッズを買っていました。
今回は、ほとんど座って聞く、
今までにないクラシック調のコンサートでしたが、
それに合った歌なので、ゆっくりしたバラード系が多く
私は一瞬眠りそうになりました。(ファンには怒られそう・・)
でも、やはりいい歌は、ふだんノリノリで歌詞の意味まで
じっくり考えずに一緒に唄って、踊って(?)ましたが
今回、改めて歌詞に聞き入って味わってみると
なんだか歌の言葉が、父ガメの気持ちと重なるのかなあ
なんて、ちょっとホロリと感じて
久しぶりに(?)父ガメに温かい感情を持ちました。
(いかにふだん「父親」としての役割しか要求しておらず
 父ガメと夫婦として向き合っていなかったかも悟りましたが)
こういう夫婦二人の時間も、たまにはいいものかもしれません。

でも、終わったとたん、また現実に戻り
兄ガメはどうなっているのか、やきもき。
すると、ママ友からメールがあり、
「今無事に家に送り届けました。」とのこと。
何せ、翌日が野球の試合で、5時50分集合だから
早く寝なくちゃいけないのに
ほたるまつりの予定は9時半まで。
「最後までいないで、早く帰ってきなさいよ」とは
言っておいたものの、心配でしたが、
こういうとき、ママ仲間のつながりはありがたいものです。
同じ野球の子のお母さんたちが、声がけしてくれて
一緒に帰ってきたようです。

でも、私たちが帰るのが遅かったので
結局寝るのは遅くて、
翌朝4時半起床は、兄ガメにはかなりつらかったはず。
さすがに昨日の夜は爆睡してました。
なんと、アイも5時半に起こして
一緒に野球の試合に出かけたので
アイも、珍しく帰りの車で寝て、そのまま
夕食までずっと寝ていました。
父ガメも朝早くから東京へ日帰り出張。
みんなハードスケジュールの週末でした。
今朝はちゃんと起きられるでしょうか。。。
(兄ガメだけは代休だからいいけど)







スポンサーサイト



[2009/07/06 05:49 ] | 家族・子育て | コメント(0) | トラックバック(0)
<<学校訪問 | ホーム | 小さな変化・小さな幸せ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |