スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ラチとらいおん
相変わらずアイのこわがり・音過敏症は続いていて、
保育所の先生やおばあちゃんたちも
今までとは違う様子に、
「どうしたんだろうね。」と少し戸惑っています。

兄ガメも、いろんなテレビ番組や
せっかくお年玉で買った「太鼓の達人」も
「コワイ、コワイ」と騒がれて
「なんでこんなのこわいの!」と
前に私が言ってたようにアイに言ってるのを聞くと
そんなこと言ってもコワイものはコワイんだから
仕方ないよねと、今度はアイがかわいそうになってきます。

音楽療法の先生にも、「こわいものは仕方ないのだから
まわりもボリューム下げるとか、配慮してあげて
少しでも不安感・恐怖感が薄れるようにした方がいい。」
と言われて、最近はボリュームを下げることで
部屋から逃げずにいられる時もあります。
まあ、焦らず、ボチボチいきたいと思います。

そんなアイが、最近お気に入りの絵本が
「ラチとらいおん」というのなんですが
その主人公の男の子ラチは、
「せかいじゅうでいちばんよわむし」なんです!

犬もこわいし、暗い部屋もこわいし、
友達までこわくて、
いつも一人ぼっちで絵本ばかり見ていたラチが
ライオン絵が大好きで
こんなライオンがいてくれたら、強くなれるのにと願ったら
ある日小さな赤いライオンがあらわれて・・・

そして、ラチがだんだんつよくなっていくお話です。

なんで、今、アイがこの絵本を何度も何度も読みたがるのか
アイも、自分では、こわがりじゃなくなって
強くなりたいという気持ちがあるのかなと思えて
なんかいじらしくなってしまいます。

なーんて、そこまで考えて選んでないと思いますけれどね。
今のもう一冊のお気に入りは、「11匹のネコとあほうどり」
という、ユーモラスな絵本ですから。

そうそう、最近アイは、自分でも文字を読みたがって
たどたどしく一文字一文字追いながらですが
半分ぐらいは自分で声を出して読みます。
(何度も聞いている文なので、最初だけ読むと
 あとは覚えているのを言っているだけで、
 「読んでいる」とは言えないところもありますが)

ブログではほとんど触れたことがありませんでしたが
実は、文字はかなり前から読めていました。
発達検査などでも、
色や形の認知が、ほかの能力に比べて突出していて
これだと、文字も読むのが早いでしょうと
言われていたのですが、その通りで、
まだ話し言葉もしっかりできてない時期から
文字には興味を持って
文字の絵本、ビデオ、音の出るオモチャなど
兄ガメがあまり興味を示さなかったものが
いくらでも家にあったこともあり、それをアイは好んで
よく見て遊んでました。

でも、私は、まずちゃんと話もできないのに
文字だけ読めても仕方ない、というか
偏った発達のような気がして
あまり字なんか覚えなくていいのに
と思って、むしろ、そういうオモチャ類を
隠した方がいいかと、相談したくらいでした。
でも、発達検査の先生や相談外来のお医者さんに
本人が興味があるなら、それはやらせてあげればいい、
それもまた刺激になって、他のことも
発達していくかもしれないし、
好きなことを伸ばしてあげるのがいいと言われて
その後は、アイが好きなようにやらせていました。

最初に覚えたのはアルファベットでしたが
今はあまり見ないので、たぶん忘れているでしょう。
ただ、目に入る形がはっきりしているのと
「A,B,C,D,E,F,G,~♪」と歌もあるので
覚えやすかったのかもしれません。
うちに、たまたま兄が生まれた時
アメリカの友人からもらった
色のきれいなアルファベットの本があって
それが好きだったから、というのもあります。
ただ、文字というものがあり、それに音があるんだ
というのを認識したのが、アルファベットのおかげ
だったかもしれません。

その後ひらがなに興味が移り
4歳頃には全部読めていたと思います。
でも、いくら50音を一つ一つ読めても
つながった言葉として読むことは
まったくありませんでした。
ただ、遊びの道具として読めていただけで
日常にあふれるひらがなには
まったく無関心でした。

いろんなものに書かれている文字を
読み始めたのは5歳になってからです。
あちこちに貼ってある保育所のお友達の名前を
毎朝読んでいたり、
いろんなもののラベルや看板の字を読むのが好きで
文字を見ると、意味がわからなくても
(漢字をとばしてひらがなだけ読むので
 さっぱり意味はわからないわけですが)
ただ声を出して読むのが好きみたいです。

そして、最近は、いつのまにか
カタカナも読めるようになっていて
ビックリしました。
もちろん、「いつのまにか」と言っても、
何もしなかったわけではなく
兄が一度だけ見て見向きもしなかった、
私も「全然面白くない!」と
すっかり捨てるつもりでしまいこんでいた古いビデオで
「カタカナを覚えよう」みたいなのを見つけてきて
こんなつまらないのをよく見るなあと思うのに
淡々とカタカナを紹介するビデオも好きで見ていたり
そんなカタカナに興味があるならと
カタカナ50音のジグソーパズルを買ってもらって
おじいちゃんと一緒にしょっちゅうやったり
していたからだと思います。

でも、書く方は、さっぱりです。
そこは指先の器用さ、運動能力もかかわってくるので
アイの一番苦手な分野なんです。
まあ、でも、今は読むのが好きなので
好きなことを、好きなようにやらせています。
学校に上がる前には、名前ぐらい書けるように
してあげねばいけないかもですが。

ひらがなを読めるようになった経緯については
もしご質問があれば、また改めて
刺激になったオモチャや教材を
ご紹介したいと思います。

今は、格好の教材(?)は、カルタです。
保育所でも流行っていて、
もちろん、アイは同級生のスピードには
全然ついていけなくて、1枚も取れずに終わるので
先生や年長の子がちょっと助けてくれて
何とか参加しているという程度ですけど
家では、アイのペースに合わせて
やってあげられるので、
大好きな遊びの一つです。

これも4歳頃から大好きな遊びだったのですが
その頃は、どちらかというと
絵を見て取っていた感じですが、
何度もやるうち、
だんだん字も覚えてきたところもあると思います。

今は、テレビがダメなアイのおかげで
テレビやDVDに子守させられなくなり
そうやって一緒に遊ぶことが増えたのは
今回のこわがりのいい面でもあるかもしれません。

でも、いつまで続きますやら・・・
アイにも赤いライオンが現れてくれるといいのだけど。







スポンサーサイト
[2009/01/28 05:50 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(8) | トラックバック(0)
<<ひらがな | ホーム | 保育所&保育園デー>>
コメント
ラチの真似してるのかな。
アイちゃん色んな思いを表現しているのですね。
そう言えば
運動会の玉入れで負けたとき、悔し涙を流してましたよね。
コワイ!は、何か新たな感情が湧き出てるのかも知れませんね。
それにテレビを消すと、カメちゃんに遊んでもらえて嬉しいのでしょうね。

ひらがな カタカナが読めて…アイちゃんスゴ~いv-10
絵本を読むのも楽しいでしょうね。
「声を出して読むのが好き」というのが、とても素晴らしいです。
ぜひとも!ひらがな読めるようになった経緯も教えて下さいませ。
[2009/01/28 15:25]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
アイちゃん すご~い!
文字が読めるのね!

じゃ 今度 お手紙でも書こうかしら。。。

アイちゃんは 色んな事に とっても関心を持っているんだよね。
きっと 今 表に出していない事も たくさん吸収している気がします。
スポンジに水を含むように。
文字を覚えるように 感情も増えて行くのでしょうね。
ブログで知る以上に 色んな事をしてあげてるカメちゃん一家。
すごいです。

楽しいと思える事が 増えて行くといいね(*^。^*)
[2009/01/29 01:01]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
ウッキィ~ちゃんへ
そうですね。「こわい」もまたいろんな感情の現れと思えば
もう少しやさしく受け止めてあげられるかもしれませんね。
これもまた成長の一過程ととらえて、気長にいきます。

文字が読めても、言葉の分野の発達がいいわけではなく
むしろ5分野の中では、運動と同じくらい遅れている方なのですが
文字の認識は「認知」の部分の突出みたいです。
ですから、今までは、個々の文字は読めても
それは△を「さんかく」と呼ぶのと同じようなもので
「ことば」とは結びついていなかったのですが、
最近やっと、つなげると「ことば」を表すことがわかったようです。
声を出すことは、赤ちゃんの頃から好きで
よく喃語を真似しあったり、唇ブルブルの音を出したり
そういう「音遊び」をよくして、今も意味のない「音遊び」は
大好きです。どの子も頭の中にはたくさん「言葉」がつまっているので
あとは、それを出すきっかけが、発し方がわかれば、
どっと出てくるようになるといいますね。
4年生まで言葉のなかった子が、急にしゃべり出したという話も
聞きました。意味のある言葉だけ引き出そうとせず、
ただの音のやりとりも楽しむのがいいかもしれません。
ひらがな習得の経緯は、また改めて書いてみますね。
[2009/01/30 06:11]| URL | カメ #- [ 編集 ]
mayちゃんへ
うちで、実家の母が、読めない頃から
アイ宛てにも、ひらがなばかりで、かわいいハガキなど
時々くれるのですが、今まで全く関心を示さなかったのが、
やっと、「アイちゃんにおてがみだ~」と
喜んで読むようになってきたところなので
ぜひ、そのうち短いお手紙でもお願いします。。。
ただし、お返事は書けませんので、ご了承ください。
あ、不思議な絵のお返事が行くかも・・・

もっとブログにもこまめに書けばいいのですが、
たまにしか書かないので、行事の報告や
何か変わったことがあった時ばかりで、
何をして遊んでいるとかの日常の様子って
案外書いてないんですよね。
それと私自身が、会話もまともにできないのに
文字が読めるって、どうなの?という思いもあったから
字を読むことについてあまり触れなかったところもあります。
でも今はアイの遊びの大きな要素になってきて
まさに日々いろいろ吸収し変化しているところなので
それも書いておきたかったし、小さい子たちの参考になれば
という気持ちもあるので、また少しずつ書いてみたいと思います。

基本は楽しめることを増やしてあげたい、その思いですね。
といっても、なかなかふだんはゆっくり向き合ってあげられず
片手間の遊びになっちゃいますけどね・・・
RYOくんみたいに、たくさんのことが楽しめるよう
私も、楽しいことみつけ、と、楽しいことつくり、が
上手になっていきたいものです。

[2009/01/30 06:30]| URL | カメ #- [ 編集 ]
カメの子はカメ?
お久しぶりです。
アイちゃんが字に興味を持っているのは、やっぱりカメさんのお子さんだからでしょうね。
素晴らしいです。興味を持っている物は、何でもやらせてあげたらいいでしょうね。以前、どなたかに教わりましたが、ダウンちゃんはABCにはとても興味を持つそうですよ。日本語に比べても発音しやすいし、字の形も面白いからかも知れませんね。我が家の佐智子もそうですよ。もっとも、アイちゃんのようには出来ませんが。

最初の頃から想っていますが、アイちゃんは優秀ですよ。佐智子に比べると、ずっとずっと優秀です。是非、将来は弁論大会か詩や小説などの文章が書けるようになって貰いたいですね。きっと出来るように成ると思います。期待してますよ。

大きな音を怖がるもの、ひとつのマイ・ブームなのかも知れませんね。ある日、ある時、ぴったり治まるような気もしますよ。
佐智子にも、似たような時がありましたが、我々の常識では計れない所が彼女達の面白い所だと想います。そんなことも含めて、子育てをお楽しみください。
[2009/01/30 13:23]| URL | さっちゃんパパ #q9wwattU [ 編集 ]
さっちゃんパパさんへ
早くから文字に興味を示したのは、アイには、
自閉症の特徴みたいな傾向が一部強いところがあって、
前に書いたように、国旗に興味を持って覚えたのと同じで
形とか音とかを楽しんでいるようで、はじめはまったく
言葉と結びつけずに、ずっと純粋にそのものを楽しんでいました。
今になって、ようやく言葉と結びついてきたらしく
少し「読める」ようになってきたところで、
まだまだスタートしたばかりみたいなものです。
そんなさっちゃんパパさんおっしゃるように「優秀」には
ならないと思いますけど、文字がアイの得意な(好きな)分野だとすれば
それも伸ばしてあげるのがいいのかなとは思います。
ただ、「言葉」の方は、まだまだ弱くて、
一方的な発語が多く(これも自閉的?)、いつ、どこで、だれが、
というようなことを、きちんと答えたり話したりはできないので
いつか「文字」は書けるようになったとしても、
「文章」が書けるようになるかどうか、ちょっとあやしいところです。
書かなくても、言葉で気持ちを表現できるようになったら、
いいだろうなと思いますが、それはなかなか難しいことなのでしょうね。
今のところは、「遊び」として楽しめればいいかなと思っています。

こわがるのも「マイ・ブーム」と軽くとらえて、こちらも
面白がればいいのかもしれませんね。
あまりやっきにならず、変化を楽しむことにします。




[2009/02/01 07:45]| URL | カメ #- [ 編集 ]
「マイ・ブーム」そうだね、なるほどって思いました。
そういえば、うちのりこたんだって、お祭りの場所とか運動会とか、駅の発車の音とか騒音のように感じてしまい怖がって泣いちゃうところは以前ありました。思い通りにいかないとか思い通りの事が話せないことがあればなのか、頭を床にガンガン打ち付けていたこともありました。お医者さんに相談したら、ダウンちゃんには多い症状だと言ってました。「一過性のものだと思うので様子をみながら対処しましょう」と言っておられましたが、ある日突然ではなくいつの間にか、その症状が去っていってました。

私も、カメちゃんのとこのアイちゃんはすごい優秀だと思います。そうして、カメちゃん自身もママとして優秀だなーといつも憧れています。
カメちゃんは、私の大先輩ママであり(すみません同い年なのに)そしてアイちゃんはりこたんの大先輩なのです。
意気消沈してみたかと思えば、おだてにのり急速上昇してみたりとアップダウンの激しい私を ずっと3年余の間、見棄てず力付け続けてきてくれた事に心から感謝の想いがいっぱいです。

また1つ、よ~し、真似っこしてみようって大発見とヒントを得ました!
そして、私もやっきにはならずに子供の変化を楽しみながら成長を見守っていきたいと思っています。
いつもありがとうございます。m(__)m
[2009/02/01 11:01]| URL | ファンタジア #RVcFyNpA [ 編集 ]
ファンタジアちゃんへ
いやー、私は母としては、ほんと手抜きで短気でお恥ずかしい限りですが、
ブログにはそういう面はあまり出してないだけだと思います。
(というか、書く頃には反省してしおらしく(?)なってるので・・)
むしろ、ファンタジアちゃんの子育てに学ぶところ多いですよん。
でも、子どもがちょうど2年ぐらい先輩というのは、
良くも悪くも何かと参考になる点もあるかと思います。
反面教師として、ヒントを得てくださるのもまたいいかなと・・

ほんと、「マイ・ブーム」はいろいろで、考えてみたら
少し前まで、保育所の行き帰りの切り替えが悪く
なかなか動いてくれなくて、それで悩んでいたのに
そっちの方は、それこそ「いつのまにか」解消していて
スンナリと、「保育所に行くよ」と言えばすぐ行けるし
帰りも、いつまでも遊んでいて帰らない、なんてことは
なくなっていました。
その時その時の”問題行動”というか、課題というか
何かの「表現」としての「マイ・ブーム」があるのでしょうね。
その行動の奥にあるものを、無理やり突き止めなくても
いつのまにか「ブーム」は移り去っていくのかもしれません。
他のいろんな「ブーム」と同様、
あんな時期もあったと笑って話す時も来ると信じて
ま、基本はアイの笑顔が見られるように、ということで
カッカとせず、対応していきたいと思います。
こちらこそ、今後ともよろしくです~。
[2009/02/01 13:40]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。