スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
虐待
子どもの虐待のニュースを聞くたび、
どうしてこんなにかわいい我が子に、
そんなひどいことができるんだろうと、
理解できなかった。

虐待までいかなくても、育児ノイローゼとかも、
よくある話だけれど、きっと母子二人きりで
外と接する機会がないと、煮詰まってしまうんだろうと思っても、
自分には縁のない話と思ってた。

年を取ってできた子だからか、今は小憎たらしい兄ガメも、
働いていたせいもあるのか、もう、かわいいばかりだったし、
ましてやアイは、下の子だし、ダウン症の特性もあるのか、
ほんとに癒やしの存在で、かわいくって仕方なかった。
いや、もちろん、イライラすることはしょっちゅうあったけど。

でも、今回、アイが風邪で具合が悪いというのに、
私は、ホントに虐待まがいの母になり、
自分で自分の感情を抑えられないことに、驚き、失望した・・・
ブログでは、どちらかというと、家族のいい話、
嬉しい気持ちなどを書くことが多くて、
もやもやした思いの時は、書かずに過ぎて、
そのうち忘れてしまう事が多い。
(というか、悩みや嫌なことがあっても、
 他の人が原因のことなら、うっぷんばらしに書いてしまうけど、
 自分の醜さ愚かさが原因となると、なかなか書けないので・・)

でも、今回、自分でも、こんな部分があったことに
ショックを受けて、逆に、そういう部分も自分にあることから
目をそらさないために、記しておきたいとおもった。

 * * *

アイの熱は3晩続き(と言っても、ずっと高いのではなく
昼間は熱は下がって比較的元気なのに、夜になると上がる、というのが)、
ようやく熱は下がっても、今度は鼻水が滝のように流れ
止まらない。咳も出てきて、カンペキな風邪症状。
結局この一週間まるまる保育所はお休みした。

私だけの用事はいくつかキャンセルしたものの、
熱がないので、兄ガメの用事やら、
義母の白内障の手術の入退院などには、連れ歩き、
それで、よけいに長引いたのかもしれない。

それだけでもかわいそうなのに、
家にいる間、とにかく台所に寝ころんで
(やはり具合が悪かったのだろう)
私のそばから離れず、ぐずぐず言っている。
でも、私も、残された義父の食事の世話もあったし、
アイにばかりかまっているわけにもいかず、イライラ。

ふだんから、アイには、甘えたい時、かまってほしい時には、
「ウ○コ」という、ヘンなくせがある。
前に、出かけ先で大人しくしてなくてはいけない時、
アイが「ウ○コ!」と言ったので、あわてて
私が連れ出して、トイレに連れて行き、
その帰りに自販機でジュースを買ったことで
味をしめたのか、どこかにいて退屈して外に出たくなった時や
保育所の行き帰りで疲れて抱っこしてほしかったりする時など
よく座り込んで「ウ○コ」と言う。

それをわかっているくせに、今回アイがグズグズいいながら
頻繁に「ウ○コ~」と言うのを聞いて、イライラが募り、
「ウ○コならトイレに行ってしなさい!」などと言って
いやがるアイを無理やり引っ張ってトイレに連れて行こうとして
ますます大泣きされたり
(これでトイレにトラウマができたらどうしよう・・)
オムツが濡れていたので、
(やっと決心してパンツにし始めたのに、わずか一週間ほどで、
 風邪のおかげでまた振り出しに・・)
「なんでトイレでしないの!」と、乱暴に寝かせてオムツを替えたり
(ふだんはアイのプライドを尊重して、オムツ替えも
 パンツのように、自分ではくのを待つのですが)
自分でもオトナ気ない態度だと思いながら、
アイに対して、やさしくできず、乱暴に扱ってしまう。

いつまでもぐずぐず泣いて床に転がっている姿にも
普通なら「かわいそう」と思うのに
腹立たしくて仕方なく、「そんなに眠いなら寝なさい!」と
また無理やりベッドに乱暴に寝かせて、さらに泣かせる・・・

そんな悪循環で、アイはますます泣き叫ぶ、
私はますますイライラ・・・
あー、こうして虐待母になっていくんだ・・・と
ぼんやり疲れた頭で考えていた。

頭の片隅では、いつもは機嫌よく遊んでいるのに
こんなにグズグズ言うのは、よほど具合悪いんだ、
と冷静に判断している部分があるのに、
それでも、アイに対して、わけのわからない、
自分でも理不尽だと思う「怒り」がおさまらない。

よく思い出してみれば、こんなことは、実は初めてではない。
最近、特に増えてきていたかもしれない。
朝出かける前など、時間に追われると、ついついアイにきつくなり、
こんなチビ相手に、マジギレしていることがよくあった。

毎日飲んでいるチラージンという薬を、
前はヨーグルトに混ぜて、難なく取れていたのに、
この頃なぜかヨーグルトを食べなくなって
朝この薬を飲ませるだけでひと苦労。
生まれた時から、薬飲むのは慣れていて、
兄の時みたいに、これまで薬を飲ませるのに
あまり苦労したことがなかっただけに、
急に飲まなくなると、どうしていいかわからない。
ここ3週間ぐらいは、チョコロールケーキに混ぜていたが、
たまたまそれが切れた日があり、
仕方なしに、またヨーグルトに混ぜてみたり、
それは拒否されたので、普通の風邪薬のように
少量の水で溶いて飲ませようとしたり、いろいろしたけど
飲もうとせず、口からベッと吐かれた時、
カッとして、口を拭くのに、思いっきり強く
泣くくらいの拭き方をしてしまったことがあった。

それでも、これまでは、通園や保育所に行くことで
自分の気持ちも切り替えることができ、
ささいなことで腹を立ててしまう自分を
反省することができたのだけど、
今回は、ベッタリ一週間一緒にいて、
頭ではひどいことしていると思いながらも
自己嫌悪に陥りながらも、
どうにも感情を抑えられない自分がいた。

兄ガメは、今でこそ悩みのタネで、
毎日口ゲンカも絶えないけれど、
小さい頃は、本当に手のかからない、イイ子で、
確かに、仕事があるのに、すぐ起きてこられて
はあ~と思った覚えはあるけれど、
兄ガメの言動に対して怒りを覚えたり
ましてや手をあげたりしたことはない。
なんで、こんなに幼いアイに対し、
怒りの感情がわき起こるのか、自分でも解せない。
ただでさえ、小さく無力な子ども、
しかも具合が悪いときているのに・・

ショウガイ児の母たちは、みな聖母のごとく、
(いや、タイプはみなそれぞれ違って個性豊かですけど、
 根本にある我が子への思いは、という意味で)
我が子がかわいくて仕方なく、
子どもたちに癒やされ、宝のように育てているのに・・・



それでも、そんな私を救ってくれたのもアイだった。

ある時、アイの腕をパンと払いのけた時、アイが
「やさしく、やさしく、ね」と言って
そっと私の腕をなでるかっこうをしたのだ。

さすがに胸がキュンとなって
「ごめんね・・・お母さん、悪かった」と言って
思わずギュッと抱きしめた。
こんなひどい母なのに・・・

アイが気に入らないことがあって、モノを投げたり
人をたたいたりした時に、私が、「絶対にたたいちゃダメ!
お友達には、やさしく、やさしく、ね。」と
何度も言い聞かせてきたのだった。
なのに、私自身がこんな乱暴なことしても
アイは私にやさしくしてくれようとしてる。
ほんとに自分がなさけなかった。

そうやって、反省しても、それでも、また
アイのグズグズ始まると、「いいかげんにして!」と
ヒステリックに叫んでしまう私。
ほんとに、どうしちゃったんだろうと、自分で思うくらいだった。

たぶん、夫への不満も、睡眠不足も、生活上の他のストレスも
全部、弱いアイに集約されてしまったのだろうと思う、

こうやって、いじめや虐待って起きていくんだ。

自分の中に、そんな要素があることを、改めて知って
おそろしかった。

今は申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、
二度とそうならないという自信もない。


昨日から、ようやくアイも、ふだんの元気さを取り戻し、
比較的機嫌良く遊べるようになって、
私も少し落ち着いてきた・・・
これまでのうしろめたさもあって、
何度も抱きしめたり、一緒に遊んだりしてた。
でも、きっとアイの心の奥には、傷が残っただろうな・・


子ども最優先の生き方を選んだはずの私。
子どもに関わること以上に、やりたいと思える
仕事も趣味もみつからなかったから・・・
でも、こんな状態じゃ、お金のためだけでも、
外で働いていた方がましかも。
何やってるんだろ・・

なんか煮詰まっている、私。
これは、生き方の問題・・・?

スポンサーサイト
[2007/07/28 08:29 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(14) | トラックバック(0)
<<ご心配をおかけしました | ホーム | 久々の発熱>>
コメント
カメさん 疲れているんだよ。私も良く虐待母になってしまうことがあります。自分でも恐ろしくなるよね。
早くアイちゃんが元気に保育園に行ったら、ゆっくりリラックスしてねv-10
体調が悪いときはねーイライラするよ。みんな同じだと思う。
[2007/07/28 09:35]| URL | るみるみ #- [ 編集 ]
失敗だらけの親より、ひとこと
親も人ですから、精神の起伏、感情の山や谷、肉体の疲れ、たくさんあると思います。それを自分に押し込めるのでなく外に出してみたらいかがですか。ためればためるほどに爆発のときにはエネルギーが一瞬にほとばしりでます。心のうちを家族にも思い切って見せたらどうでしょうか。ためずにね。
それで、後からでもいいので、フォローしてあげればいいのではないでしょうか。また、どうしようもなくなって手を上げてしまったなら、その事実をしっかりと自分で受け止めてください。その上で、次にまた、そうなりそうになったどうするか考えてみたらいかでしょう。
完璧な人間なんていません。どんなに小さなことに対してであってもです、完璧などありません。失敗をするのが人間です。言い古されたことばですが、「失敗してもいい、でも同じ失敗を繰り返すな」。もうひとつ「失敗をうやむやにするな」、同じ過ちを繰り返さないためにもです。
過ちをして他人にごめんなさいと謝る姿を子に見せたことのない親は完璧かどうか疑問です、その子は、ひとに謝るということを知らずに育つのでないでしょうか。攻めることだけを教えこまれた子は、攻撃された時、経験がないからどうするかわからないんです。

自分の弱みをみせないのは、カッコはいいけれど、いいことばかりでもない。家族には見せてもいいと思う。それを受け止めてくれるのも家族だと思う。

失敗だらけの親より
[2007/07/28 17:22]| URL | 大介パパ #RXjsLQls [ 編集 ]
うん、カメちゃん 色んな事で疲れているのと、
今の自分が 何を取るべきなのか 煮え切らないと言うか
選べずにいる事が ストレスになっちゃってるのかな?

いつも忙しいカメちゃんだけど、いろんな気持ちが入り混じって
自分の心の置き所がなくなっちゃっている感じがします。(生意気言ってすみません)

隣の芝生は青く見えると言いますが、みんな悩みながら
自分に嫌気が差すことがあったり、何もやる気が起きなくなったり、がむしゃらに動いたり
それでも 何とか自分を納得させながら心の置き所を わずかな隙間に見つけているんだと思います。

私はRYOの事で困る事と言えば、大きな声を出す事と、食べなくなった時ですが
そんな僅かな事でも ストレスになって ちちに当たります。
ちちが「食べなくていい!」って言うだけで ブチ切れです!
“こんなに頑張ってるのに なんでそんな事言うの!?”って。
みんな いつもいつも そんなイイ顔ばかりじゃないよ。
そんな嫌な自分を反省しながら、少しずつ変わって行きたいと思って 毎日過ごしているんじゃないかな?
(結局全て 私の事で~す^_^;)

きっとアイちゃんは大丈夫だよ。ママの頑張ってる様子を見ているし
ちゃんとママの教えてくれた優しさを 身に着けてる。
自分が教えたつもりの事が、今度は自分が教えられてるって事、
よくあるよ。お互いが育てあうんだろうね。

忙しいかも知れないけど、ちょっと深呼吸して息を大きく吐いてみて。
そして 助けて欲しい時は ちゃんとSOSを出してね。
心と体は一体だから どっちかが崩れると 全体が崩れるんだと思うよ。
カメちゃんは 一人じゃないんだからね。
遠くにいて何も助けてあげられないけど、きっとみんなも通って来た道だと思うから、そんなに自分を嫌いにならないでね。

何度自分に嫌気が差したことか。。。
自分を否定したり肯定したりの繰り返しでした。

お盆(かな?)、カメちゃんを愛してくれたご両親の元で ユックリして来てね。

[2007/07/28 23:02]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
るみるみさまへ
3Kを書いた時のるみるみさんの気持ちが、今なら
すご~くわかる気がします。
気分転換が上手なるみるみさんでも、そんな気持ちに
なることもあるんだものね。みな、そういうところを
いろんな方法で発散しながら、乗り越えているんでしょうね。
どうも、ありがとう。
やはり体調もありますね。自分もちょっと具合悪かったので。
昨日あたり、子どもも自分も元気になったら、
どうしてそう悲観的だったのか、自分でも不思議なくらいです。
[2007/07/29 06:43]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
大介パパさまへ
お忙しいのに、こんなにたくさん、とても親身なアドバイスを書いてくださって、ありがとうございました。
大介パパさんには、見破られてしまいましたね。
私がこんな精神状態であること、夫には全く伝わってない、というか、出張や帰りが遅いことが続き、忙しそうな夫に対して、話をする気にもならなくて、でも、そういう不満がどこかにくすぶっているから、よけいに拍車がかかってしまったんだと思います。
一番身近なはずの「家族」に、ちゃんと話してない。
そこがネックかもしれません。ブログでぶちぶち
書く前に、ホントは、しっかり夫に向き合わなくてはいけないのでしょうね。
まあ、それは、うちの夫婦の永遠の課題ですが、
とにかく、ほんと、大介パパさんおっしゃるように、
「同じ失敗を繰り返さない」
「失敗をうやむやにしない」
そのことだけは心がけたいと思います。
大介パパさんが、失敗だらけの親だなんて、とても
信じられませんけれど、でも、きっと失敗を、
そうやって次のステップに生かしてこられたから
今の大介パパさんがあるのでしょうね。
まだまだ親としてはひよっこの私。修行を積まねば・・
これからも、いろいろアドバイスをよろしくお願いします。
[2007/07/29 06:53]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
mayさまへ
コメント読みながら、泣けてきました。ほんとに
暖かい言葉をありがとう。こんな心理状態だったので、
mayちゃんところも、最近読み逃げが多くて、
なかなかコメント書けずにいました。

アイが保育所に行き始めて、自分も何か変わらなきゃ、
っていう思いばかりが先行して、結局何をどこから
始めてよいかわからない、という状態でここまで来て、
それでも、なんだかんだ今までは忙しくしていたので
目先のことに追われて、あまり考える暇もなくきたのだけど、
ハタと、ここに来て、このままでいいのかな・・
という思いが悶々とうちにうずまいていたことも
確かにありますね。
まわりは、皆、それぞれに自分の進むべき道を
確立しつつあるのに、私はどうしたらいい?
ほんと、自分の向かう先がわからない。見えてこない。
だから、よけいに不安定な精神状態になったんだと思います。
それと、やはり婦人科に通い出してから、気分的なものか、
どうも自分の体調も悪かったこともあります。
mayちゃんには、どちらもお見通しだったね。さすが!
ネットを通じての交流でも、そんなに私のことを
理解し、考えてくれる人がいるって、なんだか
それだけでも、嬉しくて、力がわいてきました。

毎日をイキイキと輝いて進んでいるmayちゃんでも、
日常生活の中には、感情の起伏もあるんだよね。
自分を反省したら、また、さらに成長していかなくちゃ、
ですね。ほんと、子どもだけじゃなく、親も日々
成長、なんですものね。
私も、ためこまず、夫を「カヤの外」におかず、
上手に対処できるようにしていきたいです。

いろいろと、親身な言葉をありがとう。
また頑張れる気がします。


[2007/07/29 07:08]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
私もブログではいいところしか残さないのでのほほんとしているように思われているかもしれませんが、ずいぶんと虐待か?と思うほどの怒りを子供たちにぶつけることがありますよ。教科書通りの子育てなんてできないって、思ってます。親にも感情があるから、子供には関係ないことをぶつけてしまうことはある、あったっていい、とも思います。カメさんのように、かわいそうなことしちゃったな、って気がつければ、本当にひどいことにはならないけど、気が付かない人はニュースになってしまう、そこが違いなのでは。確かに「自分ひとりが大変」感がどんどん弱い子供にあたっていく傾向はあるので、それはお父さんにぶつけるのがいいと感じます、どこかで発散させなくてはね~。
虐待というのは特別な人がするのではなくて、誰でも(特に母親に)その要素を持っている、そういう意味でカメさんだけが「こんな自分」と落ち込むことはないですよ。みんな一緒ですから。元気になったアイちゃんとまた楽しい時を過ごしてね。
[2007/07/29 08:33]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
おつかれさん♪そういう時もあるよね。自分の体調が悪い時はなおさらだし。私は上の子でもあるよー。駐車場で切れて、子供を大声で罵倒していたら、駐車場のおじさんに諌められたり、huuいわく、カルタ中身有りを箱ごと投げつけた事があるそうな・・・。kenはさらにhuuよりも酷い目にあっている・・・しw。
母が我慢する事が多いとそうなるのかなと自己分析をしながらも、子育てのいい所は、思ったすぐ後からそれをただせる所だと思う事にしています。(でも、実際は自己嫌悪を繰り返していますが)追い詰められ感が高い時は、本当に子供の些細な事までもに腹が立ちます。カメさんも、ゆっくりと出来る時があるといいのにね。お姑さんお舅さんがいると、自分のペースだけで生活できないし、大変だろうなって思います。あと旦那もポイントやったりするんですよね。私は本当に一時、心から、変わらない旦那を呪っていた事があります。きっと旦那さんが、(的を外れる事無く)少しでも労わってくれたのなら、また少し違った気分になるかもですね。私は若干(ほんのちょっぴりだけれど)心を病んでしまいましたが、そうなる前に、出来るだけ自分で自分をいたわってあげてね。。。我慢しすぎないでね。たまにはダラダラの悪い母でもいいと思うよ。。
[2007/07/30 02:59]| URL | ころん #- [ 編集 ]
tiisai-ningyoさまへ
一人じゃないという言葉、心強いです。そうですね。自分の中に、そういう要素を持っていることを自覚して、だからこそ、上手な発散の方法をみつけていかなくちゃいけませんね。自分が体調悪くても、「良い母、良い嫁」(なぜか「良い妻」は入ってませんが・・)を演じようとして、ちょっと無理があったのかもしれません。夏休みに入って、ただでさえ子どもとの時間が一気に増えて、自分の時間というものが皆無になったから、よけいだったかもしれません。やはり、ネックは、それを夫に向かってぶつけないことですかね。私も「機関銃」のようになりたい・・・
そこが、私の課題ですね。友達やブログで吐き出すような愚痴や不満を、もっと夫にも、ちゃんと話すべきですね。それが、それこそ、夫には関係ない、ただのはけ口であっても、まずは、身近な人に、自分をさらすことができなくては、ほんとの夫婦とは言えないんでしょうね。
[2007/07/30 06:21]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ころんさまへ
なるほど~。子育ては、一度失敗しても、またすぐにそれを正していけるものなんですよね。そう思うと気が楽になります。私も、昨日は、どうして、こんなにカワイイのに、あんなにひどくあたったのだろうと、自分で不思議になるくらいで、なんだかベタベタしていました。まあ、私のことだから、失敗も繰り返すでしょうけれど、でも、少しずつ、煮詰まったときの上手な対応も身につけていけたらと思います。
それには、やはりダンナはポイントですよね~。ころんさんのダンナさまは、よくできたお人と思いますが、最初からそうだったわけではないんでしょうね。いろいろころんさんが投げかけることで、だんだんころんさんの思いや頑張りをわかってくれたからなんでしょうね。私も、もっとダンナに、言いたいこと言うようにした方がいいんだろうな。その方が、相手にも状況がよくわかるし、気持ちも伝わりますもんね。ころんさんも、一時は、少し心が病むところまでいったとは、知りませんでした。でも、自分なりに、対処の仕方をみつけていかれたのでしょうね。私も、うまく自分を解放できるようにしていきたいものです・・
でも、こうしてブログで発散させてもらうだけでも、みんなにも慰めてもらったし、ありがたいことです。
[2007/07/30 06:33]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
うん・・・カメちゃん わかるよ・・・。

気づいて、アドバイス受けて、方法を考えて そして 乗り越えられる・・・。
虐待に走ってしまって 最悪な状況になるのって、親子が孤立しているときがほとんどなそうです。

私も、乗り越えることができました。

出会った仲間のおかげ・・・。
ブログのおかげ・・・。
我が子の笑顔のおかげ・・・。

虐待に走ってしまう危険性は 誰にでもあるような気がします。
理性がどれだけ働くかなのかしらね・・・。

お互いに、踏ん張りながら くじけながらも がんばろうv-218
頑張ろうって 言っちゃいけないかな(^^;


[2007/07/30 22:12]| URL | pirorin #- [ 編集 ]
pirorinさまへ
お返事遅くなっちゃって、ごめんね~。
夏休みは、なかなかPCに向かう時間も取れませんね。
(朝普通に起きればいいのですが、どうも暑いと
 子どもがバタバタ動くので、睡眠不足気味で・・)

ほんと、やっぱり、いろんな人と接することで
親子の危機も乗り越えていけるのですよね。
ブログでの出会い、やりとりも、貴重ですよね。
そこでの一言が実生活にまで力を及ぼしたり
するものね。自分も描くことで、気持ちの整理できるし。
pirorinとも会いたいと思いつつ、アイさんの風邪以来
ゆっくり会う機会も逃しているわ・・
やはり夏休みは子どもたちがいるからね。
一緒の時間を大事にしなくては、ですもんね。
また落ち着いたら、ぜひ、よろしく~。

一緒に「頑張ろう」と言い合える仲間がいるのは
心強いことです。一方的に「頑張って」というのは
使うのを慎重になりますけど、
共に頑張ろう!は、嬉しい言葉だと思います。
ありがと、pirorin♪

[2007/08/03 05:39]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ワタシも般若みたいになってますよー 
最近イタズラがひどい!冷蔵庫も開けっぱ、冷凍庫もあけっぱ 
開かないようにロックをつけていても、外すのをマスターしてしまい、位置を高くすれば、椅子を持ってきて外し……
何回言ってもダメです("`д´)
トイレの水で水遊び(ヤメテ欲しい!)
もう、ぶち切れてますわー!
命の母でも買って飲もうかなー……………     
この子の首を絞めてしまおうかと精神状態がフツーでなくなったのがついこの前で( -_-)
お嬢たちにWで深夜に泣かれて、なにしてもダメで二人をひざの上に抱き揺れながら一人で極限状態に陥ってました………………
「トンネルは抜けるトンネルは抜ける」と呪文のように唱えてね(笑)
新聞に載らずに済みました。
親は全然、育っていません。成長してないです。親の都合で怒ってばっかりY(>_<、)Y ダメだなぁー
[2007/08/08 04:52]| URL | まつ #- [ 編集 ]
まつさまへ
私など、一人でも、こんなに持て余しているのに、
(いや、もう一人は別の意味で手がかかるけど、
まあ、一応口で言えばわかりますからね・・)
まつさんは、3人一度にだもの、ほんと、時々
気が狂いそうになるだろうと思います。
それでも、気晴らしにと、抹茶ロールやシュークリームなど
手間のかかるお菓子を作っちゃうところが、すごいわ~。
いい気分転換の方法ですよね。私もそうやって、プラスになる
気持ちの発散方法をみつけなくては!
作るのは面倒だから、やっぱり買って食べるだけかなあ。。
[2007/08/09 05:57]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。