スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
アイパッチその後
前の眼鏡の記事で、保育所の先生が
保育所でもアイパッチを試してみましょうと
言ってくれたことを書きましたが、
とにかく大暴れするので、しっかり抱いて
両腕を押さえていなければならず、
せいぜい5分10分が限度だし、その5分10分でも、
集団生活の中で、いくら加配の先生とはいえ、
アイだけに、そこまでベッタリつく時間を取らせてしまうのは
さすがに負担も大きいだろうと、気が引けて、
二日ほどやってもらって、「あとは家で頑張ってみます」と言って、
家でアイパッチする時間を、何とか取るようにしてみました。

その後の経過報告です。
まず、良い方の目(右目)に、焦点をぼけさせる点眼をするのに
仕上げ磨きの時の体制で寝かせて、両腕を私の足で押さえ
(と言っても、仕上げ磨きは、別に嫌がらないので
 そんなに押さえる必要はなく、ただ口の中を見やすいので
 今も寝かせてやっています)
どうせ泣くついでに、と、そのあとすぐにアイパッチを貼ります。

最初はやはり、大暴れで、両腕をガッチリ押さえていなくてはならず、
そして、アイパッチをすると、左目までつぶってしまって、
なかなか左目を使うことができなかったのですが、
アイの気をそらすために、ちょうどテレビで
「いないいないばあ」をやっている時間に合わせて、
その態勢のままテレビを一緒に見たり、
アイの好きなカード遊びを用意して、
それをやっているうちに、徐々に慣れてきて
左目で見るようになってきたし、
数日やるうちに、そんなにギュッと押さえなくても
すぐには剥がそうとしなくなりました。

しかし、いかんせん、朝の忙しい時間。
いつもギリギリ(か遅刻)だった私が、
そんな悠長に、アイにベッタリ付き合って、
10分も過ごすのは、結構キビシイし、
一方で、慣れてくれば1分でも2分でも長くやっていたいし、
点眼とは別に、保育所から帰ってからの時間に
やった方がいいかなーと思い始めました。

そんな気持ちもあってか、ある日、
とうとう、全然アイパッチする余裕なく
保育所に行く時間が来てしまって、
とりあえず、貼るだけは貼ってみようと
出かける直前にアイパッチをして、
そのまま出かけました。
すると、通園途中は、あれこれ寄り道しながら歩くのが
楽しくて、アイパッチのことを忘れていたのか、
保育所に行くまで、全然はがそうとしませんでした。

それで、そのまま先生に引き渡したのですが、
やはり遊びに夢中で忘れていたらしく、
10時頃までずっとしていたということでした。

それに味をしめて、それ以降は、出かける前に
アイパッチをしていくようになり、
保育所でも、10時、11時と、だんだん記録が長くなり、
つい先日はとうとう給食後の12時過ぎまでの
最長記録になりました。
(これなら5時間も夢じゃない!)
家でも、休日にアイパッチしてみると、
すぐには取らず、1・2時間は平気でしているようになったのです。

ほんの少し前は、あんなに大暴れして、
すっかりアイパッチなどあきらめていたのに、
こんなに短期間で、ここまで変わるとは驚きで、
やはり子どものことって、決めつけちゃいけないな、
簡単にあきらめちゃいけないな、と改めて思いました。
アイパッチなんて、こんな小さな子には不可能だよ~、と
先生をうらめしく思っていたのが、ウソのように、
今では、スンナリとやってくれて、
左目もずいぶん使うようになったと実感し、
これは効果が期待できるかも、
と思えるようになったことも嬉しいけれど、
そういう医療的な面だけではなく、
子どもの可能性という点でも、一つ勉強になりました。


この子はこれは嫌いだから、とか
これは苦手、だとか、上の子の時にも、
ずいぶん私が勝手に決めつけてたところがあったなと、
今さらながら反省します。

絵を描くのはキライだと思っていた兄ガメですが、
昨年、自分の好きなものを発表する時に、
オモチャの銃の絵を、随分熱心に、細かいところまで描いて
ほめられて以来、絵を描くことがキライではなくなり、
一生懸命取り組むようになりました。

やっぱり子どもを伸ばすには、ほめることと
そして、やはり働きかけのいろんな工夫が必要なんですね。

それにしても、アイパッチのことは、
私としては全くあきらめていたのに、
保育所の先生の一言で、こういう展開になって、
改めて感謝すると同時に、
こんな急に長時間やれるようになったのは、
たまたま時間が足りず「ケガの功名」みたいなことからだし、
何がきっかけで、変わってくるかわからないなーと思いました。

これからも、子どもの道の可能性を信じて、
焦らず、でも、あきらめず、いきたいと思います。

では、アイパッチをしている姿を、写真に撮れるようになった
ということで、証拠写真(?)を。

20070617124639.jpg



皆様のお勧めにしたがって、携帯カメラからです。
でも、今どきの携帯らしからぬ、ボケぶりに
(私の腕のせいだけじゃないんですよ~)
きっと、私が新しい機種がほしい理由も納得されると思います・・・

通園途中も・・・(保育所だから「通所」というべきなんでしょうけど)

20070617125204.jpg



ついでに、雨の日、傘と長靴に大喜びの様子も・・・

20070617124700.jpg


(長靴は2年前の芋掘り用に買ったものが、まだ履けます・・)

偶然ですが、傘も服も長靴もピンクで(別々に買った&もらったもの)
珍しく、せっかくコーディネイト(?)していたのに、
実は、このあと、はしゃぎすぎて、
マンガみたいに、ペッタンと前倒しに転んでしまい、
保育所に着いてすぐ、着替えとなりました・・・

スポンサーサイト
[2007/06/17 14:51 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(6) | トラックバック(0)
<<県内お知らせあれこれ | ホーム | 4歳になりました>>
コメント
前に転んで メガネは大丈夫だった?(´ー`)

ちょっと前は 最大の悩みだったような事が
一つ一つクリアして行くね!
色んな人の言葉だったり 行動だったり 心だったり
色んな事が やる気のキッカケになって こうして成功に繋がっていく気がしますね。

保育所の先生の協力してくれるという気持ちだけでも
きっとカメちゃんのやる気が 変わったんじゃないかなって思います。
良いほうに繋がって 良かったね!
これからも 色んな面で こうして みんなの協力が自分の頑張りや アイちゃんに対しての事にも影響していくんだろうから
心柔らかに 良いものをたくさん頂いて下さいね!

残念(>_<) アイちゃんのアイパッチの柄までは見れなかった~。
アイちゃんに伝えて!「アイパッチ姿可愛いよ!」って。


[2007/06/17 23:56]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
子供はすごい!
 子供は、親の期待を裏切るもんです。いい意味でも、悪い意味でも。そこに可能性が潜んでいるように思えます。だからセオリーなんてないと思っています。一人ひとり違うんですから。
 大介の食後の食器洗いにしても、やるかなーと疑いながらやらせてみたら、すんなりと毎日やるようになりました。親の期待を裏切るのが子供ですから、何時止めるかはわかりませんが。
 携帯電話のカメラ機能ですが、腕を前に伸ばしたまま撮っていませんか。よく見る光景です。この撮影方法は最悪です。両腕をわきにしっかり付けてカメラを両手でしっかり支えて撮ることをお勧めします。かっこ悪いのですが。私の携帯のようにぶれ防止機構のない安い携帯の場合には必須項目です。
[2007/06/18 19:14]| URL | 大介パパ #RXjsLQls [ 編集 ]
アイちゃん★偉~い♪
アイパッチも徐々に慣れてきたのですねv-10
大介パパさんも仰るように『子供はすごいe-280』なのですねe-278
私はMayuの悪い意味での裏切りしか気付いてませんでしたが…
思い起こせば『意外に出来た』ということも有りました。

そう言えば療育の先生からも
親が「出来ないだろう」とか「失敗する」と
マイナス思考で子供に接すると、ちゃんと出来ないよ。
「きっと出来る」と親が思うと伝わることもありますよ♪
と教えて頂いてたのでした。
つい母親の私は「願望」が強くなりがちですが、mayちゃんが書いてるように
心柔らかに 良いものを沢山頂きたいナと思いました。
[2007/06/18 21:28]| URL | ウッキィ~母 #- [ 編集 ]
mayさまへ
そうそう、母子通園の時、メガネかけはじめたばかりで
前のめりに転んで、メガネこわれ、顔もケガしたこと
ありましたが、今回は、顔は大丈夫でした。
被害は、洋服だけ・・・

でも、ほんとメガネのかけ始めから、たびたびブログにも
「はあ~」なんてため息まじりで書いていたのが
ウソのように、ここ3ヶ月ぐらいの間に、
一つ一つクリアしていって、ありがたいなと思います。
これからも、いろんなキッカケを逃さないように、
心やわらかく、人の言葉や行動、いろんな出会いを
大事に受け止め、ある時それらがうまくつながっていけたら
いいなと思います。

アイパッチ、先生たちにも、模様が「かわいい~」とか
言われるみたいで、この頃は、貼る前に、自分でも
確認して「ピンク~」とか言って、ほんとに嫌がらず
貼るようになりました。おだて、いや、ほめるって
大事ですね~。ありがと!
[2007/06/19 06:03]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
大介パパさまへ
ほんと、今回はいろんな意味で勉強になりました。
上の子には、悪い方で、よく「裏切られ」ますけど・・・
ま、それも含めて、親の予想や期待を裏切って、子どもは
成長していくものなのでしょうね。
ただ、大介パパさんみたいに、いろんな感動や体験の場
だけは、いっぱい与えてやりたいなと思います。

携帯写真ボケるのを、機械のせいにしていたのが、
バレちゃいましたね!なんて、やっぱり、私の
写し方も悪いんですね。今度、腕をつけるやり方、
試してみます。ご助言ありがとうございます。
(でも、新しいのほしいです~)
[2007/06/19 06:10]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
ウッキィ~母さまへ
なるほどー、親が「できないだろう」とか思っていると
それが伝わっちゃうのですね。私はどうしても
マイナス思考なので、ちょっと難しそうだと、すぐに
あ、これは、この子には、無理だ、とか思ってしまって、
いろんな遊びでも、つい手を出したりしてしまうことが
多かったなーと反省です。

でも、ほんと難しいよね。「できる」と思って期待
しすぎても、今度は子どもにプレッシャーかけそうだし、
可能性を信じ期待しつつも、すぐに結果を求めず
待つというバランスの取り方がね。
うんうん、私も、心やわらかに行きたいです。
[2007/06/19 06:19]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。