スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
アイ失踪事件!?
土曜日に、大学附属の特別支援学校で
「通常学級における特別支援教育のあり方」
などという、どちらかというと現場の教員向けのセミナーに
お友達に誘われて参加してきました。
父ガメは仕事で、アイはおばあちゃんに預けました。

そのシンポジウムの最中に、マナーモードにしていた携帯が
何度かブーブーしてて、それもうるさいので、
さらに電源を切ってしまいました。

会が終わって着信履歴を見ると
おばあちゃん、父ガメ、そして保育所から入っています。
とりあえず、保育所というのが何だろうと気になったので
電話を入れてみました。
すると、先生が、「あ~、すみません。あわてていたので
留守電にも入れずに切ってしまって。
先におうちに連絡すれば良かったのに・・」
「はあ。それで、何だったんでしょうか?
 まだ出先で、うちには電話してないんですが」
「あら、お母さん、聞いてないんですか?
 いや、もう解決したからいいんですけどね。
 アイちゃんが、一人で保育所まで来ちゃったんですよ。」
「ええええ~~~っ!!!」
「なんかおばあちゃんがちょっと目をはなしたすきに
 家を出てきたみたいで、お人形の入ったバックを持って
 保育所の門の前に座り込んでいたんです。
 (子どもには手の届かないところにカンヌキがあるので、開かない)
 それを近所の人がみつけて、知らせてくれたんです。
 で、おうちに電話したら、お兄ちゃんが出て
 お兄ちゃんとおばあちゃんで迎えにきてくれて
 先ほど帰ったところです。もう家には着いていると思いますよ。」

わお~。車が結構通る、信号のない道路も渡らなくてはいけないのに。
アイの足だと、休まず歩いても15分ぐらいかかる道。
一人で行けたの?すごい!!

私は、もう解決したことを聞いてから、この話を聞いたので
最初、そこまでアイができたことが、すごいと
不謹慎にも、ちょっと感心してしまったのだけど、
「はじめてのおつかい」みたいに、後をつけて
様子を見てみたかったなんて、チラッと思ったけれど、
次の瞬間、アイがいなくなったと気付いてから
保育所からの連絡があるまでの間
おばあちゃんが、どれほど心臓の縮む思いをしたかと思うと
そっちの方が心配になってきました。

自分が、ちょっと広いショッピングセンターで
アイを見失った時でも、すごく焦って
一瞬のうちにいろんな不安が頭をよぎり
必死になって探し回ったことを思い出しても
家にいないとなった時の、おばあちゃんの心境は
どんなにパニックになったかと
それが申し訳なくて、さっそくおばあちゃんに電話。

案の定、おばあちゃんは、すっかり疲れた声。
「いや~、こんなこわい思いをしたのは初めてだわ。
 家じゅう庭もさがしていなくて
 ふと玄関見たら靴がないんで、外にいっちゃったと思ったら
 もうどうしていいかわからなくて、
 ○○ちゃん(私)に電話しても通じないし、
 △△(父ガメ)に電話したら
 『私に電話するより、警察にかけなさい』と怒られるし
 どうしようと思っていたら、
 ◇◇(兄ガメ)が、保育所にいるって電話あったって
 言うんで、まずホッとしたけど。
 保育所についたら、足ガクガクになっちゃってね・・
 先生に「おばあちゃん、大丈夫ですか?」って
 言われたよ。いやいや、ほんと参った。」
 
もし自分が見ている時だったら、と考えると
ほんと、どれほどこわい思いをし、パニックになったか
想像できたので、本当におばあちゃんに申し訳なくて
少しでも早く帰りたいのに、そんな時に限って
三連休のせいか、動物園前が渋滞してなかなか進まない・・・

まあ、でも、そうやって時間がたってから
家に着いたので、その頃には
だいぶおばあちゃんも平静さを取り戻していたけれど。

原因としては、いつも玄関のカギはかけているのだけど
その日の午後は、兄ガメの友達が遊びに来て
何人も時間差で出入りして、カギがかかっていなかった
ということがあるので、
まあ、兄ガメも含め、みんなで、やはり常にカギはかけるよう
気をつけようと確認しあったのでした。

それにしても、玄関のドアも、今風に大きく重いので、
それを一人で開けたことすらないのに、
玄関の階段も、一人で降りるとまだ足下がふらつくのに
一人で外に出たということ自体が驚きで
やはりできることが増えて、行動範囲が広がったんだなあと
改めて実感。より気をつけねばならないってことですね。

先々週だか、学校で野球の試合の時、
警察が何人も出て、子どもがいなくなったと
近所で大騒ぎになり、うちのチームも捜索に協力して
そしたら、その子がアイと同じ保育所の同じクラスの子
というのがわかって、やはり親が3分ほど
見ていなかったすきに、いなくなったそうで
その時に、野球の母仲間と
「こわいね~。子どもは1分でも結構遠くに行っちゃうよね。」
なんて話していたのに、ひとごとではありませんでした。
あやうく、うちも、警察に捜索願出さねばならないところでした。
無事だったから良かったけど、まだ保育所だったから良かったけど、
どこか違うところに一人で行こうとして
迷っていたらと思うと、冷や汗ものです。
いやあ、これから、ほんと気をつけねば。

ところで兄ガメ
友達が来ていて遊びの途中だったけど
おばあちゃんと一緒に、保育所まで迎えに行ってくれて
アイは疲れもあったのでしょうが、
家までの帰り道、何度も座り込んで、
「帰ろう」と言っても「イヤだ!」と
ストライキを起こしていたそうなのですが
兄ガメが抱きかかえて、家まで連れてきてくれたそう。
おばあちゃんが、「お兄ちゃんがいて、助かった」と
言ってました。
ふだんは、妹のことなどさっぱりかまわない兄ガメですが、
いざとなると、頼りになるようです。



スポンサーサイト
[2008/11/04 04:40 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(12) | トラックバック(0)
<<モテモテ? | ホーム | おもらし>>
コメント
頼もしいぞ!
さすが、お兄ちゃん、見てるんだね、家族のことを。
意外に、普段は親が居て、なんやかんやとやってしまうので出番を失ってるけど、誰も居ないとなるや。ここぞとばかりに本領発揮ですね。拍手!!
何が大事かを、ちゃ~んと知ってますよ。
これって、想像以上に彼に自信をつけさせたと思います。褒めてあげてください。
[2008/11/03 23:27]| URL | 大介パパ #RXjsLQls [ 編集 ]
すごいですね!
兄カメさんも立派です!おばあさまも、ドキドキがすごかったと思います。でもいろいろな意味で”すごい”一日でしたね
[2008/11/05 00:18]| URL | 桜狸 #- [ 編集 ]
大介パパさんへ
このコメントを読んで、もう少し兄ガメをほめてあげれば良かったと
思いました。ありがとうとは言いましたけどね。
でも、普段は、ほんとに、妹のことなど無関心って感じだし、
遊びに来た友達の方が、なにやかや相手になってかまってくれるのに
兄ガメは知らん顔で、邪魔になると、「おかーさーん、アイちゃん
邪魔~」と訴えるようなヤツなので、他のきょうだいたちが
仲良く、上の子なんかせっせとお世話しているのを見ると
いいなあと思っていたものです。まあ、いざとなれば
やってくれますかね・・・少しは希望が見えたかしらん・・
[2008/11/05 06:00]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
桜狸さんへ
本当に、家族にとっては、”すごい”一日でした。

特におばあちゃんが、あまり外に出たことのない人

(社会に、という意味でも、実際に家の外にも)なので

強い不安とか緊張とかの経験があまりないから

よけいに、心臓に悪かったと思います。

いや、もし自分が家にいる時だったとしても

ほんと、真っ青になって、パニくってたでしょうから。

まあ、無事で良かったです。
[2008/11/05 06:06]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
驚かれたでしょうね・・・
私なんて息子が小さい頃、帰りが遅いと
近所中心配で歩き回るのですが
そんな時って足がもつれちゃって
腰抜けそうでしたもの・・
ましてや、アイちゃんでしょう、
それはおばあちゃまもさぞかし・・・。
でも、アイちゃんが無事に
しかもかなりの成長を見せてくれたこと、
それに兄ガメ君の活躍も、立派だなぁと思います。
おばあちゃんとアイちゃんの支えになったのですから。
[2008/11/05 09:09]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
tiisai-ningyoさんへ
うちは兄ガメは、臆病者で、親から離れてどこかに行くなんて
ことがなかったから、迷子にもなったことないんですけど、
アイはほんと、平気でどこにでも行ってしまうので、
何度かコワイ思いをしたことがあります。
親でさえ、そして一瞬姿が見えなくなってさえ、相当焦るのに
この日のおばあちゃんの心境を思うと、ほんと、どれほど
心臓に悪かったかと思います。
無事だったからいいけど、何かあったらと思うと
ほんとコワイことでした・・・
まあ、兄ガメを見直す機会になったのは、良かったけど。
その後、連休の宿題やってなくて、父親に叱られ
ほめることが長続きせず、残念でしたが・・
[2008/11/06 05:53]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
大冒険
見つかって本当に良かったですね!
危険な世の中になってきましたので、気をつけたいところですね。
それにしても、5歳の子が15分も離れた保育所に良く行けましたね。
きっと保育所が大好きなんでしょうね。
そう考えるとアイちゃんは恵まれた環境にいるということになりますね。
[2008/11/07 07:31]| URL | Angel RISA #JalddpaA [ 編集 ]
ピンチはチャンス!
アイちゃん大冒険でしたね。
おばあちゃまは、さぞ驚かれたことでしょうが…
兄カメ君の頼もしさを、一番近くで力強く感じられたでしょうね。

アイちゃんが1人で保育所まで歩いて行った逞しさ
そして、兄カメ君が「やる時にはやる男」と再確認できて
そして、そして、今まで以上に気をつける!
良い機会になりましたね。


今日、Mayuが通ってる教室のお友だちから飴ちゃんを貰って
飲み込んでしまって、そりゃあ!もう!大変でした。
(普段は怖いので食べさせてなかったのですが…)
皆と同じことがしたくって、うっかり目を離した隙の出来事でした。

体を逆さにして叩いても出ないで、飲み込んでしまったのですが
詰まってるのが気持ち悪くて大泣きでした。

友だちママが私に代わって逆さにし叩いてくれたり
温かい飲み物買ってこようか!
泣いてるから息が出来てる!大丈夫よ!
などなど、他のクラスのママ達も、皆から心配してもらって
飴をくれた友だちはMayuに「次は小さい飴にする!」と言ってくれて
なんだか、とっても嬉しい気持ちになりました。
(Mayuが無事だったから言えるのです!今後は注意します!)


[2008/11/07 17:34]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
いや~おばあちゃんには気の毒だったけれど、
解決してから聞けてよかったですね。。
私は友人宅に行った時があって、そこの家の鍵が低い位置についていたんです。。
抜け出して、部屋の窓から子供の背中が見えた時は
心臓が飛び出るかと。。。。

でも、「休まず歩いても15分ぐらいかかる道」、ほんとこわいですね、ご無事で何よりです。
[2008/11/08 14:46]| URL | huwa #0MXaS1o. [ 編集 ]
Angel RISAさんへ
昨日久しぶりに歩いて保育所に行ってみたのですが
しょっちゅう走り出しては転びそうになったり
横断するところでは、よく車を見ていなかったりで
改めて、この道を一人で行ったかと思うと、危険がいっぱいで
こわくなりました。無事だから良かったものの、
ほんと気をつけたいです。
でも、保育所が大好きだというのは、おっしゃる通り
とてもありがたいことですね。
そのことに気付かせていただき、ありがとうございます。
[2008/11/12 04:52]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ウッキィ~ちゃんへ
Mayuちゃんも、飴ちゃん事件で大変でしたね!
でも、まわりの人の優しさを感じて
嬉しいこともあったのですね。
「ピンチはチャンス!」って、いい言葉ですね。
どんなこともそうなのかもしれませんね。
というか、そういう発想ができる人は
どんなことも、また次のエネルギーや成長の糧に
変えていけるのでしょうね。
子育てなんかは、「ピンチ」がいっぱいですから
逆に「チャンス」もいっぱいということですよね。
私も後から考えれば考えるほど、いかに危険だったかを
思ってコワクなりましたが、まあ、今後より
気をつけるきっかけとなったと思い、
喉元過ぎれば・・・にならないよう、気をひきしめて
いきたいと思います。

アメは、うちもまだ棒つきのペコちゃんキャンディー以外は
あげたことがありません。というか、もらっても
アイがよくわからないものは口にしないので・・
いつになったら、アメもうまく食べられるようになるのかしら・・
[2008/11/12 05:00]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
huwaさんへ
ほんと、後から考えれば考えるほど、コワクて
冷や汗ものでした。
無事だったから、結構淡々と書いてますが
ほんと自分がいて「いない!」となったら
きっと貧血おこしていたと思います。
(極度の緊張で貧血起こした経験2・3度アリ)
ほんと、なにげない毎日の生活にも、実はキケンはいっぱい
あるんですよね。ずぼらな私は、ついついいいかげんになるので
こういうことをクスリにして、気をつけていかねばです。
huwaさんは、その点、子どもの安全や健康管理には
すごく気をつけておられるものね。見習いたいです。
(別件ですが、コメントしそこねたので、ついでに書くと
 子どもたちを大人のいない家で遊ばせない、というのは、
 うちのような田舎でも「常識」です。自信持ってくださいね!)
[2008/11/12 05:12]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。