スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
2年目入所式
夜中ずっと咳をしていて、ちょっと体調が不安だったけど
やはり入所式には出たいと思って、アイと一緒に行きました。
保育所は春休みもなしだから、4月1日からは、
もう新しいクラス、新しい先生でスタートしていたのだけど、
うちは休んでいたので、昨日が初めてとなりました。
これまで担当してくれていた加配のY先生とは、
きっと2年も連続して持ってもらうなんてことはないだろうと
覚悟はしていたのだけれど、朝ドタバタとあわただしい中
お会いして、「隣のクラスになっちゃった~」と言われた時には、
改めて、Y先生にすっかり頼り甘えていたのが、
あ、今日からはもう違うんだと思って、涙が出そうなくらい
さびしくなっちゃいました。
よし、今年はY先生から、母も自立して、
新しい出会いの中で、頑張らなくっちゃ、なんて
心の中で、気合い入れ直したりして。


でも、次の瞬間、アイのクラスで待っていてくれたのは、
いつも元気で明るく、隣のクラスの先生だったけど、
アイに温かい言葉をかけてくれていた、大好きなタイプのH先生。
それだけでも、ずいぶん心強くなりました。
もう一人の担任の先生は、若い、これまであまり接することのなかった
小さい子組(二階に屋上の遊び場があり、あまり園庭には出ないので)
から来た先生。まだどんな先生かよくわかりません。
ただ、ベテランのH先生が担任で、若い先生が加配の先生かな~と
なんとなく思っていました。

でも、入所式後、クラス懇談になり、
会の進行を、若いS先生が進めていて、
いろんな説明などもS先生がほとんどやっており、
あ、これはS先生が主担任の先生なんだとわかりました。
そして、クラス懇談後、H先生と個別面談となり
細かいところまでお話しし、お願いすることができて
もうすっかり安心した母でした。

クラスのメンバーもほとんど入れ替わり、
前は、ほとんどが一学年上のお兄さんお姉さんの中にいて
かわいがられていたのですが、
今度は、3・4歳児合同のクラスで、
なんとアイが、一番月齢が上のおねえさん。
半分以上は一学年下の子たち、というクラスで
全く様変わりです。
今度はほとんど同級生のクラスだろうと思っていたら
それを飛び越して、下の子が多いクラスで、
さて、アイさん、どういう態度に出ますか。。。

入所式で、一列に並んだ姿を見ると、
どう見ても、アイが一番背は小さいけれど、
それでも「おねえさん」気分で接するのか、それとも
同級生や下の子にもかわいがられるようになるか・・・
母子通園時代は、自分がおねえさんの立場になったら
ずいぶん態度が変わったので、今回もまた
大きく変化するかもしれません。
これからが楽しみでもあり、不安でもあり。。。

でも、入所式では、立派に自分の席に座っていました。
去年は、ぴったり隣にY先生がついてくれていたことを思うと、
先生なしで、お友達と一緒にきちんと座っていて、それだけでも
成長したな~と感慨深くなります。
クラス懇談の間も、そう言えば、去年はみんなと一緒に
遊ぶことができずに、教室に残って、懇談会をしているところで
すみっこで遊んでいたなあ、なんて思い出していました。

クラスのメンバーが変わって、緊張しているのは
母の方かもしれません。去年から一緒の人は一人だけ。
これまで優しく温かく受け入れてくれていた
クラスの人と別れて、また新しい人たちに
アイのこと説明したりお願いしたりするのも
正直、ちょっと気が重いことではありました。
かえって、「ダウン症」という言葉を出さない方が、
自然に受け入れてもらえていいかなと思って、
敢えて説明しなくてもいいかなとも考えましたが、
4歳なのにあきらかに小さいので、たぶん
不思議に思うだろうから、言っておいた方がいいだろうと
判断しました。(兄ガメの時一緒だった、
染色体異常の男の子も、最初、なんで、こんな小さい赤ちゃんが、
このクラスにいるのかな、なんて思ってしまったことがあったので)
で、さらっと言ってしまって、
「よろしくお願いしまーす」としめくくったら
やはり気がラクになりました。

それに、全く知らない人ばかりでもなく、
顔を合わせてみれば、
なんと兄ガメの野球チームの同級生6人のうち、
3人が、下の子が保育所で同じクラスとなって、
これから、たぶん野球の方で一緒に過ごすことも多いので
それも心強いことです。
他にも、中国人ママのMちゃんの知り合いママとか
児童館で一緒だった人とか、案外、顔見知りもいました。
いろいろ他のところでの縁が、つながってて
面白いなと感じます。

帰る時、前一緒のクラスだった子たちが
「アイちゃ~ん」と寄ってきてくれて、
「アイちゃんと離れてさみしいよう」と
言ってくれたり、そのお母さんたちに
「アイちゃん、今度はお姉さんだから頑張ってね」と
声をかけてもらったりして、
クラスが離れても、一度お友達になれば
そうやって見ていてくれるんだよな、
新しい出会いがあるだけ、お友達も広がるということだよな、
と思って、なんだか嬉しくなりました。

さらに帰り道、歩いていると、全然クラスも違う
名前も知らない子の家族が、向かい側の歩道を歩いていて、突然
「あ、ほら、うちのお兄ちゃんの大好きなアイちゃんだよ。」と
言うので、ちょっとビックリしたら、
よく見ると、そのお兄ちゃんは、
前にアイや私に声をかけてくれた小学生の子の一人でした。
アイも、アイドルさながらに、その家族に向かって手を降り、
おかあさんやおばあちゃんたちに、「かわい~い」と言われ
気をよくして、帰ってきました。

説明なんかしなくても、アイさん、既に有名人かもしれません。

でも、久しぶりに保育所に行き、外で遊んで、
しかも帰り歩いたりして(行きは時間ギリギリで、
抱っこでダッシュでした。行事の日は車では行けないので)
疲れたのか、やはり風邪で本調子じゃなかったのか、
帰ったら、昼ご飯も食べずに、クタッと寝てしまい、
ふだん家にいるとお昼寝などしたことない子が、
4時間近く寝ていて、大丈夫かと心配するくらいでした。

でも、そのくらい寝て、スッキリしたのか、
夕方起きてからは、夜中や朝のような咳も出ず、
ずいぶん風邪も良くなったみたい。
このまま治って、元気に来週スタートできるといいな。

ドッキドキの新年度も、楽しみになってきました。


<追記>
そんな甘くはありませんでした。今朝起きると
やはりまだ咳してました。なんとか今週末で治したいものです。
スポンサーサイト
[2008/04/04 06:36 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(2) | トラックバック(0)
<<いよいよ! | ホーム | アイあれこれ>>
コメント
カメちゃん、こんにちは(*^^*)
既に 新学期を迎え たくさんの
キラキラした出会いがあったんですねv-237
我が家は いよいよ 来週からです。
高校・中学・幼稚園・・・。
どんな出会いがあるんだろう・・・やっぱり 不安と期待が(^^;
親が思っているほど 子どもたちは心配してはいないのでしょうけどね(^∀-)

アイちゃん・・・今年度は おねぇさんとして!! 張り切っちゃいそうね(^^)
応援していますv-222
[2008/04/04 15:52]| URL | pirorin♪ #- [ 編集 ]
pirorin♪へ
応援ありがとう!
pirorin家は、お姉ちゃんの早智ちゃんも
全く新しい世界に入っていくんですものね。
親としても例年以上にドッキドキですね。
三人それぞれに、また新しい出会いが楽しみですね。
ほんと、親が思うよりも、子どもって、新しい環境、
新しいお友達に慣れるのは早いものですよね。
母どうしはめったに会わないけど、子どもたちは
毎日一緒にいるわけですしね。
子どもたちにリードされて、親も慣れていくのかもしれませんね。

お互い、新年度スタート、頑張りましょう!
[2008/04/05 07:12]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。