FC2ブログ
キャンプ
初めての「本格的」キャンプに行ってきました。
野外活動は何度か行ったことあるけれど
(子どもの時にも、引率でも)
テントに寝袋で寝たのは、この年になって初めてだったかも・・・
なのにアイは、たった5歳で、もう経験できて、良かったね!?

今日から帰省するので、その荷造りもあるし
まだ山のような洗濯物もあるので、
こまごまとはご報告してる余裕もなく、さらっと・・
(のつもりでしたが、やはりいつものようにダラダラとなりました)
キャンプの前日は、仙台も真夏日で
炎天下の中、午後にプール当番。
去年、おぼれそうになった子が出たとかで
今年は、日陰ではなく、かんかん照りのプールサイドに
ずっと立って監視です。日差しが強く、きつかった~。

午前中は、キャンプの準備をするつもりだったけど
妹家族が仙台七夕見物がてら家族旅行に来ていて
せっかくだからとうちにも寄ってもらい、
送り迎えやら何やらであわただしく過ぎ
プール当番の後も、保育所のお迎えに行き、
兄ガメのピアノのレッスンがあり、
また妹家族と街で会食の予約をしていたので、そのまま出かけ
帰ってきたのは10時半頃。
それからお風呂に入って、アイが寝たのは11時過ぎ。
(母はそれから荷造り始めて、寝たのは1時頃)
アイが翌朝起きられるか心配でした。。。

自分のお泊まりの荷物だけならいいけれど
今回は、食器やら調理器具やら
そして大量の食材もあるので、すごい荷物。
私の担当はカレー材料。
お肉だけは、当日の朝24時間スーパーに買いに行きました。

そんなこんなで荷物の準備に朝ギリギリまでかかり、
アイを起こす余裕もなかったら、
8時半集合なのに、アイさん、8時10分まで寝てました。
それから急いで半分寝ている状態で着替えさせ
車に乗せて(朝ご飯用に、パンと野菜ジュースを持ち)
何とか学校に到着したもの
着いたとたん、苦労して作ったペットボトルランプを忘れ
ダッシュ。その後もう一度忘れ物取りに走りました。
出発するまでに疲れた母でした。。。

出る時は、前日と同じく暑そうなお天気で
キャンプサイトが開くまで、途中に寄った公園では
子どもたちにかき氷をごちそうしたくらいでしたが
キャンプ場に着くあたりから雲が多くなってきて
涼しくなってきました。
もう暑さ対策ばかり考えていたので
長袖長ズボンなど寒さの備えは手薄で、
しまった~という感じ。
夜には小雨も降り出し、寝ている時には
ぐんぐん冷えて、ほんと寒いくらいでした。

それでも、朝には雨も上がり、
予定通りすべてこなせて良かったです。

ペットボトルのランプは、本当に役に立って
まったく山全体に灯りがないので
懐中電灯なしではあるけないし、
自分のテントにたどり着く道もわからないので
最初に通り道沿いに点々とランプを置いて
寝るまではそれを頼りに歩くことができました。
何しろトイレまでも遠いし、橋のような渡り板も
通らねばならないので、このランプがなかったら
ちょっと大変だったかも。

20080811055810.jpg

(昼間はこんな感じで気持ちいい山の中ですが)

ランプの下には色つき水を入れて、
色とりどりのランプになって、なかなかキレイでしたが
写真を撮る余裕はなく、残念!!
(そもそもカメラを忘れて行ってしまいました・・)

茂みにいろんなキノコをみつけて喜ぶアイ。

20080811055812.jpg

このペットボトルランプ作りの仕上げ
ストラックアウトゲームの後は
カレー作り。
兄ガメたちの手つきも、かなりあやしくて
見ていて、ハラハラ(イライラ?)しましたが、
アイも、はりきってにんじんを切っていて
ちょっと目を離したすきに
自分の指も切ってしまい、大泣き。
家だと、ぴったりくっついてやるのですが
あれこれ他のことにも気が取られて、動いていると
つい、アイへの目配りが欠けてしまいます。
ごめんね。まあ、でもたいしたことはなく
絆創膏ぐらいで済む傷でしたけど。
「痛いの痛いのとんでけ~」で泣きやみました。

そして夕食後にはお決まりのキャンプファイヤー。

20080811055814.jpg


このくらい大きなファイヤーは久しぶり。
アイは初めてで、最初こわがって
「おうちかえる~」と言ってましたが
「今日はもうおうちに帰れないんだよ。」と言い
「ほら~、あったかいよ。キレイだね。」と言ってたら
だんだんに慣れてきました。
花火の音にもこわがっていましたが、でも
これも花火の美しさに、「キレイ~」と言うようになり
ちゃんと見てました。

子どもたちの、にわかづくりのしょぼい(?)スタンツで
(学校の野活と違い、話し合いも練習もしてないから)
それなりに盛り上がり(学校の先生のモノマネとかで)
楽しく終わって、シャワー。

このキャンプ場は、トイレとシャワーが一応
山にしては立派なのが着いているだけありがたかったです。

ところが、私たちのサイトから歩いて5分のはずのシャワー室。
母たちの第1グループが出発して、歩いても歩いても着かない。
すっかり迷ったようで、坂道を上ったり下りたりして、
やっと地図の立て看板をみつけて、なんとかたどり着きましたが、
アイを抱っこして坂道を30分上り下りしてすっかり疲れました。
(おかげで寒い山の夜だったのに、汗をかきました)

夜は、子どもたちが寝た後、親たちの懇親で
いつもは飲み会も、お茶で済ます私も、この日は帰る心配もなく
気楽にお酒をいただいて、ちょっと嬉しかったです。
でも、アイが眠そうなので、私は早めにテントに戻りました。

結局子どもたちも、それぞれのテントで遅くまで
話し声が聞こえ、ずいぶん夜更かししたみたい。

翌日は、子どもたちは沢登り、にじますつかみ。
その間に留守番部隊の母たちは昼食準備。

取ってきたニジマスが焼けるまで時間がかかり
昼食を終え、全部キレイに片付けると2時過ぎ。

ようやく出発。
体は疲れたけれど、母もなんだかワクワク楽しかったキャンプでした。
まだ5年生だから気楽だったのかな?
今年は、6年生のお母さんたちは、なんだか大変そうでしたが
(いろいろ事前にもごたごたあったので)
来年の6年はチームワーク良くやるぞと、今から気づいたことなど
ちょこちょこ話し合ってメモしたりして、協力体制バッチリなので
大丈夫そうです。やはり同じ事をするにも、人間関係で
疲れの度合いも違ってくるような気がします。
どうせやるなら、親も楽しい気持ちで臨みたいものです。

子どもたちは帰りの車の中は爆睡だったようですが
アイはなぜか全然寝ないでずっとはしゃいでました。
家に帰っても、私の洗濯が終わるまで結局寝ないで
9時過ぎまで起きていて、たぶん疲れがたまっていると思います。
寝る前になって、急にドロドロ鼻水が!!
わお~。実家に帰省するのに、大丈夫かしらん。
熱だけ出ないことを願います。。。
とにかく薬を飲ませて寝かせました。

夜も鼻がつまって寝苦しそうでした。
今日起きてからの体調がちょっと心配ですが
なんとか、楽しく実家にも行ってきたいと思います。

というわけで、これから15日まで帰省、
帰ってきてすぐ16・17日と試合が続くので
またしばらくブログもご無沙汰すると思います。
皆様も、よい夏休みを!
(お盆休みない方、すみません。お疲れ様です!)

スポンサーサイト



[2008/08/11 06:51 ] | 家族・子育て | コメント(6) | トラックバック(0)
<<帰省の報告 | ホーム | ハイタッチ>>
コメント
ご飯美味しかったですか
キャンプ楽しかったようですね。
うちはよく行きました。

夏休みも、5月の連休も、よく行きました。
キャンプに行くためにテントも寝袋も食器セット、コンロ、エアーマットも揃えました。
その頃の車もわざわざこの為にバンにしたくらいですから。

アイちゃんも兄ガメさんも、それは楽しい思い出が出来たと思います。
キャンプでは、カレーは定番ですね。

ご飯は旨く炊けましたか?
電気炊飯器でないので水加減もありますもんね。
[2008/08/11 18:13]| URL | 大介パパ #RXjsLQls [ 編集 ]
すごいぞカメさん!
とーってもハードなスケジュールをこなしていますね!
でもとても生き生きして感じるのは私だけではないと思います。
キャンプ!ですか?
そう言えば私はキャンプはしていないのです。
テントを使わない飯盒炊爨(野外調理)は経験はありましたが…
寝袋は以前特殊警備のときに利用しただけ!

で、新潟中越地震の時に行なったテント暮らし!
寝袋、コッヘル、ランプ…etc
電気の届かない時間もあり、かなりのサバイバル体験でした。

中でも極め付きはテント内で体験した震度5強の縦ゆれ!
アレは凄かったですよ!

アイさんの身体に気をつけながらも、行ってらっしゃーい 
[2008/08/12 01:35]| URL | 桜狸 #ONVmrvNQ [ 編集 ]
多忙
忙しい2日間でしたね!
文章からもその忙しさが十分伝わってきます。
アイちゃんの料理も段々上手になっているのでしょうね。
女の子だから特に料理に興味を持つ年頃ですね。
[2008/08/13 16:05]| URL | Angel RISA #JalddpaA [ 編集 ]
大介パパさんへ
わ~、大介パパさんは、アウトドア派だったのですね。
コンピュータにも詳しいのに、畑仕事やアウトドアの活動も
お得意とは、健康的でうらやましいです。
うちの夫は、完全にインドアのオタクなので、余暇については
全く頼りになりません。
少々不便でも、こういう生活を楽しめる人って、たくましくて
素敵だなと思います。そう育ってほしいものですが、
うちの子どもたちは、自然の中での生活体験が少なくて
かわいそうというか、何か欠けている気がしてなりません。
大介さんちは、いいですね~。
うちも、他力本願で、野球のおかげで、我が家になかった体験を
いろいろさせてもらえて、ありがたいと思うことにします。
(父ガメだけ仲間はずれですけど・・・)

ご飯は、かたすぎたり、とてもおいしかったり、いろいろでした~。
やっぱり水加減火加減、難しいですね!
[2008/08/18 07:44]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
桜狸さんへ
まあ、桜狸さんの方が、すごい体験をなさっているじゃありませんか!

震災地でのサバイバル生活の方が、リアルに大変だったと
思います。

いずれにしても、そういうのって、全く体験がないよりも

どこかで経験しておく(できれば何度も)って大切ですよね。

どんな環境でもやっていけるという自信がつくかもしれません。

私もキャンプが終わって、ホッとすると同時に、やはり

どこでもアイを連れていても「何とかなる」という自信みたいな

ものを持つことができました。なんてまだまだ甘いですけど。

キャンプまでは気を張っていたからいいのですが、

実家から戻ってからダウンしちゃいました。まだまだ

サバイバル生活に耐えられるだけの体力には足りなさそうです。。

(単に、年のせい、という話もありますが・・)
[2008/08/18 07:52]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
Angel RISAさまへ
いや~、「忙しい」とか「大変」とかいう言葉は、自分の
能力のなさを露呈するもので、あまり使わないようにしたいと
思っているんですが、やはり人間が未熟なもので、ついつい
「私はこんなに忙しいのよ~」って騒いでしまいます。
お恥ずかしい・・・ブログには、そういう「一人言」ではなく
人が読んで楽しい話題だけ、簡潔に書きたいものだと思いながら
ついつい、日記代わりにダラダラ書いてしまって、読んでくれる人に
申し訳ないです。。。

アイは、今のところ「お料理」大好きで、ふだんも
よく台所に来て、手伝いたがります。玉ネギの皮むきや、
ニンジンの皮をピーラーでむいたりは、一人でやらせます。
包丁を使う時は、まだ一緒に手で持ちますけどね。
このままお料理好きで育ってくれて、本当に自分でいろいろ
できるようになるといいなと思いますが、大きくなるにつれ
やらなくなるような気もします。。(兄がそうなので)
[2008/08/18 07:59]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |