スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
親子遠足
昨日は、保育所の初めての大きな行事
親子遠足でした。
懇談会では、会ったことがあるものの、
長い時間を、他の親子と一緒に過ごすというのは
初めてなので、ちょっとドキドキでした。
やはり、先日の懇談会の後だからか、
保育所に着くとすぐ、もう来ていた他のお母さんたちが
ニコニコして、「オハヨー、アイちゃん」と迎えてくれ、
「アイちゃんは、『いっぽんばしコチョコチョ』が
 好きなんだよ~、って、○○子が言ってましたよ。
 お互いにコチョコチョし合って、楽しいって。」
なんて、先生からも聞いたことない話も聞けたりして、
朝から温かい雰囲気の中、気持ちよく出発です。

動物園は、近道をすれば、15分ぐらいのところですが、
大型バスだったので、ぐるっと回って大きな道路から
行ったので、30分近くかかったかな。
道中、みんなで歌をうたいながら、行きましたが、
私の知らない歌で、アイが、腕のふりなど
ちゃんと歌に合わせた動作をしているのを見て、
ああ、しっかり保育所でやったこと、覚えているんだなと
嬉しくなりました。
これまでは母子通園で、歌も体操も親子一緒に
覚えてきたけれど、だんだんこうやって、
私の知らない世界もできていくのだなあと、しみじみ。

さて、動物園は、今、遠足シーズンの真っ最中で、
ものすごい数の幼児の団体が・・・
しかも、この動物園、山にあるので、園内は、
坂道や階段など多くて、移動が結構大変。
前もって、先生に「ベビーカーを持って行きますか」と聞かれて、
それまで考えてなかったけれど、持って行って正解でした。
みんなのペースでアイを歩かせたら、とてもついて行けず、
ずっと抱っこになっていたでしょうから・・・
アイに動物を見せるため、ところどころベビーカーから
降ろして、前の方にやったり、抱っこしたりしていると、
それでも、みんなに遅れないように、ついて行くのが精一杯で、
とても、ゆっくり写真を撮っている暇はありませんでした。

貴重な一枚は、ゾウの前で。

動物園



あれ、これでは、ゾウが見えませんね。
お尻だけですが、一応、ゾウの見えるものも・・

ゾウのお尻と


アフリカ象は泥浴びをしていて、動きが激しかったせいか
「コワイ~」と言って、顔をそむけてましたが、
インド象の方では、不思議とこわがりませんでした。

そんなこんなで、一気に動物園内を一周し、
(見学の最後、「ベビーカーでは通れません」という 
 階段の通路があり、私はぐるっと回って行きたかったのですが、
 アイが、みんなと一緒に行きたがったので、アイを歩かせ
 自分はベビーカー折りたたんで持って登りました・・・
早めの昼食。

途中、バッグを落としたりして、崩れましたが、
一応お弁当の写真を。

お弁当


今回は、母子通園時代の残りの冷食も使ったりして、
あまり手はかけてません・・・

それより、写真を取り忘れたのが残念なのですが、
隣に座ったRくんの豪華弁当をお見せしたかったです。
何せ、たこウインナーも、のりではちまきや目が付いてるし、
イチゴには、チョコと色とりどりのスプレッドの飾りがけ。
のり巻きは、中に小さい別の色ののり巻きと卵で
お花の模様になっている、ゲージュツ作品・・・
一つ一つがものすごく手がこんでいて、しかも、
全部それはお父さんの(!)手作りとのこと。
いや、別にそういう職業の人ではなく、趣味だそうです・・・
隣に座って良かった~。おすそわけ、しっかりいただきました。

動物園は、こんな近くにありながら、
母子通園の一年目の遠足で来たっきり、2年ぶりでした。
2年前は、まだ遠くのものは、目に入らないようで、
何を見ても、見えているのかどうかよくわからず、
全然反応がなくて、ガッカリでした。
唯一反応したのは、ほんとに目の前に来た、ガチョウだけ。

でも、さすがに今回は、キリンやゾウ、クマに猿など、
よほど遠くにいた動物以外は、ずいぶんわかったみたいで、
絵だけで知っていた動物を、やっと実物を見せることができて
良かったです。

キリンの大きさにはビックリしたみたい。
やはり絵だけだとわからないことですね。
大きい猿類(オランウータンとか?)は
発情期なのか、すごく吠えていて、
もうその声におびえて、そこは全然ダメで、見ないで通過。
でも、日本猿の猿山では、ちゃんと見ることができました。

・・・いろいろ見ましたが、どれも駆け足だったので、
今度は、家族で、もっとゆっくり来たいと思いました。

今回驚いたのは、付き添いで来ているのが、
結構お父さんも多かったこと。
兄ガメの頃には、ほとんどお母さんだったのに、
数年で、ずいぶん時代も変わってきたなあと思います。
若いパパたち、しっかり子どもの世話をして、頼もしいぞ!

若いパパと言えば、いつもアイをかわいがってくれるYくん、
「うちのパパは27歳だよ。」と言ってました。続いて
「アイちゃんのママは何歳?」と聞かれて
「ハハハ、もうちょっと年上かな~」と、笑ってごまかした、私・・

今回は、3学年(3歳以上児)一緒に来ていたので、
他のクラスのお友達も、アイちゃん、アイちゃんと
しょっちゅう寄ってきて、声をかけてくれ、
レッサーパンダよりも、人気者のアイでした(?)。
他のクラスのお母さんたちにも、有名になったかも1?
一方アイと同学年の3歳児の子たちは、
昼食後は疲れて、オンブや抱っこをしている子も多く、
普通の子だって、まだまだ幼いんだな、と思って
少し安心もしました。
いつも一学年上の子が多いクラスにいるので、
アイだけ赤ちゃんのようですが、
同級生を見てみれば、やはり一年の違いは大きいことが
よくわかります。
(といって、その一年の成長ぶりが早いのが、まあ
 「普通の」子たるゆえんでもありますけれど・・・
 アイが来年になっても、同じようにしっかりしてくる
 わけではありませんからね・・)

お弁当を分けてくれたRくんは、
今のクラスの中で、数少ない同学年で、
帰り道もずっと一緒に歩いて、家も近いことがわかり、
これから小学校まで、長いお付き合いになりそうなので、
今回少しお母さんとお話できて、親しくなれたのも、
良かったです。

実は、夫婦ゲンカの勢いで、応募した職の面接日
この遠足と重なっていて、あっさり断った私でしたが、
やはり参加して良かったと思いました。
でも、こんなに子ども優先の発想になりきっていて、
ほんとに職探しなど、できるのかしらん・・・
スポンサーサイト
[2007/06/02 07:01 ] | 子ガメ(アイ) | コメント(4) | トラックバック(0)
<<「とっておきの音楽祭」ご報告 | ホーム | 「とっておきの音楽祭」>>
コメント
喧嘩中みたいだけど、アイちゃんと少しでもお外に出て、気分転換になったんじゃないかしら・・・?
レッサーパンダよりも人気者のアイちゃんか・・いいなぁ♪
私にも似た様な経験があって、みんなについていかなくちゃって、けっこう頑張った遠足がありました。動物なんてゆっくり見れなかったです。でもカメさん同様、みんなとお友達になれることが嬉しかったですね。
[2007/06/03 14:47]| URL | tiisai-ningyo #- [ 編集 ]
いやいや 来年の遠足には 先頭切って歩いてるアイちゃんかも知れませんぞ!
みんなの中での成長って ホントすごいし、影響も大きいし。来年を楽しみに待ちましょう♪
そして Rくんのお父さん!ウチにも来て貰いたかった!
そんなスゴイお父さんがいるのね~!
カメちゃんのお弁当でも 充分スゴイと思ったよ。
小さなマリのおむすび(?)は RYOも食べられるかも知れないと
次の参考になりました。

そして・・・アイちゃんに「ママは25歳!」と教えましょう!
永遠の25歳v-8

アイちゃん 短期間で有名人♪ みんなに可愛がられている様子、嬉しいねv-238

ウチも地域の遠足では いつもRYOだけ車椅子。でも みんなの助けがあって 普段家ではチャレンジしないような所まで行けちゃいます。
みんなの力ってスゴイよね。坂はサスガにキツイケド。。。
[2007/06/03 23:43]| URL | may #yErO6BWs [ 編集 ]
tiisai-ningyoさまへ
どうもご心配をおかけしましたが、
夫婦ゲンカの方は、なんとか休戦(?)となりました。
でも、ほんとケンカの最中も、子どもたちとの時間は
心の支えになりましたね。ありがたい・・・
なんて、それじゃあいけませんね。
いい子育てするには、夫婦円満でないとね。

この頃、tiisai-ningyoさんのところに、コメント
書いても、なかなか入らなくて、今日も断念いたしました。
どうしてかなー。
[2007/06/04 05:42]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
mayさまへ
そうですね。できないことが多いと、逆に、
一つ一つの成長を、喜びを持って味わえるでしょうね。
来年の遠足は、ベビーカーいらないことを、祈りつつ・・・

お弁当は、その前の週が、兄ガメの運動会で、
これはみんなで食べるからと、ちょっと気合い入れたので、
今回は二人だけだと思うと、少し手を抜いちゃいました。
でも、チビまるニギリは、食べやすいので、
遠足など、外で食べるには、結構いいかと思います。
ラップでくるんで、きゅっと丸めてしぼるだけなので、
簡単ですよ!母子通園時代は、いろんなふりかけで、
色違いのボール作ったりしてました。
(後半は、保育所に向けて、ただのご飯にしたけど)

RYOくんたちの行動範囲というか内容を見ていると、
ほんと、どんなところでも、どんどん行って、
様々な活動をして、すごいですよね。
みんな勇気をもらうと思います。
参加することで、周りもどうしたら、うまくやれるか
いろいろ工夫し、協力するようになっていけるもの
なんですよね。
うちは、今回は、担当の先生は、動きの活発な
もう一人の子につきっきりだったし、階段のところも
自由行動になってからだったので、私一人で
ベビーカーを持ちましたが、バスに乗せたり降ろしたりなどは、先生方がやってくれました。
[2007/06/04 05:56]| URL | カメ #1CgDq8ng [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。