スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
夏まつり
そう言えば、書くのを忘れていて
ずいぶん前の話になってしまいましたが
先々週のポーテージの勉強会があった日の午前は、
保育所の夏まつりでした。

去年は、保育所で初めての、親子が集まる大きな行事で
ドキドキして臨み、結局アイが、
全然みんなと一緒に行動できなかったこと
やっぱり「統合枠」の子たちが目立っていたのを
目の当たりにして、何となく落ち込んだ覚えがありますが、
去年の夏まつりの記事参照)
その後、すっかりアイも保育所に慣れ、
ふだんは図々しいくらい大きな顔(?)をしているので
今年は、たいして心配などもせず、ごく普通に
あー、夏祭りだなあ、としか思わずに参加しました。
しかし、それは甘かった。。。
去年は、みんながかつぐ、おみこしの棒に
全然手が届かないので、
担任の先生が、カラフルなねじりひもを作って、
棒につけてくれて、そのひもを持ってついていくように
工夫してくださったのですが、
今年は、さすがに一つ下の子も多いので
おみこしの高さも、何とかアイでも届くようで
練習では、はりきっておみこしかつぎに
参加していましたよ、という話だったし
去年のことなどすっかり忘れていた私は
ほんとに何も考えずに
(その当日も、その前後もスケジュールびっしりで、
それをこなすのに精一杯で、夏まつりの内容にまで
頭が回らなかった、というのが正直なところですが・・)
夏祭りに参加しました。

父ガメは出張。兄ガメは野球。
じいちゃんばあちゃんが見に来てくれましたが
カメラ担当は私しかいないので、
デジカメでビデオも代用しちゃいました。

おみこしのそばで待機するアイ。
この日は、みんな浴衣か甚平、
一つ上のクラスの子は、そろいのはっぴを来ています。
アイは、実家の母が作ってくれた浴衣もあったのですが、
私では丈を直せなくて、2年前に買った甚平がまだ着れたので
そちらにしました。

おみこし前

兄のお古の、犬帽子は、クタクタなんですが、
みんなに「カワイイ!」と言われて、喜んでかぶっています。

さて、いよいよ出番が近づき、スタンバイ。
アイは赤い浴衣の背の高い女の子の後ろに並んでいることを確認。

おみこしスタンバイ

音楽が始まり、みこし隊が動き始め、
ここから、ビデオに切り替えました。

がっ、カメラ越しに見ると、さっきの赤い浴衣の子の後ろに
いるはずの、アイがいない・・・・
カメラをゆっくり少しずつ後ろにずらしていきますが、
とうとう最後尾まで行ってもいない。
あれ?あれ?どこへ~?
と思いながら、そのままビデオ越しに見ていたら、
もう一人の子と一緒に、先生に連れられて
列の最後にアイが加わりました。

ただ、例の、人前で恥ずかしい時のポーズの
すっかり下を向いた状態のままで
一応おみこしの棒にはさわって
何とかその後は、最後まで列について歩いていきました。
終わる頃になって、ようやく顔を上げたアイでした・・・

久々に、うつむいたままの恥ずかしがり屋アイを見て
ああ、まだこういうところは変わってなかったんだ~、と
まだまだ克服しなくてはいけない壁があることも
改めて認識しました。
(この分だと、今年の発表会も、下向きのままかなあ・・)

というわけで、あやうく、
今年もおみこしをかつげずに終わりそうで、
一気に去年のことを思い出し、焦りましたが、
何とか今年は、列に加われて良かったです~。

おみこしの場面は動画の方しかないので
うつむいたアイの写真を載せられなくて、残念です。
(動画もそろそろトライしてみると良いのですが
皆さんご存じのように、とても今その余裕はありません。
メールのパスワードの再通知が来たのに、いまだに
設定ができないで、四苦八苦している私です。。。)

さて、年長さんのカッコイイ勇み太鼓や
小さい子たちのかわいい踊りなどの
オープニングセレモニーが一通り終わると、
後は、親子で各コーナーを回るばかりになると
アイはすっかり元気になって、
去年は時間内に全部を回りきれなかったけれど、
今年は全部のコーナーを回ってゲームや工作など
楽しむことができました。

くじびきのコーナーでは、この保育所に時々出没する(?)
謎のキャラ「ばら子」が登場。
(保育所の先生方、芸人が多いですが・・これは特にキョーレツ!?)
アイは、ちょっとビビりつつ、一緒に写真におさまりました。

バラ子と




なんだかんだで、今年の夏まつり、
ちょっと油断していた分、途中少し焦りましたが
まあ、去年から考えると、やはりずいぶん成長していますね。
多少は課題も残しておかないと、来年の楽しみがないので
こんなもんで上出来としましょう。。。
母の方も成長したのか、全く落ち込んだりはせず
むしろ、久々の恥ずかしポーズのアイが、かわいいくらいでしたし
(あまりにこの頃きかん坊で、かわいげがないので)
列からはずれたことも、笑っちゃっただけでしたね。
家に帰って、「おみこし、頑張ってかついだね。」と
みんなでほめて、アイも得意そうでした。

だから、その時には、最初いなくなったことや、
うつむいていたことなどについては、
もちろん何も触れなかったのですが、
アイがいつのまにか、デジカメの操作もかなり覚えて
まだデジカメに入ったままの、おみこしの時の動画を
自分で勝手に再生して、何度も繰り返し見ているので
(ナルシストのアイは、自分の写真や動画を見るのが大好きで、
 そのためにPCもしょっちゅういじりたがるのです)
ある時、わきで実況中継をつけてやりました。

「いよいよ、おみこしが始まりました。
 かえで組さん、カッコイイですね~。
 あらっ、アイさんがいません。
 いったいどこへ行ったのでしょうか。
 おかしいですね~。さっきまで○○ちゃんの後ろにいたのに。
 あ、誰か先生に連れられて、後から入ってきました。
 あ、あ、アイちゃんです。あ~良かった。アイちゃんがいました。
 おや、アイちゃん、どうしたのでしょうか。
 なぜか、下を向いたままです。おかしいですね~。
 下を向いていると、お顔が見えません。残念ですね~。
 お~い、アイちゃ~ん。こっち向いて~。
 どうして下を向いているのかな。恥ずかしいのかな。
 でもお顔が見たいなあ。。。
 あ、おみこしが終わりました。みんなよく頑張りましたね。
 おっ、アイちゃんが、ようやく顔を上げました。
 あら、かわいいですね。最初っから、お顔を上げると
 良かったですね~。」なーんて具合にね。

ちょっと意地悪だったかな・・
でも、次に一人で見る時、まねして、
自分で「なんで下向いてるの~」と、つっこんでました。
少しは意識してくれたかしらん。。。









スポンサーサイト
[2008/07/27 00:00 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(8) | トラックバック(0)
<<映画デビューならず・・ | ホーム | ポーテージのこと>>
コメント
お祭り
神輿の高さまで成長したのはうれしい限りですね。紐をつけてくれたというのもいいエピソードですが、やっぱり特別扱いされた感じがありますもんね。でも、うつむいてしまったのは残念ですね。その後ビデオを何度も見ているところを見ると、そのときは恥ずかしがり屋の面が出てしまって、ちょっと後悔しているのでしょうね。来年こそは普通の子以上に盛り上がりそうですね。
[2008/07/27 08:00]| URL | Angel RISA #JalddpaA [ 編集 ]
Angel RISA さまへ
ありがとうございます。そうですね。アイの方の身長も、少しは伸びたから、おみこしに届くようになった、という点を忘れていました。まわりの子が1つ下が多いとは言え、去年みたいに、頭2つ分もは違わないですもんね。だから、去年みたいに、赤ちゃん扱いではなく、ケンカしたり「アイちゃん、きらーい!」なんて言われたりするのも、むしろ対等になってきた証拠なんだなと思うと、それは嬉しいことでもあるんですよね。恥ずかしがり屋の面は、克服できるのかどうかアヤシイですけど、今より少しでも進歩してくれればと思っています。
[2008/07/28 05:40]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
アイちゃ~ん、うちのすてぃっちお姉さんと一緒だね~^^
だって恥ずかしいんだもんね~。
アイちゃんママぁ、恥ずかしいって思うってことはさぁ、それだけ内面的に「大人」ってことなんだよ~、だから気にしない、気にしない^^

ワタクシごとですが、私、小学校2年生の頃まで学校で声を発したことがないくらい恥ずかしがり屋でした。先生にも随分心配をかけたらしいです。親にもそのことでひどく怒られていました。でも恥ずかしいんだもん、、、、
それが高学年からは人が変わったように人前でも話せるようになり今では・・・この話まったく誰も信じてくれません。とほほ。


[2008/07/28 20:26]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
tiisai-ningyoさんへ
う~ん、そうですよね。うんと小さい頃は、「恥ずかしい」
という感情はなかったものね。それだけ内面が成長しているという
ことなんですよね。

それに、tiisai-ningyoさんのコメントで思い出しましたが、私も、小学校時代はすごく恥ずかしがり屋で、授業参観に行っても、先生にあてられないように、手を小さく肩までしか挙げてなかったって、母からよく言われました。小学校の時のの担任の先生は、私が人前で話をする教員になるとは・・って、驚いてましたからね。今も、多少その恥ずかしがり屋の面は残っているんですけど(ほんとよ!)、人って変わるもんですね。でも、自分のことを思い出せば、アイが恥ずかしがり屋なのも、なんかわかる気がしてきて、「なんで~」という気持ちは消えて、むしろかわいく思えてきました。tiisaiさん、いつも、肩の力を抜かせてくれる、ナイスなアドバイス、ありがとう!
[2008/07/29 05:39]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
遅コメでごめんなさ~い。
改めて去年の記事を読んで来ました!自分の書いたコメントも。

まずは ホントにアイちゃん、大きくなりましたね!
すごくお姉さんらしくなって 昨年から1年しか経ってないなんて
信じられないくらいです。

昨年の自分の書いたコメント見て、やはり
アイちゃんは毎年 確実に成長しているんだと改めて感じました。
苦手なこと、物怖じしてしまう場面、そういう事は誰にでもあります。(こんな私にも・・・^^;)
でもきっと 経験を積んで行く事で そういう時の自分の気持ちの切り替えや
取り組む方法などが アイちゃん自身の中にも
ゆっくりだけど芽生えて行くのではないかしら。

そして 保育所では 普段いない保護者が見に来る行事も
多いだろうから そういう 普段と違った様子は
アイちゃんにとっては 徐々に慣れて行くものなのでしょうね。

遠くの親戚のおばちゃん状態の私は
アイちゃんが小学校に入学した時
名前を呼ばれて「はい!」って元気に答えられるように っていうのが
密かな願いでございま~す。

[2008/07/31 00:09]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
まずは忙しい合間にも参加できて写真も動画も撮れて良かったですね!見てやれるそれがまず第一だと思います。
さらに、先生が考えて準備してくださったカラフルな持ち紐もありがたいですね!私、そんなお話を聞いただけでもうウルウルです。。(TT)

下をむいちゃうアイちゃん、私は大好きです。
うちのなんか、最近カメラ嫌いでプイてあっちを向いてしまってなかなかいい写真が撮れなくなってしまいました。それもこれも成長の中の過程だと思ってますが、・・・。
でもアイちゃんは「どうして下向いているの?」って自分の姿につっこみいれたりして、おもしろーーい。
いや~、いつか、りこたんのお母さんもアイちゃんとおしゃべりしてみたいな~v-10

うちはいつになったら、夏祭り参加出来るかな~
[2008/07/31 09:23]| URL | ファンタジア #RVcFyNpA [ 編集 ]
mayちゃんへ
えっ、えっ、誰が物怖じしてしまう面もあるですって!?
なーんて、ほんと、自分のこと考えても、あるいはどんな
度胸がありそうな人(mayちゃんとは言ってませんよ)でも、
誰でも特別な場では緊張したり、物怖じしたり、普段と違った
気持ちになりますもんね。まだまだ人生経験浅い、というか
スタートしたばかりのアイが、恥ずかしがっても、それは
仕方ないことかもしれませんね。ついつい、期待過剰になって
ました。ほんと、母子通園時代の、返事もしない、体操もしない
という、あまのじゃくぶりからいったら、これでも、ずいぶん
進歩してますよね。できるのにしないのには、何かしら、アイなりの
理由があるんでしょうから、そこをもう少しくみ取ってあげなくちゃ
いけないのかな。

こうやって、ブログに書き、みんなのコメントをもらって、
冷静に考え直すことができるのも、またありがたいことです。

ある意味、ショウガイ児なんだから、できなくて当たり前というか
へんにいじけて言っているのではなくて、なんかみんなと
同じように行動させなくちゃ、みたいに思いこんでいたけど
何でもみんなと一緒にできたら、別にショウガイ児ではない訳で
できない部分をいかに受け入れ、またそれに対し、いかに工夫し補うか
そういうところがショウガイ児の親としての醍醐味でもありますしね。

それにしても、「遠くの親戚のおばちゃん」みたいな存在が
こうして成長を一緒に見てくれるのは、何とも心強い限り。
母が今のことに追われて忘れていた、1年前2年前の状態を
思い出させてくれて、どれほど成長したかに気づかせてくれる
ありがたい存在です。これからも、遠くの「おばちゃん」として
見守ってくださいね~。
[2008/08/01 11:10]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ファンタジアちゃんへ
ファンタジアちゃんみたいにマメにブログを更新してないし
すぐに忘れてしまうので、すっかり記事にするのが遅くなりました。
ほんと、日々いろいろ書き留めておきたいことがあっても、
なかなかPCに向かえないと、あー、もっと書きたいのに、って
焦る気持ちもわかります。私はそこで、ま、いいや、と流して
しまうので、そのままボツになったネタも数多くあります。
アイの成長記録としては、全然歯抜け状態で、後輩のママたちには
さっぱり参考にならなくて、申し訳ない。。。

さて、りこたんも、自己主張が強くなってきて、親の思い通り
動いてくれない時期に入りましたね。でも、そういう時、
家族が多いと、いろんな人が違ったアプローチをできるので
りこたんにとってはいいと思います。母と二人で対峙していると
だんだん煮詰まってくるので・・・(あ、こういう「煮詰まる」の
使い方は誤用なんですよね。たいていのヘンな日本語には気づく
方だと思っているんですが、「煮詰まる」を「議論を尽くして
機が熟す」という意味が本来だとは知りませんでした。すみません、話がそれました)
家族以外でも、保育所の先生、療育の先生など、第三者の目が
入るって親子双方にとって必要なことなんでしょうね。

りこたんも、そのうち、はりきって地域や保育所の夏祭りに
参加することと思います。うちも町内の盆踊りやいろんな機会に
できるだけ連れて行って、たくさんの体験を積みたいと思います。
お互い、これからの変化を楽しみにしましょ。

[2008/08/01 11:24]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。