スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
運動会あれこれ
土曜日は兄ガメの小学校最後の運動会でした。
ふだんはゴロゴロしている姿ばかりが目につく兄ガメも
学校全体の中で見ると、やはり最上級生らしく、
かわいい一年生などと見比べると
大きくなったものだと感慨深くなります。

でも、今回は我が子の成長に感動するだけでなく
この6年間に積み重ねてきた
アイを含めた私たち親子(残念ながら、正確には「母子」)の
地域の中での存在感を
大きく感じることができたという点でも
いい運動会でした。
兄ガメが小学校に入ったばかりの時は、
まだ引っ越ししてきて日が浅かったこともあるし
私もフルタイムで仕事をしていて、
全く地域との接点がなかったし、
兄ガメは私の職場の近くの保育所だったので、
兄ガメも私も、とにかく入学前に、この地域で
知り合いは一人もいませんでした。

それでも兄ガメの方は、入学後、学校生活にもすぐ慣れ
あっというまに友達もたくさんできましたが
母の私の方は、既に幼稚園仲間で親しそうにしている
他のお母さんたちの輪には、なかなかとけこめず、
運動会などに行っても、話す相手もいなくて、
それこそ我が子の出番だけ見ていた気がします。
地区ごとの競技があっても、声もかけられるわけでもなく、
大人の競技は知らない人がやっているの見ているだけで
つまらなかったし。
アイも小さかったので、兄ガメが出る競技だけ見て
合間には、家に時々帰ったりしていました。

それが、年々知り合いが増え、
(野球のおかげもありますが、保育所つながりも多い)
今では、一歩校庭に入れば、「おはよー」と声をかけ合う
親しい人がたくさんいるし
地区のテントに行けば、早速「これに出てね!」と
地区対抗の競技に出ることになったり
アイを連れて行けば、すぐにいろんな人に相手してもらえたり
地区対抗の競技では、一緒に応援して盛り上がったりして
地域の住人になってきたのを、肌で実感します。
競技に出ている人も、自分の地区以外でも知った顔も多くなり
何年か前には「つまらない」と思った競技も、
知り合いがずっこけたり必死になっている姿もおもしろおかしく
楽しんで見られます。

一方、保育所で一緒だった人たちは
今までは、かわいがってあげなくちゃいけない、
ある意味「特別な存在」である「アイちゃん」のお母さん、として、
私までが、周囲に気を遣ってもらう存在になっている部分もありましたが
小学校の方では、私が子供会役員として、地区のお世話係で
保育所でお世話になっている人たちが、
新入生の親として初めての運動会ということで、少し緊張しているところを
逆に私の方が迎え入れる立場だったり、
お昼のスポーツ少年団の行進のために
野球のユニフォームに着替えた兄ガメと一緒のところを見たりして、
また違った感じで
私たち親子を見てくれていることも感じました。

保育所で、一昨年同じクラスだった子たちの多くが
今年一年生になったので、
その子たちや、その親御さんたちが、
みんなアイを見ると寄ってきて
声をかけてくれました。

アイが大好きだった、ガーナ出身のAくん親子も
前と同じように英語で話しかけてくれました。
アイも久しぶりだったけど
"How are you?"と聞かれて
ちゃんと”アイファイン"(I'm fine のつもり)
と答えて、"Good girl!"とほめられてましたよ。

未就学児のかけっこの時も
以前は、ほとんど知り合いがいなくて
緊張しながら、アイを抱っこし、あるいは手をつないで走りましたが
今年は、あっちもこっちも知っている顔だらけ。
保育所のお友達、前に児童館で一緒だったお友達、
スイミングで一緒だったRくん、野球の仲間のきょうだいなど。
本当に、この6年で、ずいぶん知り合いやお友達が増えたなあと
しみじみ感じました。
児童館の時のお友達など、久しぶりに会った人たちは、
みんなアイを見て
「大きくなったね~」
「しっかりしてきたね」と言ってくれました。
そうやって、小さい頃からの姿を知っててくれる人が
こんなふうに地域にたくさんいて
成長を見てくれるのは、嬉しいものです。

このように、たくさんの知り合いがいる中で
アイが入学できるのはありがたいなと思います。
兄ガメは、全く知り合いのない、新しい環境でも
たくましくやってきてくれましたが
アイにとっては、
親も子も、まったく知らない世界に足を踏み入れるのではなく
ずいぶんなじんだ顔や場所の中で
学校生活をスタートできるのは、心強いことです。
なーんて、まだこの学校に入れることも
何も決まっていないのですけどね。

久しぶりに会った、スイミングで一緒だったRくんのおばあちゃんは
しみじみと、「これだけしっかりしてきているから
学校も大丈夫だね。お話も体の動きも、ほんとによく成長してる。」と
太鼓判押してくれました。
(元看護師さんだけに、なんかその言葉も力強いです)

そういう懐かしい顔との再会の他に
新しい出会いもありました。

今まで見たことのない、違う色の体操服を着た
小学生らしいダウン症の男の子を見かけたのです。
しかも、同じ町内会のあたりにいます。
思い切って声をかけてみました。
すると、最近この地域に引っ越してきて
2年生の妹がこの学校に通っているけど
その男の子は、特別支援学校に通っている4年生とのこと。
私が挨拶しても、恥ずかしそうに、
お母さんの後ろに座ったままでしたが、
離れたところにいた(あちこちお友達と遊びに行ってた)
アイも呼んでくると、とたんに、とびっきりの笑顔になり
アイのこと、ニコニコ見て、近づいてきてくれました。
アイは、「こんにちは~」と言いながら
勝手に手を取って握手しようとして、
でも、その男の子も笑顔のまま、握手してくれて
「こんにちは」って言ってくれました。
その子のお母さんもニコニコして見てるし、お父さんは
二人一緒に並んでいる写真を撮ってくれたりして、
学校は違うけれど、
これからも同じ町内会なので、親しくなれるといいなと思いました。

おやおや、兄ガメの運動会なのに、
アイの方の話題ばかりになりました。

兄ガメったら、何も家で言わないので
全校で体操するとき、前に出て「見本」になって
体操するなんて聞いてなくて、
あやうく、気付かずに終わるところでしたが
ふと見たら、前に出て行ってたので
あわてて録画しました。

今回はうちの年季の入ったビデオカメラがとうとう壊れたので
新しいのを買いたいところですが、金欠病のため、すぐには買えず、
父ガメが借りてきてくれた、今どきのコンパクトな
デジタル録画のカメラだったので、
使いやすくて、いっぱい動画を撮りましたが、
その代わり、ほとんど写真の方がありません。

そうそう、父ガメと言えば、毎年この時期出張で
兄ガメの小学校の運動会には、ほとんど来たことがなく
出張のない今回こそ、父ガメも来られると思ったのですが
結局仕事が入っていてダメで、残念でした。。。
一年目はアイの手術・入院で、親戚のおばちゃんに
行ってもらったし、
家族4人そろって運動会というのは、とうとう1度もなかったような。。。
地域デビューも、私と子どもたちだけで
父ガメはまだ顔も知らない人が多いので
完全に出遅れています。。。
アイの時には何とか巻き込みたいものです。

で、兄ガメたちですが、6年生らしく、いろんな役をこなし
運動会後の後片付けまでよく頑張りましたが、
やはり踊りの「ソーラン」は圧巻で、格好良く、
低学年の子たちが見て、憧れるらしく、真似してました。
これも写真もほしいところですが、ビデオで手一杯でした。

ソーランのはっぴの後ろは、それぞれの手書きの文字や柄が入っています。

運動会はっぴ

運動会での姿を見ると、たくましくなったなあと思います。
中味はまだまだ低学年と変わりありませんが・・・

父ガメがいないのは残念でしたが、いい運動会でした。



でも、その前後には、アイにハラハラ&イライラさせられる事件が・・・

長くなるので、それはまた後日。。。








スポンサーサイト
[2009/05/26 10:30 ] | 家族・子育て | コメント(2) | トラックバック(0)
<<アイ逃走 | ホーム | いつのまにか・・・>>
コメント
私もずっと感じて来たんだけど、地域の人に存在を認めてもらい
成長を一緒に見守ってもらうって 本当に心の支えになるよね。
兄ガメくんやアイちゃんを通して 色んなお友達も出来たようで
本当に良かったです。
子どもを通して 大人も地域での居場所を得ていくようですね。

父ガメさんが参加出来なかったのは残念ですが
来年は中学生の体育祭かな? グッと大人っぽくなった様子を見てもらえるといいね。

地域の人に認めてもらえるってのは それだけアイちゃん親子が
たくさんの人の心の中に住み始めてるってことだよね。

来年は この運動会にアイちゃんが参加してるのかな~?
そうなっているとイイね!

[2009/05/26 16:25]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
mayちゃんへ
mayちゃんたち親子のように、地域を買えるくらいの
存在になるには、まだまだですけれど、
ほんと、アイが生まれてからのこの6年で
やっと地域にも少しずつ存在感が出てきたかなという感じです。
それは子どもたちのおかげですよね。
気の重かった野球も、いろんな役員も、
今になると、全部自分の財産に変わっています。
これからも、なんでも、積極的に関わって、
さらに地域の中に根付いていきたいものです。
子どものおかげで、だんだん引っ込み思案の性格から
自分も変わりつつあることも感じます。

目標は、mayちゃんたちのように、
とびっきりの笑顔で、人の心を明るくできるような
親子になっていけたらいいな、ということ。
何でも楽しむ気持ちで、頑張ります!
[2009/05/30 07:46]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。