FC2ブログ
鬼は・・・
節分の朝
前の晩ちょっと寝るのが遅くなったので
いつも早く起きる私も寝坊。
そのせいか、みんなも起きるのが遅かった。
起きてきた兄ガメ、「お腹が痛い」という。
たぶん、今からだと、野球に行くのが
遅れそうだからじゃないかと、母は感じて
(だらしない割に、母と違い、遅刻が大嫌いな兄ガメです)
「え~、休むの?」と、最初っからキツイ口調で聞いた。
そして、バトルが始まった。。。
バトルというよりは、母の怒り爆発、って感じ。

夏頃の、休みたがり病はひと山超えて、
新人戦あたりからは、またすっかり
野球小僧になっていた兄ガメだが、
年明けてから、1月にも一度、
たいしたことない風邪(?)で休み、
また今回、昨日まで何ともなくて、
遊びほうけていただけのくせに、
「お腹痛い」なんて、仮病に決まってる!
と決めつけ・・・

「まだ今ご飯食べて言っても十分間に合うよ」
「多少遅れたって、休むよりましじゃん!」
「試合の時ばかり行って
 筋トレと走りのキツイ時に休むなんて最低!」
「そんなんで、試合に出ようなんて甘いよ!」
「野球が好きといっても、その程度なら
 やめちゃいなさい!」・・・etc.

一方的にわめいて、あげくの果てに
「根性なし!!」と罵倒。

兄ガメ、ボロボロ泣いて、
一時は悔しがって、ユニフォームに着替えたけれど
でも、やっぱり根性なしのヤツは、
途中で、お腹が痛いのポーズ。

私は、仕方なく欠席の連絡をした後
「お腹痛いなら、一日寝てなさい!」
「もう今日は、テレビもゲームも一切ダメ!!」
と捨てゼリフ。

こんな具合で、大変なバトルから始まった節分。
まさに、母が鬼と化した朝。。。

さすがに、午前中は兄ガメも大人しくしてました。
(ふてくされて?)
今日はテレビも、母とアイ優先で、
私は日曜朝の報道番組見たり、
アイも何かを感じたのか、Wiiをやりたいとは言わず、
久しぶりに「トトロ」や「魔女の宅急便」などの
DVDを見たりしてました。
(この間、父ガメは前日の飲み会で二日酔いで
 寝ていて、この騒動を全く知りません。。。)

お昼近く、やっと起きてきた父ガメは、
のんきに「あれ~、兄ちゃんが家にいる~」とか言って
私がプリプリしているのにも構わず
クリスマスにもらった、手作りアンプのキットが
手つかずだったので、一緒に作ろうとか言って、
兄ガメを誘って、二人で工作。

そうこうするうちに、私も、もう休んでしまったものは
仕方ないやと気持ちもおさまってきて、
よしっと、気分を切り替え、
昼食後、豆まきをすることに。

なんか、今日は自分が一番鬼だったな~と思って
いっぱい豆をまきました。
ほんとは、掃除が大変だから、大豆じゃなくて
殻付き落花生にしようと思ってたけど、
もういいや、と思って、
思いきり、大豆のまめをまきました。
アイも、金曜日に行った保育所でも、
豆まきをしたばかりだったので、
今年はちゃんと「鬼は~外!福は~うち!」と
言えるようになり(去年は「鬼は~うち」と言うので
焦りました・・・)、
升に豆を入れたら、はりきって
家じゅうまいてました。
(後始末が大変・・・片付けたつもりですが、
 まだあちこちから発見されます)

アイは昨日一日は福の神のように、ニコニコして
私が怒っているのも鎮めてくれました。
(いつもそうとは限りません。
 アイが、怒りの火種になることも多々ありますが・・)

というわけで、おだやかなムードになってきたところで、
結局兄ガメの「お腹痛い」も、やっぱり朝だけで
昼にはもうバクバク食べていたので、
夜には、もらっていたホテルのバイキングの
チケットを無駄にはできないと、
家族4人で行ってきました。
日曜の夜遅くなるのがイヤで、5時という一番早い時間のを
予約していたら、何と、うちの家族だけでした。。。
次の6時半の組がスタートするまでに
料理が煮詰まったり乾燥してしまいそうで、
なんか申し訳ないような気がしたり、
これじゃあホテルは赤字だなあと心配したりしながらも
お腹いっぱい食べて、楽しく過ごしてきました。
(これじゃあ、なかなかやせられません。。。)


20080204061432.jpg


(二人とも、めったに着ない毛糸の上着・・もちろん
 いただきものです。。)

と、「終わり良ければ全て良し」となるはずが・・

いつもリビングで寝る父ガメが、珍しく
一緒にベッドに寝て、テレビを見ていて、
その音がうるさくて、子ども達がなかなか寝ません。
何度も、「もう消して!」と言っても
子ども以上にわがままな父ガメ。
ふざけていつまでも見ています。

この頃は、3人で悠々と寝るのに慣れていて、
(小4にもなって、母と並んで寝ていていいんだろうか
 という疑問を抱きつつ・・)
父ガメが入ると、ベッドが窮屈になる。
いつもとそれぞれ寝る位置も違ってきて、
どうも落ち着かない。
しかも、アイが味の濃いもの食べ過ぎたのか
「お茶~」とか言って、起きあがって騒ぐので
仕方なくコップにお茶を入れて持ってきました
それを飲ませて、やっと寝る体勢に入ったけれど、
珍しくアイが自分の絵本を読んでほしがったので
いつものように兄ガメの本は読まず
アイの本を読んでいたら、
ちょっとふてくされた兄ガメ、
自分で本を読もうとして
本につけるライト(これはなかなかすぐれものです
この頃は、寝る前の本読みは、これが欠かせません)を
取ろうとしたら、ひもがひっかかり、
お茶のコップをひっくり返してしまいました!

たまたま今日洗って取り替えたばかりの枕カバーが
びちゃびちゃ

再び母になったのは言うまでもありません。
でも、兄ガメもわざとしたわけではなく
それをそんなに責めるのもかわいそうなので
今度は怒りは父に向けられ、
「お父さんがいつまでもテレビ付けてるから
 みんな眠れないんでしょっ!」と
濡れた枕を投げつけ、父ガメはリビングに退散。

鬼母に鬼嫁・・・
鬼から始まり鬼で終わった節分の日でした。。。

私は、自分の心の鬼を退治するのが
今年の課題です。。。





スポンサーサイト



[2008/02/04 06:36 ] | 家族・子育て | コメント(4) | トラックバック(0)
<<トイレへの道(その3?) | ホーム | 風邪その後>>
コメント
そっかぁ・・なんかわかるなぁ・・
自分の機嫌のいい時には優しくできるんだけどもぉ、もうすぐにキレる時とかある。
でもって、私もそれはパパのせい、とか言うときある。
それにしても兄ガメくん、うちのこじかよりずっと野球好きそうなんですけど、お腹痛くなっちゃうのは何でしょうかしらねぇ。仮病というのではなく、何か不安なことがあって本当に痛くなるのかもしれませんね、子供にはよくあることのように思いますが。
でもホテルのバイキングにご家族で行けるなんて素敵ですね~。そういうのしてみたいです~。うらやましいなぁ。
自分の中の鬼退治は難しいなぁ。もう上手に飼いならしていくほかない気がします・・・。
[2008/02/04 17:50]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
tiisai-ningyoさんへ
お恥ずかしい・・・こんなのは、今まであまりブログには
書かなかったけど、結構、我が家では日常茶飯事なんです・・
兄ガメはしょっちゅうふてくされているし、今からこうでは、
思春期がおもいやられます・・・

お腹痛いのは、まあ、精神的に何かはあるんだとは思うけど、
前に休みが続いた時は、そうかなあと思って、できるだけ
怒らず、何かイヤなことあるの?とか話を聞こうとしたのだけど
今回は、ほんとそんなに深刻に行きたくない何かをかかえている、
というより、どうみても、一時の逃げ、遅れちゃったから
もう行きたくない、という、ほんと気持ちの弱さだったと
思うので、感情のままぶつけてみました。。。
ただ、いつもアイには、ほめてばかりいるし、話しかける
声まで違うので、その点では、兄ガメが妹だけかわいがられてる
という思いを、無意識のうちにでもいだいているかも・・・と
そこは反省です。怒った後は、できるだけ優しくしてあげたいです。

そうか~、心の中の鬼は、退治するんじゃなく、上手に
飼い慣らすのね。なるほど~。
そうですね、鬼とハサミは使いようかもしれません。(違う?)

[2008/02/06 05:34]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
いつもありがとう。
カメちゃん、張り切りましたね~!
うちは豆はポーション(小分け)パック以外は家の中でまいちゃダメって厳しく言ったのでなんとか家の中は豆はそれでも食べるときこぼすりこたんの周り以外はダイジョウブでした。

カメちゃんは本当に鬼かなぁ・・・。カメちゃんは私は絶対優しいと思うよ。鬼ってのはね、もっともっとヒドイのを言うんだし。カメちゃんの叱っているのを聞くとどこんちでもそれくらいはみーんなキレているし言ってるしうちだって叫んでいるし。
うちの2番目とカメちゃんとこのお兄ちゃんとても似てる気がします。だから、カメちゃんの切れ具合痛いほど分かるし、野球で無いだけで似たことよくあって、あたしだっておんなじこと言ってますよ。
もしね、仮にカメちゃんが鬼だとします。ならば、お兄ちゃんは4年生もなっていっしょになんか寝ませんよ。うちは環境のせいもあるけども、まぁ自立が早くて3歳位から私とはいっしょに寝ていません。よっぽどあたしの方が鬼に違いありません。

数日前、ある婦人部の会合で『ファンタジアさん、お子様の事まだきつく怒ってる??ダメよ、怒っちゃ。いい子達なんだから、怒らない育児しなさい』と言われ、心の中で噴火しそうになりました。そのおばちゃんは確かに怒らない一見優しげな何度も民生委員になっておられるすばらしい方ですが、そのお子様(私の1つ位年齢下)そのお孫様は(菊の1つ下の学年)ですが、どちらも性格が悪く、表面はニコニコするのに裏で悪口のおしゃべりする、またヤキモチ妬きでちょっと付き合い難い方なのです(親子で)どちらも一人っ子で要するに甘えん坊で思い通りにいかないとヤキモチを陰湿に妬くんですね。
私はそういう意味では子供たちを厳しく厳しく育てましたが、子供たちの性格をみるとなんとな~く『育て方間違ってなかったような』…気がします。

実際、毎日毎日ぶつかる母親としての壁と言うか問題と言うか、全て、初めての経験なんですよね。それをどうやってこなしていくか解決していくかなんて、絶対マニュアルあるわけでないんだもん、みんなそれぞれ試行錯誤じゃん。私はカメちゃんはお兄ちゃんのそういう態度にはやっぱりそんな風に怒ってもイイだろうし、アイちゃんにも時々場面場面で怒って問題ないと思います。全然鬼なんかでないですよ。十分過ぎるほど福母ちゃんですよ。

今回もそうですが、うちのブログにはカメちゃんのコメントファンがいらっしゃいます。特に1番気にかけてくださっている方は境遇が似てて学校の先生で健常の子の上の兄弟が居て、末っ子がダウン症で今休職中なんです。
その方だって、話をするとまるで神様のように優しい方ですが、子育てとなるとやっぱり厳しくなるんですよね。

何のために?野球をするか・・・?実は1番の目的は精神面を鍛えるのかもしれないし。(と勝手に思ってスミマセン)
カメちゃんはご自分を責めたり卑下しちゃいがちで「ううん、そんなことないよ」といつも思ってしまいます。全然、全く、本当に私(達)にとっては模範ママですよ。でなければ、ご主人様から毎年何かにつけてプレゼントの山ももらえませんって。ね。

鬼になった振りしてたまには厳しく指導も大切なんじゃないかと思います。
いずれ、怒った後は出来るだけ優しくと…反省もしてらっしゃるから、やっぱり鬼なんかではないって証明してますね。(^^)

jumon君ママにも激励メッセージを本当にありがとうございました。

相変わらず長々とスミマセン(^^;
[2008/02/06 10:21]| URL | ファンタジア #RVcFyNpA [ 編集 ]
ファンタジアちゃんへ
忙しいのに、こんなに熱くコメントを書いてくれて、
ほんとにありがとう!!嬉しいです~。

いや~、豆は、掃除するたびに、いろんなところから
まだ時々出てきます。やはり来年は外だけにするか、
家の中は、ミニパックか殻付き落花生にしよう・・・
りこたんの福娘見て、うちも来年は福の神の方も
ちゃんと用意しようって思いました。

ファンタジアちゃんのきびしさは、ちゃんとスジが通っていての
ことだから、娘さんたちも、しっかりファンタジアちゃんの
心を感じ取り、正義感の強い、心やさしい頑張りやさんに
育っているのだと思います。
私の場合は、ふだんはかなり甘くて、ビシッと決まりを
守らせるとか、ゲームやテレビをきちんと制限するとか
そういう基本的なことができてないのに、こうやって
たまに感情でわあわあ言ったり、イヤミを言ったり
しちゃうので、自己嫌悪に陥るんですよね。。
というか、鬼のように怒ったことを反省しているというより、
むしろ、ふだんビシッと鬼になりきれないことの方が
ダメだなと、首尾一貫性のなさにガックリきている、という方が
正確かもしれません。
ちゃんと信念持って叱っているなら、きびしくても
いいと思います。
むしろきびしい親になるのが、理想なんですが・・・

でも、ファンタジアちゃんの言う通り、親も最初から
親業を立派にできるわけじゃなくて、試行錯誤しながら
親らしくなっていくのだと思えば、まあ、いろいろ失敗も
積み重ねながら、少しでも、こちらの気持や、あるべき生き方が
伝わるように努力したいと思います。

先日の親の会の役員会の時、思春期のダウンちゃんの
お母さんたちも、やはり同じような悩みを話しておられました。
ほめてほめて育ててきたけれど、大きくなるにつれ
キビシイことも言わなければならなくなるけど、
急に叱られても本人も納得できないだろうし、
言い方が難しいって。ほめるのが一番とはいえ、
ほめるだけでは、子育てって成り立たないのかも
しれませんね。より良く育ってほしいと願えば、
叱咤激励もどうしても入ってきますよね。
その兼ね合いが難しいところで、みんな悩みながら
子育てしているんだなあと、感じていました。

お互い、試行錯誤しつつ、頑張りましょ!
激励ありがとう!

[2008/02/07 06:30]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |