スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
埼玉日帰り!
行ってきました!
ブログ友達のRYOくんの文化祭を見に
埼玉まで、日帰りで。

その日は、朝7時から、まず学校施設清掃というものがあり
30周年記念ということで、いつもより念入りに
教室の窓拭きもあって、例年より時間がかかり
その後は、子供会の資源回収の当番にも当たっていたのに
肝心の兄ガメは、野球の練習試合で、清掃後出発してしまい
うちは、母だけで、近所の古新聞など運ばねばならず
(でも、珍しく父ガメが出てきて手伝ってくれました!)
ひと汗かいてから、着替えて出発、ということで
仙台を出たのが9時半ぐらいになってしまいました。
向こうの学校にいた時間は、わずかでしたが
でも、行って良かったと思えた日帰り旅でした。
RYOくんは埼玉県内の養護学校に通う高校3年生。
お母さんのmayちゃんは、実は、
私がちょうど3年前に、このブログを書き始めた時、
最初にお知らせして、
一番始めからずっと見てくれている人なんです。
私がブログというものを知って、あちこちのブログを
覗くようになり、その中でぐっと強くひかれたのが
mayちゃん一家の「ほっとあっぷるてぃ」というHP。
家族三人それぞれのブログがあって、
(ちちさんはたまに更新ですけど、RYOくんとははさんは
 ほぼ毎日更新というペース)
そこからあふれる家族の愛情と、
RYOくんを中心とする家族や周囲の人々のつながり、
そして希望と可能性に満ちた歩みなどに
何度も涙したり、心がほんわか温まったり・・・

私が、それまで抱いていた、いわゆる「重度」ショウガイ者(児)
に対する、「大変そう」という思いを
根底から覆してくれ(もちろん、生活面で
手間のかかることはあるとしても)
人の生きる意味を教えてくれる、
命の大切さを伝えてくれる、
私にとって、大事な人生の師匠となりました。
素晴らしい出会いをつなぎあわせ、
次々に「こんなことができたらいいな」を実現させていく
RYOくんやmayちゃんたち家族と、まわりの人々の
関わり方や歩みは、これからの私が目指したい
生きる指針のようなものすら与えてくれるのです。

そして、ユーモアとウイットに富んだコメントで
我々のブログをさらに豊かにしてくれる
名コメンテーターのウッキィ~ちゃんとともに
ブログを通して言葉を交わすうちに、
現実世界の友人に劣らず、
自分の気持ちを理解し共感できる、
大事な存在となっていったのでした。

ウッキィ~ちゃんの軽やかな行動力と気配りのおかげで
私たちは、それぞれに、現実世界でも
会うことができ、さらに親交を深めることとなりました。

でも、これまで三人一緒には会ったことがなかったのです。
今回、RYOくんの学校生活最後の文化祭でもあり、
これを機会にぜひ訪れたいと思い、
最後まで、あれこれ行事も多い時期で迷っていた私でしたが、
前々日ぐらいに、ようやく決意し、
切符の予約も何もせず、その日の流れで
朝の仕事が終わり次第、行くことにしたのでした。
これも、たぶん私だけだったら、実は腰が重い方なので
なんだかんだマイナスの要素ばかりが頭に浮かんで
やっぱり無理だわ、やめよう、となっていたであろうところ、
行動力あるウッキィ~ちゃんのおかげで、
私もよしっと決断することができたのでした。


前日まで、青っ鼻がひどく微熱のあったアイは、
当日起きるまで、行けるかなと心配でしたが、
土曜日に行ったお医者さんのクスリが効いたのか
鼻もずいぶん治っていて、体調の心配せずに
行くことができたのもラッキーでした。
(そのお医者さんは、アイの一学年上のダウンちゃんの
 お父様が、最近開院されたばかりのところで
 近くに、そういう事情がわかるお医者様ができて
 これはもう、超ラッキーです)

アイは新幹線に大喜び。
朝なぜか5時半に起きてしまい、眠いはずなのに、
行きも帰りも、全く寝ませんでした。

電車を乗り継ぎ、ようやくRYOくんの学校に着いたのは
もう12時半近く。
みんなお昼ご飯の時間で、学校は静かになっており
文化祭も二日目とあって、そろそろ終了モードでした。
それでも、展示物を見回ったり、ゲームをしたり
少しは文化祭の雰囲気も味わいました。

スタッフのお母さんたち、みんな元気で明るくて
初対面の私たちにも笑顔で、控え室に入れていただき
和気あいあいとした雰囲気が伝わってきました。

アイは、最初、どこかわからないところに
連れてこられたと思って、かなり警戒していました。
RYOくんにご対面となっても、まだちょっと逃げ腰でした。
始めてディズニーランドで会った時の方が
何も考えず、車いすのテーブルに座らせてもらってたと思います。
たぶんRYOくんは敏感だから、そういうのわかったと思います。
次に会う時には、またリラックスして会えるといいな。
そういうのもまた成長過程にしたがって、
接し方が変わってくるのだろうなと思います。

そして、唯一RYOくんの活躍ぶりを直接見るチャンスである
閉会式の和太鼓を見に行ったのですが、
暗くしてある体育館というだけで、入りたがらなかったのに
大きな太鼓の音がしたら、もういくら抱っこしても
全力で逃げ出し、絶対中に入ろうとしません。
廊下で待つ間に、とうとう太鼓は終わってしまいました。
その後のセレモニーも、ずっと暗い中でやっていたので
アイは相変わらず入ろうとしません。
ところが、そこにmayちゃんがやってきて
アイと何やらお話しています。
そして、アイは、mayちゃんに抱っこされて
なんと泣きもせず、体育館の中に入って行ったのでした。
その時はよくわからなかったのですが、
この日のRYOくんのブログを読むと
「内緒の勇気玉」をもらったらしい・・・
そう言えば、アイが手を丸くして、何かを持っているふうでした。
さすが、mayちゃん!
アイもmayちゃんの魔法のおまじないが効いたようです。

おかげで、閉会式の最後には出られて
生徒の代表の子たちが感想を述べている間
アイは一瞬いびきまでかいて寝てしまったのに
最後のダンスになったら、パッと目覚め
そのうちノリノリになって体を動かして
最後は一緒に「イェ~!」なんてやってました。

文化祭そのものは、ほんの一部しか見られませんでしたが
改めて、この3年ほど、心の支えにもなってきたブログの中の
RYOくんの学校、スクールバス、よく使う電車など
自分の目で見られて、実体を伴うものとなり
そういうのも、たぶんこれが最後のチャンスだっただろうから
やっぱり思い切って行って良かったと思いました。

mayちゃんやRYOくんは、たくさんの人々に愛されているので
この文化祭にも、二日間で幅広い層のお友達が
いっぱい訪れたようです。

ネットを通してだけで、ここまで思い入れられるほどの
素敵な存在を知り、関わることができた私たちも
とても幸せです。

夢と希望に満ちあふれて
今後の活動にも目が離せないRYOくん一家。
これからもずっと、遠くの応援団&友人でいたいと思います。

そして、ちょっと思い切って一歩を踏み出すこと、
相手への思いを行動として形に表すことで
ぐっと世界が広がり、心のつながりも深まることを、
押しつけがましくなく、さりげない行動で教えてくれる
ウッキィ~ちゃんの存在もまた
私にはありがたいものです。

それはけっして、仲良しだけで固まりたいということではなく
これからさらに、自分のまわりのつながりを広げ
深めていくためにも、
より良い環境作りを願って、新しい一歩を踏み出すためにも、
お互いに、たくさんの刺激をもらい、
それぞれの世界で頑張るエネルギーに
変えていけたらいいなと思っています。

いい出会いに改めて感謝した一日でした。
スポンサーサイト
[2008/10/20 16:38 ] | 出会い・人・モノ | コメント(4) | トラックバック(0)
<<大越 桂さん 講演会 | ホーム | 「英語であそぼう!」>>
コメント
いいことしましたね
お会いしてきたんですね、それはよかったですね。文字の向こうの君を見るより、本物に触れられて、実感できて、喜びもひとしおと思います。
背中を押してくれた方いたこともそうでしょうが、自らが行ってみようかと思ったことが、実際に出かけることにつながったんだと思います。
良い出会いだったと思います。
[2008/10/20 18:24]| URL | 大介パパ #RXjsLQls [ 編集 ]
ありがとう!
そうか!ここを読むまで忘れていました!
そういえば 私たち3人で会うのは 初めてでしたね!!

本当に昨日は 遠路はるばるRYOの最後の文化祭に来ていただいて
喜びが爆発、感激、感謝でいっぱいで なんと表現してよいのか・・・
ありがとうございました!
そして まさか アイちゃんも連れて来てくれるとは
夢にも思いませんでした。日帰りの強行軍だったから
もし来てくれたとしても カメちゃん一人と思っていました。

わずかな時間で 本当に申し訳なかったけど
私たちとしては 普段ブログで話している様子を
一目でも実際に見てもらえた事が 何よりも嬉しかったです。
たくさんの先生のサポートも 是非カメちゃんには見て欲しいと思っていましたから。

アイちゃんにあげた内緒の元気玉は 手のひらには 何もないのに
ちゃんとアイちゃんは 受け取ってくれました。
そして 私の気持ちもちゃんと受け取ってくれて
一緒に体育館に入ってくれました。
アイちゃん すごくよく分かってますよ!

そして RYOとの対面の時、「こわい」って言うかな~って思ってたけど
ちゃんと握手してくれて 感激でした。
きっとお互い TDLで会った事を 何気に覚えていたのでしょうね。

アイちゃんは 短時間でみんなのアイドルでしたよ!
ちちともお手手つないで歩いてくれて
家に帰って「アイちゃん すんなり手をつないでくれたなぁ(*^。^*)」
って喜んでいた ちちです。

ウッキィ~ちゃんは 最初 私たちが励ます立場だったのに
いつの間にか 私たちがイッパイ刺激をもらっていますね。
たくさん知り合う人はいますが、こうして人生に関わるような出会いって
なかなかないなぁって思います。
これからも宜しくお願いします。

最後に・・・本当にありがとう!
昨日来てくれたこと、キラキラの宝物になりましたv-352v-353
[2008/10/20 23:28]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
大介パパさんへ
そう、やっぱり何でも実際に行ってみる、見てみる、触れてみる、
そういうことって、大事ですよね。
大介パパさんは、よくご家族を、いろんな場所に連れていらして
その点、いつも素晴らしいなと思っていました。
東京なんかは仙台からは、そう遠くはないのですが
「世界ダウン症の日」のイベントなども、遠いから・・・と
全然行くことなど考えてなかったのに、大介パパさんは
軽やかに、大介さんを連れて行ってらっしゃいましたものね。
うちは、夫もインドア派ですが、私自身もなかなか思って
いるだけで、行動に移せないことも多いので、ほんと
子ども達は「体験」に乏しくて、ちょっと申し訳ないくらい。
今回は、思い切って行けて良かったです。

[2008/10/21 05:50]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
mayちゃんへ
こちらこそ、いろいろお世話になり、どうもありがとう!
私は割と、どこへ行くにもアイを連れて行くので(飲み会にも!)
今回も行くとすればアイも一緒、と最初から思っていました。
(まあ、父ガメも仕事が入っていたし、おばあちゃんにも
 長時間は預けられないという事情もありますが)
引っ込み思案の私も、アイがいると、人と話しやすい、
というところもありますしね。
今回も、アイには、たくさんの人に声をかけてもらい
嬉しかったです。
ちちさんにも手をつないでもらったし。
ただ、アイがいると、ゆっくり落ち着いては話ができない
ですけどね。(ウッキィ~ちゃんにはご迷惑おかけしました)
母だけの時と、一緒の時と、どちらもバランス良く
楽しめるようになるといいなと思います。

アイは、「イヤ」と言い出すときかなくて、
もうあの時も、いくら無理やり抱っこしても
力ずくで逃げてしまっていたので、あきらめていたのに
mayちゃんの「元気玉」のおまじないで
すっと抱っこされて行ったのには、本当に驚きました。
mayちゃんには、ほんと人を魔法にかける力があるかも!?
と思いましたよ。

ウッキィ~ちゃんのことは、ちょっとこの記事では
説明不足でしたが、mayちゃんの記事やここのコメントで
触れてくれてありがとう。
ほんと、最初はMayuちゃんが生まれたばかりの頃で
「うじうじ母さん」という名前で書いていたことなど
忘れてしまうくらい、あっというまに「ウッキィ~母さん」に
変わって、こちらが励まされることも多くなりました。
mayちゃんの記事にあったように、私たちは
「文通」友達という言葉が合う、実は古風な(?)
関係なのかもしれませんね。

そして、今回、三人で会うことが初めてとは思えないほど
会った瞬間から、昔からの友達どうしのような感じで
話ができたこと、本当に嬉しく思います。

またいつか、何かの機会に,ぜひ会いたいですね!
仙台も「とっておきの音楽祭」とか、いろいろイベント
用意して(?)お待ちしておりますので、そのうちどうぞ!
[2008/10/21 06:13]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。