スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
夏まつり
ちょうど7月7日の七夕の土曜日
アイの保育所では、夏まつりが行われました。
入所式以来、全部の保護者が集まるような行事は
始めてです。(遠足は、3歳以上児だけだし
クラスごとに行動が多かったので)

うちでも、父ガメは、残念ながら海外出張中でしたが、
初めて、じいちゃん、ばあちゃん、そして
足が痛くて野球を休んだ兄ガメも、みんな一緒に
保育所に行きました。
うちのじいちゃんばあちゃんは、あまり出歩かない人たちで、
歩いて5分の保育所ですが、今まで一度も
来たことがありませんでした。
兄ガメも、この保育所出身ではないので、
たまに兄ガメが休みでアイを送っていく時に、
一緒に行かない?と誘っても、来たことはありませんでした。

だから、その3人が、初めて一緒に行くというだけでも
なんだか嬉しくなりました。

前日までは、しばらく雨続きでしたが、
この日は、朝からお日様がギラギラ暑いくらいのお天気。

オープニングは、お祭りのはっぴを来た年長さんの、
カッコイイ竹太鼓で賑やかに始まり、
そして、年少・年中の子どもたちによる
おみこしかついで、ぐるっと一周、が続きます。
アイさん、ちゃんとおみこし担げるのでしょうか・・

とりあえず、クラスのところに並びます。
いよいよ歩き出しました。
ピンクの帽子の、一番後ろを歩いているのがアイです。

おみこし


特別に取り付けてもらったヒモを、
最初はかろうじて持っていたのですが、
だんだんと列から後ろに離れて行きます。
先生に手を引かれ、なんとかくっついている、
というところ。

おみこし後ろ姿


後ろ姿を見てみれば、前に「頭一つ分小さい」と
書いたけれど、「頭二つ分」は差がありますね。。。

このあたりまでは、なんとかくっついていたのですが、
この後、自分の教室の前を通ったら、
教室に入りたいと、一人で列を離れて行こうとしてきかず、
先生が、みんなのところに連れて行くのに苦労してました。
あちゃー。
アイさん、言い出すときかないからなー。

でも何とかまたみんなの方に戻って、
今度は、「祭りだワッショイ」(すみません、タイトルわからず、
ジャニーズなんかが歌っている、よく聞くお祭りっぽい歌です)
の歌に合わせて、太鼓のバチのようなものを持って踊ります。

バチ



全然みんなとは合ってないけど、
まあ、アイさんなりに、踊りに参加してます。

ほんとは、ここらで、もう少し感激すればよいのですが、
正直なところ、ちょっと複雑な心境でもありました。

やはり、こういう場面では、
アイと、もう一人統合枠の男の子との二人は、
確かに「目立って」いました。
動きについていけないぐらいは、仕方ないにしても、
先生の指示を無視して、
それぞれ離れたところに行ってしまったり、
全く他の行動を取ったり・・・

ふむ、こういうことか~、と、先生が、面談の時
「行事では、目立つので、出したくないという保護者も
いらっしゃっるから・・・」
と、おっしゃった意味が、少し納得できました。
いや、私は、目立つこと自体は、全然かまわないんだけど、
アイは、まねっこ得意だし、動けないなりに、
なんとかみんなについていこうとするのかなあと
思っていたのが、全く勝手な行動をして、
先生の言うことを、聞こうとしなかった場面を見て、
ちょっとガッカリしちゃったのでした。
ま、家では、そんなの日常茶飯事なのですが、保育所じゃ、
もう少し先生の言うこと聞くのかなーなんて、
甘いことを思っていたものだから。

これから行事のたびに、いろいろ考えるところ
出てくのかもしれないな・・・
少し事前のリサーチ(どんな動きをするか)と
家でのバックアップも必要かな・・・

などと、見ながらいろいろ考えてしまったので、
残念ながら、我が子の初の晴れ姿にウルウル、
って感じにはなりませんでした。。。

でも、考えてみたら、母と離れて、お友達や先生と
一緒にいられるというだけでも、
昨年までを思えば、すごい成長なんですよね。
ま、最初だし、こんなものでしょう。
ついつい欲が出てしまった母、ダメですね~。

その点、じいちゃんばあちゃんの方が、さすがで、
ただひたすら「アイちゃん、よくやったね。
上手だったね。がんばったね~。」とベタぼめ。
ありがと、おじいちゃん、おばあちゃん。


さて、オープニングが終わると、あとは、建物や園庭の
さまざまなコーナーを、親子一緒に回ります。

忍者屋敷、手作りおもちゃコーナー、的当てゲームコーナー
水ヨーヨー釣りコーナー・・・等いろいろありましたが、
一つ一つゆっくりやっていたアイさんは、
全部を回り終わらないうちに、見学時間終了となりました。
それでも、おやつやいろんな”お土産”で、
持参した紙袋もいっぱいになり、満足。

兄ガメの方も、たまたま、同じクラスの友達もみつけ、
朝具合の悪かったのはどこへやら、
もうすっかり元気になって、
あちこちのコーナーを楽しんでました。

兄ガメの保育所時代も思いましたが、行事のたびに
保育所の先生のアイディアと準備の手間のかけかたには
ほんと、感心してしまいます。
「楽しませよう!」という心意気がいっぱいで、
子どもだけでなく、親も楽しめちゃいます。

中年(なんて失礼かしら、30~40代の、自分たちと
同じくらいの)バンドの、生ライブもあって、
保育所でやるものだからと、たかをくくっていたら、
結構本格的なバンドで、
もちろん子ども向けのアンパンマンの歌なんかも
やってくれたけど、とっても素敵なオリジナル曲もあり、
なかなかぐっとくるいい曲で、じんと来たり、
ノリノリで手拍子したり、大人の方が楽しんでいたかも!?
兄ガメも、家に帰って、「あの歌もう一度聞きたいな」
なんて言ってたくらい。


兄ガメが野球をさぼって(?)いたのが
ちょっと気にはなったけど、
(いや~、親としては、やめてくれた方がありがたいけど
 かといって、やり出したこと、簡単に挫折するのもな・・
 と、ちょっと最近ズル休み傾向がある兄ガメに
 どう対応したものか、複雑な心境・・それはまた別記事で・・)

家に帰ってからも、手作りおもちゃのコーナーで作った、
2本のヒモをひっぱると、上っていく忍者のおもちゃで
二人で遊んでいたりして、
なかなか兄妹で”共通”の体験をする、ということが少ない
我が家にとっては、この日、一緒に楽しい時間を過ごせたのは
貴重なことで、やはり良かったなと思います。

忍者おもちゃ


忍者2



スポンサーサイト
[2007/07/09 06:42 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(6) | トラックバック(0)
<<県内版お知らせ2 | ホーム | 検診>>
コメント
お疲れさま~(^о^)/
私はどっちかというと じぃちゃん、ばぁちゃんタイプで、ただ ただ
「わ~い!! わ~い!! 頑張ったね~アイちゃん(*^^*)」って言っちゃうね(^^;・・・きっと・・・。
責任ないからだよねm(ーー)m

おねぇちゃんたちの幼稚園時代にも、目立つ子が何人かいましたが
親御さんが思っているほど、心配ないですよ!
結構、先生方も 保護者の方も 温かい気持ちと眼差しで見守っているものです!
親としての心配は、到底 私には分かりませんが
アイちゃんは アイちゃんペースで
いいんじゃないかと思います!
勝手な 意見ですけど・・・(^^;
素敵なイベントで、いいですね!


[2007/07/09 22:16]| URL | pirorin #- [ 編集 ]
みんな違って みんないい! ですぞ。
これからもっと広い社会に出て行くだろうアイちゃん。
きっと アイちゃんなりに 精一杯がんばっていた事でしょう。
通園時代 出来ていた事もやらない時期の悩みから
大きく前進して 母の手を離れ 先生やお友達と一緒に
楽しんでいるではありませんか!
まだ入園して3ヶ月とちょっと。上出来じゃないですか!

でも カメちゃんの『欲』の部分が アイちゃんを成長の道に乗せているんだよね。
保育所に入れてなかったら きっと今の成長はなかった気がするし
『欲』と『無条件の愛情』の両方がアイちゃんにとって
大事なんだろうね。うまくバランスが取れてるご家族じゃないですか!

兄ガメくん、私など 小さい頃からサボリぐせ付いてました^_^;
えっと・・・お腹が痛くなったり 頭が痛くなったり。。。
もし野球が嫌って事じゃないなら またそのうち頑張るかな?

2人で遊んでる写真、2人とも可愛いわv-10
[2007/07/09 23:51]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
pirorinさまへ
うん、そうだよね~。
pirorinのブログ読んでいると、ほんと
早智ちゃんが、かわいくてかわいくてたまらない、
ってのが、ビンビン伝わってくるもの。
そういう、全面的に受け入れ、愛情を降り注ぐことが
子どもには一番なんですよね。。。
mayちゃんが書いているように、ほんと
みんな違ってみんないい、なんだからね。
他と比べたって仕方ない、と頭ではわかってるんだけどね。

私もpirorinみたいに、もっと大きく、しっかりと
子どもを受け入れ、ぎゅっと抱きしめてあげたいと
思います。ありがと。
[2007/07/10 05:53]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
mayさまへ
ほんと、そうだね。
私も、書きながら、こんなに成長したことの方を見て、
もっと喜び、アイのこともほめてあげればよかったと
後悔していました。
ついつい、「みんなと同じに」という発想になって
しまっているですね。
兄ガメのことも、そうかもしれない。
実は、野球部のお母さんも一人来ていたので、
よけいに、気になったのでした。
アイも兄ガメも、それぞれに、その行動の「理由」
があったのだろうし、そこを子どもの気持ちになって
考えてみる方が大事かもしれませんね。

よくも悪くも子どもは親の予想を裏切りながら
成長していくと、いつか大介パパさんにも言われ
ましたが、きっとそうなんですね。
性急に答を求めず、一つ一つゆっくり見守りたいものです。

久しぶりのツーショットでした。実は、アイさん
下はズボンぬらして脱いだまま、パンツ姿です・・
(兄ガメでうまくカバーできてたので載せちゃいました)
[2007/07/10 06:04]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
兄妹フェチです、私。
兄妹ふたりがとってもいいわ~v-344
アイちゃんの笑顔がすごいラブリー、楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

カメさんのちょっぴり複雑な心境もわかりますよ~、でもね、落ち込んだり悩んだりすることはないと思います。
ありのままのアイちゃんがかわいいんですもの、他人の目を気にすることなく、自信とプライドを持って、しっかりアイちゃんを見てあげてね~♪
[2007/07/10 09:42]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
tiisai-ningyoさまへ
どうもありがと~。
tiisai-ningyoさんちでは、日常のひとコマとして
普通のこんな場面も、我が家では、めったにないこと
というのが、ちょっとサミシイですけれどね。
ま、だからこそなのか、兄妹が仲良く一緒にいる
だけで、なんだかメロメロになってしまう母です。

そうですよね。親が一番カワイと思わないで、
どうする、ですね。人の目じゃなく、自分の目で
しっかり見ていきたいです~。
[2007/07/11 05:30]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。