スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
お友達とのトラブル
アイが、なんとなく仲間はずれにされているようだと
ちょっと前まで、いじけていた母だったけれど、
最近は、それとは違った心配が・・・
アイが、実際に、お友達に嫌われるようなことしているのが発覚!!
がび~ん

でも、そのことは、何とか直していきたいと思いながらも、
そういうはっきりした理由がわかって
逆に、ちょっと安心した気持ちも。。。




先日、お迎えに行って、帰りの用意をするので
教室に入ると、みんな外で遊んでいるのに
一人の女の子だけ、お部屋で遊んでいました。
冬場は、体調悪い子も多くて、半々ぐらいになるけれど
さすがに今の時期は、あまり自由遊び時間に
室内で過ごすという子はいなくて、
一人さびしそうでした。

実は、その子(Nちゃんとします)は、
前に、「リーダー格の女の子で、ずっとアイを
無視するようにしてきた子が、最近は声をかけて
くれるようになった。」と書いたのですが、
その子と仲の良い子で、リーダー的な子が変わっても、
なぜか、このNちゃんだけは
その後も、こちらから声をかけても
全然返事も返してくれない、唯一の子だったのです。

でも、この日、Nちゃんに
「ちゃんと一人でお部屋で遊んでいて、おりこうさんだね。
 今日はお風邪なの?」と声をかけると
「ううん。おなかが痛いの。」との答え。
「そっかー。おなかが痛いのか~。
 早く治るといいね。」なんて話している間に、
アイが、Nちゃんのやっていた
ジグゾーパズルに興味を持って、
自分もやりたがったので、
「Nちゃんは、お腹が痛いから、お部屋にいなくちゃ
 いけないんだよ。アイちゃんは、お外で遊んできたでしょ。
 これは、Nちゃんが遊ぶんだから、今日はやらないよ。」
「アイちゃんもやるー。」
「だめ。今日はもう帰るよ。」
などと、しばらくアイと問答していました。
そうすると、Nちゃんが、「ほら、できたよ。」と
完成したパズルを見せてくれて、
「わー、すごいねえ。こんなたくさんのピースの
 難しいのも、一人でできるんだね。」と言うと、
Nちゃんも、やっとニッコリしてくれました。
そして、おうちのおもちゃのこととか
自分から、少しずつお話もしてくれました。

いよいよ帰ろうと思って、
パズルに手をかけていたアイを、
「今日はダメ!」と、ちょっと強く引っ張ったら
アイは、いつものかんしゃくを起こして、パズルを投げたのでした。
「アイちゃん!! そんなことしていいの?」
かなりキツイ口調で言ったら
この時は「ごめんなさい」とボソボソ言いました。
(最近また、きつく言うと、ますますエスカレートすることもあって
 前みたいに、母子バトルに突入することもしばしばなんですが・・)

そのやりとりを見ていたNちゃんが
「アイちゃんね、私の髪の毛も、ギュッと引っ張るんだよ。」
と言ったのです。
「あら、そうだったの。ごめんね~。痛かったでしょ。」
と謝りました。

そうか、そういうことあったから
仲良しさんが、アイに愛想良くなっても、
Nちゃんだけは、声をかけたくなかったんだ・・・
Nちゃんには申し訳なかったし、
アイに、そういうことはいけないと教えていくのは
これからの課題だけれど、
でも、Nちゃんがアイを嫌っていた理由の一つが
わかって、少し、安心もしました。

ただ、ほんとに、どうも最近のアイは、また
すぐ手が出るようになってきたので、
これは、私自身が、アイの態度にイライラすると
強い口調で責め立ててしまったり
強く手を引っ張ったりという、
虐待まがいの母になることがあって、
(後になると、なんで、こんなにかわいいのに、あんなに
 イライラしちゃうんだろうと、自分でも理解できないのですが)
それも悪影響を与えているだろうから
自分自身の問題としても、
これからの大きな課題です。


それから最近、もう一つ、ヒヤヒヤすることが・・

この頃アイは、保育所の新しいクラスのお友達の名前も
ずいぶん覚えて、家でも何人かのよく名前を言っています。
ふだん遊んでいる様子を見ると、
その子たちと特に親しいというわけでなく、
名前の音の感覚が面白いみたいで、
意味もなく、ただ名前だけ一人言のようにつぶやいています。
「真山」くんという子がいるのだけど
何度直しても「まやまや○○くん」と言ってたり、
ちょっと変わった名字の名前がお気に入りだったり
アイは、小さい頃から、意味とは関係なく
音遊び的に、口から音を発することが大好きだったので、
その感覚なんだと思います。
(一人しゃべりは、前ほど気にならなくなってはきたけど)
ところが最近名前に関して、妙なクセが・・

クセというのか、なんというか、
お友達をみつけて、名前を呼ぶのはいいのだけれど
なぜか最近やたら呼び捨てにするのです。
「あ、○○だ。○○~」という具合に。
いや、親しいお友達との間ならいいけれど
アイの場合、そんなこと関係ないから、冷や汗もの。
相手の子やそのお母さんは
なんだと思うんじゃないかって。
保育所の先生は、ちゃんと「○○ちゃん」「△△くん」と
呼んでいるから、人のまねしているわけでもないと思うのだけど、
その子のお母さんなどが、自分の子は名前だけで呼ぶこともあるから
それを聞いて、そのまま真似しちゃうのかなあ・・・

と思っていたら、先日は、なんと先生にまで
「○○子~」と呼び捨てで呼んだので、
ひっくり返りそうになった。
どうも「真似」ではなく、名前には何もつけない、
という、自分なりの何か法則ができてしまったのか・・・
このへんな習性はどうして出てきたんだろう。。。
先日は、今まで自分のことは、必ず「アイちゃん」
と言ってたのに、
突然、「これアイの~」と言って
それにもちょっとビックリした。
(自分のことなら、ちゃんをつけない方が
 幼さが少なくなっていいんだけど)

私が一緒にいる時は、その都度
「◇◇くん、でしょ。」と言い直させているけれど、
日中、保育所では、どうなんだろう・・と心配。
保育所の先生に聞いたら、やはり
他の先生にも「☆☆恵~」と呼んだりしてたらしい・・・
「すみません」と平謝り。
先生は笑って、「アイちゃんならかわいいから許しちゃう」
と言ってくれるけれど、
やっぱり生意気ですよね~。
お友達には嫌われないか、心配です。。。

ただでさえ、この頃ますます我が強くなってきて
お友達とおもちゃを取り合ったり
年上のお友達が何か教えてくれようとしても、
ガーとうなって怒ったり、
ヒヤヒヤするような場面をよく見かけるというのに、
これ以上態度が大きくなったら
ほんと、友達なくすよ、アイさん。。。

かわいい、かわいいと、
みんなのアイドルとして可愛がられた一年目を過ぎ、
生意気で、憎ったらしい、やんちゃなアイに変貌しつつある二年目。
まだまだ波乱の予感。。。





スポンサーサイト
[2008/06/09 15:45 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(12) | トラックバック(0)
<<5歳になりました! | ホーム | とっておきの音楽祭08>>
コメント
子育て中は ほんとに いろんなことがありますね(T-T)

アイちゃんも、心の発達の時期ですものね。
Nちゃんも 小さな心で いっぱい いっぱい いろんなこと感じて いろんなこと考えているんでしょうね。

カメちゃんのように アイちゃんのことも考えながら、相手のことを考えていくことは大切ですね。

アイちゃんの 「人の名 呼び捨て」は
マイブームだと思いますよ(^^;

ブームなら いつか  通り過ぎて行きます(*^^*)v

我が家の次女も いろいろ ありましたから・・・。
マイブーム(^^;
[2008/06/10 00:29]| URL | pirorin♪ #- [ 編集 ]
う~ん。いろいろアリですよね。。

うちも、お友達への接し方は今から悩んでしまっています。
小さなお子さんをナデナデしたがって「かわいい、かわいい」と撫でるその手が強くて、傍目ではコワ~v-12
いろんな時、いろんな場面で平謝りです。大丈夫って言ってもらってホッとしながらも、私がいつもそばにいるとも限らなくなるこれから先、心配です。かなり、手の力、指の力がすごいんです・・・。

でも、アイちゃんの成長の過程をこうやってみられると一種の安心感があります。
やっぱり、カメお母さん先輩の考えとか、周りの方の指導などって本当にためになります。
[2008/06/10 06:17]| URL | ファンタジア #RVcFyNpA [ 編集 ]
気になりますか。そうですよね、親御さんのほうが気にしますよね。

みやぎダンスでも似たような光景をしょっちゅう見ます。小さい子に接する大人が、その子と同じ目線で対応して話しかけていると、大人同士で呼び合っている名前で同じように子供も言います。「さん」や「ちゃん」付けせずに。

そうでなくても、今いちばん、旺盛に言葉を使い始めたところで、面白がっているんでしょうかね、言葉遊びを。
[2008/06/11 00:05]| URL | 大介パパ #RXjsLQls [ 編集 ]
我が家も同じです!
アイちゃん、すごいですねえ。もうお友達の名前を覚えているんですねえ。我が家の佐智子は六年生ですが、いまだに担任の先生を呼び捨てにします。ただ、それはまるで、アニメの主人公でも呼ぶように、決して悪ふざけで呼んでいるのではないようです。
「さん」や「くん」などの敬称をつける事の意味を解ってないようですね。

健常児のお友達とは、遊ぶ内容も変わってくるし、なかなか簡単には行かないと思います。でも、それはアイちゃんが最も感じている事かも知れません。時には、彼女なりに寂しい想いもすると思いますね。そんな時こそ、パパやママの存在が大切なのかも知れませんね。
[2008/06/11 15:43]| URL | さっちゃんパパ #q9wwattU [ 編集 ]
心配ないって!
お友達の名前が出てくるっていうことは、アイちゃんは楽しく過ごせてるってことですね。
呼び捨て・・・うちもしてましたね~、大人目線だとドキドキしますが子供は平気じゃないですか?カメさんが気がついたときに「○○くんでしょ」って言うだけで心配ない気がします。
髪の毛をひっぱたり・・・というのもアイちゃんだけの特別のことじゃないと思いますよ、せっかちな子、のんびりやさん、すぐに手が出やすい子、我慢強い子などなど・・・
みんなが発展途上中です。カメさんにはマイナスと思えるアイちゃんの行動から他の子が何かを学びます、それはお互い様で、アイちゃんもまた相手の反応から成長します。大丈夫ですよ^^

かくいう私も発展途上中なのになんか偉そうですね^^
[2008/06/11 21:05]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
pirorin♪へ
なるほど~。「マイブーム」ね。
そういう表現すれば、なんか気がラクになりますね。
今、一時的なことなんだなあって。
通り過ぎるものなら、長い目で見守りますわ。
これからも、いろいろ違ったマイブーム出てくるんでしょうね。
そういう発想でいくと、次は何かなと楽しみにもなります。

ただ、自分一人のマイブームならいいけれど、相手に
被害とか影響が及ぶことだと、ハラハラしますね。
どこまで親が出て行くか、これからも、試行錯誤なんでしょうね。
子育てのセンパイ、pirorinに、時々教えをこいに行きますわ。
よろしく~。

[2008/06/12 17:09]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ファンタジアちゃんへ
アイも私も、必ずしも、いつもいいお手本にはならず、
反面教師というところも、かなりありますが、良い面も悪い面も
これからの人には、なにかしら参考になれば、幸いです。
成長しているからこそ、小さい頃より、人との関わりが多く
なっているからこそ、トラブルも起きてくるんでしょうけどね。
まあ、トラブルがないと、子も親も、成長しませんものね。
いろんなことにぶつかりながら、それに対して、いろいろ
考え、乗り越えていくことで、また1ステップ登れると思って
頑張ります!また、その後の経過も報告しますね~。

りこたんも、やっぱり、実際に他の子と触れ合わないと、
力加減とか覚えていかないものね。どんどん、お友達と
関わっていってください。ひよこ組での変化も楽しみです。

[2008/06/12 17:16]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
大介パパさんへ
そうですね。大人が気にするほどのことはないのかもしれませんね。
特に、子どもどうしなんかは。子どもは、単に大人のまねをしたり、
あるいは、パパさんおっしゃるように、言葉遊びの感覚なのかもですね。

ただ、みやぎダンスの中のように、まわりも共通理解があり
暖かく受け入れてくれる仲間の中では、いいのですが、
なかなか外では、そうもいきませんから、どこまで親が
口出しするか、ちょっと難しいところです。
今はまだ、体の大きさと不釣り合いなところが、「かわいい」
なんて、笑われるだけで済みますけどね。
アイは、小さくてトクをしているところもあります。。。
[2008/06/12 17:22]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
さっちゃんパパさんへ
そうですか。さっちゃんも呼び捨てしてるんですね。
皆さんのコメント見ても、それほど珍しいことではなさそう
ですね。むしろもっと小さい頃は、「ちゃん」や「くん」も
くっつけたまま、その子の名前だと思っていただけかもしれないのが
今は、そういうのをとった部分が名前なんだとわかっただけでも
もしかしたら、進歩したのかもしれないですよね。

それよりも、やはり心配なのは、お友達との関係ですね。
やっぱり同級生とは、なかなか同レベルで遊ぶことができなくて
これから、その差は大きくなっていくばかりでしょうからね。
アイも、いろいろと感じることが出てくるのでしょうね。
さっちゃんパパさんママさんのように、外でさみしい思いをしても
必ず安心して甘えられる場所をつくってあげたいと思います。
[2008/06/12 17:32]| URL | カメ #- [ 編集 ]
tiisai-ningyoさんへ
tiisai-ningyoさんに「心配ない」と言われると、
なんかドーンと大船に乗ったようで、安心します。
みんな、そういうところを通過していくんですね。
確かに、髪を引っ張ったり、人をたたいたり噛んだりって
懇談会でも、他の子でも話題になっていました。
3・4歳は、一番お友達とのトラブルが多い時なんだそうですね。
ほんと、この子たち、まだまだ発展途上なんですもんね。
tiisaiさんの言う通り、マイナス面から、また何かを学んで
成長していけばいいんですよね。
なんだか心強くなりました。ありがとう!!

私自身も、いまだに発展途上ですもんね。というか、少なくとも、
後退しないようにしなくてはっ!頑張りま~す。
[2008/06/12 17:40]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
お久しぶりです。
お久しぶりです。
友人から壊れて動かないというPCを自宅にもらって来て、なんとなくヨチヨチ動き出したので、伺いました。
アイさん自我が目覚め始めたのかな?
心配には事欠かないかも知れネイケド、成長の印みたいなものではありませんか?
子供も持った事ないのにスイマセン!v-292
[2008/07/10 22:34]| URL | 桜狸 #2J9jxRMk [ 編集 ]
桜狸さんへ
わ~い、久しぶりのコメント、嬉しいです。
自宅にPCあると、気軽に見られていいですよね。
何とか今後も動いてくれるといいですね。

冷静な時は、いろんなトラブルや困ったことも
成長の過程かなあと、気長に思えるのですが、
こと、自分とのやりとりになると、すぐにカッカと
なる
気の短い母で、困ったものです。
母の方が、もっと成長しなくちゃ、ですね。
[2008/07/11 05:47]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。