スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
アロマセラビー
先日は、午前中は、母子通園の卒園児母の会の定例会、
午後は、息子の学校の、学年PTA行事があり、
定例会の方はアロマセラビー、学年行事は陶芸教室と、
なかなか文化的(?)な一日でした。

陶芸教室の方は、作品の出来はともかく、
(なにしろ母もほとんど初めてでした!)
兄ガメと一緒に、ひとつのものを創り上げる、
なんていうこと自体が、今や、とても貴重な体験で、
それが一ヶ月後に、出来上がってくる楽しみもあるし
(どうか、割れていませんように!)
なかなか良い企画だったと思います。
それぞれの親子の特徴も表れているようで、面白かったです。

さて、アロマの方は、いろいろと書きたいことがあって、
うまくまとめられるかどうか・・・
また、いつものように、ダラダラ書きになりますが、
ご了承ください。

アロマセラビーは、今は流行りで、よく耳にするし、
いろんなところで講座もやっているし、
街でも、アロマグッズが、あちこちで売られていますが、
私自身は、たいてい流行には疎い(あるいは避ける)方なので、
これまで、特には関心を持っていませんでした。
(父ガメが買ってきたアロマポットを、うっかり割ってしまい
 怒りをかって、それ以来、アロマは我が家ではタブーだったし・・・)

でも、昨日の講師の伊藤あづさ先生は、このようにブームになる前から、
勉強されておられて、東北福祉大学の感性福祉研究所や
東北大学加齢医学研究所で、専門的に研究をなさって来られた方で、
「正しく、安全な」アロマセラビーを追求し、実践しておられる先生で、
流行りものには、すぐ眉に唾をつけたくなる私も、
納得して、お話を伺うことができ、
ぜひ、生活に取り入れたいと思うものがたくさんありました。

例えば、ヴィックスヴェポラッブの匂いに似ている、ローズマリーには、
去痰作用や空気清浄、筋肉の緊張をやわらげる効用があり、
胸や背中に塗ってあげると、咳がおさまりラクになるとか、
子どもが夜中に熱を出した時など、ペパーミントのオイルを一滴、
母の手に取り、子どもの足の裏にこすってやると、
空気清浄にもなるし、冷却効果で、熱も上がらないとか、聞いて
副作用のない薬の代用として、家に常にあるといいかも・・
と思いました。

薬と違って、香りは、どんな状態の人にでも、
その人に合ったやり方で使い、体に入れてやることができる
というのも、アロマの優れた点だと思います。

例えば、認知症のお年寄りにでも、部屋にスプレーを一吹きすることで、
覚醒作用でスッキリしたり、何らかの効果が得られる、
パニックになりがちな子に、「お守り」といって、
その子専用に作ったアロマを薄めたスプレーを持たせ、
蹴飛ばしたい気分になった時に、シュッと一吹きすることで
気持ちがおさまり、対人関係も良くなってきた、など
具体的なお話とともに、私たちも実際に、
エッセンシャルオイルで香りをつけた細長い紙(名称忘れた)を
いただきながら、様々な香りを楽しみました。

また、アロマ入りのスプレーを手に取って、
それでお互いの手をマッサージして、とても気持ちよくなるのを
(される方だけでなく、している方も!)実感しました。
こういうほのかな香りの中で、肌と肌が触れ合う、優しい時間を、
子どもと持つことができたら、いいだろうなー、と思いました。

先生のお話で良かったのは、ただ自分が気持ちよくなるとか、
オシャレや癒しの時間とかのためだけのアロマではなく、
けして医療ではないけれども、実際、アロマを通して、
今、困難をかかえている人(子)たちを、サポートする、
困難な状況を緩和することができるということでした。

自分でも、様々な香りをかぎながら、ある種の、ふだんは
意識しない「感覚」が刺激され、体や心が実際に変化するのを、
体感して、やはり香りの持つ「力」を、信じる気になりました。
これなら、今はブログをお休みされていますが、
もともとの私のブログの師匠である、satoさんがハマッて、
コツコツお勉強されて、とうとうお仕事にされたというのも
すごくよくわかる気がしました。

私は、これでいきなり、アロマを本格的に勉強しよう!とまでは
思いませんでしたが、基本的な知識ぐらい身につけて、
上手に生活の中に、特に子どもとの関係の中に、
取り入れていけたらいいな、と思いました。

先生のお話の中で、印象深かった言葉があります。
それは、「パニックになるのは、その子が悪いのではない。
必ずまわりの環境の中に、その原因となるものがあるはず。」
ということです。

前に、アイの”問題行動”を気にしていた頃、
母子通園の顧問をしてくださっている先生に、
「”問題行動”と言っても、必ず、何か理由があるのです。
 その子の性質・特質と決めつけず、理由となるものを
 よく見てやること、理解しようとすることが大事」
と言われたことがありました。
ダウン症は、よく「頑固」と言われるし、
私自身も、時々、アイの「ガンコさ」に手を焼いていますが、
そうなるには、アイなりの「理由」があるはずなんですよね。
そう思うと、日々の対処の仕方も、おのずと違ってくるかもしれません。
先生の言葉で、それを、改めて思い起こしていました。

ところで、いつもいつも、そんなにすぐ、その場で
「原因」となる事柄がわかるわけではありませんね。
そんな時、シュッと一吹き、アロマのスプレーで
一時的にでも、気持ちを鎮めることができると、
本人もラクだし、まわりともうまくやれて、
次のステップに進む、手助けにもなり得る、ということです。
また、上に書いたように、母子でマッサージなどすれば、
スキンシップによって、双方が心豊かになれる、
言葉だけでないつながりを持てる、そんな効果もあると思います。
(私の場合は、まず自分自身が、子どもに対してイライラ、
 カッカとなるので、気持ちを鎮めるスプレー、一番必要かも・・・)

もちろん、アロマセラビーは医療ではないし、
使い方を間違ったり、合成のものなどを使用したりすると
害にもなり得るという、危険性も、先生は注意してくださいました。
正しい知識とともに、上手に活用したいものですね。


もともとは情報システムの専門家であった、あづさ先生が
アロマを始められたのは、結婚や出産をされる前だったそうですが、
出産後初めてぶつかった壁にも、おそらく、ご自身の息子さんが
自閉症であるがゆえのご苦労も、アロマの力で、
乗り越えられたことを、ご自身で体感なさったということでした。
涙にくれていた頃、ご主人が届けてくださったバラの花の香りに
身も心も癒やされていくのを、はっきり感じ、
ご自分の求めてきたものが、間違いないと確信されたとか・・・

さて、そんなあづさ先生のもう一つのお顔は、
「みやぎ発達障害サポートネット」というNPOの活動です。
(ブログ「虹っ子広間」参照)
ここは、いわゆる「自閉症」関連の「発達障害」をかかえる子(人)
対象の組織ですから、残念ながら、ダウン症やその他の
知的障害の子は、扱いませんが、
この組織のあり方、そして、A先生の姿勢、
そういったものに、学ぶところがたくさんあります。

昨日の記事の中の言葉にも、ハッとしました。
『「あったらいいな」は、自分たちの手で創り上げることが早道です。』
その前の部分でも、
『・・(前略)実現できていないという現実にガッカリもしました。
 でも、それなら自分たちで出来るようになれば良いのです。
 「チャンス」と考えれば良いのです。』

これが、こういう組織をつくってこられた、あづさ先生の原動力なんだと
先生の力強さを、感じていました。

実は、先生には、お礼のメールの中で、
「自閉症にはこんな素晴らしいサポート体制があって、うらやましい」
というようなことを、チラッと書いたのでした。
先生のブログのお言葉は、私へのお返事のようにも感じました。
そうなんですよね。「あったらいいな」と思うなら、
そういうものを探し求める、さがしてなければ、
自分たちで創り上げるしかない。
そのことを、改めて、胸に刻んでいました。

今、ダウン症のお母さんたちも、我が子のためだけでなく
よりよい環境つくりのために、いろいろと動いてはいます。
キッズパワーのエリさんたちもそうです。
新しく生まれたダウン症のママたちを支えるために、
キッズパワーの活動も充実させる一方、
念願の、ダウン症の子(人)を総合的に診てくれる、
「ダウン症専門外来」の設立を夢見て、
お医者さんたちの理解と協力を得るために、
せっせと足を運び、発信し続けています。
(まだまだ、実現までは、道険し、ですけど・・・)
私も、そんなエリさんの夢に賛同して、少しでも
力になりたいと思いつつ、まだまだ感心して見ているばかり・・・

一人一人の力は小さくても
(いや、私のまわりには、一人でも、素晴らしい力を
 発揮されておられる方もたくさんいますが・・・)
仲間を作り、「あったらいいな」を掲げて、
そこにむかって協力して、動いていけば、
一歩ずつ進めるのではないかと思います。
現状に不平不満を言うだけではなく、
(私などは、これまでそればっかりでしたが・・)
やはりそれを変えていくためには、自分たちが
動かなくては、と、改めて、思ったのでした。

アロマのお話にとどまらず、
今後の生き方、目指すものについて、深い示唆を与えてくれた
あづさ先生に、感謝です。



スポンサーサイト
[2007/09/21 14:55 ] | ダウン症・障がい | コメント(10) | トラックバック(0)
<<連休雑記 | ホーム | あおぞらサロン>>
コメント
すご~~~~い!
カメちゃんのまわりにはすっごい人いっぱいですね。いやぁ~私も大ファンになりそうです。この伊藤あづさ先生。素晴らしいですね!

そっかぁこういう方がいるのもカメちゃんがいつもまとまったしっかりなさった考えをお持ちでいるのに影響しているんですね。(もちろんカメちゃんは『素』でも普通にしっかりなさった考えを持ってて毎度毎度学ぶことが出来ますが)

さて、わたしもオオー!satoさんもアロマセラピストになったと聞いてあったしその後ブログもお休みになって残念ながらも、興味は津々でした。
私はまだまだ世間に広まり切らずにいるはしりのころはまりお店でもアロマ焚いていたし、上の二人のアレルギー性喘息はアロマオイルで対応し長く時間をかけたけど、治しました。
今は・・生活そのものが変わり、趣味嗜好の問題(私はアロマ好き、パパはそういうの嫌い、じいやんも好きでない)と金銭的問題があって、やりたいけど出来ていません。
昔はお金稼いで自分へのご褒美はアロマの香りいっぱいの中でフットマッサージとか体のマッサージ、またはエステにも行ったものです。。。今じゃぁありえなくなってドンドン遠ざかってしまいました。

アロマを自分のためにというおねだりは出来ないけど。。
>『「あったらいいな」は、自分たちの手で創り上げることが早道です。』
その前の部分でも、
『・・(前略)実現できていないという現実にガッカリもしました。
 でも、それなら自分たちで出来るようになれば良いのです。
 「チャンス」と考えれば良いのです。』
ここには超同感!人生の師匠にしたいくらいの方です。
私もカメちゃんのようにまず、市内に「ダウン症専門外来」の設立を働きかけてみます!
いいお話ありがとう♪
[2007/09/21 16:51]| URL | ファンタジア #RVcFyNpA [ 編集 ]
文化の秋ですね。
しかし9月も大阪は暑くって、今夜もエアコン使用中…。
さて、兄ガメ君と共同制作の陶芸作品が焼きあがったら
是非ブログで写真を見せてくださいネ。
土に触れるのって、ストレス解消にもなりそうですよね。
(私は京都で『ストレス封じ』のお蝋燭をお供えしてきました)

ところで、良い出会いが続いていますね。
アロマだけじゃなくて、1回の講座で素敵なことを吸収して
ブログで紹介してくれるカメちゃんは本当に素晴らしい!

私も主人が買ってきたアロマポットを割った経験アリで~す
が、認知症のお年寄りにも効果が出るアロマがあるのですか?
興味津々!色んな効能を知ってみたくなりますね。
花粉症に効くのもあるので(ユーカリだったかな?)
ぜひ来春までに、父ガメさんのために新ポットを用意して
快適な鼻生活を送ってもらって下さいネ。

今は目立ったガンコさは出てないMayuですが、
療育施設などで会う少し大きいダウン症の子たちを見ると
お約束というのか、日々の習慣・順番を守る力が強い
ように感じます。
なので、そのルールが違った時に混乱というのか許せなくて
それが、ガンコと言われるのかも知れませんネ。
何かの都合でルールを変えざるを得ない場合には
前もってキチンと話せば、少しは理解してもらえるように
なるのだと思っています。
でも、忙しい母親や先生には難しいことでしょうね。
そんな余裕を失くしそうな時に、アロマが有効でしょうね。
[2007/09/21 22:16]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
(^ー^* ) フフフフ 困難と思う時こそチャンスですぞ!
周りの流れと自分の努力とチャンスを逃さなければ
必ず運は自分のものに出来ます。
がんばれカメちゃん!

アロマのお話し、なるほどなぁと読ませてもらいました。
香りの作用と スキンシップ。
スキンシップって『手当て』(治療なんて大げさなものじゃなくて、お腹が痛い時に手をそっと当ててもらうだけでなんだか楽になる・・・って感じの)なんだろうね。
その手当てと香りが一緒に作用したら
きっと 一時的でも 穏やかな時が訪れるんだろうね。

とりあえず我が家は 2日間途切れていたRYOの匂いが戻って来て
やっと通常気分が戻って来て ホッ(*^。^*)
いつも周りにある香りと 時々で必要な香りを
上手に使っていけたらいいなぁ。

でもウチでは『芳香剤』がいいところだわ^_^;

[2007/09/21 23:48]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
ユーカリのオイルなんかは冬に良く使ったりしています(気管支にいいので。あとダニ駆除とかもw)。私もブームになる前から興味があって自分なりに、使っています。ラベンダーが一番好きです。実は私は、無音・無臭が好きなのですが、ひどく疲れたときに、ホッとするような音や香りに出会い、意外な自分への効用で、興味を持ちました。

案外心が荒れた時(ww)も、香りで落ち着くので、今では「香り」って生活に欠かせない感じになっています。
芳香剤や石鹸の香りでも好きな香りなら、心が安らぎますよ~
[2007/09/22 22:57]| URL | ころん #- [ 編集 ]
ファンタジアさまへ
アイのおかげで、いろいろと良い出会いがあって、それには、
本当に感謝しています。私自身は、一人でもどんどん行動できる
というタイプでなく、誰かにくっついていく方なので、
「ついて行きたくなる人」さがしは、結構うまいのかも!?
ファンタジアちゃんみたいに、自らが行動の人の場合は、むしろ、
ファンタジアちゃんの後ろから、人がついてくるんだと思います。
ただ、いずれにしても、実際の生活だけで会える人というのは、
限りがあるけれど、こうしてネットで、いろんな人の生き方や考え方を
知ることができる現代なのは、ありがたいことですね。
(前回のコメントのお返事と、言ってることが逆になりますが・・)
そういう意味でも、私自身は、行動力も発想も乏しいけれど、
受けた刺激を、少しでも、ブログを通して、みんなに伝えられたら
嬉しいと思います。共に刺激し合って、いい方向めざして
頑張りましょ。

ファンタジアちゃんも、アロマ詳しそうだという気がしましたよ。
海外に行くと、必ず、独特の香りのするショップが、ありますよね。
最近は日本でも、そういう雑貨屋さん、増えてきたけど。
太鼓の昔から、洋の東西を問わず、香りというのは、生活の中に
取り入れられてきたものだし、人間の五感の一つとして
大事な要素を持っているのでしょうね。
ただ、おチビがいて、ドタバタの生活には、そんな余裕はないと
これまで思っていたけれど、むしろ、イライラ、子ども以上に
キレやすく、時に虐待しかねない私には、必要な物かもと、
思い始めました。。。

[2007/09/24 06:35]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ウッキィ~母さまへ
いつも、兄ガメのことを気にかけてくださって、ありがとう。
本当は、ここの記事も、半々で書くつもりだったのに、
アロマの方が長くなりすぎて、兄ガメの方は、結局、最初の方の数行に
まとめてしまったのでした。今度、作品ができてきたら(割れていても)
またご紹介方々、ブログに載せますね。ありがとう!

ストレス封じのお蝋燭、気になります。そういうのをお供えする
神社?お寺?があるのですか?効き目ありましたか~?
私も、こんな記事を書いたばかりなのに、またイライラがたまって
アイに虐待まがいの仕打ちをしてしまって、自己嫌悪だったので、
速効で効くアロマかおまじないか、ストレス解消法が必要です~。
アトピーにも効くアロマがあるというので、妹の子に紹介して
あげたいなと思っていたのですが、なんと、花粉症に効くのも
あるのですね!それは朗報。ぜひ、もう少しよくアロマをお勉強して、
次の花粉症の時期には役立てたいと思います。

子どもたちの行動は、結局まわりの人間の言動の鏡
と言えるのかもしれませんね。こちらが、一方的に押し付けると
「ガンコ」に見える行動に出ることも、ちゃんとその子が納得する
やり方、気持ちを切り替えるキッカケなど、こちらが子どもの気持ちに
近づくことで、解消されることも多いのかもしれません。
あとは、まわり(私!)が、そういう心のゆとりを持つことなんでしょうが、
これが難しい・・・やっぱり、アロマが必要だわ。。。
[2007/09/24 06:49]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
mayさまへ
そうなんです。あづさ先生のブログの言葉は、やはり
mayちゃんを思い出させるものでした。困難な時こそ、チャンスと
とらえて、転んでもただで起きない、必ず何か素晴らしい副産物を
手に、難事をくぐりぬけてきたmayちゃん。
やはり、すごいなあと思う人は、みな、そういう強さしなやかさを
持っているのですよね。私は、ちょっと困難につきあたると、
すぐにめげてあきらめる方なので、ほんと、こういう前向きパワーを
時々もらって、自分も頑張りたいなと思います。

RYOくんの匂いは、どんなかなー。うちでは、兄ガメが
「おいっ、ちゃんとお風呂で洗ってるのかー」というくらい、
汗くさくて、このニオイ消しだけにでも、アロマを使いたい気分。。。
でも、ほんと、普段の生活の中の匂い、人の匂いも大切にしながら、
違う香りも楽しんでいけたらいいですね。
RYOくんなんか、香りの感覚も鋭そうな気がしますが、人には
自分の目で見えるもの以外の、様々な感覚が実は存在することを、
こういう香りの世界や音だけの世界を、たまに体験すると、
感じますよね。いろんなセンサーを、ほどよく刺激して、
育てていけるといいですね。
[2007/09/24 08:11]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ころんさまへ
やはり、ユーカリって、呼吸器系にいいのですね。私自身は鈍感なのですが、呼吸器系の弱い夫や息子のために、
ぜひ、私も活用していきたいです。
私も、あまり香りの強いものって、実は好きではなくて、
化粧品やシャンプー類でも、むせかえるようなバラの香りとかが
苦手で、たいてい「無香料」のものを選んでしまう方なのですが、
よく香りの種類や効能を知って、自分に合ったものを、上手に
使うと、いいのでしょうね。
特に私の場合、時々わけもなく、心が荒れる ( w w ) ので、
気持ちを落ち着かせるアロマが必要と感じるこの頃です。。。
難しく考えず、好きな香り、っていうのが一番かもしれませんね。
[2007/09/24 08:17]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
わらしべ者、懐かしいv-238
[2007/09/25 02:04]| URL | みゆきちゃん #- [ 編集 ]
みゆきちゃんさまへ
わーい、みゆきちゃんだ~!他のブログでお名前おみかけして、HPなど見させていただいてましたよ。書き込んでくださって、嬉しいです!!
わらしべ舎、ご存知でしたか。それも感激!
仙台にいらしたことあるのかな。ぜひ、また来てくださいね。
[2007/09/25 05:08]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。