スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
誤飲ならぬ、誤詰め?騒動
帰省中のことで、ぜひ書きたいこともあるのに、
目の前の現実は刻々と変化し、
いろんなことがあるもので、
なかなか過去にまでさかのぼれません・・

子どもというのは、予想外のかたまり。。。
子は、良くも悪くも親の期待を裏切って、育っていくとは
大介パパさんの名言ですが、
兄ガメのことで悩んでいたのも、すっとんで、
昨夜は、アイさんのことで、ちょっとした騒ぎが・・・



昨日の夕食後、私は洗い物をしており、
兄ガメはテレビを見て、アイは兄ガメの横で
一人で機嫌良く遊んでいました。
父ガメもいたけど、
今週末の出張からは、また忙しくなるものの、
ここ数日は余裕があるので、
早めに帰宅し、晩酌しながら夕食を食べて、眠くなったのか、
テレビを見ながら、少しウトウト。

しばらくすると、アイが「おハナがいたーい。」と
言います。アイは、最近、別に痛くなくても(と、私は
思っているのだけど)、甘えたいと、「あたまがいたーい」
「おててがいたーい」などと、どこかが痛いと言っては
うそ泣きの「エーン」をつけて、「抱っこ~」と言うことが
多いので、また、眠くなったかな、ぐらいに思っていました。
でも、時々、ほんとの泣き声になり、鼻に指をつっこんでいるので、
アレッと思い、洗い物の手を止めて、アイのところに
とんでいきました。
アイのまわりには、実家でファミレスに行った時、
子ども用メニューについてきた、おまけで、
よくある、やわらかいウレタン?製の、文字パズルのおもちゃ。

↓ こんなんです。
(中部地方のファミレスは、おまけも結構立派だと思いません?)
さがみのパズル


ピンと来ました。
この中の、数字の6だか9だか8だかの、穴の部分を
鼻の穴に詰めたにちがいない!
鼻に触ろうとすると、大暴れするアイを押さえて、
鼻の穴をのぞき込むと、紫色のそれらしい物体が
かなり奥の方に、チラッと見えます。
たぶん、自分で取ろうとして、指を鼻につっこみ
どんどん奥におしやってしまったのでしょう。

少しでも鼻にさわると、痛いのか、大泣きするし、
あまりに奥の方なので、
これは、ちょっとシロウトでは取れないと思って、
急患センターに連れて行くことにしました。
アイは、鼻にさわりさえしなければ、別に
さほど痛がりもせず、普段通り、機嫌良く
動き回っていたのだけど、やっぱりこのまま
置いてはおけないので、とにかく診てもらおうと思って。
それが8時頃。

父ガメは、既にビールを飲んでしまっていたし、
兄ガメを、普通通り早めに寝かせなくてはいけないから、
(なかなか夜は一人でいられない臆病者です)
父ガメは家に残り、私一人で連れて行くことに。


急患センターで事情を話すと、こういうのは、
そこの小児科では処置できないので、
初期救急医療機関案内、というところに電話して、
やってくれる病院を聞いてくださいとのこと。

ところが、あわてて出てきたので、
こんな時に限って、携帯を忘れてきて、
仕方なく、公衆電話で問い合わせ、調べてもらうと、
隣の市の耳鼻科で受け入れてくれるそうなので、
そちらに行ってくださいとのこと。
ほっておくと、詰まったものが
気管支に入った場合、とても危険なので、
今すぐ行った方がいい、と言われました。
もし途中でむせはじめたら、迷わず救急車を呼んで、
とも言われたので、やっぱり大変なことなんだ、と
ちょっと緊張もしてきました。
アイは、全く上機嫌で、電話中も、
私のまわりで歌をうたって踊っていたのですが・・

その隣の市の耳鼻科は、自宅からは、さほど遠くはないけれど、
急患センターからだと、私があまり運転したことのない、
交通量の多い国道沿いということで、
夜でも、長距離トラックなど、結構車が多い道路で、
昼間でも、その道はあまり運転したことがないのに、
初めての病院をさがしながらだったので、
かなり緊張しながら運転していきました。

その耳鼻科に着くと、かなり年配のお医者様が、
少し待ちくたびれた様子で待っていてくれました。
30分以上たったので、もう来ないかと思ったよ・・
と言われてしまいました。その時、9時半ちかく。

(実は、耳鼻科に向かう前に、こんな時に限って、アイは
「ウ○コ~」というので、あわてて急患センターのトイレに入ったり、
 車のキーを置き忘れて、さがしたり、結構時間をくっていたのでした)

そして、処置が始まると、案の定、アイは
思いっきり大暴れ。個人病院で、そんな時間だから
もう看護婦さんもいなくて、お医者さん一人なので、
おさえるのは、私一人しかいない。
ここで取れなかったら大変、と、私も、ほんとに
手足体全部使って、アイを抱っこしながら
動かないように、全力で押さえていました。
アイの力も相当強くて、もう、必死でした。

でも、ようやく取り出すことができ、
それまで大暴れ大泣きしていたアイも、開放されたら
ケロッとしていました。

出てきたものは、コレ↓

鼻に詰めたもの

(注)10円玉は、大きさ比較のためで、
   これが入っていたわけじゃありません。

家に着いたのは、10時過ぎ。ふう~っ。
思わぬ夜のドライブを楽しみ(車に乗ると童謡のCDを
聞けるので)、アイさんはご機嫌。
母は緊張し、やや疲れましたが、
まあ、無事に済んだので、良しとしましょう。。。

ここ数日兄ガメのことにばかり気持ちが行っていたから、
アイも存在をアピールしたかったのかしらん・・
アピールし過ぎっ!


アイさん、実は、「鼻詰め」これが”初犯”ではなく、
前にも、おもちゃのネックレスがちぎれて、
大きめのビーズがバラバラになった時に、
鼻に詰めていたことがあります。
この時は、ビーズが固くて大きかったからか、
そんなに奥までは入らなかったので、
1つはすぐに取り出すことができ、安心していたら、
その後大きなクシャミとともに、
もう1つ鼻から飛び出てきて、ビックリした、
ということもありました。

なんで鼻の穴に詰めるんだろう。。。

しかし、こわいですね~。
子どもの家庭内事故で、一番多いのは、誤飲と言われますが、
まさか、鼻に詰め込んで取れなくなるとは・・・
いやいや、小さな子どもは何をするかわかりません。
もうそろそろ、そういうのは卒業かな~と思っていたけど、
甘かった。
やはり、まだまだ目を離せない時期は続くようです。


スポンサーサイト
[2007/08/28 14:53 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(10) | トラックバック(0)
<<わらしべ舎 | ホーム | 夏休み終了>>
コメント
なぜ鼻にものを入れるのか・・・そこに穴があるから・・・じゃないわな~^_^;
でも ホント取れて良かったね!
家の中の危なそうなものを全て排除するのは 到底無理だし
子どもの目線は 大人とは違うだろうから 隠しても見つけるでしょうしね。
以前 ファンタジアちゃんの所でも書いたと思うので
読んだかもしれないけど、ウチの叔父は 鼻に豆を入れて
取れなくなり ふやけて芽が出てきたというツワモノです!

帰省で何もなく無事に帰ってこれたと思ったら、大変な一夜でしたね。
[2007/08/29 00:49]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
じゅ・十円玉?
朝読んだ時、10円玉もお鼻に入れたのかとビックリしました。
いま落ち着いて考えると大きさの比較ですよね。

子供って、小さい穴に指を突っ込むのも好きだし、大人の想像を超えてますね。
mayちゃんが言う通り、家のものを全て片付けるなんて…到底できないし
注意してても、色んなことをやってくれそ~v-12覚悟しときます!

私の友達のお兄ちゃんも、節分の豆を上に投げて口に入れて食べてて…
鼻に入って、ふやけて出なくなって耳鼻科へ行ったそうです。

カメちゃん、本当にお疲れ様でした。
夜に診てもらえる耳鼻科があって良かったね。

[2007/08/29 17:09]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2007/08/29 21:00]| | # [ 編集 ]
i一瞬10円玉がでてきたのかと・・w

本当に本当にお疲れさまでした。
うちは、誤飲で何度か救急外来にいった事があります。。。ご存知の、咳止めから、ナイロンから、色々・・・(つωT)

お一人で病院に連れて行かれたんですか?
すごい!!!私は寝てても酔っていても旦那も連れて行ってしまいます。車に待機させときます!一人じゃ不安に耐えられないんですよ・・・・。。

でも、ほんとちゃんと出てきてよかったですね。
読んで最後、ほっとしました。
[2007/08/30 01:16]| URL | ころん #0MXaS1o. [ 編集 ]
mayさまへ
そうそう、ファンタジアちゃんのとこの誤飲の記事のときに
鼻詰めの話題出てきてましたよね。
(私もビーズのことは書いたような・・・)
保育所の先生に言ったら、毎年結構あるんですよ、とのことだし、
皆さんのコメントや友達の話でも、案外子どもには
よくある”事件”なんだとわかりました。
ほんと、帰省中無事に過ごせたと思って油断してたら
これだ~。まったく・・・おかげで、退屈しなくてすみます。
なーんて言ってられるうちはいいけど、大事にならないよう
やっぱり注意しなくちゃね。
[2007/08/30 05:20]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ウッキィ~母さまへ
すみません。誤解を与えるような写真で。
(その後、注をつけました・・)
いくら、アイさんの鼻の穴大きめとは言っても、
さすがに十円玉までは・・・入れないよう、しっかり監視します!

Mayuちゃんも、どんどん活発になってきているので、
これからいろんないたずらにも、ますます磨きがかかることと
思います。それに驚いたり負けじと対応したりすると
親の脳&体力活性化になって、若く保てるかも!?
覚悟しつつ、お楽しみに!

耳鼻科のお医者さんは、少し無愛想だったけど、
まあ、夜遅く待たせたのだから仕方ありません。
そんな時間に診てくれただけでも、ありがたいことですね。
[2007/08/30 05:27]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
pirorinさまへ
コメントがシークレットになっていたのだけど、
内容を読んだら、別にシークレットなものじゃなかったので、
たぶん、このコメント欄が書き込みづらく、間違って
非公開の方にチェック入れちゃったのでは、と思い、
こちらにオープンでお返事書きますね。
(このテンプレート、やっぱり早く変えよう・・・)

そうか、「癖」か~。そうなると、アイも、これからも
度々繰り返す可能性あり、だよね。はあ~。
これは、今後も目を光らせねば。
昨日も、保育所で粘土を丸めたのを、鼻に持って行こうとして、
先生が「またお鼻痛くなるよっ!」と言ったら、さすがに
そこで手を止めて、下に置いたそうです。ホッ。
皆さんのコメント読むと、鼻詰めに関しては、いろいろと
”つわもの”がいるようですね。。。
[2007/08/30 05:33]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ころんさまへ
そうそう、kenくんの誤飲騒動の時は、大変だったわね~と
人ごとに読んでおりましたが(そしてころんさんの文章だと
よけいに面白おかしく読めてしまうのですが)、
やっぱりいざ我が子がなると(誤飲じゃないけど)、
あわてるものですね。こんな時に限って携帯忘れるなんて。

お医者さまにも、こういう時は、何があるかわからないから、
必ず誰か一人ついてきてもらうもんだよ、と言われました。
今回予想外の運転をしたり、一人でアイを押さえるのに苦労したりして、
以後(って、また緊急事態があっては困るけど)、必ず夫を
連れて行くようにしようと、強く思いました。。。
[2007/08/30 05:38]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
子供じゃなくて私。
私も鼻の穴につめたことがあります。
「豆」でした。
そんりゃぁもう、家族中が大騒ぎになり、
心配のあまり、祖父は顔面蒼白になり
父は痛がる私に怒りながらピンセットを突っ込み、
母は呆れて笑っていたような・・・
豆はふやけるので鼻の中でふくらんでしまうので
余計とりにくいようなので気をつけましょう。

なぜあの時、鼻の穴に詰めたのかと想いを馳せれば、やっぱりそこに穴があったから・・・としか
考えられません^^
幼き日の思い出でした。
カメさん、お疲れさま。
[2007/08/30 15:45]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
tiisai-ningyoさまへ
子どもさんとか、知り合いの話を書いてくれる人は
たくさんいましたが、本人談、は、初めてです~。(笑)
さすが、tiisai-ningyoさん。
やはり、豆を入れてふやけた、というパタン、
結構多いんですね。節分の時の豆かしら。
(うちでは、最近、片付けがラクなので、
節分に、カラ付き落花生を投げたりしています。。。)

みんないろんなこと体験して、大人になるのね。
なんて、無事で良かったです、tiisaiさん。
そこに穴があれば、何か入れたくなるのは
人のごく自然な行動、というのを、今回学びました・・・
[2007/08/31 07:07]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。