スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
いよいよ新学期。
離任式も終わり、
3年間勤務した職場を去りました。
ブログでは、非正規雇用の労働条件の不満を
ずいぶん何度もこぼしましたが、
仕事の内容としては、とても面白く
私の教員生活の中では、一番勉強し、充実した3年間になりました。
泣いてくれる生徒もいて、
別れがたい思いはかなりありましたが、
そこも非正規雇用の悲しさで、3年という期限が決まっているんですね。
まあ、アイの放課後ケア体制も整えられなかったということもありますが、
ちょうど我が家にとっては、
兄の高校入学も含めて、
3年前と同じ、また一つの転換期が重なったということだと思って
気持ちを切り替えていきたいと思います。

3年間家族にはかなり負担もかけました。
というかほとんどケアできなかったこと、
特に、一番難しい中学時代の兄ガメを放置してしまったこと
かなり悔いが残りますが、仕方ありません。
あれもこれも得るというわけにはいきませんからね。

少なくともこの一年は、怠っていた家庭のケアを(多少手遅れながら)
優先しつつ、今後の、自分や家族の生き方をさぐりたいと思っています。

子どもとともに新しい生活が始まります。
とはいえ、完全に仕事を辞めるわけではなく、
非常勤で細々と仕事は続けます。
いや、細々と、なんて言うのは生徒に失礼ですね。
授業だけに専念できるわけですから、
むしろそれだけは本気で、最善を尽くしたいと思っていますけど。

職場は変わると言っても、古巣に戻るので
知っている人もたくさんいて心強いですし
いろいろ勤務条件も考慮してくれてありがたいと思っています。
まあ、収入は激減するので、生活は苦しくなりますけどね。
経済的には、来年度にはフルタイムに戻りたいところですが、
勤務を始める前から、これまでの時間的制約の厳しさと対比して
非常勤のラクさがあまりに心地よく、
(なにしろ4月に入ったとたん、子どもと一緒に春休み過ごせたので)
ここから抜け出すのはかなり気合いがいるなーと思っています。

仕事がフルでなくなったとたん、
またいろんな無償の仕事が舞い込んできました。
どんぐりの会(ダウン症親の会)の役員に復活し、
兄ガメの高校からは入学前なのにもう役員を頼まれ
(実は、この高校、校長をはじめ先生方に知り合い多くて、
 非常勤になったことわかられているので断れない・・)
偶然ですが、町内会の班長まで回ってきて、
そうそう暇にはしてもらえなさそうですけど。
フルタイムでないのに、小学校の役員断って申し訳ないと思っていたから
まあ、このくらいは仕方ないと思いますが。
そういういろんな役も、やればやっただけの
人のつながりやいろんな体験できて、実は得られるものも多いんですけどね。

ただ、ほんとこの2年間ほどはフルタイムに加え、義父母の状況が激変し
さらに自分の父までこんなに早く逝ってしまって
私生活に追われていっぱいいっぱいで、さすがに役員をやる余裕がなくなり、
昨年度はお断りしました。
今年度は、役員を決める時点ではいろんなことがどうなるか未定だったので
ちょっと引き受けられなかったけれど、
その埋め合わせの気持ちもあり、
ほかのところで、やれることは何でもしていこうと思っています。

義母と言えば、義母はずいぶん入院した時より良くなってきているように思えます。
先月、義父の一周忌を少し遅れてやった時には、
ようやく親戚の集まりにも顔を出して、一緒に食事などできました。
(9月の納骨の時は、まだみんなと会うのがダメで
 さっさと病院に戻ってしまったのです。
 とにかく、ずっと人と会うのを拒否していたのが病的なところでしたが
 それがここ2ヶ月ぐらいで、ずいぶん変わってきました。)

私もフルタイムの時は、家にもどっておいでと言っても
昼間一人で置きっぱなしでは責任持てないと思いましたが、
非常勤になれば、少しは母のケアもできるので、
母も帰ってきやすい環境を作れるかなと思っています。
ただ、実の息子と娘である父ガメとその妹は、
病院にいてくれた方が安心で、家に戻すなんてとんでもないという考えのようで
なかなか私一人で説得するのは難しそうですが。
本人も、遠慮もあるのでしょうが、まだフラフラするから・・・と
やはり食事から入浴からいろんなことが不安なようで、帰りたいとは言いません。
もともと一人になったことで精神的に不安定になってしまったので
少しでも昼間一人になるということは、やっぱりネックのようですが、
私も義母のために完全に仕事を辞めてまで世話をするとなると
経済的にも精神的にもきつくなってしまうし、
義母に優しい気持ちのままでいたいから、
うしろめたさも感じつつ、現状維持でいますが、
本人が帰りたいと言えば、いつでも迎える気持ちではいます。

まあ、そんなこんなでいろいろ問題もかかえつつですが、
アイの担任はどの先生かな
(どうも毎年担任は替わる予感)、
兄ガメはちゃんと入学式までに宿題終わるのかっ
(いつまでも受験終わったのんびりムードで、またもやイライラです)
と、新たな心配も混じって
ドッキドキの新生活スタートです。




スポンサーサイト
[2013/04/07 04:41 ] | 家族・子育て | コメント(2) | トラックバック(0)
<<新しい&久しぶりの・・・ | ホーム | 区切り>>
コメント
新学期ですね。
お元気そうで、何よりです。

相変わらす、お忙しそうですが、それだけ充実した人生を送られているんだなと感じました。

私は、退職後は、解放感でいっぱいで、あまり未練ないなあと思ってましたが、最近、やたら、学校の夢をみます。

文化祭の出し物を作っている夢とか。

やはり、文句や愚痴もたくさん言っていたけど、やりがいもたくさんもらってましたよね。

カメさんは、まだまだ可能性があるから、いいですね。

と、羨んでいても仕方がないから、学習塾頑張ります。
[2013/04/07 23:52]| URL | まこ #3rp9YX9M [ 編集 ]
まこさんへ
いえいえ、私は「忙しそう」にしているのが好きなだけで
実際だ全然忙しくはなく、
今は3年ぶりのゆったりした時間を楽しんでいます。

私はさみしがり屋なので、たぶん
どこにも所属していない不安定感に耐えられなくて、
ついついいろんな役を引き受けてしまうんだと思います。
この3年間は時間的制約はきつかったけれど、
やはり組織の一員という連帯感と安心感が嬉しかったので
また一匹狼、というと格好良すぎるな、
フリーの無所属になって、さみしい気持ちも大きいです。

先日は、私も学校の夢を見ました。
でも、楽しい時の夢じゃなく、
職員室の机の移動で、自分だけちっとも片付け終わらないのに
まわりの先生たちは着々と移動し終わって
新しい体制になっていて、早く片付けて去らなくてはと
焦っているという、超リアルな夢でかなしかったです。

まこは今第2の人生をスタートしたの、正解だと思います。
だって、定年になってからでは、体力気力も、
時間的にも(長期的な展望を持つには、という意味で)
今から塾を開いて新しいこと始めるって
なかなか難しいと思うんですよね。
でも、今からなら、今見ている子の5年後10年後も思い描いて
一緒にまた成長できる。
まこも知っている、個人の塾じゃないけど、塾講師をやっている友人は、
一人の生徒を小学校の時から高校卒業まで面倒見て
その子のことよく理解し(アスペルガーということでしたが)
その子に合った方法を一生懸命さぐって
とてもいい関係を築いていました。
学校では、そこまで個人の生徒に長く関われないですから、
ぜひ、塾で、まこの愛情を生徒さんたちに注いであげてください。

[2013/04/09 10:54]| URL | カメ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。