スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
さんぽ
昨日の記事では、小さなことにクヨクヨ悩む、愚かしい母を
露呈してしまったけれど(まあ、いつものことですが)、
おかげさまで、ここ2・3日は、何でもないひとときを、
ゆったりとした気持ちで、楽しむことができました。

昨日は、父ガメが用事で出かけて、
また3人の夏休み、でしたが・・・

昨日はまだ私も開き直っておらず、
兄ガメの宿題をギリギリやらせるモードだったので、
午前中は(って、ずーっと遊んでいて、私にガンガン言われて
やっと始めたのは11時半よ!)
兄ガメもふてくされながら、宿題やってました。

午後になって、ゴロゴロとマンガ本など読んでいる兄ガメも、
まあ一応勉強はやったからと、ほっておき、
アイも午前中ビデオばかり見ていたので、
ちょっと体を動かしたり他の遊びさせなくちゃと、
「ちょっと外に行ってくるね~。」と声だけかけて
表に出ました。

毎日、雨がちな仙台。家の前の公園は草が濡れていて、
ちょっと遊べない状態。

仕方ないので、家の前の道を、ぶらぶらお散歩。
それでも、こうしてゆっくりただのんびり外に出るのは久しぶりで、
アイも嬉しそうに、あっちこっちと動き回る。
(私の携帯の写真、画像が不鮮明です。すみません・・)

20060817073610.jpg



200608170736102.jpg



そうこうするうち、兄ガメもグローブとボールを持って出てきた。
家の前で、壁当てをし始める。

200608170736104.jpg



そのうち、アイが飽きて、歩き始める。
どんどん行くので、兄ガメと二人ついていく。
兄ガメが、「どうせなら、SEIYUまで行こうよ。」と言う。
SEIYUは、歩いていける、唯一のお店。

これまでベビーカーでは何度も行っているけれど、
アイは歩いてそこまで行ったことがない。
大丈夫かな?そんな長い距離歩けるかな?
ま、別に買い物が目的ではないので、
行けるところまで行けばいいや、くらいの気持ちで
スーパーへと向かう。

アイはあちこち見たり、戻ったり、回ったり、でゆっくりなので、
兄ガメはどんどん先に行っては、また戻ってくる。

20060817074217.jpg




200608170742172.jpg



大人の足なら、5分ぐらいのところを、
20分ぐらいかかって、ようやく到着!

200608170742176.jpg



とうとう最後まで歩いて行くことができました。
何度も歩き慣れた道なのに、
アイと一緒に歩いて行くことができるようになるなんて、
今日は、全然そんな計画も気合いもなく、なんとなくスタートしたので、
予想外の感慨がじわじわと胸にしみてきました。
兄ガメも、「アイちゃん、すごいね!」と、喜んでくれました。

お店の中の、クリーニングのところのおばさんも、
いつもアイに声をかけてくれるのですが、
「わー、今日初めて歩いてくるの見たわ~。
 大きくなったねー。すごい、すごい。」と、言ってくれました。

さて、SEIYUに入ったものの、帰りもあるので、
「買い物しても、荷物を持ってアイと歩くのは大変だなー」
と言ったら、兄ガメは、ダッシュで家に戻り、
今度は自転車で来て、「ぼくのカゴに入れればいいよ。」と言ってくれました。
そういうやさしいところもあるんです。たまにね。
結局、兄ガメ、自分のものは、走ってきて暑いのでと、
アクエリアス1本買っただけでした。
お菓子も1つ買っていいよ、と言ったんだけどね。

200608170742174.jpg



帰りは、やはり疲れたのか、時々座り込むので、
ちょっと抱っこもしたけど、
「アイちゃん、よく頑張ったねー。」と言ってギュウと
抱きしめると、ニコニコしていました。

ただ散歩してお買い物してきただけだけど、
なんかとっても心やすらぎ、楽しい午後でした。
いつも、こんなふうに心穏やかでいられるといいんだけど・・・


兄ガメも、すこーし、アイを「赤ちゃん」から「子ども」として
見るようになったみたいで、
これまであまりケンカもしない代わりに、
アイのことなどさっぱりかまわなかったのが、
なんか昨日帰ってから、そして今朝も、
ずいぶんアイに話しかけ、遊んでくれました。
スポンサーサイト
[2006/08/17 08:20 ] | 家族・子育て | コメント(16) | トラックバック(0)
<<「バッテリー」 | ホーム | 兄ガメとのバトル2>>
コメント
いや~、なんか とってもイイ!!
何も期待していない時に こういう幸せを感じると すごくラッキーっていうかHAPPYな気持ちになるよね。
私が言う 気楽にっていうのって こんな感じなんだ。
どこかに行くにしても そこに「楽しかった」っていう感想を求めて出て行くと
その為に すごく無理をしたり 強制しちゃったり・・・。
でも こういう自然な行動の中で 気が付けば色々な出来事があって 
それを幸せと感じられる心があれば どんな事も素敵な事に感じて行けるかなって♪

兄ガメくんも自然に合流してくれて その後の微笑ましい自転車の事とか 
読んでいて 思わず微笑んでしまいました。私も とっても嬉しかったな~。
毎日こうは行かないかも知れないけど 少しでもこんな時間が持てるって 素敵だよね!
アイちゃんも 頑張って歩いたね~( ^ー゜)b

[2006/08/17 12:06]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
いいですね~。うちも結構歩けるようになっているはずなんですが(←保育園の先生曰く)、
あまりの気まぐれ歩行に、もう車とカートばかりです。。

kenを店内で歩かせると目当てのものは1つしか買えないという・・・・恐ろしさですw

こういう風にのんびりとした時間いいですね。夏休みに入ってからは、ほんと時間に追われているようで、ゆとりのない毎日です。あと少し、ちょっとこういう時間がもてるようにしたいと思いました♪あっ・・・・でも、駄目かも(;^_^A アセアセ・・・
[2006/08/17 15:11]| URL | huwa #mQop/nM. [ 編集 ]
楽しそう♪
お店に入る時の写真
兄ガメ君の後姿が大きく頼もしく見えますネv-20

ダッシュで家に帰り自転車でお迎えに来てくれるなんて
すっごい素敵e-278
ぜひ兄ガメ君にも『ありがとうv-238』と言って
ギュウと抱きしめてあげて下さいね。
[2006/08/17 15:16]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
めでたし、めでたし♪
私、時々、男と女は別の生き物ではないかと思ったりします。
正直言って、女性の事は解っているようで本質は解りません。
逆に男はやっぱり男じゃないと解らない部分もあるのではないかと思います。

男って、結構、繊細で優しい生き物なんですね。今日の兄ガメ君は、正にその通り♪
私もウッキ~母さんと同じ意見。
こんな時、普段叱っている三倍くらいの褒め言葉を上げてください。
当然、しっかり抱きしめて。
男の子は、基本的に、母親が大好きだから、とっても嬉しい筈ですよ。
[2006/08/17 21:36]| URL | さっちゃんパパ #q9wwattU [ 編集 ]
本当に良い風景
優しい時間を送れましたね!v-238
そう言えば皆さん、昨日から「気楽」って話されていますよね!

そこで使う楽しいですが、それは手を伸ばして喜ぶ事をあらわす

手伸(たのし)が語源だそうです。そう言えば甲子園での勝利シーンで選手達が手を上げていますよね!
いいことがあれば素直に表現する…とっても良いと思います。

それからさっちゃんパパさんの言う通り、兄がメ君も抱き締めてあげてくださいね(人影で!多分、恥ずかしい~!v-10といって拒むから)でも一番落ち着くのですよ!母親は!
[2006/08/18 03:21]| URL | 桜狸 #- [ 編集 ]
v-135mayさま
ありがとう!
>「楽しかった」っていう感想を求めて出て行くと、その為に すごく無理をしたり 強制しちゃったり・・・
ほんと、そうですね。お盆休みの5日間のうち最初の2日は、私そうだったみたい。
もっと「楽しいことしなくちゃ」とか、もっと有意義に過ごさなくちゃ、とか肩に力入りすぎでした。
でも、mayちゃんのおかげで、なんでもない日常の生活も、うまくいかなかったお出かけ
(実は、この散歩の前日、ふらりとドライブがてら牧場に行ったのですが、雨は降り出す、
アイはこわがって泣き、抱っこばかり、全然写真を撮るどころではない、・・・とさんざんだったのですが、
それでも落ち込んだりイライラせず、家族みんなでそれを笑ってしまう余裕がありました)も、
楽しむコツが少しつかめてきたみたい。
でも、たぶん、私のことだから、また時々イライラや落ち込みを繰り返すと思うので、
これからも、そんな時は「オイオイ、カメちゃん。」と、諭してくだされ~。

台風心配だねー。
[2006/08/18 05:13]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
v-135huwaさま
うちも、店内で「野放し」にすると、その後を追っかけるだけで終わってしまい、
とても買い物どころではないので、この日も、店内では自動車型のカートに乗せました。v-8
(自動車型のだと乗るのですが、普通のカートだと降りたがってしまうのです・・・)
前には、お惣菜コーナーで、手を出してしまい、いらないコロッケなどを買うはめになったことも・・・・
だから、最近は、夫が一緒の時以外は、極力買い物には連れて行かないようにしています。

夏休みも(夏休みの方が?)忙しそうですね。うちは、たまたま今年は、8月前半は病院の予定もなく、
のんびりでしたが、明日からはまた予定がギッシリです・・・次にのんびりお散歩などできるのは
いつのことかしら?・・・そう思うと、かなり貴重な一日でした。

[2006/08/18 05:26]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
v-135ウッキィ~母さま
う~ん、残念ながら、兄ガメをギュウと抱きしめるチャンスを逃してしまったわ。(今からじゃね・・・)
こういう時いっぱいほめてあげればいいのに、ちょっと足りなかったかなー。
実は、このお散歩では、最初買い物に行く気もなかったので、サイフも持ってなかったのを、
「じゃあ、僕が取ってきてあげる。」と、スーパーに行く途中で一度家にダッシュで往復してくれているのです。
その時「ありがとう!速かったね~。」と言うと、すごく得意げで嬉しそうで、その勢いもあったのかな。
一つほめられると、はりきって次々しようとする、兄ガメなので、
やはり私の腕次第、というところなんでしょうね。
ほめておだてて上手に子育てしなくっちゃ!
[2006/08/18 05:33]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
v-135さっちゃんパパさま
大事なお仕事で忙しいところ、コメントありがとうございます。
今回は、ちょっとほめ方足りなかったかもしれません。
次に、こういう機会があったら、ぜひギュウと抱きしめてみますわ・・・・
確かに、男の子は、独特のやさしさがありますね。こちらが、やってほしいお手伝いなどは
なかなかしないくせに、思わぬことをひょいとやってくれたり、おいしい物を、「母さんの分」と言って
取っててくれたりなんてところがあります。
でも、この頃は叱ることばかり多くて、息子もいつも仏頂面で、ほめるにほめられない、
という悪循環が続いていました。
いいところをいっぱいみつけて、ほめ上手のおかあさんになりたいものです。
[2006/08/18 05:46]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
v-135桜狸さま
なるほど、ギュウと抱きしめるコツは、人影で、ですね。
次回ほめるチャンスがあったら、ぜひやってみますわ!(そんなチャンスがすぐに来るとは思えないけど・・・)
でも、どんなに虐待されている子でも、親を求める、一番は親に認められたい、と言いますものね。
いくら怒ってばかりの鬼母でも、子どもにとっては「母親が一番」ということを信じて、
もっともっとこちらも、素直に感情を表していけばいいのかもしれませんね。
「楽し」=「手伸し」とは初めて知りましたが、いいお話ですね。
甲子園のさわやかな選手達にならって、素直に手を伸ばし、子どもたちを抱きしめたくなりました。
[2006/08/18 05:52]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
いつも、兄ガメ君とアイちゃんの関係を嘆いてらしたので
私も今日は嬉しかったです。
アイちゃんのがんばりを兄ガメ君、感じたのかもしれないですね。
それに気も利いてるじゃん!
よかったね、カメさん♪
ほめてあげる って課題は次に残したってことで、
そうやって私たちって、子供に育ててもらってるんですよね。
まだまだ成長できますね、我々も!
[2006/08/18 11:47]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
よかったね。
昨日、カメちゃんとこのこの記事を病院に向かう電車の中で読みました。
まるでドラマのような、物語のような、そんな感じがする位の感動をしました。
どんなに心が躍ったことか・・・想像したら、やっぱり胸がキュンと来ます。
私はカメちゃんとこより、一人多い子供の数がいますが、残念ながら男の子がいません。本音を言うと、こういうお話を聞くと男の子の母親に対して、キョウダイに対しての優しさを味わってみたかったです。

私もりこたんにはもちろん叱ることが少なく何をやっても(やれたら)ほめまくり、姉達に対してはそれはもう厳しくて・・・・。でも、私の場合、言い訳も言います。
「お姉ちゃんの赤ちゃんの時だって、それはりこたんの時とおんなじように接してきたんだよ。なんでね、お姉ちゃんに厳しいかって言うとね、お姉ちゃんに立派になってもらいたいからなんだ。時々ね、あぁあ、また叱っちゃったってお母さんも後悔する時あるんだけどね、やっぱり叱ってしまうのはあなた達のこと憎いんで無くって、きっと注意したら分かってくれてもっともっとがんばれる人になれるって信じてるんだ、お母さんの子供の頃に似てるからついつい、叱ってしまうんだよね。だからさ、叱られたら『あぁ、お母さん私の事を思って叱ってくれてるんだ』って思って素直に直してくれると良いんだよ。分かった?」
とお話しました。育児は育自と申しますな~んてよく言うけど、親なんて毎回手探りなんですよ。誰も憎くって厳しくなんてしないんだモノ・・
あぁあ、分かるなぁ~その気持ち、っていつも思うよ。カメちゃんのそのへん。
真面目で一生懸命でそして心配性・・・ほんの少し完ぺき主義。
もう少しゆっくり生きてみたらって教えてくれるために、カメちゃんに授けられたアイちゃんの存在。
わかっていながら、いつの間にかまたカミナリを落とす・・・、結構みんなそうなんですよ。ってゆーか、私がきっと一番カメちゃんと同じことをやっているんだもん。
でもカメちゃんのいちばん偉いとこは低姿勢だから、そんな自分をいつもいつも反省してるとこ。偉いなって思います。
ここに見に来てる人、コメント入れてる人、みんなが思っています。
アイちゃんもそうですが、お兄ちゃんがこんなにいい子に育っているんだモノ、カメちゃんはちゃんと立派に母親してるんだって。
悩むなって言っても無理だろうから、悩みながら子供と一緒に大きくなろうね。

本当に良いお話をありがとうv-238
[2006/08/19 06:35]| URL | ファンタジア #RVcFyNpA [ 編集 ]
v-135tiisai-ningyoさま
ありがとう! そうなの、やっとこの頃、兄ガメとアイが一緒にじゃれ合う姿を
目にするようになり、なんかとっても嬉しいです。
兄ガメのやること言うことを、何でもマネするので、そういう反応も面白くなってきたみたい。
ほんと、私達も一つ一つ課題に向かうことで、成長するんですよね。
そう思えば、次は何がくるかな、ぐらいの気持ちでいればいいのかな。
「正解・不正解」とか「合格・不合格」とかあるわけでなし、課題にむかってあがくことで
お互いに成長していくのでしょうから・・・
tiisai-ningyoさんの言葉をもらうと、ふっと肩の力が抜けるわ。ありがとう!
[2006/08/19 08:26]| URL | カメ #2Iw6/7wg [ 編集 ]
v-135ファンタジアさま
忙しい中、長いコメントありがとうね!
すぐに落ち込む私を、いつもひっぱりあげてくれてありがとう。
私のは低姿勢というより、すぐに自信を失ってしまうのよね。ふだんの生活はいいかげんな割に、
確かにどこか「完璧主義」のところがあるのかも。自分より素晴らしいところを持っている人に接すると、
すぐに、私ってダメだわ~、という発想になってしまうのよね。なかなか「私は私」って、
自分という芯をしっかり持って進むっていうことができなくて・・・って、ほらほらまた。キリがないね(笑)
それって、自意識過剰、ということでもあるから。
だから、あまり謙遜みたいなこと言うと、たぶん歯がゆく感じるのかもしれないね。
結局、愚かな自分をさらしつつも、どこかで「いい子」を捨てきれないために、
反省の言葉を付け足さずにはいられないだけなのかもしれないから・・・
そういうところ、ファンタジアちゃんにはよく見えているんだろうね。
うん、これから、あんまり自己否定しないでいきたいなって思う。
でも、たぶん、こういうの性分だから、繰り返しそうだけど、
どうぞ聞き流して、お付き合いくださいませ・・・
[2006/08/19 08:42]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ご無沙汰しています(__)
イイお話。。。ウルウルときています。
私のそう遠くない、現実として夢見る一コマです♪
お兄ちゃんの優しさ、カメさんの母の愛の賜物ですね(#^.^#)
[2006/08/25 14:41]| URL | ちいママ #- [ 編集 ]
v-135ちいママさま
仙台に戻ってらしたのかな? ご実家からかな?
うちなんか、こういう「いい」話が、たまにしかないので、じーんと来るのですが、
ちいちゃんのお兄ちゃんみたいに、ふだんから優しいお兄ちゃんだといいなあと思います。
ちいちゃんのお兄ちゃんは、まだ3歳なのに、とっても頼もしいもの。先が楽しみ!
[2006/08/26 04:45]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。