スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
あおぞらサロン
うちの小学校の特殊学級(特別支援学級)は
「あおぞら」という名前で、情緒、知的、肢体不自由の
3種に分かれて、「あおぞら1組・2組・3組」となっている。

ところが、地引き網の記事でも書いたように、
特殊教育に詳しくバリバリ動いてくれてた先生が転勤し、
今年度に入って、まったく特殊学級初めてという
先生ばかりになって、Tくんのお母さんをはじめ、
「あおぞら」のお母さん達は、不安と不満が大きくなったらしい。

そこで、Tくんのお母さんが、先生方を啓蒙する意味もこめて、
この「あおぞら」の親たちがもっと交流を持ち、
先生方も巻き込みながら、一緒に勉強したり、
情報交換したり、まわりの理解を深めたりしたいと
「あおぞらサロン」というのを開こうと提案し、
現在在籍の子の親だけでなく、卒業した子の親や
まだ未就学のうちにまで、声をかけてくれたのだった。

というわけで、5月頃、第一回の集まりに参加したのだが、
その記事を書く前に、なんと、その直後、
先生方からストップがかかったと
Tくんのお母さんが、さすがにガッカリした声で電話をくれた。

でも、ここであきらめない、パワフルなTくんのお母さん。
(フルタイムの仕事をしながら、PTA本部役員もしています)
今度は、Tくんのお兄さん(6年生)の担任の先生の
バックアップを得て、
「再開することになったから、良かったら来て」と、
先日連絡があった。

場所は、学校の空き教室を利用した、
地域の人が自由に使えるスペース「マイスクール」という部屋。
数名の「あおぞら」のお母さんたちが集まっているところに、
私はアイを連れて参加した。

アイは、すぐに飽きて、「ウ○コ~」と言えば、
部屋から出られると思うからか、やたらこの日は
「ウ○コ~」と言って、何度もトイレに行ったり、
同じ並びに、やはり空き教室を使った児童館があるので、
(とにかく少子化のこの地域、空き教室がいっぱい)
そちらに遊びに行ってしまったりで、
後を追いかける私は、ゆっくり話も聞けなかったのだけど、
アイの相手をする合間に、子どもたちの余暇にできそうな
音楽やスポーツなどの話題、
今年中学に入った子のお母さんたちも、来てくれていたので、
中学校の特殊学級の様子など、
参考になるお話を、いろいろと聞くことができた。

その中で、Tくんのお母さんが、提案というか、
既にもう、おおかた決めて、みんなで盛り上げましょうと
持ってきた話に、ビックリ。
前に、ここでも記事に書いた、「とっておきの音楽祭」の
記録を映画にした「オハイエ!」を、PTA行事として
10月に、学校で上映することにした、というのだ。
しかも、荒川ファミリーの知子さんのお父さんの講話つき!
すごーい!!

あの映画を、ショウガイ者(児)と関係のない人が見たら、
どんな感じを受けるのだろう。
おそらく、どんな人の胸にも訴えるものはあるはずだと
信じているけれど、学校でまわりの親たちに見せることなど
私は思いつきもしなかった。
きっと、いろいろ手続きやら学校側との交渉やら、
下準備があったはずだけど、私たちがこれを聞いた時には、
すでに、「オハイエ!」のHPには、「△△小学校 上映」と
自主上映のスケジュールが載っていたのだった。
やっぱり、さすがPTAの本部役員だわ~。
この行動力、すごいなあ、Tくんのお母さん。
(6年の担任の先生のお力添えも大きいらしいが)

残念ながら、これは一般公開ではないが、自校だけでなく
近隣の小中学校にも呼びかけて、できるだけ多くの人の
参加を得ようということ。
しかも、私たちは、胸に目印のバッヂか何かつけて、
ショウガイ児の母たちであることをアピールし、
「何か聞きたいことお話したいことあれば、
 ぜひお気軽にお声をかけてください。」と
チラシに刷ろう、という提案。

母子通園などに通っている子たちは、ショウガイも様々で、
はっきりショウガイとは言えない、軽度の発達の遅れの子もいて、
中には、そこに通っていることや、
子どもに何らかの遅れがあることを、
かくしたがっている親もいることを知り
なんかカナシイ気分になったこともあったけれど、
自らアピールして、理解を求めようという
Tくんのお母さんの姿勢は、頼もしく共感する。
(ただ、みんなが同じ感覚ではないので
 ここは気をつけなくてはいけないところですが、
 少なくとも、そこに集まったお母さんたちは
 すでに特殊学級を選んだ時点で、かくす気などないわけだし、
「つけるのは花がいいね~」などと笑っていました)



ダウン症関係の集まりや、母子通園関係のつながりのほかに、
こういう地域でのつながりが、はっきりした形で
継続していけそうなのが嬉しい。
(同じ町内に、ダウン症二人、自閉症二人、肢体不自由一人
 います(多い?)。中学生からアイまで、年齢の幅は広いけど。
 この辺は、仙台市中心部や地下鉄沿線と違い、
 転勤族は少ないので、長いお付き合いになりそうです。)

アイが学校に入るまでには、まだ間があるけれど、
(アイが「あおぞら」に入るかどうかも、定かではないけど・・)
母は、すでに「あおぞらサロン」の一員として
活動開始となりそう。
スポンサーサイト
[2007/09/17 06:16 ] | ダウン症・障がい | コメント(8) | トラックバック(0)
<<アロマセラビー | ホーム | 兄ガメの本から>>
コメント
映画会の成功を!
すごくいい活動ですね。ほかの学校にも呼びかけるのは。光明養護学校でも、ちょっとしたイベント(運動会とかバザー)の時には、近くの中学校から数十人の生徒が応援に来ていました。直接に障がい児に触れてみて知ってもらう事、とても大事だと思います。
障がい児、健常児、障がい児の親、それと健常児の親、一緒にいる事、いるのが当たり前であること、どんどん広がっていって欲しいですね。
成功をお祈りしています。
[2007/09/17 07:15]| URL | 大介パパ #RXjsLQls [ 編集 ]
カメちゃんへ♪
すっごいなぁ、カメちゃんの周りには活動的な方がたくさんいらして。。

以前。大介君のパパちゃんから“オハイエのとっておきの音楽祭”映画を上映しちゃえ!とお話を頂いたことがありました。実はかなり前向きに考えましたけど・・・パパと意見が合わず、我が家では保留になってしまいました。今回カメちゃんの記事を読んでまたやってみたい気に気持ちが揺らいでいます。
パパは知り合いに上映施設(映画館)がありそこを利用したがっていますが、バリアフリーとかその点に問題があります。またここ草加からかなり遠い埼玉県内のある場所を考えています。
私はやはり、同じ市内もしくは隣の越谷市と言うところを考えており、しょうがいを持つ方やその家族、ダウン症のお子様を持つ家族またその本人達が集まりやすいなんらかの施設に上映設備を持ち込むことを考えています。でも私一人ではもちろん出来ないことなので相談しようと思っている市会議員さんと県会議員さん、そしてダウン症のお子様達を預かっている私立の保育園の経営者(NPO法人)などに相談しようかなぁって考えだけはあっても、二の足三の足を踏んでいました。
パパの考えも無視しないで、パパの意見も耳を傾ければ、もしかしてもっと協力を得られるかもしれないんで、手をこまねいてないで・・・やってみます。どうも病気して一線から引っ込んでから人の前に出ること、人の上に建つことが苦手でどうしようもないんです。。

いまだに交流の場に出かけていないので、やはり勇気を奮ってまずは、そこへのデビューが・・・今は一番なのですね。
(うちの町内会も、カメちゃんとこと全く同じくらいの人数のダウンちゃん、しょうがいを持つ子がいます。)


情報をありがとうございました。
[2007/09/18 09:31]| URL | ファンタジア #RVcFyNpA [ 編集 ]
大介パパさまへ
どのくらい人が集まるのかわかりませんが、この映画を
自分たちの地域で上映する、少なくとも子どものいる全家庭に
案内のチラシが配られる、ということだけでも、まず画期的なことと
思います。どんなに少なくても、役員の人たちや、先生方など、
これまでそういうことに全く関心のなかったとしても、この映画を
見てくれる人を増やすことにもなりますしね。
インクルーシブとか、バリアフリーとかいうのは(ショウガイの有無、
ということだけに限らず、国籍とかいろんな壁をとりはらうには)
まず触れ合う機会を多くし、お互いを知るところから
始まりますよね。アイも保育所に行っていることで、
まわりのお友達やその親御さんたちに、「知る」チャンスを
与えていると言えるかもしれない、なんて思ったりして・・
この映画もまた、少しでも、地域の人たちに、何か新しい
気付きや、心の動きを与えてくれると、期待しています。
[2007/09/19 05:02]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ファンタジアさまへ
私自身は、自分が情報を得たり、感動したりしても、そこで
とどまってしまって、それをもっと広めよう、みんなに働きかけよう、
というような、次の一歩までは、思いつかないか、思っても、
なかなか行動に移せないか、というタイプの人間なので、
こういう行動力のある人を見ると、心から尊敬してしまいます。
もちろん、ファンタジアちゃんもその一人で、ブログでも、
いろんな情報をどんどん発信しているし、議員さんとかに
交渉したり、TV局にアピールしたり、と思ったらすぐ行動の人だよね。
大介パパさんも、そのファンタジアちゃんの心の熱さと、行動力に
ほれて(?)、映画上映もおすすめしたんだと思いますが、
ただ、今すぐ、とか、ファンタジアちゃん一人の力で、とか
そんなに気負う必要もないし、私たちへの義理(?)で、プレッシャー
を感じないでくださいね。
やはり、まずは、家族がそのことで対立したのでは、意味がないし、
何より今は、まだりこたんと一緒に過ごす時期ですから、
その時にしてあげられることを優先してくださいね。
そうそう、まずは、地域との交流の場(児童館とか?)や、あるいは
親の会とか、今のうちは、仲間づくりを大事にしていると、
そのうち、一緒にやろう!と力になる人も増えてくるのではないかと
思いますよ。
ネットにかからない情報やつながりも、たくさん存在しています。
(仙台の実体を見ると、ほんとそうです)
日々忙しいでしょうけれど、折を見て、徐々に地域デビューも
いいかもしれませんね。
(保育所は保育所でまた新たな出会いもありますが、
今のうちは、保育所に入らない(幼稚園タイプの)お友達とも
接することのできる、貴重な時期でもあります)
幸い、私たちの子は、インパクトが強いので、あまり回数
顔を出さなくても、結構覚えてくれて、今も、児童館で会った
お友達に、買い物などで会うと、声をかけてくれます。
一方、ダウン症(ショウガイ児)の親どうしのつながりは、
今の私の生活の基盤とも言えるくらい、日々いろんな情報と、
生きる上での示唆を与えてくれています。ネットだけでなく、
そういう地域でのつながりも、これから、どんどん持つ機会が
出てくると思うので、徐々に顔を出してみるといいかと思います。
(私も、頻繁に外に出始めたのは、アイが2歳過ぎてからでした)
[2007/09/19 05:31]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
すごい行動力のある方が、カメさんの周りにはいらっしゃるんですね~。
そういう方とお仲間になれたら心強いですね。羨ましいです。
地域としての結びつきだけでなく、こうした子供の特性による結びつきも大事だな~と思います。それは親にとっても子供にとってもいえると思う。
無理なく楽しく長く、活動が続けられるといいですね。
[2007/09/19 13:52]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
いいぞ!いいぞ~!
なかなかコメント出来ず ごめんね。
ここのところ 荷物作りばかりで 1日が終わっていました。
RYOさん、北海道の地を 車椅子で踏みしめている事でしょう。

なんか 記事やコメントを読んでいて、
ちょっと前に私がお返事していたような感じの
カメちゃんのお返事になって来ている気がして
後輩か~さん達が こうして 次のお母さん達の為に
ちょっとずつ リレー方式で道標を示して行くのかな~なんて
ちょっと嬉しくなって 他の方へのお返事も読ませてもらいました。

>アイも保育所に行っていることで、
まわりのお友達やその親御さんたちに、「知る」チャンスを
与えていると言えるかもしれない、なんて思ったりして・・

特に こういった事は 私も日々感じて来た事で
最初は我が子の為と思っていた事も 他に影響したり
周りの人のいろんな感情を引き出すと感じて来ました。

多分 Tくんのお母さんと同じように出来ないとしても
世間にどうアピールしていけば 効果的なのか、
みんなが気持ち良く暮らす為には どんな事が必要になって来るのかなど
きっと たくさんの事を カメちゃん自身も勉強出来るのではないかと思います。
そして、学んだら カメちゃんらしい方法で 次の世代に伝えて行けば良いと思うのです。

きっと今回の企画、たくさんの人の心に 小さな種をまく事が出来るでしょう。
その種を 大事に育てる人、まだ植えずに大事にしまっておく人・・・
様々だと思いますが、きっと 何かしら 感じてくれる事と思います。

成功するよう 遠くの地からも 応援しています!

[2007/09/19 17:12]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
tiisai-ningyoさまへ
私自身は、引っ込み思案で、行動力のない人間なので、
まわりにこういう人がいると、とてもありがたいです。
不思議と、何かショウガイとか病気を持っている子の親同士は、
初対面から、すっとなじみやすいことが多く、他の
付き合いでは、結構いつまでたっても、気を遣い、
緊張しやすい私も、おかげで人付き合いが増えました。
ほんと、長続きのためには、無理なく、楽しく、が大事ですよね。
[2007/09/20 15:14]| URL | カメ #T9I1PC5M [ 編集 ]
mayさまへ
いいのよ、いいのよ、mayちゃん、せっかく少し
ブログの時間を減らすことにしたのだから、他のことに
有効に使ってください。
それに、RYOくんのキャンプに修学旅行と、ほんと、大きな
荷物造りが、続いたものね~。お疲れ様。
自分が一緒に行かないとなると、あれもこれも入れないと心配だしね。
でも、昨日は無事出発したようで、一安心だね。
今頃、mayちゃんも、京都ですか~?
(ほんとに行っちゃうところがスゴイ!)

私の言葉は、いつのまにか、mayちゃんの受け売りになっている
ことも多いような気がします。
それは意識していないけれど、mayちゃんの生き方、考え方が、
自然に私の中に入り、そして、実体験とともに、徐々に育って
きているということなんでしょうね。
mayちゃんに近づけたら、嬉しいわ!
でも、私は私らしく、ですね。ともすると、自分は同じように
できないと、落ち込みがちな私だけど、子どもと同じで、
同じようにする必要はないんだよね。気持ちは同じでも、
私らしい生き方、アプローチの仕方で、少しずつ、自分の目指す方向が
見えてくるといいなと思っています。
だけど、それには、いっぱい学ばなくてはね!
mayちゃん、まだまだ学ばせていただきますよ~。ヨロシク!!

[2007/09/20 15:23]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。