スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
年末あれこれ
アイが治ったとたん、クリスマスからずっと毎日
なんだかバタバタでした~。
というわけで、実は、クリスマス前には、おおかた
印刷が終わっていた年賀状も、積んだままで、
やっと昨日投函できました。
今日からようやく(今頃!と言われそうですが)
掃除にも取りかかれそう・・・
クリスマスの翌日は、保育所の個人面談。
今回は、アイ担当の先生だけじゃなく、
所長先生、クラスの主担任の先生も入って
3人の先生に囲まれ、少し緊張しました・・・

なんてこともなく、なんだか、大笑いばかりして、
あっというまに1時間が過ぎた感じ。
アイの行動の様子を話題にしていると
思わず笑ってしまう事が多いのですね。
所長先生にも、「アイちゃん見てると、思わず頬がゆるんでしまう
誰からもかわいがられる、トクな性格だよね。」なんて言われました。
「いや、一年前はすごい人見知りだったんですよ。」と言うと
「え~、信じられないね~。」と。
でも、主担任の先生なんかは、去年の体験保育の時のことを
覚えていてくれて、「そういえば、去年は、全然みんなの遊びに
入ってこなかったよね。」と言ってました。

本当に、この一年で、大きく変わってきたと思います。
今も人前では恥ずかしがり屋ではあるけれど、
すっかり人なつこい子に変身。
初対面の人にでも、すぐになじみます。
お友達の大きな声にもおびえなくなりました。

それと、着替えや、イスの片付け、散歩など、
アイには無理と、先生方も思っていたことが、
完ぺきではなくても、ずいぶん自分でできるようになったのは、
お友達の影響、集団の力というのが大きいですね。。。
自分もやりたい、とまねすることで、力がついてきたようです。

とまあ、面談は、そんなことを振り返る、良い機会となりました。
年明けてからは、来年に向けて、同学年の子と一緒の活動が
増えていくとのこと。
今は、1学年上の子が多いクラスにいて、
アイに対する適切な配慮ができるので、
(それも毎日の積み重ねも大きいと思いますが)
今思うと、集団生活に慣れる、最初のステップとしては
理想的な環境だったと思いますが、
来年からは、接するには一番シビアと言われる、同学年の子ども達と
一緒にやっていくことになるわけで、アイにとっては、
乗り越えねばならない、次の”試練”が待っていますからね。
また、どんな展開になるか、楽しみです。

木曜には、5年ぶりで会う、元同僚とのランチでした。
一人は、同じ世代の子育てママ教員として、
一緒に頑張ってきた仲間でもあったので
いろいろと積もる話で盛り上がりました。
(やっぱり息子さんが野球をやっていて、その大変さとか・・)
もう一人、そもそもホテルの食事券があるからと、
二人を招待してくれた、先輩先生は、
50歳過ぎてからアメリカに留学、
60になって日本語教師の資格を取り、
ポーランドの大学に、日本語を教えに1年間行き、
その後も、毎年海外を飛び歩いている方です。
元気いっぱい、やりたいこといっぱいで、
見た目も若々しくオシャレで、お孫さんもいるけど
とてもそうは見えません。いつもたくさんの刺激をもらいます。

そして昨日は、やはり元同僚といえば同僚ですが、
70歳を超えた大先輩でありながら、今もなぎなたでは
バリバリ現役で指導し、国体にも連れて行くエライ先生が
おもちをついたから、とお宅に呼んでくれて、アイも連れて
ご馳走になりに行ってきました。
この先生は毎年そうやって呼んでくれて、まるで実家のようなんです。
そこでも、いろいろな知り合いの先生たちの動向や
(この先生顔がひろ~いのです)
学校の様子などを聞いて、刺激を受けてきました。

う~ん、この年末、娘の成長ぶりと自分の一年を
振り返るきっかけをいくつももらい、
新しい年に向けて、どんな方向に歩み出したらいいのか
またいろいろと考えることになりそうです。

スポンサーサイト
[2007/12/29 08:21 ] | 雑談 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<携帯から | ホーム | イブの日のおでかけ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。