スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
七五三
七五三の正式な(?)日には間に合いませんでしたが
何とか11月中にアイの七五三のお参り&記念写真撮影を
済ませることができました。
(もちろん、数えの七つで、七五三を年長さんで祝うおうちも
 多いかと思いますが、うちは、ただでさえ小さいので、
 最初っから満7歳でやることに決めていました。)

こういう時ばかりは、いつも決まった写真屋さんで
アイだけでなく、家族で写真を撮ってもらいます。
かなりお高くつきますが、
やはりこういう節目節目の家族写真は
いい思い出、家族の歴史になります。
でも、次に家族写真を撮るのは、いつになるんでしょう・・・・

それはさておき、写真屋さんにもカメラ持ち込みOKだったんですが
やはりプロがパシャパシャ撮っている脇で、フラッシュなどで
邪魔しても悪い気がして、スタジオでは結局取らずじまい。
写真の後の、お宮参りの時の写真を、少しご披露します。
続きを読む
スポンサーサイト
[2010/11/27 22:23 ] | 家族・子育て | コメント(3) | トラックバック(0)
クリスマス会
11月の週末はずっと何かしら入っていて
なかなかゆっくりできませんでしたが、
今日は久々の何の予定もないお休み~
試験問題作成とかやるべきことはたまっているんですが、
もう今日だけは、とにかくのんびり過ごしたい~と
前から楽しみにしていました。

先週末、まだクリスマスには早いこの時期ですが、
会場の都合で「どんぐりの会」(仙台ダウン症親の会)の
クリスマス会がありましたので、余裕のある今、
忘れないうち、ご報告を。
続きを読む
[2010/11/23 09:24 ] | ダウン症・障がい | コメント(2) | トラックバック(0)
学芸会
運動会と並んで、
子どもの頑張りと成長を、目の当たりにできる、
小学校のメイン・イベント、学芸会。

兄ガメの6年間は、暗闇と大きな音苦手のアイを連れて
いつも体育館の後ろの方で、いつでも出られる体勢だったので
遠くからの小さな姿しか見えなくて
兄ガメの姿を追うだけで必死、
泣いて外に出たがるアイをなだめながら見ていたので
劇の内容や全体の流れなど、よくわからず
昨年など、他の6年生のお母さんたちが感動して泣いたと言ってるのに
感動までの余裕はなかった・・・

それが今年初めて、前の方に「席取り」をして
ゆっくり一人で(父ガメはビデオ&写真撮りで別の位置に)
すべての演目をたっぷり味わうことができた。
学芸会って、こんなに感動的だったのね~・・
よその学年の演技にも、たびたび涙しながら見てしまった。

さて、肝心のアイさんは・・・
続きを読む
[2010/11/16 01:03 ] | アイ小学校 | コメント(6) | トラックバック(0)
兄ガメの作文
ブログでも紹介しようかどうか迷ったのですが、
実は、夏頃から、ちょっとした取材を受けていて
先週から、某新聞に、アイの学校生活を中心にした記事が
連載されました。
(学校名等も出ているので、ここでは詳しく触れなくてすみません。
 記事を読みたい方はメールなど個人的にご連絡ください。)

その取材の中で、先生の感想の中に
昨年担任していた兄の作文に触れた箇所があり、
(作文と言うより、一言日記みたいな短いものですが)
私も、作文苦手な兄にしては、珍しく自分の気持ちを書いているなと思って
一度ブログで紹介しようと、しばらく手元に置いていたけれど
結局アイの就学、そして二人の卒業とあわただしい時期だったので
書かずじまいでお蔵入りしてしまったものがあったのを思い出しました。
記事を通じて、もう一度、その小さなメモ用紙ぐらいの感想文を見たいと思い、
必死でさがして(何しろ整理の悪い私のことなので、すぐみつかりません)
ようやくみつけたので、もう随分前のものになりますが、
載せてみたいと思います。(短いので簡単に写せますから)
続きを読む
[2010/11/12 05:54 ] | 兄ガメ | コメント(2) | トラックバック(0)
ご報告
4月から気がかりだった、3泊4日の出張が、
無事(?)終了しました。

私自身は、こんなにいい思いをしてバチが当たるのでは?
と思うくらい、ふだんできない貴重な体験をたくさんして、
(まあ、熱の出た子を救急病院に連れて行ったり
 日によっては、強行軍のスケジュールで睡眠不足だったり
 夜は何やかや指導があるので、ゆっくりできなかったり
 ということもあったにしろ・・ま、それが仕事ですから)
一度は、何とかこの出張はずしてもらおうかとも考えたこともありますが、
やはり行って良かった、私自身にはとても大きな心の財産になった旅でした。

さて、それだけいい思いをしたので、
(食事も作らなくていい、家事から一切解き放たれた4日間というだけでも)
帰ってから多少の「嵐」は覚悟しておりましたが、
まあまあ、何とか残された家族たちも頑張ってくれたようで、
(事後の「嵐」もなく、ま、「にわか雨」程度の波風はありましたが)
こうしていい体験をさせてもらえたこと
家族にも心から感謝です。

続きを読む
[2010/11/02 05:39 ] | 家族・子育て | コメント(9) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。