FC2ブログ
春めいて・・
暖かくなったかと思うと、冷たい風が吹いたり、
まだまだ安定しない季節ですが、
確実に、春は一歩一歩近づいていますね。

一週間前には、吹雪で、凍えるような日もあったのに、
(その日は野球の試合で、震えながら見てました・・・)
今日は、ほんとに、春が来たような陽気です。

今朝、アイと保育所に行く道すがら、
今年初の、オオイヌノフグリの花が
咲いているのをみつけました。
ほんとは携帯で写真も撮ったのですが、
写真で見ると、やはりパッとしなくて(腕のせい?)、
青い小さな花だけど、自分の目には、もっと大きく
もっと明るく飛び込んできたのに・・・と思って
載せるのはやめました。
私には、「春が来ましたよ♪」と告げる花のように思われて、
何とも嬉しくて、保育所に行く途中だったのに、
しゃがみこんで、何枚も撮ったんですけどね。
うふふ。アイのこと言えませんね。
興味をひくものがあれば、立ち止まったり、しゃがみこんだり・・
今週は、こんな調子で、ゆっくり時間をかけてだけれど、
保育所までの道を楽しく通っています。
ほんと、こちらの気持ち次第なのかも、なんても思います。

今週は、最初から、時間の余裕を見て、早めにスタートし、
おばあちゃんところでしばらく遊びたければ遊ばせて、
それから、いつもの出かける時間近くに、家を出て、
月曜の朝は、布団があるから、いつも車で行くのに
昨日は暖かかったので、アイに「どっちがいい?」と選ばせると、
「歩いてく~」というので、重い荷物しょってだけれど
歩いて保育所に向かいました。
途中、カラスの声に、立ち止まってしばらく見上げていたり、
灯油販売車の音楽(なぜか「すずめのきょうだい」の歌が流れます)
に反応して、キョロキョロしたり踊ったりと、
やはりゆっくりペースではありましたが、
最後まで、抱っこすることなく、保育所までたどり着きました。
今朝も、石や絵の看板見つけて、何度も立ち止まったり、
戻ったりしながらも、最後まで歩きました。

あったかくなったからなのか、
今週は比較的午前中があいていて(明日から、眼科など
病院デーが続くのですが全部午後なので)
時間と気持ちにゆとりがあるからなのか、
記事に書いたり、面談したりしたことで、
客観的に見られるようになったからか、
いずれにしても、変わったのは、私の心もちなのかもしれません。
いつも、こんな春のように穏やかな心でいられれば良いのですが・・・
すぐに鬼ハハに変身してしまう私です。
もっとしっかり豆まきしておくべきだったわ。

そうそう、変身と言えば、アイが手首に絆創膏を貼った時
(ケガなどしてないのですが、兄の真似をして自分も貼りたがった)
「ヘンシン!」と言っていたので、ちょっとビックリ。
うちでは、最近は土日が野球のため、あまりヒーローものも
見なくなったので(たまに休みだと、いまだに見ていますが・・)、
アイは、そういうの知らないはずだから、
きっと保育所で覚えてきたんだろうな。

ひなまつりの時も、しっかり踊りを覚えてきて、
お雛様のケースについているオルゴールに合わせて
何度もおひな様の前で踊ってました。
この頃は、苦手だったホールでの行事や遊びも
ちゃんとみんなと一緒にいられるようになり、
体操や踊りも「カンペキ!」と、先生に言われました。
鏡やガラスに自分の姿を映して踊るのも
そういうことを聞くと、また違った目で
ほほえましく見られます。
こちらが急いでいるから、いつまでも何やってんの~と
イライラするけれど、アイにしたら、一通り踊り終わらないと
途中でやめるのはイヤだったのでしょうね。
やっぱり、こちらの気持ち次第で、
見方も、対応の仕方も、違ってくるのかもしれません。
そして、子どもは、そういう違いを、
ちゃんとわかるのかもしれないと思います。



兄ガメも相変わらず、たまにまた、野球の日の朝、
お腹が痛くなったり、朝だけ咳をしたり、
ほんとに野球好きなんだろうかと、
母としては何とも、煮え切らない態度に
これまたイライラすることがあります。
あと2年、どうなりますやら・・・

お腹がすいたのも忘れて没頭するのは、ゲームだけ。
これも、頭の痛い問題で、これこそ親の毅然とした態度が
必要だとわかっていながら、静かにしていると、
ついついラクで、甘くなってしまう・・
(ゲームしてない時は、すぐ「お腹すいた」が口癖なので・・)
頭も心もゲームの魔力に吸い取られているようで、
そろそろ、一回ガツンとやらねばと思っているのですが・・・
でも、兄ガメは、まだ言ってもきかない、ということはなく、
ぷーっとふくれるけれど、やめろと言えばやめるので、
まあ、今のところは、話してわかるだろうと思い、
ゲームを隠すとか、壊すとかいう、強硬手段はとっていません。

ただ、最近、ちょっと変化が見られたのは、
自分から読む本が出てきたということ。
兄ガメには、本を読ませようと、前に紹介した
岡田淳さんの本をはじめ、いろいろ買って与え、
夜寝る前には、相変わらず読み聞かせもしていますが、
私が買った本は、「バッテリー」以外は、まず
自分から読むということなどなかったのですが、
学校の朝読書で、たまたま図書館にあったという本を
読み始めてからは、そのシリーズの本なら、
ゲームやテレビもしないで読むようになりました。
(ちなみに、シリーズの著者は、はやみねかおるさんです)

兄ガメが読むのはどんなものかと、
私もちょっと読んでみようかと思って
数ページ読み始めたのですが、どうにも文体や設定など、
私には読み続ける気になれないタイプだったので、やめました。
というわけで、どんな内容かはよく把握していないのですが、
推理小説の類のようで、まあ、どんなのでも、
兄ガメ自身が面白がって繰り返し読むなんて、
「怪傑ゾロリ」以来だったので、
喜んで、そのシリーズの読んでいないのを買ってあげました。
細かい活字を読むのが、苦にならなくなっただけでも
大きな進歩かもしれません。
ただ、書く方は、相変わらずキライで、学級通信に乗る文章も、
文集でも、一番短いのをさがせば、たいてい兄ガメです。。。

それと、残念ながら、そのシリーズは、もうほとんど
読み終わってしまったので、それに代わるものをまた
さがさなきゃ・・・と言っても、母がさがしたものでは
なかなか気に入らないし、自分でみつけてくれるといいのですが・・
本がなくても、ゲームなど遊ぶものがいくらでもある、
という環境も、やはり良くないんでしょうねえ。。。
(結局そこに行き着くか・・)

3月の気候のように、行きつ戻りつしながら
ゆっくり進んで行く(時々後退しているような気もするけど)
子ガメたちと母ガメです。

あ、父ガメは・・・
・・・・・・・・・置いてきぼりにしないようにしたいです。

スポンサーサイト



[2008/03/11 11:58 ] | 雑談 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<アイパッチ | ホーム | 困ったちゃん(その3ぐらい?)>>
コメント
春は気付きの季節ですかね
オオイヌノフグリが咲いていましたか。春でですね。いつもと違うスピードで動いてみると、今まで気が付かなかったような、いろんなものが見えてくるんですよね、人も、景色も。
[2008/03/12 09:00]| URL | 大介パパ #RXjsLQls [ 編集 ]
大介パパさまへ
昨日は、また寒くなって、オオイヌノフグリは、
青い花を寒そうに閉じていました。前日には
あんなに明るくめいっぱい花が開いていたのに。
「いつもと違うスピード」・・そうですね。
人生もそうなんでしょうね。ちょっとスピードを変えてみると
それまで見えてなかったものが、見えてくるのかもしれません。
忙しくなっても、時々は、ゆっくり歩くことを
忘れないようにしたいものです。
[2008/03/13 05:47]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
御無沙汰しててごめんなさい。

「ヘンシン!」のアイちゃんに、自分で切り替えを覚えつつあるのを感じました。
良い悪いは別として、今 そういうのを自分でも見出している所なんでしょうね。
楽しい事はずっとしていたい・・・と思うのは 自然の心理でしょうから。
痛いものは 絆創膏を貼っても痛いけど、絆創膏を貼ったら その痛みが和らいで強くなれるような そんな切り替え。
アイちゃん すごいです。

大人が ちょっとだけ心持ちを変えるだけで
その行動の心理が見えたり 許せたりしますね。
何でも良しも 困るけど 切り替えの方法を少しずつ親子で見出して行けるといいね。

こちらは コートなしでも歩ける日が増えて来ました。
今日と一昨日の卒業式も 体育館も寒くなく
恵まれた天候の中で行われました。

いつも記事が長い私が言うのもなんですが、長きゃいいって訳でもないよね^_^;
兄ガメくんには 短い中にも伝えたい事がギュッと詰まった文章を期待したいですね!

何事も 興味を持つところからですね。

[2008/03/13 21:17]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
mayちゃんへ
いいよお、コメントとか気を遣わなくて。
mayちゃんのブログの方のお返事でも、読んでくれているの
わかるから、忙しい時はお互い無理せずいきましょう。
(私は、自分の記事を書くより、人のブログにコメント書く方が
好きなのかもしれません・・・)

アイの変化も、そうやって、見方を一つ変えると、やはり
成長のあらわれなのかもしれませんね。
私自身が、もっと柔軟にヘンシンしなくては!
mayちゃんが、RYOくんをみつめる時の、わかりたい、
と強く思う気持ちと根気良さを、見習わなくっちゃ、です。

兄ガメの文章の短さは、まあ、確かに私のように、
ただ長ければいい、ってもんではないのですが、
兄ガメが、ただ面倒くさがりやなんだと思っていたけれど、
よく考えてみたら、自分の気持ちというものを、
書くことに限らず、あまり言葉で表現することがないと
ハタと気付いて、小さい頃から、ちゃんと兄ガメの心の声を聞こうと、
耳を傾けてこなかったのかもしれない。自分の気持ちを表すという
ことを、育ててこなかったのかもしれない、と、ちょっとその点が
気になるこの頃。アイのように、”問題行動”を押せば、
十分に言葉が通じなければ、その原因や対策を一生懸命考えるけど
すーっと”いい子”で小さい頃を通過してしまった兄ガメのことは
見ているようで、しっかり向き合ってこなかったのかも・・と
10年間の子育てそのものも、考えさせられます。
ま、過去のことを、今さら言っても仕方ないので、今からでも
できること模索していきたいと思います。

[2008/03/14 04:37]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |