スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
初めてのコンサート
昨日は忙しい一日でした。
朝は兄ガメの授業参観。
その日、兄ガメたちのチームは勝ち残り
いよいよ仙台市の決勝大会ということで、
2時間目まで出て、その後試合に向かうということで
朝おにぎりなど作り、野球の荷物を持って授業参観に向かい、
兄ガメたちは、学校で着替えて出発。
それを見送って家に戻り、こんどは午後から
アイの通っている音楽療法の教室のコンサート(発表会)へ。
予定より時間が長引き、夕方帰ってきてすぐ、
兄ガメの野球チームの祝勝会に。(アイも連れて)
兄ガメもアイも、そして自分も(?)ご苦労様! 
(兄ガメは試合に出たわけではありませんが)
兄ガメのことも、いろいろ書きたいこともあるものの、
今日のところは、まずアイの初のコンサートのご報告を。

アイは、7月から音楽療法に通い始めた。
といっても、7月は2回だけで、8月はお休みだったので、
まあ、実質は9月から約3ヶ月というところ。
月3回で、今のところは個人レッスン(「セッション」と
いう表現をされますが)。
初めての時だけ一緒に教室に入ったけれど、
2回目からすぐ母子分離ということで、
何をやっているのか、どんな様子なのかは
先生が毎回こんなことをして、こうでしたよ、
と短く報告してくださるのから推し測るだけで
よくわからない。
でも、とにかく楽しいらしくて、
いつも保育所を早退して行くので
お昼寝の時間帯で、行きの車の中でウトウトしてしまうのだが、
教室について、先生の姿をみると、一度にシャキッと目覚め
喜んで教室に向かっていく。
先生からも、とても楽しんで取り組んでいる様子を
いつも報告されるし、終わった時の表情でもわかる。

実は、この先生の教室に入るまでには、
いろいろと紆余曲折があり、
ぜひ音楽は何らかの形でやらせたいなと思いながら
なかなか条件やらタイミングが合わなくて、
ちょこちょこやってはやめ、してきた経緯がある。

2歳頃には、児童館の先生で、音楽療法を勉強中という方が、
まだ勉強中なので、ということで
無料でやってくださった時期もあり、
それは親子でとても楽しんでいたのだが、
その先生が正職員になって転勤になられて
続けるのが難しくなってしまった。
それでも、家が近いということもあって、
お忙しい中、無理して時間を取ってくださり、
不定期にやってくださっていた。
でも、月1回も難しいくらいだったし
先生にも悪いと思って、教室をさがすことに。

そこでこの4月から通い始めた教室は、
とても素敵な活動をしていて魅力的なところなのだが、
たまたまアイの担当になった先生は、
その教室に初めて関わるいう年配の先生で、
どうも、こういうショウガイのある子の扱いに
あまり慣れておられないようで、
アイの手を持って無理やり動かそうとするので
アイはいやがって、毎回逃げ回ってばかり。
親も子も先生も、レッスンが終わると疲れ、
30分がえらく長く感じた。
これでは続けても意味がないと、3回ぐらいで
結局やめてしまった。

で、また、どうしようと悩んでいた時、
いろんなツテから、今の先生にめぐりあった。
実は、今の先生は、アイがまだ1歳の頃、
グループで音楽療法を始めようとした時、お願いした先生でもあった。
でも、アイもそうだけど、みんなその頃は、次々入院したりして
結局その時は無理ということで、ナシになってしまったのだった。
その後は、その先生は個人でやっておられるので
もう定員一杯で、新しく人を入れる余裕がないということだったが、
たまたま、今回、大きい子が卒業してあきが出来たので、
ということで、タイミング良く、入ることができた。

まだ始めたばかりだけれど、とにかく、
アイが楽しく音楽に触れられれば、それでいいと思っている。
正直言って、音楽教室でも、音楽療法でも、音楽遊びでも、
何でもいいから、と思っていたけど、
先生は音楽療法の専門家なので、まあ、「楽しい」以外の
部分も付随するなら、お任せするとして。

さて、というわけで、初のコンサート。
もちろん、まだ楽器もできるわけでもなく、
本番当日まで、いったい何をどうやるのだろう?と
親も全然予想がつかないままだった。

一応、ちょっとオシャレしてみました。
(母子通園卒園の時、着た服ですが)

コンサート前


アイは、コンサートの小ホールに
入るのから嫌がり、抱っこで入場。
コンサート開始前の30分で、
ざっと入退場など、リハーサル。

いよいよアイの番。
まずアイ一人で「犬のおまわりさん」を歌うのですが、
もう目をつぶって、恥ずかしがってダメ。
先生が脇で、ささやき声で「(まいごの まいごの・・)」と
応援したら、アイまで声を出さずに息だけのささやき声で
「(まいごの まいごの・・)」と歌い(ささやき?)始め、
とうとう2番の最後まで、そのささやき声で歌い終わりました。
(目をつぶったまま)

本番


本番2



アイの歌の後、他の初めてのお友達が太鼓をやって、
それから今度は、初めてのお友達みんなで一緒に
ポンポンを持って踊りました。
これも目をつぶって、ちまちま後ろの方で踊って(?)ました・・・

久しぶりに見た、アイの恥ずかしがり屋っぷりに、
初めてのコンサートというのに、うるうるなどせず、
ビデオを撮りながら、あまりおかしくて笑ってしまいました。
でも、他のお母さんに、後で「小さい声でもちゃんと歌っていて
感動しちゃった」と言われ、
あら、親の私が笑っていて、悪かったなとちょっと思いました。

でも、大きい子たちは、とても楽しそうに
いろんな楽器を合奏したり、ソロで演奏したりしていて
いつかアイも、そんなふうに、楽しく出られるように
なったらいいなと思って見ていました。

最後にやった曲「ハッピーバースデイ」で
子ども達が「生まれてきて良かった」と歌詞を
イキイキと歌っているのを見たら(聞いたら)、
ウルウルきちゃいました。

生まれてきて良かった、ほんとに、
そう言えるような生き方をさせてあげたいです。
音楽もその一つの手助けになればいいな。

スポンサーサイト
[2007/12/02 06:40 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(15) | トラックバック(0)
<<秘密基地 | ホーム | またまたアイ>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2007/12/02 15:18]| | # [ 編集 ]
がんばれ!表現者 アイちゃん
教室に行きたいという気持ちになったのがことが大事ですよね。新しい世界へ踏み出す一歩ですね。行きたい、参加したい、という気持ちがあれば、多分そのうちクセになりますよアイちゃんは、きっと。
最初は誰でも真似から始まります。真似が楽しければ、自分からやり始めます。そして自分で表現するが楽しくなります。これがクセになるのです。そしたら表現者のへ道の第一歩ですね。
なんてったって、これが、彼ら(大介みたいな子のように上手に言葉を交わせない者達にとって)の会話方法なんです。踊ること、奏でること、歌うこと、描くこと、手を動かすこと、顔の表情をかえること、足で床をたたくこと、これらは自分と他者とのコミュニケーション=会話なんだと思います。会話だからこそ相手が反応してくれることに、また答えようとするのです。あっ!お客さんが笑ってくれた、それじゃというんで別なことをしたらまた喜んでくれた。つぎは、こんなことをしてみようってね。
これからが楽しみです。
[2007/12/02 16:21]| URL | 大介パパ #RXjsLQls [ 編集 ]
Aちゃんママへ
初コメントありがとう!
メールでお返事書きましたが、
不審メールとして処理されないといいのですが・・・
音楽が身近で楽しめていいですね!今度何か
よい遊びがあったら、教えてくださいね。
[2007/12/02 16:52]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
大介パパさまへ
いやいや、人前で表現するのって、見ていると
何でもなく見えますが、やはり場に慣れるということが
必要なのですね。大介さんなど、ほんとにイキイキと
楽しそうに踊ってらして、素晴らしいなと、改めて思います。
アイも、家でや教室では、平気でやるのに、こんなに
恥ずかしがって、緊張(?)するんだ~、と初めて知りました。
いや、2年ほど前はやはり全然ダメだったのですが、最近はすっかり
人見知りもなくなって、割とどこでもすぐに慣れる感じだったので
こんなふうになるのを、久しぶりに見たというか・・・
やはり、場数を踏むことって、大事ですね。これから何度も
経験を積んで、人前で表現するのを楽しめるようになってほしいです。
来年には、目をつぶらないでできるかな?ちゃんと声を
出せるかなと、まあ、先のお楽しみがいっぱいあっていいか、
なんて思っています。いつか「あんな恥ずかしがり屋だったのにね~」
なんて言われるくらいになったらいいな。
[2007/12/02 17:17]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
アイちゃん、かわいい~(*^^*)
発表会だったんだね(-о^)
アイちゃん・・・一歩一歩、前進してますね!
なんだか・・・感激(;∀;)
もじもじと、大きな音(声)に怯えていたアイちゃんが、ステージで歌を歌っちゃうんだもんね!

はずかしがりやさんは健在のようでしたね(*^^*)
[2007/12/02 22:50]| URL | pirorin #- [ 編集 ]
pirorinさまへ
いやいや、久しぶりに恥ずかしがり屋復活で、ついつい
笑ってしまって、感動しそこねちゃいました。
それでも、すみっこにかくれてかたまったりしないで(笑)
一応息だけの声でも、最後まで歌えた(つぶやいた?)
のは良かったです。
この翌日も二日続けて会ったYさんなどは、「アイちゃん
こんなにおしゃべりなのにね・・」と、あまりの普段の様子との
違いに、驚いていました。普段はすっかり慣れっこくなった
アイだったのですが、やはり大勢の人の前に出るというは、
何か違う雰囲気だと感じるようになったということで、
それもまた成長過程ですかね。気長に見守りたいと思います。
[2007/12/03 05:20]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
うんうん、私もアイちゃん きっとクセになると思う(*^m^*) ムフッ

ホールに入るのも嫌がってたアイちゃんが
ちゃんと その後 先生とステージに立って
マイクを向けられて 小声ながら ちゃんと唄ってる!
すごい事じゃないですか!!
チマチマだって ボンボン持って みんなと同じステージで
頑張ったのでしょ!スゴイですよ!!

どうしても通園の終わりの頃のアイちゃんをすぐに思い出して
しまうのだけど、あの頃は 何かやらせようとすると
拒否反応。お母さんと別々で こんな風に
表現出来るようになった今、とってもすごい成長だと感じます。

これからまた お兄さんお姉さんの様子もきっと感じて
アイちゃんも 表現する事の楽しさや
みんなが見て 拍手を送ってくれる嬉しさを感じて
変化していく事でしょう。
次の発表は来年?その時の記事が楽しみです♪


大忙しの1日、ご苦労様でした(*^。^*)
[2007/12/04 00:18]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
mayちゃんへ
言われてみれば、そうですね。
去年の今頃は、母子通園で、体操もやらず、床にへばっていたり
部屋の隅に行ってたりして、悩んでいたのでした。
もうすっかりその頃のこと忘れて、保育所での様子も
見ていないから、家でのわがまま気ままに振る舞っている
アイの姿ばかり見慣れて、すっかり強気になったと思い込んで
いたのですね。集団の中、人前でのアイが、どうなるか、
全然考えていませんでした。
確かに、去年のアイなら、どんなに引っ張られても
私にしがみついて、あるいは床にへばって、ステージにも
上がらなかったかもしれないし、それを思うと、一人で
ステージに立った、ということだけでも、大きな成長ですね。
それに気付かせてくれてありがとう、mayちゃん!

家に帰ってから、オモチャのマイクで、大きな声で歌っていたので
やっぱりクセになりそう!?
ま、来年は、何とか声が聞けるのを楽しみにしたいと思います。

そして、いつか、RYOくんみたいに、みんなとの合奏も
楽しめたらいいなと思っています。
[2007/12/04 05:33]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ひとりで大舞台でお歌が歌えるなんてアイちゃん、すごいよ~☆
頑張ったと思うよ~。
来年も楽しみだね~♪
[2007/12/04 10:52]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
アイちゃん可愛い♪
音楽療法ってグループだと思ってたけどソロだったのですね。
1人で舞台に立ってアイちゃんv-10スゴ~イe-266

木曜日はMayuの生活発表会なのですが…
1歳児クラスは泣かずに舞台にいれたら満点e-278なのだそうです。

生まれてきて良かった、ほんとに、
そう言えるような生き方をさせてあげたいです。


本当そうですよね。
楽しく幸せな人生を送って欲しいです。
[2007/12/04 13:33]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
発表会頑張りましたねアイちゃん。
皆の前で一人で立って、歌を歌ったアイちゃん立派です。
大人でも舞台に立つだけでかなり緊張する(私の場合)と思うんですけど本当に頑張りましたね。
音楽はこれからもずっ~と楽しみですね。
りーちゃんも6ヶ月の時からグループで音楽療法に月2回通っています。
アイちゃんの今の音楽の先生にめぐり会えるまでの経緯を読ませてもらうと、りーちゃんは近くで音楽療法に通えていることは幸せなんだなと改めて思いました。
皆さんのおっしゃるとおり来年の発表会も楽しみですね。
[2007/12/04 14:22]| URL | りーまま #- [ 編集 ]
かわいいv-238ステキv-237
[2007/12/05 04:49]| URL | みゆきちゃん #- [ 編集 ]
tiisai-ningyoさんへ
いや、歌ったというか、声は出してないんだけど・・
一応ところどころ歌詞は聞こえたかな、という感じで・・
でも、ほんと去年の今頃を思ったら、一人でステージに
出たというだけで、立派!と、今頃改めて思います。
やはり、こうやって書いて、みんなの目で見てもらうといいですね。
ありがとー!
[2007/12/05 05:20]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ウッキィ~母さんへ
RYOくんのMTの様子など読んでいると、グループでやったら
楽しさもまたさらに大きいだろうな~と思うのですが、
その先生のところでは、基本的には個人でやって、コンサートや
他の発表の機会には、同じ年頃の子たちと、アンサンブルや
踊りなど一緒にできるようにする、という感じのようです。
お友達と合奏ができる日も楽しみにしながら、まあ、ふだんは
アイをじっくり見てもらって、アイの良さを伸ばしてもらえたら
いいかなと、今は思っています。

Mayuちゃんも、いよいよ初めての発表会ですね。
うちも、今週土曜日に保育所の発表会もあります。
こちらは、慣れたメンバーと慣れた場所なので、
そこまで恥ずかしがらないかなーとは思うのですが、
大勢の観客で、違った雰囲気の中では、やはりどうなるか
わかりませんね・・・
ま、舞台で姿を見られたら良しとしましょう・・
Mayuちゃんの場合は、舞台の上で立つ・歩くするだけで
ウルウルしそうですね。(私まで)
[2007/12/05 05:28]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
りーままさんへ
りーちゃんは、6ヶ月の頃から音楽療法に通っているのですね。
よく「田舎」とおっしゃるけれど、いろんな療育の機会が
多くて、うらやましいくらいです。
ただ、私など、アイが小さい頃は、何か効果があるものを求めて
いたところもありますが、だんだんとそういう気持ちは薄れて
今は、どんなものも、親子で楽しむというのが一番だなあと思います。
その点、りーままさんは、療育に頼らず、ご家庭でもイベント好き
ということで、お祭りに参加したり、旅行に行ったり
日常生活でも、楽しいこと発見して、とても素敵な子育て
なさっていると思います。
のびのび育っているりーちゃん、とっても楽しみ!

[2007/12/05 05:38]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。