スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
本が出ました
そのうちご紹介しなければと思いつつ
自分が書いたわけでもなく、
それでも、身内やアイを小さい頃から知ってくれている人には
アルバム&近況報告代わりに喜んでもらえるかもしれないけれど
それ以外の人には、どんな価値があるのか
もう一つ自信が持てず、
何と紹介したらよいやらまとまらないで、
ずるずる延ばしてきました。
(もう一つは本の画像をつけてリンクさせるやり方がわからない、という
 基本的なPC操作の知識不足も理由でしたが・・)

でも、こうして長い期間にわたって、
アイとそのまわりの子どもたちや人々を温かい目で見つめて
素敵な写真と言葉で表してくださった記者さんと、
特別感動的なストーリーがあるわけでもない、ごく日常生活の断片でも、
これを本にしようと言ってくれた出版社の方の
熱い思いに後押しされて、せっかくできあがった本なので、
やっぱり一度きちんと自分のブログで紹介しておこうと思います。




これは、読売新聞の記者である高倉正樹さんが、
1年生の時からアイを取材してくださって
読売の宮城県版に「アイちゃんのいる教室」というタイトルで
連載記事を書いてくださり、その1・2年生の時の記事をもとに
今回子ども向けに書き直してくださったものです。
(ちなみに、新聞の方は3年生編もこの2月に載りました。
 写真は見られませんが、記事はネットで読めると思います。)

写真がいっぱいと、
アイの書いたへんてこな絵が、ところどころイラストとして使われています。
お友達のお手紙や日記、アイの日記や作文の一部も載っています。
そして、何と、題字と各章のタイトルの文字だけ
子どもたちが小さい頃から親しんでいた絵本作家の荒井良二さんに
(NHK教育では「すきまの国のポルタ」なんかでおなじみです)
書いてもらうという、とんでもなく贅沢な仕上げをしていただきました。

記者の高倉さん、偕成社の千葉さん、そして取材に協力してくれた皆さん、
忙しい中快くご協力いただいた荒井良二さん、
いろんな方のおかげで出来上がった本です。
本当にありがとうございました。

ちょっと薄い割に高いですけれど(笑;うちも著者ではないので
定価で買っています。もちろん印税も入りません。念のため。)
もしよろしければ、手にとってみていただければ幸いです。
あ、いや、出版社的には、買っていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。


続きを読む
スポンサーサイト
[2013/05/01 10:17 ] | ダウン症・障がい | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。