スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ジャズフェスティバル
土曜日は、台風一過で、いいお天気。
父ガメは出張、兄ガメは、朝早くから野球で留守。
(おかげさまで、先週から、野球にもまた行き始めました。
 母は野球好きではなくても、暗い顔して、うちで
 ゴロゴロしていられるより、やはりホッとします・・・)

保育所のアイの担当のY先生が、今や仙台名物となっている(?)
定禅寺ストリートジャズフェスティバルに参加するというので、
お天気もいいし、お散歩がてら見に行ってみようと、
アイと二人で出かけました。

ジャズフェスティバルは、音楽好き写真好きの父ガメは、
前に、一人でよく行ってたようだけれど、
音楽にも疎く、案外休日は出不精(?)の私は、
実は一度も見に行ったこともありませんでした。
仙台にいながら、ほんと、もったいない・・
「とっておきの音楽祭」といい、仙台は、なかなか素敵な
イベントを市民の力でやっているんですね。
アイさんのおかげで、こういうものにも触れる機会が持てて、
ありがたいことです・・・
街は通行止めになっているところもあるし、どうせ
駐車場もいっぱいだろうから、と考え、ふと思いついて
バスに乗って行くことにしました。
考えてみると、アイは、遠足のバス以外は、
公共のバスに乗せたことありませんでした。
でも、我が家から、車無しでどこかに移動しようとすれば、
地下鉄の駅も遠いので、まずバスに乗らねばなりません。
そうだ~、大きくなれば、アイの交通手段として
メインはこのバスになるのだから、少しずつ
慣れていかなくちゃね。

というわけで、私も何年ぶりかで、公共のバスに
乗りました。バスなど大嫌いな私も、アイと一緒に
のんびり乗ってみると、なんだか楽しくなってきました。
ちょうどタイヤの上の席で、高くなっているので
窓の景色もよく見えて、アイは大喜び。
時々大きい声を出すので、「し~っ、小さな声でね。」
と言わなくてはいけないくらい、はしゃいでいました。

20070910115647.jpg


車で行けば30分(道が混んでいても)のところ、
50分ぐらいかかって到着。
Y先生の出番の時間ギリギリでした。
ちょうどバス停の近くにある建物のオープンスペースが
演奏場所で、もう紹介が始まっているところに飛び込みました。

ところが、演奏が始まったとたん、
大きな音が苦手なアイは、マイクを通した声にビビって、
いきなり「あっち~」と騒ぎだし、出口に向かおうとします。
仕方なく席を立って、少し離れたところで、抱っこしながら
たまたま展示してあったアニメのキャラクターを見せたりして
なんとかなだめつつ、歌を聴いていました。

でも、少しして、保育所の所長先生や隣の組の先生もいらして、
先生方の顔を見たら、アイも落ち着き、手をつないで
はしゃいだりして、そのまま最後まで聴くことができました。
Y先生のピアノも、相方の人の迫力あるヴォーカルも素敵で、
「千の風になって」の英語版(つまり原語版ですね)とか、
レイ・チャールズの「ジョージア」とか
思わず涙があふれるような、心にしみる、
しっとりした大人向けの曲が多かったのですが、
最後にちょっと付け足しの「聖者の行進」では、
アイは、たまたま前日に、家にある歌付き絵本で、
一緒に歌っていた曲だったので、ノリノリになって終了。

終わったあと、先生のところに、ささやかなプレゼントを渡しに
行くと、他にも車椅子の子や、ダウン症ではないけれど、
一目みてショウガイのある子とわかる子などが数人
先生に会いに来ていました。
他の大きい子たちは皆、Y先生が前に勤めていた母子通園施設で
お世話になった子たちのようで、「大きくなったねえ。」とか
ワイワイと昔話に花が咲いていました。
そんな中、先生は、かけ寄って行ったアイを抱っこしてくれて、
他の子のお母さんたちに、「うちの子で~す。なんちゃってー」
と紹介(?)してくれたりして、
初対面だけれど、なんとなく、みんな「知り合い」のような
雰囲気になって、一緒に、次のグループの演奏が始まるまでの間
しばらく立ち話をしていました。
「Y先生のピアノで歌ったり踊ったりしてたなんて
 贅沢だったよね~。」というお母さんの言葉に
みんな深くうなづき、現在進行形でお世話になっているうちなどは、
改めて、素敵な先生に、毎日見てもらえる幸せを感じていました。
ヴォーカルの方にも、「いつも、みんなにパワーもらってます。」
と言われて、こちらも嬉しくなりました。
アイのおかげで、また一つ素敵な出会いがありました。

その後、ブラブラとあちこちで演奏しているのを聞きながら
メイン会場のあたりまで歩きました。
6月の「とっておきの音楽祭」と似た雰囲気で、
たくさんのお店も出ていて、アイの好きなポテトや飲み物を買い、
お祭り気分も満喫。

200709101156484.jpg


すみません。カメラを忘れたので、私のオンボロ携帯写真で
何だかよくわかりませんね。。。
詳しくは、ジャズフェスのHPをごらん下さい。
川崎から来たというグループでした。秋田や東京など
遠くから参加している人たちも結構いるようです。

20070910115648.jpg


木陰のベンチで食べたり飲んだり。

でも、とても暑くなってきたのと、アイも眠くなってきた
ようだったので、そろそろ帰ろうとバス停に行ってみると、
ガーン!!家に帰る方面のバスは、なんとあと2時間もない。
うちはそんなに僻地だったのか・・ガクッ
まったく、行きはよいよい、帰りはナントカだわ・・
とブツクサ言いながら、他の路線のバスで何とか
近くまでいけないかといろいろ考えていましたが、
ふと見ると、近くに地下鉄の駅の入り口が。
そうだ、地下鉄で、最寄りの駅まで行けば、
そこから家の方面のバスも出ているはず、と気付き、
今度は地下鉄に乗りました。

地下鉄を降りて、またバスを待つ間、広いバス停で
アイはハトを追っかけて、それもまた楽しかったみたい。

200709101156482.jpg


結局カメラを忘れたので、
はっきり見える写真は、家に帰ってから撮った
100円以上カンパするともらえる、手作りガンザのみ↓

ガンザ


一応、行ってきた証拠?・・・


というわけで、ジャズフェスティバルそのものは、
先生の演奏以外は、ほとんど聞き流しただけで
そんなに本格的に音楽を楽しんだわけではありませんが、
アイとの、乗り物ツアーも兼ねて、
何となく心豊かな、気持ちいい一日になりました。


しかし、昨日の日曜日は、一転、
やることなすこと裏目に出て、最低な気分の一日。
(アイのおもらしに始まり、脱衣所水浸し騒動、
 じいちゃんたちとの行き違い、夫婦ゲンカ、云々・・・)
いちいち書く気にもなれないような日でしたが、
ま、人生山あり谷あり、ってことで・・
スポンサーサイト
[2007/09/10 13:54 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(8) | トラックバック(0)
<<病院デー | ホーム | 台風の前に・・>>
コメント
ジャズ大好きです。
私、ホント~にジャズ好きです。聴くのが一番なのですが、たまに歌います。我が心のジョージアは昔よく歌いました。ピアノ、トランペット、弦楽器、いろんなジャズが好きですが、アメリカでバイオリンのジャズを紹介されそれもファンになりました。

いつも思いますが、仙台の文化は本当にうらやましい限りです。
アイちゃんもいろんなところに連れてってもらえて、それに大きな音が苦手なのに、最後にはしっかり楽しめてよかったですね。それに楽しい素敵な先生でよかったですね(^^)

私もりこたんを連れて音楽鑑賞に出かけられるようになりたいです。
やっぱり秋は食欲だけではなく、文化を楽しまなくっちゃね(^^;
すこし影響されなきゃね・・・
[2007/09/10 18:18]| URL | ファンタジア #RVcFyNpA [ 編集 ]
良かったですね!
カメさん達の楽しい情景が目に浮かぶようです!そうそう、私が土日に活動するさいたま新都心でもジャズコンサートを(http://www.jazz-saitama.com/index.html)開催しているので、たま~に聴いてみたりしています。でも素敵な仲間の輪がまた一つ増えましたね!またバスや、地下鉄もたまには良いでしょ!(私は普通ですが…)また良い経験できましたね!
[2007/09/11 02:23]| URL | 桜狸 #HHe7UC0g [ 編集 ]
ファンタジアさまへ
うんうん、ファンタジアちゃんには、ジャズが似合いそうね!
お酒を片手に、パパさんと歌っちゃってください!
仙台のジャズ・フェスは、ジャズに限らず、いろんな分野の
音楽をやっているようで、私の友達もポップス系で出てました。
高校生のバンドあり、多くは中高年のオッサンたち?
街のあちこちで演奏する人、立ち止まって耳を傾ける人がいて、
そんなケヤキ並木の通りを歩いていると、いい街だなあと思います。
そういう意味では、仙台は文化が豊かな街と言えるかも、ですね。
せっかくそういう仙台に住みながら、今まで、そういうものと
縁のない生活をしていた私です。何事も、こちらが心のゆとりを
持って、求めていかないと、通り過ぎていってしまうのかもしれません。
アイのおかげで、そういうチャンスにも気付き、職場と家の
往復しかなかった私の人生が、随分豊かなものになっていると
たびたび感じさせらますね。
でも、そうばかりも言ってられなくなりました。
先立つものが~。そろそろ本気で職探しもせねば・・
[2007/09/11 05:54]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
桜狸さまへ
久しぶりにブログのコメントいただき、うれしいです。
さいたま新都心では、毎月ジャズのライブをやっているのですね。
ぐっと本格的なジャズですから、ジャズ好きにはたまらないでしょうね。
ジャズというと、何となく夜、暗めのバーで、バーボンを
傾けながら・・・という雰囲気を連想してしまう私ですが、
(すみません。そもそも音楽に疎いので、イメージ貧困で)
仙台のジャズ・フェスは、木漏れ日の下で、体を
スイングさせて、楽しく聴く感じでした。

そうそう、バスや地下鉄もたまに乗ると、新鮮でいいですね。
特に、子どもは乗り物好きなので、私も車ばかりに頼らず、
これからできるだけ公共の交通機関を利用してみたいと思います。
[2007/09/11 06:01]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
うわ~、うらやましいなぁ。
音楽とビールは、やっぱり生がいいですよね^^
アイちゃんには乗り物も楽しかった」んじゃないかなぁ~。

ほんと、仙台はいいところですね♪
[2007/09/11 20:51]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
久々 桜狸さん、こちらにも登場ですね!
お元気そうで良かったね♪

私もジャズ 好き!
でも 難しい事は分からず もっぱら 雰囲気で聞くのみ!
サックスの 篭ったような音を聞くと 一気に浸れますよね~。

アイちゃんとのお出掛け、バスも地下鉄も良かったね。
大人など 待ち時間の方が 気になってしまうけど
アイちゃんは その間も 鳩とお友達になって 楽しそう(^^♪
次は 帰りの時刻表も確認しつつ 待ち時間も楽しんで下さいね。

Y先生の周りには 今までいろんなお子さんがいたのね!
きっと そんな先生なら 色んな角度から子どもを見て
あれやこれや アイデアを出してくれるでしょうね。
アイちゃんもカメちゃんも素敵な先生に出会えて良かったね♪

[2007/09/11 23:41]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
tiisai-ningyoさまへ
>音楽とビールは、やっぱり生がいいですよね
には、思わずニンマリして頷いてしまいました。
tiisai-ningyoさんは、特に音楽は、ご自分がなさってた方ですもんね。
私は、音楽もビールもよくわからない方ですが、
どちらも雰囲気を楽しむことは、大好き。
ぜひ、いつかご一緒に・・・
仙台にも遊びに来てください。(有志でジャズフェスに参加でも)
[2007/09/12 05:16]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
mayさまへ
そうそう、桜狸さんの名前が見られると、お元気なんだなーって
ほっとしますよね。

mayちゃんも、自分が楽器をやっていた人だし、今も、若者の音楽から
しっとりした大人の曲まで、幅広く音楽楽しんでいるよね。
たまに、ちちさんとのデートにジャズ喫茶もいかが?
そういえば、私は学生時代に、父ガメと付き合い出してから、
ジャズ喫茶や、新宿pitなど連れて行ってもらい、それで初めて
ジャズというものを知ったのでした・・・

Y先生とは、一生の出会いのような気がしています。
担当は、この一年だけかもしれないけれど、どこまでも
追っかけファンをやって、ついていきます~、なんて。
ほんと、こういう先生に、集団生活の一番スタートの時期に
出会えた幸運に感謝しています。
[2007/09/12 05:23]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。