スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
嬉しい「初」づくし
新年にはまだ早いのに、「初づくし」などという
タイトルで、何だろうと思われたでしょうね。
しかも、カテゴリーは、めったにない「父ガメ」。

12月は、まさに「師走」で、なんだか日々追われていて、
すっかりブログもご無沙汰しちゃいました。
その間に、アイの保育所の発表会をはじめ
いろいろ書きたいことはたまっていたのですが、
すれ違いが多く、熟年離婚の危機にあった我が家にも
ここ数日、少し好転のきざし(?)が見えたので、
まずはそれをご報告したいと思います。
まず一つ目は、
私の職場の忘年会が泊まりであったのですが、
子どもたちは風邪気味だったし
何より、前日まで父ガメが忙しくて
アイが寄っていっても、ピリピリしていたので
これじゃあ預けていけないかなと、
半ばあきらめていたのですが
当日の朝、父ガメが「大丈夫だから。ゆっくり楽しんできて」というので
夕方早めに帰ってきてくれた父ガメに任せて、出かけました。

実は、アイが生まれてから、夜母と離れるのは
初めてのことだったのです。
でも、アイ自身については、あまり心配してませんでした。
何しろ、兄ガメと違って、保育所に初めて預ける時も
全く泣きもせず、平気でバイバイするくらい
あっさりして、母への執着は強くないので
ちょっと出かける時でも、おばあちゃんに気軽に預けられたし
あまり泣かれて離れなくて困った経験がないからです。
(いや、乳幼児教室とか母子通園の時の母子分離では
 かなり泣いてたような・・もう忘れました・・・)
寝る時も、兄さえ一緒にいれば満足で
私が何かしててモタモタして遅くなると
いつのまにか寝ている、ということはよくあるので。
(その代わり兄が一緒に寝室に行かないと、なかなか寝ないので
 兄が別の部屋で寝るようになったら、どうするんだろうと
 そちらの方が心配・・)

ですから、母の泊まりで、心配だったのは、父ガメの方。
小さい子の相手が苦手で、兄ガメの時もあまり関わらないまま
大きくなってしまったし、「いい子」の面しか知らないから
アイのように、どこでも誰でもおかまいなしで行動して
言うこときかなかったり、仕事の邪魔されたりすると
イライラして、結構アイにもきつく言ったりする姿を
ふだんから見ていたので、
(家に帰ってきた時ぐらい、すぐパソコン開かないで
 少しぐらいアイの相手をしたらいいじゃん、と
 私もそんな父ガメに腹を立てて、険悪なムードになること度々・・)
長時間一緒にいたら、絶対にアイにイライラするのではと
それが一番心配でした。

まあ、でも、おばあちゃんの助けも借りて、
翌朝家に帰ると、コーヒーまでいれてくれていて
ニコニコと迎えてくれたので、安心しました。
(アイもパジャマのままでなく
 ちゃんと着替えもしていて、父ガメにしては上出来!)

母は、もう、上げ膳据え膳で、
日本三大風景の松島の日の出を眺めながら露天風呂と
ここ数年で一番の贅沢を味わい
ほんとリフレッシュさせてもらいました。
でも、やっぱりどうせ温泉なら、
家族と一緒が一番楽しいかな、なんても思いましたけど。
やはり自分一人が楽しんでもイマイチ落ち着かず
子どもたちも連れてきたいと思っちゃうのは、母の習性ですね。

とはいえ、やはり、この5年は子どもベッタリできたので
少し、こうして子どもや家族から離れる時間も貴重ですけどね。
宿までの少し長い距離の一人きりのドライブも
ちょうどかかっていたクリスマスソングなどで
どっぷり昔の思い出などに浸りながら、楽しめました。
少し離れることで、よけい家族がいとおしくなる、
というところもあるのかもしれません。

さて、もう一つは、昨日のダウン症の会(「どんぐりの会」といいます)の
クリスマス会です。
実は、もう役員をして2年目になるのですが、
「どんぐりの会」のイベント(に限らず、ショウガイ児関係のイベント)には、
たいてい私とアイと二人で参加して
兄ガメは野球で土日忙しいこともあって、兄ガメと父ガメは
ほとんど参加したことがありませんでした。

今回も、父ガメが、前夜忘年会で遅くなるので
翌朝起きられるかどうかもあやしかったし
兄ガメに一緒に行こうと誘っても、あまり気乗りしない様子だったので
当日になっても、二人が来てくれるのかどうかわかりませんでした。
私は会場準備などで早く出かけねばならず、
まだ寝ていた父ガメに
「もし来られたら来て。」とだけ声をかけて
アイと二人で先に出かけました。

会場準備も終わり、私が受付をしていたら
父ガメと兄ガメそろって、来てくれたではありませんか。
他のお友達の家族は、
たいていお父さんやきょうだいたちも一緒なのに
うちはいつも父や兄は関わってくれないと
さみしく思っていたので、
もうそれだけで嬉しくてたまりませんでした。

最近こわがりで、会場に着いてから1時間ぐらい
耳をふさいで床に固まっていたアイも
やっと慣れてきた頃だったので、
喜んで父親のひざに行って、
私も役員の仕事に専念できたし、助かりました。

第一部は「竹中バンド」という養護学校の先生を中心とする
バンドのコンサート。
本当は、とてもオーボエとかフルートとか
しっとりした曲に似合いそうな楽器がお得意のバンドなのですが
こちらの要望に合わせて
事前に、子どもたちの好きそうな歌をリクエストしたのに応えてくれて、
自分たちのレパートリーでない流行り歌も入れて
歌いたち人踊りたい人は前に出て一緒にやってと
参加型のコンサートで、子どもたちもノリノリ。
ずっと見てるだけだったアイも、「アイアイ」の歌では
前に出て行きました。(やっぱり下を向いてたけど)

全体的に楽しい雰囲気で進んだコンサートでしたが
最後には、このバンドオリジナルの「幸せの種」という曲で
じーんと心にしみる歌詞に、目頭が熱くなりました。
ふだんから、いろんなショウガイ者や高齢者の施設を回っているという
このバンドのメンバーの
この子たちを応援してくれる、温かい思いを感じました。

「だれかの心に根をはる
 君は、しあわせのたねだよ
 だれかのむねで 花とさく
 君は しあわせのたねだよ」

感激のうちに、第一部を終え、休憩。
第二部は、「とっておきの音楽祭」に出たグループの
ダンスパフォーマンスの披露。
わたしたちチビッコグループ「童夢」は一番。
ミニーの耳とスカートをつけて
ミッキーマウスマーチだけ踊りました。
他に大きい子たちのダンスグループも2つ発表。

その間に、会の最後に子どもたちにプレゼントを渡す
サンタさんが、今年は決まっていない!ということで
役員の間で、なんと父ガメに白羽の矢が!
父ガメはそういうこと絶対嫌がると思って
「たぶんやらないと思いますけど・・」と言って
父ガメに話に行きました。
案の定、「他の仕事は何でもやるけど、それだけは勘弁」と
固辞していた父ガメですが
他の役員の人たちのお子さんはもう大きくて
誰も父親が一緒に来ていなかったこともあり
他にいないからぜひと頼まれ
「え~」と言いながらも、そうなると
結構乗り気で着替え始めた父ガメでした。

そして、会が終了し、いよいよ父ガメの出番。
ひげをつけたら、もうすっかり誰かわかりませんが
案外その気になったらしく、「ほ~っ、ほっほっほ」
なんて言ったりして、ニコニコして
帰る子どもたちに、一人ずつ「メリークリスマス!」と言いながら
プレゼントを渡していました。
子どもたちは思った以上に喜んで、
「握手してください」とか
「一緒に写真撮ってください。」とか大人気。
父ガメも、ニコニコ小さい子を抱っこしたり
すっかりサンタさんになりきってました。

でも、アイには、父ガメとばれていて
「お父さん、サンタさんだ~」と不思議そうでした。
帰りに、「本当のサンタさんは、クリスマスに来るからね」
なんて付け足して言ってみましたけど。。。

予想もしなかった父ガメのサンタ姿に
おかしいやら、嬉しいやら。
これは貴重な映像と、兄ガメに頼んで写真もいっぱい撮ってもらったのに
なんと、家に帰って、デジカメで見ていたら
アイがいじって、全部消してしまったのです!
大ショック!!
でも、子どもたちの心の中には、お父さんサンタの姿が
焼き付いたことと思います。

なんだか、予想外の素敵なプレゼントをもらった気分の
クリスマス会となりました。

久しぶりなので、2つの出来事を一度に書いて
とんでもなく、長くなっちゃいましたが、
どちらも、父ガメが子どもたちとぐっと近づいてくれた
嬉しいできごとでした。
このまま、いいムードで新年を迎えられるといいのですが。。。

やっと一息ついて年賀状を(今頃!)買いに行ったら
近くの郵便局では何と売り切れ。
あせって、大きい郵便局まで行きました。
でも、まだ年賀状に取りかかるまでに、
やらねばならぬことがいくつか・・・
何とか年内に出せるようにしたいものです。

スポンサーサイト
[2008/12/24 06:58 ] | 父ガメ | コメント(10) | トラックバック(0)
<<良いお年を! | ホーム | 一足早いサンタさん!?>>
コメント
それはよござんした
結構、男なんてものは、きっかけがないだけで、また、自分だけではきっかけけをつくれないもんで、余計なことは進んでやらないように見えていても、意外な面を持っているもんなんです。女の人から見れば、子供といえば子供なんでしょうがね。
障がいのある子の母親は、その子にかかりっきりになることが多いのですが、時には、子供と離れている時間は必要だと思います。ボランテアさんを頼んでもそういう時間を作るべきだと思っています。
リフレッシュして帰ってきて、また元気に面倒見ることに頑張れるというものです。「ケアするひとのケア」と呼んでいるのですが、障がいのある子の親にはとても大事なことと思っています。
そうしたことで、周りの人がいろんな面で助けれてくれたり、パパさんの違う面が発見できたわけですから、いいこと尽くめだったんですよね。

我が家の場合は、だからどんどん行けと言ってます。そうすることで大介に対しても、家族に対してもいい効果がありますから。
[2008/12/25 00:07]| URL | 大介パパ #RXjsLQls [ 編集 ]
良かったね!
すれ違ってたって 想う気持ちさえあれば こうして優しい行動に出れるんだよね。
父ガメさんにも こういうキッカケが訪れて 良かったですね。

先日きらきらのクリスマスで お父さんが何人か参加していたんだけど
学生たちの企みで ちちが前に出されて 「年に一度、愛の告白を!」
とか言われて 私まで前に出されて 「はは いつもお世話になってます!愛してます!」
とか言われちゃいました。かなり 照れましたv-8
でも その場の空気がさせてしまうことってありますよね。
この勢いで 少しずつ 一緒に活動できる時間が出来たらいいですね。

幸せの種たち、たくさんのところに飛び散ってますね!

年賀状・・・買っただけで 全く手付かずですv-393
[2008/12/25 22:58]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
メリークリスマス♪
文章の長さに、カメさんのはちきれんばかりの喜びが表れていますね。大介パパさんの言われるように、男は結構シャイですから、ちょっとしたキッカケで、自分でも思わなかった部分に気付く事があります。
私も、長女が生まれるまでは子ども嫌いでした。佐智子が生まれて抱くようになってからは、子育てと言う物と初めて真剣に取り組んだように思います。

先ずはパパさんの頑張りに敬意を表しメリークリスマス♪
[2008/12/26 00:20]| URL | さっちゃんパパ #q9wwattU [ 編集 ]
父ガメ
お父さん頑張ったじゃないですか!
いざとなれば色々気配りできる方ですね。
お母さんもリラックスできていいクリスマスになりましたね。
今後とも家族円満でいいお年をお迎えください!
[2008/12/29 07:13]| URL | Angel RISA #JalddpaA [ 編集 ]
良いお歳を!
楽しいクリスマスでしたね。
素敵な記事を読んでコメントしようと思いながら
大慌てで年賀状・大掃除(中途半端ですが)している間に
もう30日になってましたm(__)m

父ガメさんのサンタさん素敵v-10
アイちゃん鋭い!何故バレちゃったのでしょうね~?
写真が消えちゃったのは残念でしたね。私も見せてほしかったけど。
心にしっかり記憶が残りましたねe-266

それと、来年も父ガメ★サンタさんになってもらう理由が出来たかも?
英語を話すサンタさん!とか。来年も是非やってもらってくださいネ。

それにしても羨ましいぃ~。
松島で日の出を見ながら露天風呂。いいですね。
帰宅したら、父ガメさんが珈琲を入れて下さったのでしょう?
とっても素敵なクリスマスでしたね。

お正月もご家族で楽しく過ごしてくださいね。
寒そうですが、風邪を引かないように気をつけて下さい。
良いお歳を!
[2008/12/30 22:59]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
大介パパさんへ
いいですね~。大介パパさんところは、そうやってどんどん出してもらえるんですね。うちなんか、ほんと飲み会なんて、少し帰りが遅くなって(11時頃ですよ)一度機嫌を悪くされてから、その後ずっとお誘いを断り続け、2年ぶりぐらいに職場の歓迎会に行ったら、車で行ってお酒も飲まなかったのに、また機嫌を悪くされ(今度は10時頃)、その時はさすがに頭に来て、珍しく言い返したことがありましたが、その反省なのか、今回は気持ちよく送り出して迎えてくれたのでした。ほんと、大介パパさんみたいに考えてくれれば、私ももっといろいろ気軽にお出かけし、ダンナに感謝して、楽しく家事育児も頑張れるんですけどね~。ふだんは、休日の日中でも出かけることにいい顔しないので、ほんと疲れます。あら、コメントのお返事に長々と愚痴をすみません。。。とにかく、こういうことが珍しいから記事になるんですよ。ほんと普段は腹の立つことばかり。。。ま、年末気分良く年越しができるだけでもありがたいです。
[2008/12/31 06:20]| URL | カメ #- [ 編集 ]
mayちゃんへ
確かに、ふだんは「キッカケ」も与えてないかもしれません。
何でも私一人で決めてやっちゃって、ダンナが入るすきも
なく、またいろいろ相談や報告もしないから、ダンナの
理解が進んでいないまま、何も協力してくれないと
私が勝手に思い込んでいるところはありますね。
「この人は無理」とか「しない人だから」と
決めつけず、どんどん巻き込んでみることも必要だなと
今回感じました。(まさかサンタを引き受けるとは
思わず、最初会長さんに頼まれた時は、私が勝手に
「無理だと思います」と返事してましたから)

そんなすれ違い夫婦ですが、お互いにいい家族に
なりたいという気持ちだけはあるので、
なんとか、これからも努力を続けたいと思います。
なかなかmayちゃんたちみたいなラブラブ夫婦には
なれそうもないけれど、とりあえず
一年の終わりがいい雰囲気で良かったわ。

[2008/12/31 06:26]| URL | カメ #- [ 編集 ]
さっちゃんパパさんへ
さっちゃんパパさんが、子どもぎらいだったなんて
信じられませんね~。うちもあと2人ぐらい生まれると
夫も変わるでしょうか(笑)・・・でも、それはちょっと
無理なので、なんとか、いろいろ口実をつけて(?)
父親も育児に関われるよう、私の方で、働きかけることが
大事なんでしょうね。今回のことで、なんでも無理とあきらめず
(いやあと二人産むというのはちょっと無理ですが・・・)
思い切って言葉や行動に出すことが大事だなあと思いました。

[2008/12/31 06:32]| URL | カメ #- [ 編集 ]
Angel RISAさんへ
いや~、普段は本当にすれ違い夫婦で、
私も夫を頼らず、一人で勝手に動いてしまうので
あまりコミュニケーション取れていないのですが
やはり「頼る」ことも必要ですね。それによって
お互いに理解が深まり、思わぬいい機会になることもあると
学びました。この調子で新年もいきたいものですが・・・
[2008/12/31 06:36]| URL | カメ #- [ 編集 ]
ウッキィ~ちゃんへ
いやいや、私もこの記事を書いた後、ボヤボヤしてる間に
あっという間に大晦日になってしまって、焦りました。
昨日いっぱい年賀状にかかりきりで、結局大掃除は
レンジ周り・換気扇とお風呂の壁のみになりそう・・
とりあえず、今日は散らかった部屋を片付け
「普通」掃除だけでもせねば!

今年は、人のブログのコメントやらあちこちで
うちの夫婦のスレ違いやら夫の悪口やら並べて
あまりいい状態じゃなかった夫婦仲ですが
なんとか一年の終わりはいいムードになれて
良かったです。はたして新年も続きますかどうか・・・

サンタの写真が消えたのは、ほんと残念でしたが、
確かに、ぜひ来年やってもらう口実になっていいかも。
また来年誘ってみます。

松島を眺めつつの露天風呂は最高の贅沢でしたね。
上げ膳据え膳というだけで、主婦にとっては
嬉しいことなんですけどね。そういえば、最近
スーパー銭湯には行っても、温泉はしばらく
行ってなかったので、やはり温泉はいいですね~。
家族旅行もつい子ども優先で、遊びモノ中心に考えて
宿はビジネスホテル的なところが多かったのですが
今度は温泉があるところにしたいと思いました。

お正月は、私と子どもだけ実家に帰省し
さっそくスレ違いの始まり?ま、離れていた方が
案外メールなどでコミュニケーション取れる
私たち夫婦なので、なんとかいいスタートにしたいです。

[2008/12/31 06:51]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。