FC2ブログ
卒業式
昨日書こうと思っていたのに、
アイが日曜なのに早起きしてしまって書けず
この日になってしまいました。
(と書き出してからupするまでさらに2日が過ぎました・・・)
震災のことは簡単には語れないので避けたかったのですが・・・

あれから2年が経ちます。
仙台の中心街は、まるで何事もなかったかのように
普通に動いていますが、
ちょっと沿岸部に足をのばすと
まだまだ変わり果てた姿のままのところもたくさんあります。
家族や家を失った人は、二度と同じ生活に戻るということはなく
いろんな意味で今も震災は続いているという状況の人も多く、
同じ被災県の中でも、私の周辺のように
ある程度震災が過去のこととなっている地域や人々との温度差が、
かえって直接被災した人々のつらさを増しているかもしれません。
特に原発の周辺地域の人は、復興への一歩を踏み出すことすら難しく
苦しみも大きいと思います。
身近に生きるものとして、
まだまだできることを考えていかねばと
身が引き締まります。

震災の時、我が家は直接被害がなかったにもかかわらず
多くの方に心配していただき
励ましのお言葉や支援物資をたくさんいただきました。
1ヶ月だけではありましたが、震災後の不自由な生活の中で
どれだけ励まされ、人のつながり支えられたかわかりません。
改めて皆様に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
してもらった分、自分も誰かのために動くべきところ
その後の2年間は我が家の状況も激変し
自分たちの生活のことだけでいっぱいいっぱいになっていました。
4月からまた大きく生活が変わる我が家ですが
今度はもっとまわりに目を向けられるようになりたいものです。

2年前のあの日は、仙台市ではたいていの中学校が卒業式の前日でした。
中学生は早く学校を終え、
高校生は入試の採点期間で休みで
多くの学校が、中高生の安否を確認するのに苦労したと聞きます。
(うちの学校は普通に授業中だったので、欠席生徒以外は全員学校にいて、
むしろ帰れなくなって100人以上が学校に泊まりましたが)

息子の中学校は、幸い建物には被害がなかったので
2週間遅れで卒業式が行われ(卒業式できなかった学校もたくさんあります)
小学校のPTAとして来賓で出席した私は
お風呂もずっと入ってないのに、卒業式用の礼服に袖を通すのが
ためらわれたことなど思い出します。

さて、そんな思いも交錯しつつ
兄ガメの卒業式に出てきました。


続きを読む
スポンサーサイト



[2013/03/13 05:49 ] | 兄ガメ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |